単語記事: ヒグマ

編集

   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /      | クマ──!!
  |    ( __)  ミ
 、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)

ヒグマ、かつてはシグマとも)とは、ネコクマ科に属する大食獣である。

概要

三毛別羆事件を起こしたことで有名なクマの一種。日本獣害事件ワースト3を制覇しているのは、このヒグマである。
漫画家いがらしみきおも、ぼのぼのの作中で間違えるくらいツキノワグマと混同されているが、胸に三日月模様があるまっい毛を持っているのはツキノワグマであり、特に模様がない褐色の毛を持つのがヒグマである。 

体長は2mから3m、体重300kgから500kgという巨体を持ち、大自然の中で鍛えられたことによって筋肉の塊となっている身体から繰り出される怪は人の首をワンパンで吹き飛ばしかねない威を持つ。
巨体はほとんど強筋肉で出来ているため脚も速く、時速50km(100mを7秒程度で走り切る程度)も出る。
また、嗅覚が非常に優れており、嗅覚が鋭いことで有名な動物であるの何倍も優れている。一度匂いを覚えればどこまでも追ってこれるのはこの嗅覚があるからである。

一応食獣だが、クマという生き物でもなんでも食べる雑食性である。本来は地帯に生息し、よりも手に入りやすいなどを食べて過ごしている。ただしヒグマ本州に生息するツキノワグマべると食性は強い。
よく知られているように、になると冬眠を始める。この間は巣の中で身体機を極限まで低下させて眠りに入り、がくるのをじっくりと待つ。稀に冬眠失敗した個体(もたず)が出てくると、空腹から暴性が増す。

が、近年は人間の捨てた・あるいは餌付けによって甘いものなどの味を覚えてしまう個体が出始めたこと、そして何よりも自然破壊の影で食べ物がなくなるなどの理由で、クマが人里に降りてきてしまうことが増えている。
特にヒグマの生息地となっている北海道においてそれが問題になっているのは有名な話。そもそも北海道は、自然が残っていた頃から、上記の三毛別羆事件を初め様々な痛ましい人的被が出た事件が起こりまくっている。
今でこそ人的被が報じられることは稀になったが、住宅地への侵入など、やはり開発の影によって、山が年々ヒグマにとって住みにくい場所になっていることがわかる。 

非常に賢くもあり、例えば北海道のぼりべつクマ牧場にいるヒグマは、人間に対してどういう仕をすれば餌が貰えるかということを長年の生活で理解・学習しており、あの手この手で客の気を引こうとする。
こんなかぁいい生き物が人を食い殺すなんて思えない!」というくらいくるしい姿を見せるクマ達なので、現地に足を運んで一見る価値は十分にある。

おっかないイメージが強く、実際恐ろしい生き物なのだが、基本的には他の野生動物の例に漏れず臆病な生き物である。しかし彼等との付き合い方を間違えると、人側はとんでもない被を被ることになる。

ヒグマの恐ろしさ

執着心

ヒグマは自分の餌、もとい所有物に対する執着心がかなり強い、ヒグマが起こした事件で被が増加した原因の一つとして、遺体を事件現場から運んでしまったなどして、ヒグマが自分の所有物と認識しているものを人が奪ってしまった、身近に置きっぱなしにしたことが原因となっていることもしばしば。

また先のように一度味を覚えるとそれが忘れられなくなり、手に入れるためなら手段を選ばなくなる。

こういったヒグマの執着心を忘れさせるには、人間が怖い生き物であるということを認識させるところから初めなくてはいけない。
保護団体ではエアガンを使ってあえてヒグマを執拗に攻撃することで、人間の怖さを教えこむという方法も行われている。学習の高いヒグマなら、これによって人里に降りてくることはなくなる。

ただしそれでも人里に降りてくる癖がなくならないヒグマは、猟友会などによって射殺されることもある。残酷で身勝手な話ではあるが、これも人命を守るため、そしてこれ以上不幸ヒグマを増やさないための措置である。

好奇心

ヒグマはとかく好奇心が強い。物しいものを見たらまずは伸し掛かってそれが何かを探る。よく分からなければ牙で中身を引き裂く。

ヒグマの前で全で逃げると追ってくるのは、警心と同時にこの強い好奇心が理由である。捕まったら最後、その怪と体重で押しつぶされ、人間などひとたまりもない。
あげく、好奇心だけで終わって、人を食べずにズタズタにして放置することすらある。ヒグマ雑食なので、あまりいていなければ人間とて興味の対以上にはならない。 

