単語記事: バーチャルアイドル

編集

 バーチャルアイドルとは、人工的に作られた架アイドルである。仮想アイドルとも呼ばれる。ニコニコ動画では初音ミクなどのVOCALOIDUTAUキャラクターが代表的。アイドルマスターアイドル達もバーチャルアイドルと呼ばれたが、最近ではそのように呼ばれることは少なくなっている。 

歴史

バーチャルアイドルはその登場以降複数回の流行があったが、それらは相互の直接のつながりはあまりい。一部の例外を除き、芸界以外の企業や個人が、手持ちのキャラクターや技術を用いてアイドルを作ったケースが多く、時期によって全く別のジャンルから生まれたバーチャルアイドルが作られている。先の流行が後の流行に影を及ぼしてはいても、人的、物的つながりは乏しいため、実質的にはバーチャルアイドルという概念を再利用したそれぞれ個別の文化と言える。以下、バーチャルアイドル歴史を、登場~最初の流行(1993年1997年頃)、3DCGによるバーチャルアイドル1998年2002年頃)、バーチャルネットアイドル2001年2003年頃)、VOCALOIDによるバーチャルアイドル2007年~)に分けて説明する。ただし、伊達杏子2代目2001年)や3代2007年)のように、その時代の流行とは関係なバーチャルアイドルもおり、必ずしも全てこの分類に当てはまるわけではない。

登場~最初の流行

最新の科学技術の生み出した存在としてのイメージの強いバーチャルアイドルであるが、言葉としての歴史は意外と古く、1990年代初頭までさかのぼる。1990年ごろ、バーチャルリアリティ技術が登場し、バーチャルという単日本で本来の意味から誤解されながら多く使われるようになった。そうした中で登場した和製英語の一つがバーチャルアイドルである。バーチャルアイドルの当初の意味は、現在で言えば美少女キャラクター萌えキャラクターに近い意味も含んでいた(当時はまだキャラクターに対する萌えという表現は普及していない)。ただし、 1994年から1997年にかけて刊行された雑誌『Virtual IDOL』(バーチャルアイドル) が、コンピュータゲームに登場する美少女(当時はまだ美少女ゲームというジャンルかった)をに取り上げる雑誌として創刊されたことが示すように、コンピュータ上で活動する存在と言うイメージは当初から存在したようだ。ちなみに英語virtualは本来は「事実上の」といった意味であるのだが、日本では実在しないといった意味にとられた。アイドルが可さを売りとする若手の女性タレントす意味として使われるのも日本独特であり、従ってバーチャルアイドルとは日本独自の概念である。

バーチャルアイドルという言葉の初出は、1993年コナミが、

アルバムを皮切りに、ゲームアニメビデオグッズ販売、イベントライブなどでウィンビーを「バーチャル・アイドル」に育て上げていこう(マイコンBASICマガジン1993年2月号)

として開始したマルチメディアプロジェクトウィンビー民的アイドル化計画」(「ウインビー」とも表記される)だと言われる。翌1994年には徳間書店インターメディアが雑誌『Virtual IDOL』(バーチャルアイドル) の発行を開始。また、同年にはバーチャルアイドルを標榜したものとしては初めてのCDとされるウインビーのデビューアルバム『しあわせの楽園』が発売された。1995年美少女ゲームというジャンル事実上の創始者と言えるコナミ恋愛シュミレーションゲームときめきメモリアル」がヒットし、作品内に登場する少女達が人気を集めるようになると、それに伴いバーチャルアイドルという言葉も  世の中に浸透し始めたようだ

