単語記事: バーザム

編集

バーザム(BARZAM)とは、『機動戦士Ζガンダム』に登場するモビルスーツMS)。ティターンズ最後の量産型MSとして名高い。

式番号はRMS-154、全高24.2m、頭頂高19.4mと、直前のティターンズ量産機であるマラサイ較してかなりの大機であり、この後の時代のMSの大化の先駆け的存在といえる。
しかしそれは設定上の話で、実際には大に描かれないことのほうが多い気がする。
余談だがROBOT魂版は設定を意識してあえて大きく造形しているが、意識しすぎて本来の設定の1/144よりも大幅に大きくなっている。

商品化回数と露出の少ない不遇機として有名になっていたが、近年の商品展開からは潜在的人気はあったことが伺え、もはやそのイメージ過去のものになりつつある。

概要

BARZAM
バーザム
RMS-154
全高 24.2m / 19.4m(頭頂高)
重量 40.1t / 62.3t(全備)※一部資料で異なる
1,670kw
80,400kg
装甲 ガンダリウム合
搭乗者 ティターンズ
備考 プリムローズⅡ
兵装 ビームサーベル×2
ビーム・ライフル
バルカンポッド

他のMSに似ない奇妙な外見で知られる。
ずんぐりむっくり体で、長い手と巨大なカカトを持ち、パーツらしいものが存在せず、足が胴体からニョッキリ伸びているように見える(見えるだけであり、実際の構造はズサメタスなどと大差ない)。

頭部のデザインも独特で、変なモノアイを独特の「ひさし」で覆ったようになっており、フェイスジム系と似ていなくもない。
頭頂部にはティターンズ徴のイーグルをあしらったらしい冠があり、全高と頭頂高の差4.8mはこの冠である。股間部にはハイメガキャノンのようなものが設置されているが、このパーツの機公式にはよくわかっていない。

武装は腕部に内蔵されたビームサーベルと、ハサミのようなデザインの専用ビームライフルを所有しているほか、頭部にガンダムMk-IIと酷似したバルカンポッドを装備できる。

冠とカラーリングのおかげで、バーザムはひとティターンズMSだと認識できるにも関わらず、全体としては他のどのMSにも似ていない。
特異な外見は生産性を重視した結果だという資料もあるが、逆に独特の構造のせいでに本格的な量産には至らなかったような記述もあったりして、デザインと設定が切り離せないようになっている。

登場はZガンダムの番組後半から。アッシマーギャプランといったインパクトのあるMSとは異なり、有名なパイロットが搭乗したことがなく、見たの割に特徴的な武装もなく、大した活躍もい。
だがに奇抜なデザインに起因して、その開発系譜は異常な量の研究・考察がされており、単なるマイナー機とは一線を画した存在感確立している。

嬌のあるフォルムや表情豊かな顔など、独特なデザインながらカッコいいという評価も少なからずあり、単なるネタに留まらない人気を得てきている。

公式非公式問わず二次創作、各種バリエーション模型作例にガレージキットその他あらゆる媒体で、バーザム股間部はだいたいハイメガキャノンのような形状として描写される。だがこれは元の設定画の解釈ミスで、本当は「六角形ので、左上センサー的な形状の何かがくっついている」との説が放送終了から20年以上経った2009年ごろから囁かれている。これについて、「状」に造された有模型作例が発見され、当時の重な立体商品(森永チョコスナック版)もこの形状だったことが確認されている。なお、HGUC説明書にはソケット状のパーツと記載されている。
少なくともメカニックデザインを行った岡本英郎氏の意図は「状」だったことがほぼ確実視されており、2010年以降この解釈の公式商品が度々登場するなど公式的にはこちらの設定が基準となりつつある。
 一方で「ハイメガ」も20年来定着している解釈であり、既に単なるミスとして切り捨てることはできない状況にある。ちなみにアニメ映像でもらに見えるカットはあまりない。
ついには股間を2種類から選択できる商品まで登場するようになった。
A.O.Z Re-bootでは両タイプ股間が登場している。

ガンダムMk-IIとの関係

現在の設定ではガンダムMk-IIベースにした量産機という記述が一般的だが、バーザムデザインにMk-IIとの共通点はほとんどい。頭部のバルカンポッド以外に関係を示すものはく、設定全体が後付けの可性が摘されている。もっとも、「Mk-IIベースにした」という程度の記述のほうが支配的になっており、直接の量産機とみなす資料は少なくなっているのだが。

Mk-II量産型という扱いをしたのはどうやら後述の「近藤バーザム」が最初であるらしい。これについて、近藤和久が自分で設定を考えたことを示すインタビューも存在する。(ややこしいことに近藤版は放送と行して登場しているため、後付けと言っても放送中の出来事である)
文章設定として世に出たのも、遅くともZガンダム放送直後に出た別冊「PROJECT Z」にはさかのぼれる(問題の股間部の作例が載った本)。しかしこれが正確に近藤漫画の影を受けて書かれたものであったかは、はっきりしていない。

