単語記事: パラノイア(RPG)

編集

パラノイアは完璧なゲームであり、幸せと楽しさは市民としての当然の義務です。
 

Security Clearance ULT INFRARED
Cleared for all citizens in Nicovideo Complex.

PARANOIA(パラノイア)とは、近代的SFをモチーフにした、ディストピア風のテーブルトークRPGのことである。

概要

コンピュータが管理・支配する地下シェルター都市「アルファ・コンプレックス」を舞台に、疑心暗鬼と謀略と妄想に苛まれるTRPGである。
初版の著者としてGreg Costikyanや Eric Goldberg、2ndの著者としてDan Goldbergなどが関わっている。

超近代都市「アルファ・コンプレックス」は鎖国状態に陥っていた。なぜならば、市外で国家規模の核戦争が起こり、これに乗じて「悪辣な共産主義者」「放射能によって変異したミュータント」「スパイによる秘密結社」(まとめて「反逆者」)が都市に侵入した…と、都市を支配するコンピューターが妄想したためである。
プレイヤー達はこの気難しいコンピューターからミッションを受け、プレイヤーはトラブルシューター・チームを結成し、都市に生じた問題を解決しなければならない。但しこの任務は、下記の理由のため完遂は非常に困難なものとなっている。

  • 都市の支配者であるコンピューター自身が「アルファ・コンプレックスは至福の都市であり、コンピューターは常に正しい指導者・偉大なる友人(以下略)である」「市民の中には秘密裏に破壊工作や洗脳を起こしている反逆者がおり、コンピューターは欺かれている」と思い込んでいる。このため、この妄想への疑問や諫言を表明した者は市民失格者、すなわち反逆者であり、罰則が科される。
  • トラブルシューティングを遂行し、問題を解決することはトラブルシューターにとってコンピューターに忠誠心を示し、後述のセキュリティ・クリアランスを昇格する好機である。
  • しかしトラブルシューティングの対象となる問題は無理難題がとても多いく、プレイヤーの思い通りにはいかない。
  • プレイヤー全員が実は秘密裏に「ミュータント」かつ「秘密結社のスパイ」である。
  • 都市全体が超官僚主義的非効率性でもってプレイヤーの行く手に立ちはだかる。何を頼むにしても他部署にたらい回しである。
  • トラブルシューター・チームはこれら超官僚主義的非効率性とモンティ・パイソン的悪意を併せ持つ最悪の集団である。
  • プレイヤーが入手できる情報は後述の階級(セキュリティ・クリアランス)により制限されている。これはルールブックでも徹底されており、上位クリアランスの情報や内容について言及すると罰則を受ける場合がある。
  • コンピューターを頂点とする絶対階級社会のため、高位階級の者にとって低位階級の者は捨て駒であり、鉄砲玉である。
  • コンピューターは常に正しい。よって、これへの返答如何で反逆的性向を持つという証拠になる。
  • しかし慈母のごとき父なるコンピューター様は、念には念を入れて1人につき5人分のクローン人間を用意してあります。1ミッションで複数名の1人が出動することはざらです。新しくなったあなたは、反逆の疑いはもはやありません…クローン生成と同時にコピーされる、その記憶と精神を除いて。

トラブルシューティングの失敗はコンピューターの心証を損ね、後述の階級低下を招く。上述のように低位の人物は上位の人物に逆らいにくいため、階級低下阻止と自身の地位向上のためにプレイヤー同士で責任の押し付け合いや粗捜し等が行われることになる。眼を付けられた人は当然生き延びるために他の仲間を出し抜こうとする。また、当然ながら1人より3人の反逆者を見つけ出した方が昇進が早まる。
さらにややこしいことにセキュリティ・クリアランスの他に秘密結社としての階級も設定されており、市民としての階級(クリアランス)のほかにこれら組織の階級を上げなければならない。組織の指令とコンピューターの命令が矛盾することもよくあり、コンピューターの機嫌を取ってばかりでは立ちいかなくなる。

よってプレイヤーの実際の目的は、この人と人とが織りなす理不尽なデストラップの中を、ルールブックなぞ読んでいないという事を面目上はを保ちつつ、仲間と協力しながら責任を押し付け合う事になる。