 そして、美少女キャラクターが人間のアイドルのように人気を集めるようになった状況にをつけたのが、大手芸プロダクションホリプロである。ホリプロ1996年コンピュータグラフィック技術を駆使した世界初のバーチャルアイドル(よく誤解されるが、あくまで条件付の世界初であって当時ホリプロも「世界初のバーチャルアイドルとは言っていない)である伊達杏子を登場させた。これはそれまでのアニメ絵のバーチャルアイドルとは異なり立体的な3DCGを駆使したものである。ただし、大を投じた伊達杏子CGはあまり使い物にならず、伊達杏子は実質的にはラジオDJとしての活動(当然喋るのは生身の人間)がだった。それでも、最新の技術を駆使した伊達杏子の登場は大きな注を集め、話題性は十分であったが、デビューCDも売れず、成功できなかった。しかも、デビュー時期がちょうど「ときめきメモリアル」のメインヒロインである藤崎詩織歌手デビューと重なってしまい、バーチャルアイドル同士の対決として注され、それなりにヒットした藤崎詩織CDに対し、不振がより際立つという散々な結果となった。この時期には他にもホリプロバーチャルアイドルの第二段(企画・開発はタカラ側)で リカちゃん人形3DCGで表現したアイドルリカちゃんや、電通博報堂の共同プロジェクトで二代ピンク・レディーとしてデビューしたピンク・レディーXの3DCG版などが登場したがいずれも成功していない。 

 こうした経過を見ると、3Dに対する2Dの勝利と結論付けたくもなるが、状況はそれほど単純ではない。確かにアニメ絵のバーチャルアイドルは商業的に成果を上げたが、こうした路線は定着せず、成功とはみなしにくい (ラジオ藤崎詩織ゲスト出演(当然喋るのは中の人)とかしてたけど、個人的な感想としてはイタいだけだった) 。例えばウインビーはアイドルとしてデビューを果たしたが、その中の人である椎名へきるは、声優初の武道館ライブを成し遂げるほどの成果をあげた。バーチャルアイドルが登場した時期は、声優が大きなブームになり、アイドル化していった時期にも当たる。 雑誌『Virtual IDOL』は、創刊から一年後には美少女キャラクターではなくアイドル声優グラビアが表を飾るようになり、付録声優のポスターや下敷きを付けるなど、雑誌名にかかわらず声優雑誌の色彩が濃くなっていった。結局キャラクターアイドルとして活動させるのではなく、声優キャラクターイメージ現実世界アイドルとして活躍することになるのである。つまるところバーチャルアイドルだけで見れば
 3Dバーチャルアイドル < 2Dのバーチャルアイドル
であるが、実際にはこのようなものだったのである。
 3Dバーチャルアイドル < 2Dのバーチャルアイドル << アイドル声優

当時はあまり話題にならなかったが、この時代にはおみむらまゆこ桃井はるこバーチャルアイドルとしての名前はもあいはるこ)がバーチャルアイドルとして活動を行っていた。その後両者とも中の人が表に出てアイドル声優的な活動に方向性を変えることで、消え去った他のバーチャルアイドルたちと異なり、その後も長く活動を続けることになる。

なお、 失敗として扱われる伊達杏子であるが、プロデューサー(現社長く、話題性が高かったおかげで会社の宣伝としての効果が非常に大きかったという。当時ホリプロが東2部上場を控えていたことからすればこれも単なる強がりとは言えない。

3DCGによるバーチャルアイドルの流行

さて、3DCGバーチャルアイドルは一旦は残な失敗に終わったが、1998年頃、それまでとは全く異なる形で登場するようになる。 パソコンの性の向上、3DCGソフトShadeの低価格化、インターネット一般化により、個人で作成した3DCG美少女キャラクターネット上で次々と発表された。そのな舞台となったのが「ギャルコン」と呼ばれた Shadeな人々 という有志によるウェブサイトである。ここで発表されたバーチャルアイドルの中にはモデルデータ携帯電話壁紙などの形で商品化されたものも多い。中でも特に大きな人気を集めたのが、漫画家のくつぎけんいちが、元々は趣味で作成し発表したテライユキである(今にいえば先生何やってんすかシリーズといったところか)ネットで人気を集めたテライユキは、その後写真集やCDの発売、テレビCMへの出演といった生身のアイドルの様な活動も行うようになる。テライユキが優れていたのは、漫画家である くつぎけんいち3DCGを作成する技術だけでなく、可愛い女の子を描くことにも長けていたためと言われる(ちなみに当時は2Dの絵がかけないから3DCGをはじめたという人が多かったのだが、この事実は3CGDのキャラクターでもやはり絵を描くのと同じセンスが重要であるという現実を見せ付けることにもなった)。この時代にはバーチャルアイドルのマネジメントを業務とする企業がいくつか登場し、概ね以下のような流れで商品化が行われた。