そして一のリンクであるバルカンポッドだけは明らかガンダムMk-IIのものであり、最初からMk-IIを意識してデザインされた可性もいまだ全に否定されてはいない……

Mk-IIでないとして、他の定説も特にく、何となく似たMSを探す程度となっている。

較的Mk-IIとの関係が薄いと考えられていた「ADVANCE OF Z」においても、最新設定で「ガンダムMk-IIベースにした量産機」(※ガンダムMk-II自体の量産機ではない)であることが確認され、この設定は全に定着したものと考えられる。

HGUCでは両者の繋がりを意識したのか、改造バーザムMk-IIバックパックを取り付けることができるようになっている。

不確かな情報

デザイン岡本英郎氏とされているが、堀口滋(堀口明神)氏が「メタスバーザムのラフを描いた」と発言したことがあり、知られざる原デザインが存在していた可性もある。

また岡本英郎氏は没になったデザイン開しているが、どうも可変機のような構造が見て取れる。

岡本氏に話を聞いた人によると、デザインされた股間部はエネルギーチューブを接続するパーツであるらしい(メガランチャーなどの接続用?)
この情報を反映し、ガンダムビルドファイターズトライ アイランド・ウォーズに登場した個体はこのパーツベース・ジャバーから伸びたケーブルが接続されていた。

代表的なバーザム

厳密にはカトキデザインのものだけでも最低5種類あるが、そういう細かい分類は行わないことにする。

近藤版バーザム

ガンダム漫画で有名な近藤和久が手がけた漫画版「機動戦士Zガンダム」に登場したバーザム。全体的にガンダムMk-IIっぽくなっており、「ガンダムMk-IIベースとした量産型」という設定の直接の元ネタではないかと推測されているのだが、はっきりしたことは言えない。
後のセンチネル版と似た部分も多いがく、TV版の面影も色濃く残っている。センチネル版に受け継がれなかったガンダムデュアルアイも特徴。
ちなみにこの漫画オリジナル要素が多く、バーザムだけが特別扱いされているわけではない。
なぜか他の近藤漫画には出てない模様。復刻版の単行本だと設定解説が追加されているが、デザインが違っている。近藤版だけでも2種類存在するのである。

センチネル版バーザム / バーザム改

ガンダム・センチネル」でカトキハジメの手によってリファインされたバーザムガンダムMk-II量産機という設定を明確にした機体。のちにGUNDAM FIX FIGURATION(GFF)で再デザインされ、バーザムという名を得た。

かなりガンダムMk-IIに似ているがHGUCのプラモレベルで部品流用は難しい程度に違う。GFFでも結構な量の余剰パーツが出る。センチネル版は人間から離れた体格をしていたが、GFF版ではMk-IIと同じ体格になっている。

オリジナルデザインとかけ離れた姿をしており、その評価はバーザムでも賛否分かれている。またライバルでも乗っていそうな雰囲気とは裏に大した活躍もしない、というより、ストーリー上はどっちかというと味方側のMSで、やられ役として配置されたジムみたいな扱いをされている。

後になってカトキハジメがリデザインしたTVバーザムが登場したため、カトキ版と呼びにくくなった。

ガンダム・センチネルにおいてデザインが変更されたバーザム」という扱いだったはずだが、いろいろあってバリエーションの「バーザム」として独立していった、が、それでも今はまだセンチネル以外にちゃんとした設定はなく、センチネルと異なるはずの「バーザム」としての設定は明確ではない。

AOZ版バーザム

ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに」で藤岡建機が描いたバーザム。体が大きくアレンジされているが、手足の多くのパーツTV版のデザインと大きく違わず、外見上はMk-IIとの関連を強調しないものとなっている。しかし胴体に限ってはTV版ではなくバーザムに似ている。この胴体には脱出ポッドである「プリムローズⅡ」が内蔵されていることが後で判明した。

「A.O.Z Re-boot」においてデザインの変更とともに、膨大な規模の系譜が開され、次世代量産機ヘイズル・アウスラの次の段階にあるヘイズル・フレアの簡易量産機であると同時に、Mk-IIの系譜を含むTVバーザムのほとんどの既存設定を内包し、バーザムの存在をも肯定したうえガンダムTR-6とも密接な関係がある、あらゆるティターンズ技術の権化のようなモビルスーツであることが明らかになった。そんなすごいメカだったのか。

火星ジオン系組織「レジオン」においては単なる量産機ではなく、特務部隊に与えられる徴的な機体として登場した。これは総帥のTR-6バーザムの系譜が近いためである(また、レジオンジオン系機体の使用を嫌っている)。