版数と評価

このゲームの初版は冷戦末期の1984年に発売されている。共産主義という巨悪への過剰な敵愾心が、自らを敵と似た抑圧的管理社会を作り出している、という風刺の効いたテーマが窺える(奇しくも「1984」といえば最も著名なディストピア小説の題名と同じである)。プレイ自体も、前述のようなスラップスティックな遊び方から、プレイヤー同士の相互不信に焦点を当てた対戦的な遊び方まで幅広く対応しており、どの遊び方でも他に類を見ない斬新さとプレイアビリティを兼ね備えた面白いゲームを体験することができる。この初版は高く評価され、1985年の米オリジン賞(RPG部門)を受賞している。

1987年に2版発売。この2版に準拠したサプリメントブックが数としても最も多く、現在でもPARANOIAの一般的なイメージはこの2版に依る部分が大きい。

1995年に「第5版」発売(実際には3版。1,2の次が5になるのはモンティ・パイソン由来のジョークと説明されている)。2版までの作者が関わっておらず、2版との非互換性や世界観の矮小化などにより評価が低い。主著者 Ed Stark(後にTSR/Wizards of the Coastに移籍、D&D3.5などに参加)。

1997年頃に「第3版(実際には第4版)」のアナウンスがあったもののこれは実現せず、2004年発売の4版「PARANOIA xp【某大企業の法的申立により削除】」はWest End Games社の倒産によりMongoose Publishingから出版されている。この版には2版までの著者の一人であるGreg Costikyanも参与している。直前の版を無かった事にするかのように、ルールは2版との親和性が高い。主著者 Allen Varney。2版時代の20年後という設定になっており、実世界における冷戦終了とその後の世界を反映し、冷戦体制の風刺から新自由主義経済の風刺へと僅かながらシフトしている傾向が伺える。

初版発表25周年となる2009年に、Mongoose Publishingから新版が発表された。25周年記念版、アニーバーサリー・エディションなどと呼ばれている。「Troubleshooters」「Internal Security」「High Programmers」の3冊構成で、それぞれ通常版とは別に限定版が用意されている(Troubleshootersの限定版には、xp時代のサプリメントの大半をPDF形式で収めたDVDが付属された)。内容は「Troubleshooters」がいわゆる普通のPARANOIAのルールブック。「Internal Security」は、クリアランスBlueのIntSecになって遊ぶためのルールブックで、初版時代のサプリメント HIL Sector Blues のアイデアに基づき拡張されたもの。「High Programmers」はハイプログラマーになって遊ぶためのルールブックで、xp時代のサプリメント Extreme Paranoia のアイデアを拡張したもの。いずれもサプリメントではなく単独で遊ぶことの可能なルールブックとして構成されている。

25周年記念版ルールについては、「xp用のサプリメントブックは新版のルールと九割方の互換性が取れている」とアナウンスされている通り、2nd-xpの路線が引き継がれている。Troubleshootersの主著者はxpに引き続き Allen Varney。Internal SecurityとHigh Programmersの主著者はGareth Hanrahan。(Mongoose Publishing のサイトでは Troubleshooters の主著者も Gareth Hanrahan となっているが、ルールブックで主著者としてクレジットされているのは Varney で、Hanrahan は副著者の一人という扱い)

2014年10月14日、パラノイア新版の発売がアナウンスされた。版名は現時点では不明だが、第6版に相当する。発売元はxp/25thに引き続きMongoose Publishing。編著者として、Grant Howitt、James Wallis、Paul Deanの名が公開されている(この中で最も知名度が高いのはおそらくJames Wallisで、RPGではThe Extraordinary Adventures of Baron Munchausen、RPG以外でも共著でカードゲームOnce Upon a Timeを作っている)。同月24日、Kickstarterでプレオーダー募集開始。

日本語訳

これまで日本でも雑誌やwebで紹介がされてきて知名度は高かったが、これまで日本語訳が出版されたことはなかった(PARANOIA xpについては、アトリエサードが出版の交渉を行っているという噂があったが、現在は立ち消えになった。関連商品であるPARANOIA Card Gameのみ日本語版が製作・販売されている)。

そこに合同会社ニューゲームオーダーが「パラノイア【トラブルシューターズ】」の出版を発表した。これは「PARANOIA Troubleshooters」の翻訳である。