   CGクリエイターバーチャルアイドル制作ギャルコンや自分のウェブサイトで発表、もしくは募に応募 → マネジメント契約を結び商品化
もちろん皆が商品化を前提に創作活動をしていたわけではなく、 大半は趣味の活動であった。アイドルそのもの創作するか、すでに存在するアイドルを使った作品を創作するかという違いや、ジャンルの大きさの差はあるが、構造としては現在ニコニコ動画で発表されたボカロ曲がCDなどに商品化される流れに似ているともいえるだろう。
     なお、当時は、パソコンの性がさらに向上しMikuMikuDanceもある現在とは異なり、個人レベル3D動画を作ることは現実的ではなく、3DCGソフトはあくまで静止画を作るためのツールとして使われていた。この当時のバーチャルアイドルは、人間のアイドルジャンルとしてはグラビアアイドルに当たる。実際に2000年から2001年にかけ『CG i Cupid』というCGによるバーチャルアイドルの専門誌が、生身の人間のグラビア誌の増刊として発行されている。この時期CGによるバーチャルアイドルが一定の成功を収めたのは、生身のアイドルグラビアアイドルというジャンル確立し、動画べて安上がりな静止画による商品化が可な時代になったからとも言えるだろう。なお、テライユキなど一部の人気バーチャルアイドル企業の手によって動画が作成され、も当てられている。ただ、やはり動画となると生身のアイドルの方が安上がりであり、バーチャルアイドルが人間のアイドルと同じように活動するのは厳しいものがあった。やがて当初の物しさもなくなるとCGによるバーチャルアイドルは商品価値を失い、商品化も行われなくなって行った。 モデリングデータの販売だけは絶えることなく現在も行われているが、もはやそれらがバーチャルアイドルと呼ばれることもい。 この時代のバーチャルアイドルは、 個人クリエイターや中小のベンチャー企業が担い手であり、複数の上場企業が大を投じた以前の流行にべ活躍の場が多かったにもかからず話題性は低く、、バーチャルアイドル歴史を紹介する場合もこの時代の説明はかれることが多い。

この時代のバーチャルアイドルは立体的、写実的な3DCGを用いたものだったが、2000年代に入ると、現在MMDにも使用されているトゥーンレンダリングの技術が普及し、アニメ絵のキャラクター3DCGで動かすことが可になる。この時代はCGによる美少女キャラクターバーチャルアイドルとみなす傾向があったが、 トゥーンレンダリングの普及により、その後はCGによるキャラクターという分類自体がほとんど意味を成さなくなってしまった。「不気味の谷」という用が使われることもあるが、幣に人間の肖像が使われる理由にもなっているように、人間の人間の姿に対する認識は高く、人間に近い見た追求するほど違和感く見せるためのハードルは高くなる。そういった困難さは界でも認識されており、ある意味クリエイターの挑戦意欲を掻き立てる要素でもあったのだが、商品としてはコストを考えればデフォルメされたキャラクターの優位性は明らかである。3DCGによるバーチャルアイドルの専門誌『CG i Cupid』 最終号(2001年12月号)の表を飾ったのは、テライユキや飛飛のような立体的なCGキャラクターではなく、トゥーンレンダリングを用いて描かれた『ときめきメモリアル3』のヒロインたちだった。 最初の3DCGバーチャルアイドルである伊達杏子の登場に初代ときめきメモリアルが影していると言われることを思うと、皮な結末である。

