単語記事: バーチャルリアリティ

編集

バーチャルリアリティVirtual Reality)」 (以下 VR) とは人工的に作られた間で現実のような体験ができる技術群やその機器のことである。

日本語では「仮想現実」とも呼ばれるがVRの訳ではないので注意。(理やり訳すると「現実も同然」つまり現実ではないが現実変わらないものみたいな意味になる。)

概要

virtual」(バーチャル)という英単は元来、「(それそのものではないが)」という含意を含んだ、「本質上の」「実効上の」「実質的な」という意味で意味の英単である。例えば「virtual ban」は「virtual」と「ban」(禁止)を組み合わせた言葉だが、これは「実質上の禁止」、すなわち「実際には禁止そのものはされていない。直接的にそれを禁じるルールはない。だが実効的に見れば禁止されたも同然である」という状況をす。

この「そのものではないが実効上それと同然な」という意味の「virtual」(バーチャル)と、「現実」「現実性」「現実感」を表す「reality」を組み合わせて、「(物体としての現実・実体ではないが)現実であるも同然かのように実効的な、に迫る感覚を起こす技術」を表現する「virtual reality」という言葉が生まれた。

この「virtual reality」という言葉が世間に非常によく広まった結果、「reality」が付かない「virtual」(バーチャル)という言葉も、「実質的な」という元来の意味よりもむしろ「実体ではない」という方向に重きをおいて使われることが多くなり、若干意味合いが変質した。

ポリゴンなどを使用した3DCGが物しかった時代には、単に3DCGを使用したゲームなどのインタラティソフトウェアでも「VR」「バーチャル」を名乗っていた。例としては1992年セガ「V.R. バーチャレーシング」、1993年の同じくセガバーチャファイター」などである。

また、視差などを利用して「立体視ができる」というだけでもバーチャルと呼称する場合があった。こちらの例としては1995年任天堂ゲームハードウェア「バーチャルボーイ」などがある。

だが2016年現在では、単なる3D映像立体視ジャイロセンサー等を用いた直感的なデバイスだけではVRとは呼ばれず、実際にその間にいるように感じられるものがVRと呼ばれるようになってきつつある。これらは一般的にゴーグヘッドマウントディスプレイを使用する。また、手の動きを感知するコントローラーを併用する場合もある。

こういったヘッドマウントディスプレイVRは視界いっぱいの映像を見るだけのものではなく、自身の体の動きに合わせて映像視点が変化したりデバイスを動かせば映像の中の物体が合わせて動くと いったものである。例えば、振り向けばと映像も首の動きに合わせて180度旋回し、コントローラーを振り回せば映像の中の武器が同じ動きで振られる、と いったものである。

VR機器によっては映像や手持ちのデバイスだけでなく、カメラや全方向に動く床デバイスによって使用者の移動を反映したり、などの外的ショックを与えるものもある。

VRの技術はゲームなどの娯楽はもちろん、専門技術のシミュレーションや医療でも活用されている。

創作ではあるがマトリックスソード・アート・オンラインなどのような電子世界に意識を接続するようなものも現在VRの発展系であると言える。

現実世界映像などを表示する「AR」、日本語拡張現実とは別物。

一般向けVR機器

一般のVR機器をいくつか簡単に紹介する

VR酔い

VRはその世界に居るような感覚を得られるのだが、それだけに細な現実との違いを感じていき、長時間の使用はそれだけで軽い酔いを発生させるので、VRは通常のゲーム以上に休む事を意識する方が良い。
特に酔いを起こさせるのが足で移動するなどの人間的な動きをボタンで行うこと で、スティック移動をしただけで強な酔いが発生してしまう。人によっては慣れでなんとかなるらしいが。そのため現在VRワープ移動が流になっている。

創作作品の中のバーチャルリアリティ

バーチャルリアリティは「コンピューターの中に作られた仮想現実を舞台とする仮想間」のような形で近現代の創作によく登場する。

バーチャルリアリティが登場する作品では、登場人物がバーチャルリアリティ世界現実世界の区別がつかなくなったり、あるいはバーチャルリアリティ世界現実世界が密接にリンクし相互に影を及ぼし合うなどの物語が描かれる。

