単語記事: パラダイムシフト

編集  

パラダイムシフトとは、その時代に「常識」や「当然」や「普通」だったもの『パラダイム』が
一つの出来事により「変化」「移行」「再認識」等、劇的に『シフト』することである。

変化のみを取ってパラダイムチェンジとも呼ぶ。

パラダイムシフトが起こると、一般人常識・生活も大きく変化する可性がある。

概要

概要を端的に説明すれば、動説から地動説に変わったことがパラダイムシフトである。
これを例にしてパラダイムシフト・パラダイムチェンジについて説明していく。
動説?地動説?って何?という方は教科書に載っているので見てみよう。

まず、ある学者が「太陽」と「」に規則性を見つけることから始まる。
ここが論争の始点である。

次に、「太陽」と「」等の々の住む地球に対し、回転・移動をしていることを見つける。
「まさか地球が自転するはずがない」「地球が自転しているなら流石に気付くだろう」という考えから、
々は地球を中心としてっている」という説を唱える。これが動説である。

動説は非常に有とされ、そこから新たな宇宙に関する研究がされていく。
ここが中間点である。

そして、別の学者がこの「動説」に一石を投じる。「地動説」である。
もちろん世の学者達は「動説」を基本に「宇宙」の研究をしていたので、侮辱行為だと言われる。
しかし「地動説」は、今まで「動説」では説明のつかなかったことに対し非常に合点の行く内容だった。

ここからパラダイムチェンジが始まっていく。
動説」と「地動説」が入り混じり研究されていく混沌の時代の幕開けである。

結果的に「地動説」が正しいとされ研究は進み、科学の発展により立されることになる。
ここで「々は地球を中心としてっている」という「動説」から、
地球を含む々は太陽を中心としてっている」という「地動説」へパラダイムシフトし、論争の終点となる。

「地動説」に一石を投じる新たな有説が出れば、人類の宇宙技術は恐らく飛躍的に進歩することになる。

有名なパラダイムシフト

今後起こり得るパラダイムシフト

ネタとしてのパラダイムシフト

発音のしやすさから「今までの常識を覆すもの」や「もがを容易に得うるもの」等に対し、
これは○○パラダイムシフトだ。と喩的に使用するものもある。

例に挙げれば「プレミアムバンダイ HG ヒソカ」のフィギュアである。
これは台座にあるボタンを押すとフィギュア股間部分がかなり発するものであり、
「これはフィギュアパラダイムシフトだ」と制作サイドしている。
集英社編集担当は「バカじゃないの?」とっ当なコメントをしている)

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%83%95%E3%83%88
ページ番号: 5460777 リビジョン番号: 2493640
読み:パラダイムシフト
初版作成日: 16/12/17 01:07 ◆ 最終更新日: 17/05/27 12:26
編集内容についての説明/コメント: 記事作成乙です。記事冒頭で一部を太字化、文章変更。「関連項目」に「トーマス・クーン」「シンギュラリティ」「収穫加速の法則」追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

パラダイムシフトについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2017/05/04(木) 13:24:08 ID: IKXtZg3Eb+
記事立って
2 : ななしのよっしん :2017/05/31(水) 19:57:32 ID: NuZ4sr1IGo
>相対性理論
>かいつまんで言えば全てに物理法則が同じ形で成立すること。
これはなんかちょっと違うような・・・。古典物理でも全宇宙物理法則は同じだという考え方は変わらない。相対性理論が捨てたのは間とか時間は一様なものなんだというニュートン的な視点ね。
細かく言うとニュートン力学の「ガリレイ変換で不変だ」というのが「ローレンツ変換で不変だ」にアップデートされた。
3 : ななしのよっしん :2017/08/30(水) 07:28:56 ID: 9BbpD8N9kO
動説と地動説を覚えたての人にも理解できるように
分かりやすく書いてくれてるからいいじゃん
4 : ななしのよっしん :2017/08/31(木) 19:32:38 ID: NuZ4sr1IGo
分かりやすければ書いていいことにはならんでしょ。パラダイムシフトの説明なんだから相対性理論が「変えた」ことを説明しなきゃいけない。
地上も体も全部同じ法則で説明できると明したのはニュートンだし、考え方としてはコペルニクスまでさかのぼるからそれは相対性理論とは関係ないんだ。「同じ形で」という微妙ニュアンスにローレンツ短縮が入ってるのは分かるけど、これだと本当のところが分かりにくい。
5 : ななしのよっしん :2017/09/18(月) 16:09:01 ID: p2hsRjxvIw
>>4
いや、パラダイムシフトの記事で相対性理論の話してもしょうがないだろうが
それは相対性理論の記事でやる内容
リンクも繋いであるし気になるならページに飛べばいい

お前の正確性を追及する気持ちは凄く分かるけど、
こういう記事は初心者興味持ってくれればいいくらいの気持ちで見た方がいいぞ
6 : ななしのよっしん :2017/10/04(水) 20:41:08 ID: NuZ4sr1IGo
んー行線なのでこれ以上議論はしないけど、自分は相対性理論がなんなんのか説明せよとか、相対性理論は何故パラダイムシフトだったのか説明せよと言ってるのではない。
そういうのはどうでもいいが、現状の記述を維持するのであれば相対性理論ではなくニュートン力学によるパラダイムシフトと書くべきだし、相対性理論とするなら「時間の流れは一定ではないこと」とか書かなきゃそもそもなのね。
変えてもいないことを変えたことにするのは、パラダイムシフトの例として間違ってるんだよ、単に。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829