単語記事: パトリック・コーラサワー

編集

「大好きです、カティ!」

不死身のコーラサワー

パトリック・コーラサワーPatrick Colasour)とは、アニメ機動戦士ガンダム00」の登場人物である。
死亡フラグ炭酸で溶かし続けた男。浜田賢二

エースでスペシャルな概要

AEUのエースで、スペシャルスクランブル2000回以上をこなしたスペシャルパイロットである。
もちろん、模擬戦でも負け知らず。ただし自信過剰すぎる性格にやや難がある。

1話に新機のテストパイロットとして登場するが、突如武介入した刹那が乗るガンダムエクシアフルボッコにされた。
この事件が原因で、グラハム・エーカーガンダムに強い興味覚める事となった。

序盤から中盤にかけて何回も出撃するも、調子乗った操縦で何回も撃墜される。にもかかわらずちゃっかり生きている男である。
ファーストシーズン終盤で、ティエリアと相打ちの形で戦死……したかと思われたが、何の脈略も地球連邦軍結成式典で敬礼している姿を現した。

なお、これには理由が存在し、 ティエリアと相打ちになった後、GN-Xの残骸ごと外宇宙まで流されかけたところを偶然通りがかったフォン・スパークガンダムアストレアTYPE-Fに蹴っ飛ばされた事で地球へと復帰し、そののちに回収されたからである。なんという強運…

前述のフルボッコを除けばメインシナリオにほとんど関係ないギャグ要員化が進行していったキャラである。お陰で、尺の都合でシーンカットする際、脚本家っ先に出番を減らされたとの事。にも関わらず、彼の戦績は各営のエースパイロット達と較しても決して劣る訳ではない…が、被撃墜回数の多さは問題である。

そして、ついたあだ名が「不死身のコーラサワー」である。

セカンドシーズンではする大佐を追いかけてアロウズに入隊。
相変わらずと言うか、寧ろファーストシーズン以上にストーリーに絡まないにもかかわらず、その存在感は健在だった。

色々あって最終決戦で撃墜されたが、やっぱり生きていた!しかも生存確認の際は…以下「幸せのコーラサワー」参照。

劇場版では、する妻が令官を務める連邦宇宙方面軍に所属。雑誌や小説等の媒体間で異なる描写によって諸説あるが准尉か大尉の模様。
公式HPエンディングクレジットでは「パトリック・コーラサワー」名義だが、本名は妻の姓となっており、ノベライズではその表記になっている。
まあ、結婚しても職場では、既に定着している旧姓で通すことはよくある話。ましてや、夫婦共に同じ職場で上(将官)と部下(尉官)、だし。

人類の変革や対話をテーマにした「00」の登場人物の中でも、作中時間6年を通じてど人格が変化する事のかったしいキャラクターの一人と言えるかもしれない。

ファンからの称は「コーラ」「コラ沢」「炭酸」など。

乗機

  1. イナクト(デモカラー
  2. イナクト(指揮官
  3. GN-X
  4. GN-X IIIアロウズカラー
  5. GN-X III連邦カラー
  6. GN-X IV指揮官

余談

実はシリーズ構成黒田氏は、1stシーズン第1話のみ登場のゲストキャラとして考えていた。他の出番としては精々モラリア演習時にちょっとだけ登場して戦死させるぐらいしか考えていなかったが、製作スタッフ内で人気が高く、彼を登場させる要望を受けて延命を繰り返した結果、『不死身』になってしまったと言う経緯がある。

不死身のコーラサワー名言集

模擬戦で負けしらずな関連動画


炭酸な関連商品

スペシャルな関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%91%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%83%AF%E3%83%BC
ページ番号: 265065 リビジョン番号: 2159892
読み:パトリックコーラサワー
初版作成日: 08/06/21 16:54 ◆ 最終更新日: 15/02/12 00:20
編集内容についての説明/コメント: 1stシーズン最終回で生き残っていた理由を追記。その他微修正。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