バーチャルネットアイドルの流行

テライユキなどの2000年前後に流行した3DCGによるバーチャルアイドルグラビアアイドルバーチャルアイドル版だったが、2001年ネットアイドルバーチャルアイドル版である「バーチャルネットアイドル」が登場する。時期は若干重複しており、同じネット発でもあるが、つながりは全くく、 「侍魂」に代表されるテキストサイト文化の系譜に属する別個の流行である(藤崎詩織伊達杏子のように互いを意識しあった形跡すらない)。また、バーチャルネットアイドルについては、バーチャルアイドルの一種としての自称にかかわらず、バーチャルネットアイドルと言う個別の存在とみなし、バーチャルアイドルとはみられない傾向もある。

2001年2月14日に誕生した「バーチャルネットアイドル ちゆ12歳」がその始まりで、人間のネットアイドルWEBサイト日記グラビア実在のを載せて活動を行うように、アニメ美少女イラストで描かれたバーチャルネットアイドル自身がサイト運営を行っているスタイルをとった。ちゆ12歳の人気に影され、バーチャルネットアイドルが次々と登場した。バーチャルネットアイドルが扱うネタは様々で、ちゆ12歳漫画アニメ、時には政治宗教を面おかしく紹介しており、他にバーチャルネットアイドルにはゲームを中心にするものや、法律を専門にするものまであった。ちゆ12歳については、2003年に書籍を刊行、2004年にはOVA『ねとらん者 THE MOVIE』にも登場した。ちゆ12歳以外のバーチャルネットアイドルについては、個人レベルの活動にとどまった。バーチャルネットアイドルは、ブログの普及によりテキストサイトジャンル自体が衰退したこともあって2003年ごろには勢いを失っていった。しかし、ちゆ12歳をはじめとする一部のバーチャルネットアイドルは、2014年現在も細々とではあるが、活動を続けている。  

VOCALOIDによるバーチャルアイドルの流行

 2007年8月音楽製作ソフトなどを販売するクリプトン・フューチャー・メディアが、ヤマハの歌合成技術VOCALOIDを使用したボーカル初音ミク」を、バーチャルアイドル歌手を自宅でプロデュースできるソフトというコンセプトで、キャラクターイラストをつけて発売する。これは、発売元自らがアイドルとしての活動をさせる的ではなく、あくまで商品のイメージ戦略としてのものであったが、初音ミクの歌キャラクターイメージを使用した動画ユーザーの手によりニコニコ動画に多数投稿されて人気を集めることで、初音ミクネット上で活動するバーチャルアイドルとなる。また初音ミクは、バーチャルアイドルとしては初めて人工的に作られた自らのを持ったと言う意味でも画期的だった。その後のニコニコ動画での活躍や、商業面の成果は覚しく、2010年には初音ミクで作られた曲などを集めた「EXIT TUNES PRESENTS Vocalogenesis feat.初音ミク」がオリコン週間ランキング一位を獲得。3D映像を使って行われるライブ日本のみならず海外でも人気を集める。 しかし、初音ミクの活動の中心はやはりネットでの個人の創作活動だろう。初音ミクニコニコ動画MikuMikuDanceの登場は個人レベルであってもパソコンだけで人気アイドルの歌い踊る映像制作、発表することを可にしている。

 なお、初音ミク以外のVOCALOIDバーチャルアイドルとみなされる傾向もあるが、製品としてバーチャルアイドル歌手を自称しているのは初音ミク鏡音リン・レン巡音ルカからなるキャラクター・ボーカル・シリーズだけである。また、これも公式バーチャルアイドルを自称しているわけではないが、アイドルマスターに登場するアイドルたちもバーチャルアイドルの一種として紹介される場合がある。2010年にはメーウAGC38といったバーチャルアイドルが登場した。メーウボカロPでもある小林オニキスプロデュースを担当、ACG38はキャラクター二次創作を奨励する戦略をとるなど、どちらも初音ミクの影の色濃い企画だったが、大きな話題を集めることはく活動を停止している。

SF作品のバーチャルアイドル 

バーチャルアイドルが登場するSF作品としては、『メガゾーン23』の時祭イヴ、『あいどる』の投影麗、『マクロスプラス』のシャロン・アップルなどがよく挙げられる。初音ミクヒット以降は、様々なマルチメディア展開が行われる中、初音ミク自身が登場するSF作品も出現している。 