90年代から現代でのバーチャルリアリティ世界が登場する作品でなものとして『トータル・リコール』や『マトリックス』『アバター』が挙げられる。

日本でも80年代後半にはすでにバーチャルリアリティゲーム現実が区別できなくなるゲームプレイヤーを描いた小説クラインの壺』が、人間のを電子化し自由に仮想現実を体験できるサイバーパンク世界観の漫画攻殻機動隊』が発表されており、90年代では『クリスクロス 混沌の魔王』、2000年代では『アクセル・ワールド』『ソード・アート・オンライン』などが存在する。

関連動画

実際にVRを使用している動画。画面だけでなく使用している人の動きにも注。画面との連動がよくわかるだろう。

Riftを使用している動画MMD間で遊んでいる。

HTC Viveチュートリアルをしている動画

公式生放送PlayStation VRを使用している動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3
ページ番号: 5431673 リビジョン番号: 2416448
読み:バーチャルリアリティ
初版作成日: 16/07/12 22:25 ◆ 最終更新日: 16/10/14 15:05
編集内容についての説明/コメント: 追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バーチャルリアリティについて語るスレ

15 : ななしのよっしん :2017/06/25(日) 19:00:18 ID: wFc5cK6mCz
いずれスポーツジムに導入されるのかな?
16 : ななしのよっしん :2017/06/27(火) 13:55:17 ID: 7yz1mzHdF0
>>15
もう導入されてる所もある
17 : ななしのよっしん :2017/07/04(火) 00:18:49 ID: N7BiThxisI
FBアカウントアニメアイコン貼ッ付ける調子現実世界の自分にCGアニメキャラみたいなVR光学迷彩を施せる様になれば、産まれ付きの醜聞とか気にせず恋愛出来る時代が来るんだろうか?
18 : ななしのよっしん :2017/07/04(火) 18:38:43 ID: Z4KwpcYcZx
迷彩剥がれた間互いを詐欺で訴えることになるゾ
19 : ななしのよっしん :2017/07/09(日) 17:46:29 ID: z8EHADSkEJ
映像作品を見るものとしてはかなり良い物だとは思えるけどゲーム機としちゃ微妙でしょ
そりゃ臨場感とかは桁違いだけどプレイスタイルが限定されるし、そもそも一人称視点でしかゲームとして有効に利用出来ないし
20 : ななしのよっしん :2017/07/26(水) 23:28:29 ID: LhayYgUgv9
>>19
そりゃ価値観によるんじゃない?
普段やってるゲームプレイヤーキャラ背後視点みたいな、ほぼ一人称視点と変わらないやつばっかな人ならさ、
一人称視点でしか利用できないってのも特にデメリットにはならないんだし
21 : ななしのよっしん :2017/07/26(水) 23:53:52 ID: BJ2u0lrnJD
スマホレベルVRはこんなものかって思っちゃった人か、PSVR所持者か、モーションコントローラールームスケールVRを体験してからの意見なのか。
それによって価値の変わる意見だな。
22 : ななしのよっしん :2017/08/29(火) 04:42:36 ID: nwwrVqna4d
Riftは5万円セールで購入者は1ヶ待ちくらいの人気に・・・
かたやviveは2万円値下げも経営自体が危ぶまれる事態に・・・
またもや先行きのわからないVR業界の趨勢や如何に?
23 : ななしのよっしん :2017/09/05(火) 03:25:58 ID: gYWZN3Yfu8
やたらVR擁護するら多いけど そんなにVR一番じゃなきゃ駄なのかね ただの機器の一つとして細々とやっていけばいいだろ VR消えてもそれはVRの価値が低いからじゃなく、一般層の見るかっただけ ヘビユーザーの間だけで共有すればいい
24 : ななしのよっしん :2017/10/16(月) 05:18:19 ID: Qg8YbuP4LC
個人的には現状のVRにはそれほど魅を感じない。
けど成長中の技術だとは思うから、今後が楽しみでは有る。
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829