逆にそれを利用して逃げる手段もあり、あえてヒグマ興味を持つものを落として去ると、ヒグマは意外とそれに興味を示してくれることがある。

子連れは非常に危険

ヒグマに限らないが、子を連れているは子供を守ろうとする本を持つ為に非常に気性が荒く、遭遇したらほぼ確実に襲ってくる。
また、子だけ見かけても近くには必ずがいるなので、絶対に近づいてはならない。そういう状況に遭遇した時点で、自分の首筋に物が突き立てられているようなものだということを理解しよう。

ヒグマの仲間達

ヒグマbrown bear, Ursus actros)の仲間日本や北大陸の他、北アジア中央アジア、小アジア近辺やヨーロッパの一部に広く分布しているが、絶滅危機しているものや、北アフリカなどでは既に絶滅しているものも多い。

ヒグマによる獣害事件一覧

その他いろいろなこと

  • 餌付けをしてはいけない
    これは大前提の禁止事項である。山においてポイ捨てをするなどの行為も厳禁。食べ物の残りカスの味であってもヒグマが気に入ってしまったが最後なのだ。
  • 一度ヒグマが手をつけたものを取り戻そうとしてはいけない
    人間の法律的には所持者のものであっても、ヒグマにとってそんなのは関係ない話だ。ヒグマに襲われかけて逃げてきたはいいが、荷物を置いてきてしまった!なんてことがあっても取りに戻ってはいけない。
  • を鳴らせ(ただし人の味を覚えていない個体に限る)
    を鳴らすのは、おっかない=人間がいるということをヒグマに知らせるためである。しかし人の味を覚えているとむしろ人間がいるんだ、とやってきてしまうこともある。基本的に対策としては有効。
  • 火を怖がる、は迷信
    ヒグマどころか、ツキノワグマですらも火を怖がらない。むしろ以上に人がいることをただ知らせてしまうだけの場合が多い。
  • 死んだふりは通用する?しない?
    ヒグマは死も食べるので別に際立った効果はないのだが、怒り狂っていなければヒグマ興味を削ぐ場合もなきにしもあらず。基本的には急所を必死ガードしてヒグマが去るのを待つのがベターだが、そもそもヒグマさんを怒らせないように注意しよう。
  • 人の味を覚えたは殺さなければならない
    再三記したように、一度味を覚えたヒグマは多くの人を襲いかねない危険な存在となる。よって必ず仕留めなくてはさらなる大惨事になりかねないのである。ヒグマがそういった悲しい運命を辿らないためにも、ヒグマと人間の距離はしっかり保たなくてはならない。
  • で殺せ!
    相手の動きを、で殺すんだ!(某ゴリく)昔の猟師さんはこれでヒグマは逃げると話す。これは100%正しいとは言えないが、背中を見せるよりはマシである。でしっかりと睨み、「お前よりもおっかねぇんだぞ!」ということを示せば臆病なヒグマ普通襲ってこない。ただし何度も言うが、人を食べたことがあるは、人間がそんなに怖くないことを知っているので、これだけでは不十分である。
  • 撃退スプレーを使え!
    最近注されているのがこのスプレーである。唐辛子から抽出したカプサイシンヒグマに吹きかけることでヒグマ戦闘不能にさせるという手段で、命中させればほぼ間違いなくヒグマの戦意を削ぐことが出来る。ただし所詮はスプレーであり、まず命中させる練習をしないと緊急時に当てるのは難しく、人にも大きな効果があるので諸刃の剣である。
  • 実は臆病過ぎるもいる
    一時期ニュースで話題になったことだが、によって撃退されたり、の上に追い詰められた個体がいたりする。後者ニュースサイトでも話題となり、が座って見上げた上でヒグマがおっかなびっくりで下をチラチラ確認している姿は正に笑いの神様が降りてきた間だった。ヒグマただおっかないだけの動物ではないのである。
  • 何故か年配の人によく投げられる
    度々ニュースで取り上げられることだが、柔道の心得がある年配の人が、襲いかかるクマを投げ飛ばして撃退するという話がよく見られる。ただしこれらは運が良かっただけに過ぎない側面もあるので、わざとヒグマと格闘しにいこうなどとは考えてはいけない。ちなみに投げられる率はツキノワグマのほうが多め。

怖いだけじゃないよヒグマかわいいよヒグマ

上記であげたビビリのヒグマだけではなく、ヒグマ嬌を振りまいてくれる生き物でもある。

特に小さい頃から人間に手懐けられたヒクマは、人間に嬌を見せていれば安定した生活が送れると学習しているのか、ジャレたり甘えたポーズを見せて人間を悩殺する。

野生のヒグマではまずそんなことはない。人工飼育されたクマがその悪知恵の働く賢さによって、いかに々人間がいいように扱われているかがよくわかる。

でも、ダメ…………キュンキュンせずにはいられない!