元祖バーチャルアイドル 

バーチャルアイドルという言葉が使われだすより前のキャラクターでも、後にバーチャルアイドルの一種と見なされるようになったものもいる。

特によく挙げられるのが「超時空要塞マクロス」のヒロインリン・ミンメイと、「伊集院光オールナイトニッポン」から登場した芳賀ゆいだろう。 リン・ミンメイは作品内でのアイドルであると同時に、現実世界でも1984年レコードが発売され大きなヒットを遂げた。ただし、名義はあくまで中の人である飯島真理だった。芳賀ゆいは、1989年から90年にかけ、「伊集院光オールナイトニッポン」でリスナーの意見を取り入れながら作り上げたアイドルで、複数(50人以上)の女性が顔を隠して芳賀ゆいを演じ、握手会、ライブCD写真集の発売といった様々な活動が行われた。

バーチャルアイドルとスキャンダル

 生身の人間と較したバーチャルアイドルの優位点として、よくスキャンダルいことが挙げられる。バーチャルアイドルは勝手にタバコを吸ったりはしないし、犯罪行為に手を染めないし、デキ婚もしない、人間のアイドルが犯してきたファンへの裏切り行為の数々とは縁の存在であるように見える。しかし、現実にはバーチャルアイドルスキャンダル縁だったわけではない。

 1998年5月写真週刊誌『フライデー』に、「仰!『ときめきメモリアル藤崎詩織』本番ビデオ騒動」という人間のアイドルの流出ビデオ騒動のような見出しが載った。これは、公式のものではなく、18禁同人ビデオを取り上げた記事であったが、事態を重く見たコナミは、バーチャルアイドルイメージを守るためとして頒布元のサークルを提訴し法廷闘争にまで発展する(ときめきメモリアル・アダルトアニメ映画化事件)。アイドル二の生身の人間でないということは、公式でない第三者でもスキャンダルを作ることが可なのである。藤崎詩織以外でも、例えばテライユキでは販のモデルデータを使用したエロ画像が大量に作られているし(画像検索で確認可)、初音ミクでも過去にはデッドボールP動画削除の騒動などもある。

もっとも、上記のものは、あくまで公式でない二次創作だからバーチャルアイドル自身のスキャンダルではないという見方も出来るかもしれない。また、藤崎詩織のように手書きで複製することは出来ず、テライユキのようにモデルデータの販売もされておらず、初音ミクのように自由に操れるわけでもない、伊達杏子のようなものなら、二次創作によるスキャンダルリスクも少ないだろう。しかし、伊達杏子2001年に再登場した際に、何故か金髪になり、数少ないファンを裏切ることになった。アイドル自身に人格がくても、それを動かしているのは人間であり、公式がやらかしてしまうこともあるのである。

ちなみに、SF作品のバーチャルアイドルは、自由意志を持っていることが多いためかさらにスキャンダラスである(何かしら事件を起こさなければ物語にならないので当たり前といえば当たり前であるが)。例えば、『あいどる』の物語ロックバンドメンバー投影麗が結婚しようとしているという騒動から始まる。『マクロスプラス』のシャロン・アップルなど、プロデューサーの元彼に横慕した挙句、全地球を乗っ取ってしまうという、とてつもなくスキャンダラスなバーチャルアイドルである。

関連動画

 

関連商品

CDもしくはミュージックビデオリリースしたバーチャルアイドルデビュー作。当時バーチャルアイドルを自称していたもののみ。初音ミクは、初音ミク自身ではなく、楽曲を制作したボカロPの作品として扱われるため、ここには含まない。

インビー
飛飛
テライミホ with スーパーハニービー

関連コミュニティ

バーチャルアイドルに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AB
ページ番号: 4981906 リビジョン番号: 2365211
読み:バーチャルアイドル
初版作成日: 12/10/16 17:48 ◆ 最終更新日: 16/05/23 20:12
編集内容についての説明/コメント: 誤字修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バーチャルアイドルについて語るスレ