パトリック・コーラサワーについて語るスレ

434 : ななしのよっしん :2016/06/17(金) 15:25:32 ID: kN1P4D3Eph
前線指揮官としての腕も一流な気がする。
後、学はないって言ってたけどテストパイロットとか色々な始末書とか報告書とか書いてるからあくまで「戦術指揮官ほどの」学はないってことなのかもね。
後、大学時代の研究室のガンダム好きにコーラって「意外と努力の人じゃね?」っていったら「あいつが努したのはカティさん落とす時だけだろ。そんなこともわからねぇのか。バカが。」と言われた。
でも、コーラさん努説は否定できないんだよね。
435 : ななしのよっしん :2016/07/03(日) 12:46:01 ID: ooRBES7Yay
>>434
ここのどっかにも書いてるとは思うが、コーラは報告書他人に丸投げして、最後に一文頭の悪そうなコメント(失礼)してる。

GN-X受領後のヴァーチェ戦も
報告書を「めんどくさかったから」読まずにトランザムを知らないで撃墜(と言って 余波で飛んできた破片だが)されてる
436 : ななしのよっしん :2016/07/04(月) 05:57:41 ID: dkZIoUJfEc
>>435
どこで見たのか忘れましたが

調子者 と 努 は両立する
回数から考えても、『模擬戦』の中にはシミュレーターもある可性が高い→コーラは模擬戦不敗→勝つのが楽しいから何度も続ける→本人は気づかないながら周りから見ると努しているのと同じように見える

という考察がありました

報告書読む、書くのは苦手だけど、体で覚えるタイプ と考えればそこの矛盾点は簡単に解消できますし、コーラの被撃墜理由の大半は、コーラ本人の視点からの新兵器です(特に1期)
逆に、一度受けた攻撃には対抗できてるんですよね(ヴァーチェのGNバズーカを至近で回避)まぁ、ティエリアがあの時は疲弊していましたが

『努している』かはわかりませんが、結果的に努しているという可性はありそうかな? と思いました
437 : ななしのよっしん :2016/07/04(月) 05:59:31 ID: dkZIoUJfEc
>>436ですが、模擬戦回数ではありませんでしたね
スクランブルが2000回 ですね
438 : ななしのよっしん :2016/07/04(月) 06:15:32 ID: +mYFUpxK5f
というかスクランブル2000回って総飛行時間がとんでもないことになっていそう
一回あたりの作戦行動時間を限りなく低く見積もっても2000時間、実際にはその倍以上でもおかしくないし
439 : ななしのよっしん :2016/07/16(土) 02:23:37 ID: wn6z5TwSRn
>>438
それ(スクランブル)以外にも当然訓練飛行なんかをやっている訳で……。
日本海軍で「300時間で飛行機が言う事を聞いてくれるようになる。500時間で列機として使えるようになる。戦闘機戦闘機として使えるようになるのが700~800時間、1000時間でベテラン」と言われていたとか。
エースと呼ばれる人達で数千時間と言われてるので、コーラサワーは間違いなくエース級の飛行時間を持ってますね。
スクランブル出撃は例え戦闘がくとも事実上の実戦と言えるので、凄まじい経験値を積んでいると考えるべきでしょう。
相手の挙動に対する対応などスクランブル発進による戦闘行動は問答用で敵機を落せば良いという単純なものではない、という事を考えればあの柔軟な対応は頷けます。
440 : ななしのよっしん :2016/07/22(金) 22:14:16 ID: iTC4VoV/o6
>>434
小説版によれば学はいが割り切りの上手い人間だと描かれてたな
自分はバカだって自覚があるから頭の良い人の立てる作戦をこなす事に専念してるみたい(だからアロウズの在り方にもあまり疑問は持ってない。離反もカティが抜けたからに過ぎない)
調子者ではあるが腕はあるし自己判断で余計な事して現場かき回したりはしないし上官が有能ならある意味理想的な軍人
441 : ななしのよっしん :2016/10/08(土) 13:34:00 ID: Ym7lLjRuUq
戦場の最前線中でしかも対ELSの大混戦の中でノーマルスーツだけで放り出されて生き残ってるってどんな強運だよ
442 : ななしのよっしん :2016/10/19(水) 19:22:27 ID: ooRBES7Yay
>>441
しかもガンダム達も最終防衛ラインにいるのにこいつは最初っから最前線だぞ
443 : ななしのよっしん :2016/10/31(月) 15:50:40 ID: M/BiqiiZyF
「変革」「変化」をメインテーマとする『00』において全く変わらなかった稀有な人物。これには「変わることが必ずしも良いとは限らない」というアンチテーゼ的な意味合いが含まれている

ほう・・
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015