詳細は公式ページを参照

よく出てくる語句

コンピューター(様)(The Computer)
アルファ・コンプレックスの都市管理を一任されている超大型の思考型コンピューター。しかしある理由により思考が冷戦の時代まで逆行し、さらに都市外で共産主義者と資本主義者による全面核戦争が起こったと勘違いし、都市を鎖国状態にした。しかし待てど暮らせど戦火が及ばなかったため、今度は共産主義者による情報戦・浸透戦が始まったと妄想し、反逆者の捜索を開始した。さらにミュータントの出現と秘密結社の結成に至ってついにコンピューターは完全に暴走し、理想社会への奉仕者というイメージに偏執することになる。
つまり、ありもしない戦争に怯え、いもしない反逆者を探し、(嫌々)従順になっている市民を見て理想的な統治を行なっていると自分を慰めている、健気で親しげな市長であるともいえる。
上述のようにコンピューターは自分自身を完全な為政者であり、市民の庇護者にして親愛なる友人であると信じている。そのため、プレイヤーはより無難な表現である「コンピューター様」を用いることが多い。なぜならば、ミッション後に「親愛なるコンピューター様を呼び捨てにしています。これは反逆的性向に他なりません。」などと言われないためである。
アルファ・コンプレックスにおいてはコンピューターが法であり、それに反すると処刑される。通常はトラブルシューティングの一環として処刑されるが、尋問などの際にはコンピューターが直接「略式の処刑」をすることもある。また、例えば友人の反逆的性向を見つけ出してコンピューターに報告するなどの行為は「無私の奉仕」と呼ばれる。
セキュリティ・クリアランス (Security Clearance)
単に「クリアランス」とも。一種の法律にして階級制度。下位から順に、黒 (IR: Infra-Red)赤 (R: Red)橙 (O: Orange)黄 (Y: Yellow)緑 (G: Green)青 (B: Blue)藍 (I: Indigo)紫 (V: Violet)白 (UV: Ultra-Violet) の9色で表されると言う事になっている。プレイヤーを含む市民は通常R、B、UVからスタートする。
アルファ・コンプレックスにおいてはあらゆる情報やセクションについてクリアランス条件が設定されており、これに違反すると反逆罪となる。例えば、クリアランスOの情報はO以上のクリアランスを持つ者しかアクセスしてはならず、クリアランスVが設定された通路にV未満の者が侵入するとただちに処刑される。
また、各人の持つクリアランスは同時に、(任務上の)階級も意味しており、上位の者はいわゆる司令官に任命されやすく、下位の者は上位の者(司令官)に従わなければならない。例えばクリアランスR3人とクリアランスO1人でチームを組んだ時、司令官権限はクリアランスOの者が持つことになり、他の者がOに逆らうと「反逆的性向が見られる」と報告される。
特に、ルールブックには「これ以降の情報はセキュリティ・クリアランスUVである」と書かれたネタバレ的なセクションがあり、その内容について判定の際などにUV未満の者が公言するとクリアランス違反で罰則という結末が待っている(ただし、ゲーム上プレイヤーが閲覧可能な記載も多くゲーム後に忘れればよいと言う風になっている)。
余談だが、この色分けは当時のアメリカ人的価値観が元になっている。すなわちR人が最低ラインでIR人は捨て石も同然、Y人はR人より2つマシだがUV人より5つも劣っている、UV人は神のごとき振る舞いができる…ということである。
ZAP
レーザー銃の発射を示す擬音。某戦争漫画のようにZAPZAPZAPとも言う。別段PARANOIAのためのものというわけではなく英語では一般的な擬音だが、このゲームの一側面を象徴する言葉であり、ルールブックにもプレー中にもGMが操るNPCでも頻出する。
