単語記事: バーチャルボーイ

編集

バーチャルボーイ

バーチャルボーイ (VIRTUAL BOY) とは、1995年7月21日に発売された任天堂ゲーム機である。略称VB

概要

よく健康診断で視に用いる機器があるでしょ?あれを想像したらいいと思う。
いわゆる「ヘッドマウントディスプレイ」。ゴーグのモニターと、コントローラセットである。 

コントローラは十字ボタンボタン2個が左右対称に配置。

色数は単色・赤色LEDによるの4階調と少ないが、画面の明るさを32段階で調整できる。画面の解像度は384×224
左と右で独立した映像を映しており、これによって3D映像を実現している。現在3DTVブームに先んじること、実に15年である。

プレイするにあたっては単3乾電池6本を用意する必要があるが、別売りのアダプターを使えばファミコンスーパーファミコンと共通のACアダプターを使用可

構造上1人プレイ専用。内版は通信ポートを装備するなど、複数台つなげての複数人プレイが想定されたフシもあるが、実現しなかった。

評価・反響

当時からスーパーファミコンゲームボーイの大ヒットを飛ばしていた任天堂ハードとは言え、さすがに新すぎたか売り上げは伸びず、最終的な普及台数は全世界100万台に留まった。

日本国内向けソフトは19作しか出ていない。北向け・北のみ発売のソフトを合わせるともう少し多いが、それでも22作(同一内容ソフトの他言版は1つと数えた)。ソフト発売も1995年中で全に止まっているってどういうことなの…(但し北では1996年発売のものがある)。

開発当時はプレイステーションセガサターンPCエンジンなどの高画質大容量ゲーム機が世に多く出ていたため、「そんなものに頼らなくてもゲームは面くなる」というアンチテーゼのようなコンセプトの元製作されたが、結局そのユーザーからも開発者からも受け入れられずに終わった。

発案者は横井軍平氏。のちに退社し、ワンダースワンを発案したが、発売前に不慮の事故で帰らぬ人となった。
ちなみに、ゲーマーとして知られるスティーヴン・スピルバーグは本ハードを評価しつつも「カラーならもっと良かった」とコメントした。これに対して横井軍平氏は、「ああ、この人もな人なんだな」と失望したようなコメントを返した。

現在まで黒歴史のような扱いを受けていたが、2010年になって、3DTVの本格的な開発ラッシュに乗り、任天堂は再び3Dゲーム機の開発に進出した。
2011年に発売された「ニンテンドー3DS」には、本ゲーム機アイデアを基にした3Dが搭載された。

バーチャルボーイと視力

バーチャルボーイにまつわる噂としてよく出るのがバーチャルボーイプレイしていると視が良くなる」というもの。
一般的にゲームを長時間プレイすると眼に疲れが溜まる、視が下がるなどの悪影があるとされる(これの偽は別の所でやってね!)が、バーチャルボーイは逆に「眼の筋肉のストレッチ効果」があり、アメリカの眼科医も評価しているという。
横井氏は当時「眼によくなるソフトを作る研究をしている」とっていたが、実際の所はプレイした人の感想でもない限り分からない。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4
ページ番号: 215057 リビジョン番号: 2430798
読み:バーチャルボーイ
初版作成日: 08/06/08 06:40 ◆ 最終更新日: 16/11/23 02:24
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「3Dシステム」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


新バーチャルボーイ

バーチャルボーイ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バーチャルボーイについて語るスレ

183 : ななしのよっしん :2016/07/12(火) 13:30:20 ID: RHanCRz3b0
高校生の時、通学路にあった電店でバーチャルボーイが置いてあり体験プレイが出来たので友人と学校帰りにやりに行ったのだが、
「すげえ!」「飛び出して見える!」と驚いて楽しんでいる友人たちとは反対に立体視がさっぱり出来ずに上手く視点が合わず飛び出しているように全く見えなくて、ただのの質素な画面で面さを感じられなかった記憶が強く残ってる。
3DSでも立体視がさっぱり出来ないせいで、3Dモードにするとぐにょぐにょと気持ち悪く見えるばかりで全く使い物にならないとずっとオフの状態にしていた。

そんな苦い学生時代の思い出がつまったゲーム機だ。
184 : ななしのよっしん :2016/07/23(土) 23:31:54 ID: b1ry63FjAe
>>165-178
見たのせいで誤解が生まれるんだけど
バーチャルボーイと今話題のVRは全然別物な

VB3DSと同じく複数の映像を用いて錯覚させることにより
あたかも立体であるかのように見せるもの(だから>>183のようにうまく見えない人もいる)

対して今話題のVR映像そのものに仕掛けはないがインターフェイス全に同期させることで
それが第三者的な映像ではなく自身の視覚情報であるかのように錯覚させるもの

視覚を通じて錯覚させているのは同じだが騙している部分が全然違う
前者は「飛び出す絵本」で後者は「中に入る絵本」というところかな
厳密に言えば前者は単なる立体映像であり本来のバーチャルリアリティではない
185 : ななしのよっしん :2016/09/13(火) 20:56:04 ID: WfXdfO1jRn
ゲーム世界を眺めるのではなく入り込むという発想。そういう意味でバーチャルボーイPSVRは同じだということだ
186 : ななしのよっしん :2016/09/13(火) 20:59:23 ID: A+wMGr/qFc
技術的な問題でまだ別々に分かれてるというだけで
行き着く先は同じだからね
187 : ななしのよっしん :2016/10/08(土) 00:07:57 ID: Y5g4IaslG1
PSVRの先駆けってこと?
188 : ななしのよっしん :2016/10/14(金) 01:12:22 ID: 6gEYkNpP5k
ぎたん20年くらい
189 : ななしのよっしん :2016/10/14(金) 15:31:17 ID: K67muF5X3m
時代の先駆けってのは違うと思う
当時なんて3D以前に2Dですら技術の発展途上だったのに、それらを作り上げるよりも前に「バーチャルやろう」ってのはいくらなんでも飛び越しすぎ
多分当時のゲームの開発スタッフだって多くの人が「いつかはリアルゲームを作りたい」って思ってただろうよ
ただバーチャル以前に綺麗なイラスト綺麗なモデリングを作ることがやるべきことだと思ってたからバーチャルなんて挑まなかっただけの話
PSVR3D技術が出来上がった現代の、庭用据え置き機の付属品として出たわけで万全の体制と言えるだろうけど
バーチャルボーイ3Dもままならない時代の、携帯ゲーム機で、そりゃ理だよ
単に夢物語や願望と言って差し支えないレベルのものに謀に突っ込んだだけだと思うよ
自由に飛びたいななんてでも言えるからな
190 : ななしのよっしん :2016/10/14(金) 15:35:42 ID: zgyrdPaIUO
先駆けどころか、当時からしても技術的に低いレベルの製品だったよ。
枯れた技術の水平思考」そのもので、結果的にコケたってだけ。
まあ、3DSの裸眼立体視も同じ路線ね。
任天堂には、一貫して先端技術に関するセンスがない。
191 : ななしのよっしん :2016/10/15(土) 13:06:51 ID: d6GGE/oyc3
家庭用ゲーム機というくくりでは先駆けだね
>>189
VRも技術的にはまだまだ、13未満じゃできないし
192 : ななしのよっしん :2016/12/07(水) 09:00:20 ID: 4yUaSk6oBy
HMDでの3D(使用技術は枯れた物)で今はHMDでの3D(使用技術は今までの集大成)だからなぁ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015