14 : ななしのよっしん :2013/07/22(月) 22:31:09 ID: q7uGjs4fd2
いやですね、
本来は偶像であるべきことを人間がやっちゃってる生身のアイドルのほうが理があるのであって
今ここで『バーチャルアイドル』と呼ばれているモノのほうがよりほんとの偶像に近いんじゃないスかね
15 : ななしのよっしん :2013/09/11(水) 06:47:05 ID: qy8Edg1avF
>>14
禿同w
いつか仮想現実または拡張現実に取って代わられる日が来るんじゃないかね
16 : ななしのよっしん :2013/09/24(火) 14:02:28 ID: O6SghxajzY
アイドル々を言い出したら二次元アイドルキャラ
まとめてバーチャルアイドル扱いになるんだが
劇中での扱いが有機物か機物かって違いしかないだろうに
中川かのんライブも架の意味ではバーチャルと言えるが作中じゃれっきとした人間だしな
17 : ななしのよっしん :2014/02/24(月) 07:27:15 ID: 11vZhCIL3n
そういや昔NHKドラマ学生バーチャルアイドル作って、その後奇妙な出来事に遭遇する…って感じの作品があったな。うろ覚えだけど。
18 : ななしのよっしん :2014/07/29(火) 07:24:45 ID: MQHSq+jMUu
つまりラテン語由来のIdolとは、大量生産される機物の絵や人形を意味するもので
生身の人間が務めるアイドルこそが、Virtual Idol事実上の偶像)というわけか
19 : ななしのよっしん :2015/01/17(土) 16:02:26 ID: Nu1YEptuVs
>>16
もし初音ミクヒットがなければ、アイマスは今でもバーチャルアイドルで、アイカツラブライブバーチャルアイドルって呼ばれてたんじゃないかな。
うろ覚えだけど、アイマス初音ミクの発売から2、3ヶ位でバーチャルアイドルって呼ばれなくなったはず。
初音ミクの登場前までは二次元アイドルキャラはまとめてバーチャルアイドル扱いでよかったんじゃない?
今じゃほとんど初音ミクに占有されてるが。
公式バーチャルアイドルだったはずのリンレンルカですらバーチャルアイドルなのか?って感じだ。
20 : ななしのよっしん :2015/04/03(金) 22:34:02 ID: DVXVYeFDfW
現実に対して実際に存在するように活動しているキャラクターと考えると
リアル765プロ企画を行っていたアイマスキャラ765プロ)は一応バーチャルアイドルといえるのではないでしょうか
VOCALOID由来でそういったアイドル活動しているキャラといえば初音ミクの他にも
グッスマCMで曲が採用された(トエト巡音ルカHBCのPRアシスタントを務めていた重音テトUTAU)でしょうか
21 : ななしのよっしん :2016/01/18(月) 23:56:47 ID: zcRpgR6m7t
>>sm28033854

「このアニメの登場人物自体がバーチャルアイドルみたいなもんだろ」と思うかもしれないが
22 : ななしのよっしん :2016/04/15(金) 00:54:00 ID: uf7//sVie2
アイドルという言葉の起は偶像の意だが、
現代日本では『アイドル』という一つの肩書だから意味は違う。

で、ヴァーチャルアイドルの定義は非実在アイドルなわけで、
キャラ名義でCD出しているアイドル設定のキャラ全員当てはまるだろう。
CD一枚二枚出した程度でアイドル名乗っていいのかとかは賛否あるだろうけど
時代の流れと共に量産傾向が強くなってきたって点でも、
現実アイドルと同じなのは面いよね。
23 : ななしのよっしん :2016/05/05(木) 13:03:18 ID: Hup7b6bNlS
元祖って言う産はマクロスの2年前のスーキャットか(より古いのもあるそうだけど)、アメリカのベティ・ブープだろうよ
と思ったがこの件りは元々wikipedia引用か。
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829