ひたすらにレーザー銃の撃ち合いを繰り広げる(ルールブックなど読まない勘違いした連中の)ゲームスタイルを「ZAP Style」と呼び、コメディ要素を強調する「Classic Style」や、ディストピアの重苦しさを強調する「Straight Style」と区別される。
コミー (Commie)
共産主義者(Communist)への侮蔑的略称。アルファ・コンプレックス最大の敵にして、本当にいるかどうかも分からない敵。何故か「コミュニスト」と呼ばれることは滅多にない。「1984」に出てきたニュースピークへのオマージュなのかも。
ミュータント (mutant)
突然変異種。超能力(ミュータント・パワー)が使える。イレギュラーな者としてコンピュータらに大変嫌われており、コンピュータに許しを請うて死刑囚同然の扱いを受けるか、反逆罪を覚悟で出自を隠して生きるかの二択を迫られる。
なお、プレイヤーは大抵ミュータントである。または、ミュータントでないと抗弁する機会を与えられない存在である。その代わり、PCは強力なミュータント・パワーを行使することができる。
秘密結社 (Secret society)
様々な市民達の集まり。「反コンピューター組織」や「アメリカ的懐古主義者」、「ミュータント至上主義者」などの組織がある。ほとんどの秘密結社はそれに所属していることが知れると反逆罪の対象となる。例外はコンピューター教会と反ミュータント結社の2つであり、これらに所属していれば証の提示をすることで処刑を免れることができる時もある。
SSM (Sub-Standard Morale)
士気が標準以下にある状態、つまり幸福でない状態を示す用語。反逆的兆候の最も顕著なものであり、解消しないと反逆罪の有力な証拠とされるため、手段を問わず速やかな解消が望まれる。代表的な解消法は薬物投与。中でも告罪のための自白剤(あるいは同様の向精神薬)が最も良いとされている。
Trust no one!
このゲームの標語。正式には "Stay alert! Trust no one! Keep your laser handy!" 。「気を抜くな、信じるな、レーザー銃を手放すな」の意。もう一度言うが、コンピューターとその信奉者にとって、敵は「見つからなかった」のではなく「常に、どこかに、いる」のが正しいのだ!
Happiness is Mandatory. Citizen,are you happy?
このゲームのもう一つの標語。折に触れコンピューターが語りかける。
幸福義務です。市民、あなたは幸福ですか?」の意。
コンピューターが支配しているアルファ・コンプレックスは、外部の絶望的な戦禍や天災とは無縁な平和と慈愛に満ちている最高の都市であり、このような都市でコンピューターの庇護と恩恵を受けることは幸福に他ならず、そう感じるのは市民としての義務である。ここに暮らすことを幸福に思わない、もしくはそれを疑う市民は、反逆者である。
Violence(RPG)
べつにこのゲームや著者の一人であるGreg Costikyan氏とは本当に一切関係ないのだが、理由は不明ながらPARANOIAと一緒に挙げられることが妙に多い、匿名の著者DesignerX氏による現代ハック&スラッシュRPG。プレイヤーは麻薬その他の理由でとち狂ったゴロツキに扮し、ダンジョンに見立てた他人の家その他を荒し回り、そしてこれは普通の現代を舞台としたRPGなので、概ね最後には警察に撃たれて死ぬ。なお、ルールの半分くらいはX氏による業界への怨嗟で埋まっており(てめえらRPGプレイヤーは高尚なゲームを理解する脳なざ持ち合わせない糞虫だぁらこの程度の三文小芝居で品性下劣なゲームがお似合いなんだよペペペ的な)、RPGルールブックというよりは同人誌の側面が強い。邦訳有り。ところでこのX氏の言動、単なるネタだと思われていたのだが、その後のCos…X氏の縁者の言動を見ると、あれは実は本音そのものだったんじゃないかという気がしないでもない。

