単語記事: バーバリライオン

編集

バーバリライオンとは、食ネコ科に分類されるライオンの一亜種
かつては北アフリカモロッコ周辺に生息していた。アトラスライオンという別名もまた有名である。

概要

全長はなんと3メートルあり、体重は200キロほど。この大きさはライオン仲間の中でもかなり大きな部類に入る。胴体まで伸びる長い鬣と厚い胸が特徴的なライオンであり、反面脚はやや短め。

ローマ帝国が栄えていた時代、北アフリカに乗り出したローマ軍は、たくさんのバーバリライオン戦利品として捕獲した。見たからし明らかにでかくて強そうなバーバリライオンは、見世物には打ってつけだった。
そのためバーバリライオンは、余としてコロッセオなどにおいて闘士とデスマッチをやらされていた。観客の奮ときたら、その熱気がにも昇るかのような勢いだったらしい。

また、初代ローマ法王は死刑執行者としてこのバーバリライオンを重宝した。当時弾圧の対となっていたキリスト教徒や、犯罪者などの処刑する者として、バーバリライオンはよく用いられていたようだ。

ローマ帝国が衰退した後も、バーバリライオンに安寧の時代は訪れなかった。次々と列強が進出してくると、今度は単純に趣味のハンティングの対としてバーバリライオンは狙われた。
こうして生息地を減らしていったバーバリライオンアトラス山脈へと逃げこむことになった。厳しい自然環境の土地だったため、人間の開拓の手が及ばないそこは人の手が入りにくかった。が、それはバーバリライオンにとって試練の土地にして最後の砦でもあった。
だが、ハンティングの手は緩むことはあっても絶えることはなく、1922年に最後の個体が射殺されたことで野生絶滅種となった。

1996年にまさかの再発見の報がもたらされる。が、純血種かどうかはかなり怪しいという判定であり、しかも1頭しか発見されなかった。よって、どの絶滅判定がやや先送りになるだけでしかなかった。
飼育下のバーバリライオンもほとんど混血種しか存在せず、実質絶滅状態のライオンだった。

奇跡の純血種生存

これまでバーバリライオンは混血種か、純血種っぽい個体しか発見されてはいなかった。しかし、2012年なんとかつてのモロッコ国王ムハンマド5世の私設動物園において、純血種のバーバリライオンが飼育されていることが判明した。

当時、内の各部族は王への忠としてこのバーバリライオンを献上しており、そんなバーバリライオンを集めて飼育していたのが、ムハンマド5世の個人的動物園だった。

現在は後にモロッコ首都に開設されたラバト動物園において個体数の約半数が飼育されており、しかも開園直後に3頭のバーバリライオンが生まれるなど、明るいスタートとなった。

現状は野生絶滅こそ避けられないものの、純血のバーバリライオン地球上に生き残っていたというニュースは「あの動物も生き残っているかも……」という一縷の望みを人類に抱かせるに至った。

しかし判明したのが2012年とかなり最近なったためか、そのことを知る人は少ない。また、生き残っていたとはいえ、生存数は100頭以下であり、依然厳しい状況であることに変わりはない。

関連動画

純血種生存が知らされたのが最近であったため、今でも絶滅という表記のままの文献などは多い。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3
ページ番号: 5149614 リビジョン番号: 1902427
読み:バーバリライオン
初版作成日: 13/10/03 05:50 ◆ 最終更新日: 13/10/03 05:50
編集内容についての説明/コメント: バーバリライオン
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バーバリライオンについて語るスレ

8 : ななしのよっしん :2014/10/25(土) 21:37:30 ID: JQ5uhx5+9v
今日世界不思議発見で登場
9 : バーバリ :2014/10/28(火) 14:46:19 ID: 386e+cBKV/
ふしぎ発見によると、体長4.5メートルとか言ってたけど
これってこの種でもデカいやつだよね??
10 : ななしのよっしん :2014/11/13(木) 07:22:41 ID: 5fVzIDdtO1
>>6
温暖化なんて地球規模で考えたら屁でもないわ
恐竜がいたころなんてクソ暑かったってのに

温暖化は人間の暮らしにダメージがあるからヤバイバイって騒いでるんであって
地球のためでもなんでもない
人間様の生活のために対策してんだよ
11 : ななしのよっしん :2015/05/03(日) 10:25:58 ID: SiGjTC3Y0N
ついでに言わせて貰えば色々な動物絶滅するのも普通のことだ
地球歴史上で他種族によって絶滅させられた生物が何万種類いることか

絶滅すると自分の生活に支障が出るような生物ならまだしも、全然関係ない生物達の絶滅うんぬんに一喜一憂してるのは人間くらいだよ。
12 : ななしのよっしん :2015/06/24(水) 16:29:09 ID: N5I7fDkrDg
それをバーバリライオンの記事で言い出すことになんの意味があるんだよ……
もっと適当な記事があるだろ
それこそ絶滅危惧種とか
13 : ななしのよっしん :2015/12/07(月) 14:03:00 ID: ziQ26WR2ru
「人間の生活に全然関係ない動物」とか言えちゃうみそってアホだよな
生物は全て何かしらでどこか繋がってるってのに関係ない動物ってなんだよ
後々になって「あの生き物はこんなことに使えたのに数世紀前に絶滅していた」
「あの生き物はこれだけの影があったのに絶滅させたから環境が破滅した」なんてなっても遅いんだよ
14 : ななしのよっしん :2016/06/23(木) 05:10:15 ID: nZdqS4v7O1
>また、初代ローマ法王は死刑執行者としてこのバーバリライオンを重宝した。当時弾圧の対となっていたキリスト教徒や、犯罪者などの処刑する者として、バーバリライオンはよく用いられていたようだ。

初代ローマ法王ってペトロでしょ? 彼が公開処刑じみた死刑執行できたとはちょっと思えないんだけどなんか伝承でもあるんかね?
その次の文章とのつながりもちょっと意味がとりにくい。キリスト教徒への処刑に使われていたのなら、ペトロはこのライオンを恐れる立場なんじゃないの?
15 : ななしのよっしん :2016/07/16(土) 18:22:34 ID: 5TEpAGagAH
古典文献で暴な猛獣の代名詞として出てくるガエトゥリライオンバーバリライオンと特徴が似ているって話があるんだけど、つまりアフリカのガエトゥリア(ゲトゥリア)地方に生息していたって意味だよね?
ここに普通に暮らしていたガエトゥリ族って一体何者なんだよ…
ちなみに佐藤有文の創作妖怪「影なしドッグ」の元になったイラスト(エドワード・トプセル四足獣の歴史」)も「ガエトゥリア物真似」とか書かれてる。魔界か。
16 : ななしのよっしん :2017/03/04(土) 14:38:02 ID: JIMIDS/lZB
ローマ法王じゃなくてローマ皇帝じゃないの?
誤植かな
17 : ななしのよっしん :2017/04/11(火) 05:15:39 ID: 4nQg8NRjJf
これだけのサイズ動物で一度絶滅したと思われてたのが、実は数頭ながら生き残ってたってのはなんかロマン感じる話だわ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015