あと下記の動画にもあるように、人と一緒に育ってきたヒグマは、ジャレついても加減というものを覚えてくれている。安全とは口が裂けても言えないが、人と生身で接する姿は、まるでのようである。

関連動画

可愛いヒグマ

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%92%E3%82%B0%E3%83%9E
ページ番号: 5102214 リビジョン番号: 2506258
読み:ヒグマ
初版作成日: 13/06/16 14:33 ◆ 最終更新日: 17/07/10 00:19
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「ハイイログマ(けものフレンズ)」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヒグマについて語るスレ

39 : ななしのよっしん :2017/04/28(金) 17:50:06 ID: cT4WqRySmf
あとヒグマは他に餌があっても気にいった獲物を好き好んで食べる傾向にあるらしく
人間の食い物になれた個体は人間によってくるし襲う
40 : ななしのよっしん :2017/04/29(土) 10:45:16 ID: oBrr6lwTWc
>>39
それはいろんな動物にみられる傾向だな。
の王者シャチはかなりの偏食だとか

あとペット飼ってる人の定番の悩みだな。
うちもカメ特定のエサしか食わなくなったことがあって1週間以上絶食させた。
まあクマの場合は較にできんほどシャレにならんが。
41 : ななしのよっしん :2017/05/04(木) 22:02:05 ID: /tqDYdzBks
おにぎりサンドイッチ当てに撫でられただけでも死にかねないからなぁ
万が一人死にが出ようものならブチ殺さなきゃならなくなるし、イヤなもんだ
42 : ななしのよっしん :2017/05/05(金) 13:45:25 ID: +2IYU6X1v7
時代のせいもあるんだろうけどワンゲル部の事件は内容見ると悪手連発だったんだな
興味リュックどまりの時に荷物置いて速攻下山してたら助かってたのかなあ
知識って命に直結するね
43 : ななしのよっしん :2017/05/11(木) 21:49:33 ID: /riPbUPyFK
ヒグマ「これはヒグマさんが最初に見つけたのだ!
 ヒグマさんが盗られたのだ!」
44 : ななしのよっしん :2017/05/11(木) 22:12:12 ID: eV4NwcwKWk
本当にそれ。雑食動物にはそもそも大事な物は盗られないようにする&取られたものは下手に取り返さない。
所有への執着が動物動物より強くて、相手が大なら命にかかわる。
45 : ななしのよっしん :2017/06/30(金) 07:48:33 ID: LFnLOL1a1V
>>36
まぁ、ある程度狩猟圧が高ければ、
人間に対する警が薄く、むしろホイホイと寄ってくるようなクマは、
っ先にハンターに狩られるし、
逆に臆病で用心深く、人間への接触を避けるクマばかり生き残るので、
そうしたクマに対してはクマが有効になるわけだな。
クマにも個性があるので、基本的には臆病でも、当然、好奇心のほうがまさる個体はいる。
昔は、そういうクマは長生きできなかったけど、
今は普通に生き延びて、逆に人間が怖くないと学習してしまうわけだな。
46 : ななしのよっしん :2017/07/16(日) 19:48:37 ID: LFnLOL1a1V
この記事中にある体長2~3m、体重300500ってのは、大きすぎ。
オスの成獣でも300kg以上のものはかなり大きな部類で、
亜種や地域によるが、均では200kg台。
それでも、ほとんどが100kg未満のツキノワグマよりずっと大きい。

まぁ、亜種や個体差によって、最大クラス500800kgにもなるが、
普通300えればかなりの大物扱いだよ。
47 : ななしのよっしん :2017/07/16(日) 20:01:22 ID: YEf5X1GbYb
周辺環境と栄養状態による部分もあるが300kg少々までなら普通にいるぞ
ヒグマは同一個体でも一年の中で体重が大きく変動するため、最大時期を基準にすると均値で300kgをえる
同時に最小時期を基準にすると均値が200kgを切ってしまう

その上で内の計量記録を元に算出すると300kgというのは十分に根拠ある数字となる
これに海外の計量記録などを含めると300-500kgという数字も間違いとは言えない
48 :   :2017/08/09(水) 09:12:26 ID: LFnLOL1a1V
>>47
こういう幅をもたせた書き方というのは、下限値~上限値にするものだが、
体長2m、体重300kgというのは、下限値としては大きすぎる。
メスなどはさらに小さく、福大ワンゲル部のメスヒグマなどは100kg台だったらしいしな。
オスの成獣でも、均的な個体は200~300kgといったところだろう。
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829