単語記事: パチュリー

編集

おそらくは…

もしかして

植物パチュリーについて知りたい人→この記事を見てってね

概要

【分類】シソシソ科ヒゲオシベ属
【学名】Podostemon spp.
(学名の由来)Podostemon→ひげ+雄蕊

P・カブリンとした数種がハーブとして用いられ、パチュリーまたはパチョリとよばれる(どちらかというと後者の方が一般的)。広○(かんむりに霍)香と書いて「こうかっこう」という和名もあるが、一般的ではない。パチュリーの名前はミルで「の葉」という意味の単が元となっているが、転訛して英語に入っているので、「パチュリー・ノーレッジ」の名前はタミル苗字英語というネタは少々正確でない。

油料植物として東南アジアインドで古くから栽培されている。燥させた葉から得られる精油(パチョリ油)は褐色性がある。シソ科の精油では最も匂いが強ともいわれ、その香りは「オリエンタルな」または「エキゾチックな」という、褒め言葉なのかよく分からない評され方をする一方、土や朱の臭さに喩えられることもあり、好き嫌いが分かれるところである。香料・入浴剤・などの用途に使われる。

他に、催淫ローションというような怪しげな商品に、媚的な成分として含まれている事がある。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%91%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%BC
ページ番号: 261961 リビジョン番号: 1407454
読み:パチュリー
初版作成日: 08/06/20 21:36 ◆ 最終更新日: 12/01/12 13:44
編集内容についての説明/コメント: ググってビビった
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

パチュリーについて語るスレ

33 : ななしのよっしん :2011/11/05(土) 14:03:19 ID: V1yiY8Mi26
パチュリーっていう植物があったって勉強になった。
パチェのことがまた一つ知れて嬉しいです。
記事製作者さんありがとうございました

34 : ななしのよっしん :2012/10/25(木) 19:51:30 ID: kEh238u3eV
それまで東方パチュリーしか知らなかったけど、
落花流水パチュリーという植物の存在(と効果)を知った俺ガイル

しかし精を落ち着かせるとともに催淫効果もあるって不思議な香りだな
35 : ななしのよっしん :2013/04/21(日) 23:34:44 ID: 7h+aBVK8u1
ルーマニアライブハウスとか誰得w
36 : ななしのよっしん :2013/07/19(金) 07:43:20 ID: 29Xpd9pPVi
>>35
心外だな。俺得に決まっているだろう。
37 : ななしのよっしん :2013/08/11(日) 16:07:11 ID: kEh238u3eV
ルーマニアと言えば吸血鬼の本場だが…
38 : ななしのよっしん :2013/08/11(日) 16:15:52 ID: kzlT+dYmAG
土着の吸血鬼ルーマニアには多くないもよう
39 : ななしのよっしん :2014/02/18(火) 19:10:36 ID: 5gM1W1o8v7
ルーマニア吸血鬼はストリゴリて名前で日本のコカクチョウみたいな感じらしいね
40 : ななしのよっしん :2014/08/11(月) 23:10:30 ID: Ikfy0E7aDF
カクチョウってなんだ・・・って思ったけど産女のことかwww

流石インド植物サイエンスのだね
日本だと精油の文化ってお香くらいしかないんじゃない?
41 : ななしのよっしん :2015/02/09(月) 12:19:52 ID: h4QXByIDUa
人によっては好きな匂いかもしれんが少なくても日本人好みではないような匂いだと思う。理な方。
本場インド人向け
42 : ななしのよっしん :2015/09/18(金) 11:15:18 ID: g+WHRd2kTW
そりゃまあアーユルヴェーダは各種ハーブの精油を活用するからなあ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015