技術的にはF91やゴッゾーラにまでリンクしており、またグランバーザムと呼ばれるあからさまなネーミングの形態が登場したことで、今までネタと思われていたグランザムの系譜も射程内に入った。

同じAOZでも「ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者」で登場したのはテレビ版に準じたものだが、作例はAOZ版のデザインが一部反映されたまた独特のデザインになっていた。こちらもバーザムについてやたら掘り下げられており、「グリプスの機計画をニューギニアが引き継いで開発した機体」とされる。「刻に抗いし者」では、バーザムの開発が行われたニューギニア基地での戦闘が描かれており、そこでバーザムの試作機が登場した他、メガランチャーシールドを装備した機体、名前や明確なプロフィール設定のあるパイロットが登場し、更にジェットストリームアタックを用いてエゥーゴエースパイロットと渡り合い、戦後はエゥーゴ解散後の連邦軍にまで使用させる特段の優遇がされている。「刻に抗いし者」の作者神野一氏はガンダムTRPGバーザム機としていた経験からバーザムについて思い入れが強く、単行本のあとがきの四分の一を使ってバーザムHGUC化をバンダイに懇願するほどであった。というか明らかに贔屓していた。
本作のデザイナーの片文洋氏も、バーザム自体には特に関わっていないが、反が大きかったことを後にっている。

バーザムⅡ

こちらは純バーザムではなく、ガンダムTR-6[ウーンドウォート]バリエーション機。しかし通常のバーザムの上位機でもある。一般兵用に性を抑えた形態ではあるが、頭部には固有のものを使用しており、ユニコーンガンダムよろしくツノが割れガンダム顔に…。

本来のティターンズ仕様だとTR-1の四肢を使っているが、レジオン仕様バーザムの手足がそのまま使われている。

⇒詳しくはガンダムTR-6[バーザムⅡ]を参照。

バージム

グリプス戦役後、歴史から消えたと思われていたバーザムだが、エゥーゴ(カラバ)と地球連邦軍がジム系のデザインに近づけたバージムを使っていたとする説もある。登場したのは漫画ダブルフェイク』。冗談みたいな名前と設定だが、半公式くらいの存在でゲームにも一度だけ出演している(モノアイジムセンサーに変更したティターンズMSは他にも「機動戦士ガンダムUC」のバイアラン・カスタムがあり、同様にアッシマーの後継機であるアンクシャセンサーモノアイからジムセンサーに変更されている。そういう意味では、これらの機体群の元ネタと言えなくもない)。
ちなみに漫画には登場しているが全く活躍しない。設定もろくに存在しない。開発経緯などが書かれていたらたぶん独自考察設定なので注意しよう。

実はジェガンバーザムにはバルカンポッドモノアイカメラなど、デザイン上の類似が見出せる(ジェガンの初期デザインのラフにも、の部分にバーザムについて言及がある)。ジェガン連邦量産機の集大成らしいということもあり(またジム系の直系と考えるには差異が立つこともあり)、バーザムバージム)はジェガンに影を与えた先祖の一つだと考える人もいる。
とか思ってたらAOZバーザムジェガンとの関係も明記していた。

ダブルフェイク』は設定上の扱いに何か難しい点があるらしく、バージムを始めとする一部MSの画稿はかなり古い本にしか収録されていない。バージム以外のメイン機体も「MS大全集」シリーズ以外にはほとんど載っていない。
かしこバージム、「RGM-87」という非常に重要な番を使ってしまっており、バージム自体の存在はあやふやになっているが、この番に他の物を後付けすることも難しいと思われる。

ゲーム等での登場

一部のゲーム(『第2次スーパーロボット大戦α』やアートディンクが開発した一連の『ガンダムバトル~』シリーズ)ではセンチネル版が「バーザム」として当然のように登場しているが、これに対するバーザムコミュニティの反発は根深い。これはセンチネル版が嫌いということではなく、まずTV版を出すのが筋だろという意味である。

他のゲームではTV版が登場している。たいていは普通量産機、ちょっと強い量産機程度の扱いだが、細々と出続けており、特に立ちはしないが冷遇されているわけでもない。

GジェネF』ではユニットとしてはTV版しか使えないが、センチネルムービーシーンユニットとして存在しないSDのカトキ版を見ることができる。

関連動画

  
トキバーザム原作通り特に活躍しない重な映像グレネードからビームが出ているミスがある。

 
バーザムMMDモデル(2010年のB-CLUB版のデザイン)


