単語記事: パイロット

編集

パイロットpilot)とは、ギリシャ語の「船を操縦する人」の意味から転じた言葉で、現在では「操縦する」「運転する」「運ぶ」「先導する人」などの意味で使われている英単である。

曖昧さ回避

概要

パイロットとは本来は船の乗組員の一人である「取り」を意味した。そこから英単で「先導者」の意味でも使われている。

日本で「パイロット」と言えば「操縦士」「乗組員」の様な意味で使われることが多く、「飛行機パイロット」の様な使い方をされる。

また「テストする」の様な意味も持ち、「パイロットフィルム」「パイロット版」などのような使い方も一般的になっている。

運業界においては、現在でも先案内人をす言葉として使われている。正式名称は「先人」だが、当事者たちはあまりこの言葉を使わず、パイロットと呼んでいる。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%88
ページ番号: 4607431 リビジョン番号: 1684053
読み:パイロット
初版作成日: 11/04/10 13:23 ◆ 最終更新日: 12/11/22 00:43
編集内容についての説明/コメント: 消えた商品削除
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

パイロットについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2012/01/31(火) 11:37:33 ID: TfJssG2qS3
軍の航空部隊ではpilotと呼ぶと艦船の先案内人なのか
航空機の操縦士の事なのか紛らわしいため、aviator(飛行士)と呼んで区別する。

特に、着艦に非常に高度な技術を要される空母勤務のaviatorは
「自分達は(軍の)pilotではなく(軍の)aviatorだ」と、aviatorと呼ばれる事に誇りとこだわりを持っている。
2 : ななしのよっしん :2016/03/25(金) 18:21:59 ID: cKzc2UJ+4E
>>sm9623818

>>sm9623714
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015