ちなみに、パラノイア(偏執病)とは

--このセクションはクリアランスUVである。許可無く閲覧した者は処刑される--

精神疾患の一種。「自分は他人とは違い、特別な存在である」と信じこんだり、「自分は偉大であるがゆえ、誰かから付け狙われている」と妄想すること。「偏執狂」を病名として定義しているので「偏執病」が正しい。
言動の時点であからさまにアレな中二病とは違い「健全な社会人になり得、正常な判断力がある」「内に秘めた妄想を吐露する時以外はまじめそうに見える」
何でもかんでも宇宙人や陰謀組織、特定宗教団体や国際的警察機関にこじつける大学教授などがいい例。

そういった妄想の例を挙げれば、「自分は世界で一番途方も無く偉大である」「ゆえに敵対者や反逆者(とプログラミングされた者)から狙われている」「すでにその兆候は雲の形や原子炉の不安定さに現れ始めている」「反逆者の出現は自分を狙う反逆者の陰謀である」など。

ちなみに、パラノイアを発症している人は「パラノイド」と呼ばれている。もしコンピューター様の開発プラットフォームがAndroidだったら冷酷無比のパラノイド・アンドロイドということに…?(ZAP!!)

関連動画



関連商品


ゲームの参考に、ということで、ルールブックにネタ元の小説や映画が挙げられている。

また、PARANOIA Sourcebook において、BGMに良さそうな音楽についてもいくつか提案されている。

関連項目

  • TRPG
  • 卓ゲM@STER
    • P@ranoia M@ster
    • UV様はいつも楽しそうでいいよな
  • 東方卓遊戯
  • ゆっくりTRPG
  • シヌシティ
  • ディストピア
  • こちら、幸福安心委員会です。
  • 冷戦

外部リンク

  • JT的パラノイアParanoia O - 警告:リンク先の項目はクリアランスUVかつ反逆的性向が含まれる。
  • 奉仕の会 - 最高にして模範的なサービスグループ。市民の鑑であり、あなたのかけがえのない友人です。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%82%A2%28rpg%29
ページ番号: 4135656 リビジョン番号: 2456121
読み:パラノイア
初版作成日: 09/08/04 02:11 ◆ 最終更新日: 17/02/05 16:54
編集内容についての説明/コメント: 一部修正、修正箇所多すぎにより未完了
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

パラノイア(RPG)について語るスレ

441 : ななしのよっしん :2016/08/05(金) 11:35:41 ID: 4Ek60kDN/q
リトル・レッド・ブックの書籍版が出ましたし、関連商品に追加していただけないでしょうか?
これで「ルールブックは高くて買えない」と言っている不幸な市民が幸福になると思うのですが。
442 : ななしのよっしん :2016/08/11(木) 21:46:24 ID: Y3c/pAl+v6
ルールブックは高くて買えない
443 : ななしのよっしん :2016/08/27(土) 08:43:27 ID: gkST9UxhN9
ゴルスタでパラノイアのオンセができるらしいな
444 : ななしのよっしん :2016/08/28(日) 04:24:07 ID: WbO0I4ND0m
マスタリングがzapスタイルの極致らしいから、覚悟して参加するんだぜ
445 : ななしのよっしん :2016/08/29(月) 18:15:04 ID: J1iMMywV9v
ゴルスタ内部で、扉を閉ざして密告と相互監視による異分子の排除が行われている模様
パラノイア亜種の貴重なオンセの機会を逃してしまったか
446 : ななしのよっしん :2016/08/31(水) 00:37:31 ID: r1rCBy2z6O
ゴルスタは何故か個人情報を要求してくる上、クローンの準備がとんでもなく面倒くさいけど徹底したクリアランス制度とリアルなFCCCP、ユマニストやコミーのぶつかり合いが体験できるよ。
SSMというシステムは無い……むしろ不安な時は相談も可能で、大抵のZAP理由がコンピューター様の批判と年齢詐称、旧世界社会の性的な意味を含む会話。
外の世界との対決要素も濃厚で、外から侵略されたりコンピューター様の世界を守るため戦ったり。ついでにZAPされても反省文を書けば残機が戻るユニークな仕様もある。

それよりも斬新なのが偉大なるコンピューター様とGMがまさかのコミ―だったりする。
447 : ななしのよっしん :2016/09/15(木) 23:19:16 ID: qIvYtGWgBv
物事をパラノイアに例える前に、60年代のマッカーシズムが起こった歴史の勉強とか、元ネタの1984くらい読んどけよ。

そもそも現代日本は50年代アメリカの、「レールから外れた人たちに厳しい社会」をずっと続けてるくせに、レールに沿って生きられてる人が外に向かって「お前はコンピューター様の一味だ」とか言ってるの、滑稽すぎる。

IR上等だよ、光線銃の無いパラノイアなぞ拳でクリアできるわアホ
448 : ななしのよっしん :2016/09/16(金) 00:33:50 ID: UEkJPtBbma
>>447
ではまず私を拳でクリアしてみなさい、なんなら光線銃を使ってもかまいませんよ
449 : ななしのよっしん :2016/11/25(金) 03:06:10 ID: 5xmXv+b6Kq
GMするために25周年版のルールブックを買って読んでて
ネット上でみつかるリプレイとの食い違いに疑問を感じてたけど
「本家とは違う現行ルール」っていうのがあるんだって知って納得した

コンピュータ歴214年のアルファコンプレックスにおいて
同色のリフレックスを貫通するレーザーバレルを日ごろから持ち歩き
ボットのCPUを停止させずに改竄できる反逆者なんていなかった
450 : ななしのよっしん :2017/02/14(火) 05:31:43 ID: FNkyFBwF/J
そもそもハウスルールもあるしねえ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015