ガンダムオンライン実装された「バーザム」。「バーザム」名義から変わって登場したゲームは初めて。

関連商品

2013年まではプラモ化どころか、リアルSD問わずほとんど全ての関連商品バーザムスルーされており、バンダイから立体化されたバーザム(TV版)は「ガシャポン戦士」「ガンダムコレクション」「SDガンダムバインド」の3回しかないとされていた。生機のGFF版を入れても4回。

だが2013年後半になってAOZ版がガシャポン戦士NEXTプレミア(WEB限定)で登場して以降、TV版の新規アレンジROBOT魂Ka Signature(WEB限定)、GUNDAM CONVERGE、バーザムに換装できるMS少女ガンダムMk-IIバーザムROBOT魂TV版が混ざったMACHINE HEADと、2016年後半まで立て続けに商品化されていき、この数年の間に単なる量産機としては非常に多く立体化される機体となった。

そのまま勢いに乗って、2017年5月にはテレビ版のデザインを基にプラモデル用にリデザインしたHGUCが発売される運びとなった。股間パーツは前述のタイプである。アニメに登場してから実に31年が経過していた。

2008年発売のBB戦士狩人摩亜屈からパーツ替えでバーザム顔になれる将軍バーザムしょうぐん)は、バンダイからキット化されたBB戦士としてごく少数のファンに知られていた。

バンダイ以外では1980年代森永チョコスナックミニプラとして(ものすごい小さいが)ラインナップされていた。2000年頃に復刻版が出たが入手困難。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%A0
ページ番号: 4519206 リビジョン番号: 2491822
読み:バーザム
初版作成日: 10/12/06 23:40 ◆ 最終更新日: 17/05/21 00:44
編集内容についての説明/コメント: HGUCを反映
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


鶏冠

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バーザムについて語るスレ

174 : ななしのよっしん :2017/05/21(日) 05:13:20 ID: H2Bp2gGS1O
悪くないし嬉しいし即2個予約したの届いてこれから作るつもりだけど
やっぱりもうちょっと頭デカくて胴体デカくて脚短いのがバーザムだよね…
あと股間バーニア25年?30年?来、ずっとそっちだと刷り込まれ続けてきたから、右上にポッチのこのキットに物凄く違和感がががが
175 : ななしのよっしん :2017/05/21(日) 05:17:38 ID: H2Bp2gGS1O
↑で書き忘れた
頭デカくて胴体デカくて脚短くて『』っぽいのが、です
176 : ななしのよっしん :2017/05/21(日) 09:44:05 ID: /QnbDMT5ku
結局バーニアとか粒子とかセンサーとかそういうのって『ファンアニメータが勝手に勘違いして勝手に争ってた』という笑い話だったという
177 : ななしのよっしん :2017/05/21(日) 18:33:52 ID: 74qsr6TIRQ
股間のモッコリだけど、ガンプラを見る限り、結局メガ粒子砲の発射口だったのか?
178 : ななしのよっしん :2017/05/21(日) 18:38:15 ID: 74qsr6TIRQ
と思ったら、発射口かコペクタ接続部っぽいのと、っぽい二種のパーツを選べるようになってんのか。
179 : ななしのよっしん :2017/05/22(月) 01:24:55 ID: DBl7hBzva+
Ζ放映当時、バーザム股間を最初に間違えてバーニア状に描いたのは後に平成ガンダム作画監督として支える西村芳。
ここに来てさらに明らかになる新たなバーザム真実
180 : ななしのよっしん :2017/05/22(月) 01:28:09 ID: /QJ06xv9Yz
ハイメガコック(TNP隠語)とかだったら面かったのに
181 : ななしのよっしん :2017/05/22(月) 15:31:02 ID: yevF1pLqJN
バーザム素組みしてみたけど、プロポーションは今になってるのな
恐らく稼動範囲の問題でそうした部分もあるんだと思うけど
キットは脚部がから出てるデザインになってる。
もしアニメ版の立ち絵そのままならより上の部分から出てる事になるんだと思うけど、さっき言った可動範囲の問題と今デザインでの装束的なモノになってるんじゃないかな。
182 : ななしのよっしん :2017/05/22(月) 17:46:19 ID: nkh2KOCu4W
バルキリー(VF-1)も構造上よりも上の部分で脚が結合してるのが
騙し絵的にについてるように見えるわけだし
カウンターマクロスのひとつだったZ当時のデザインでは普通にありえたんだろうな

一方、今では他の機体との開発系譜の整合性とか非可変機なのになんでわざわざとか
突っ込みどころが多いから、解釈を変えられるようにしておくのは正解
183 : ななしのよっしん :2017/05/22(月) 21:07:55 ID: KEN4so3xof
記事にも書いてあるけどふとももの接続はアニメでもプラモで大きな差はないよ
胴体から足が生えてるわけではない
38話でベースジャバーに乗ってるシーンで縦ひざついてるのがわかりやすい
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015