単語記事: ヒョウ

編集

ヒョウ)とは、食ネコヒョウ属に分類される動物である。

曖昧さ回避

概要

適応が非常に高い動物で、イエネコ(いわゆる普通)を除くとネコ科の中で最も広く分布しており、その範囲はアフリカから東アジアにまで及ぶ。それに例し亜種が10種以上おり、一口にヒョウといっても体毛、体格などある程度違いがある。

もっとも個体数の多いアフリカヒョウは、アフリカの危険動物5選、通称ビッグ5アフリカゾウサイバッファローヒョウライオン)の一を担っている。

ヒョウ属(Panthera)には、ヒョウの他にライオンジャガートラユキヒョウが属し、いずれも非常に強食獣である。ユキヒョウヒョウではなく別の種とされ、遺伝的に最も近い現生の種はトラと考えられている。実はヒョウともそれほど近いというわけではなく、ヒョウと最も近縁なのはライオンという説が有である。

毛色が突然変異個体がいて、これはクロヒョウと呼ばれている。だがヒョウ柄はそのまま残っており、の当たり方によってはく透けてはっきり見える。

よくチーターと間違われるが、体が極端なスタイルなのがチーターに似ているのがヒョウである。わからない場合は顔を見れば一瞭然で、の内側からラインがあるのがチーター、そうでないのがヒョウと覚えるとわかりやすい。

ヒョウチーターを見分けるのはさほど難しくないが、同じヒョウ属の種であるジャガーはおそらく最も外見がヒョウに似た動物で、多くの人は違いがわからないと思われる。チーターと同じく柄などを頼りに見分けられるが(後述関連動画参照)、ジャガーにも変個体のクロジャガーがおり、クロヒョウとの判別は体格や顔立ち、クマっぽさ体毛の短さなどが頼りで、これはもう見慣れる以外いかもしれない。

ユキヒョウヒョウの一種と思われることはあっても、ヒョウユキヒョウと間違われることはそれほどないが、ヒョウ亜種のうちペルシャヒョウ(色が薄め)、アムールヒョウ(長毛)は、他の亜種よりも外見がユキヒョウに似ているところがあるかもしれない。

ちなみに画像検索などでヒョウやクロヒョウを調べる場合、似ているこれらの種と混在しているので注意。またヒョウと銘打っていても、実際は違うことはよくある。

生態

群れは基本的に作らず、単独行動をするが、ライオン以外のネコ科全般に言えることである。

人間にとっても非常に危険な動物であり、普通の人間は襲われたらほぼ勝ちはない。自然界の中で生きているアフリカの人々にとっては、その生息地を横切ること自体が命懸けである。また、偏食して人食いヒョウと化すことがあり、犠牲者は数え切れない。これは近年生息地や餌の動物が減ったことなどにより増えている。

猛獣のイメージとは裏に、意外と小さいと思われやすいかもしれない。実はトラライオンべると半分ほどの大きさである。ヒョウ全体の体長は130~190cm・肩高は5070cm・体重は3080kgで、基本的に大ほどの大きさ、あるいはそれより小さいぐらい。まさしく大きいといった感じだが、でも非常に運動が高いことに注意してみよう。大きいというのは本当はとても恐ろしいことである。

狩りの方法は、ヒョウ柄の体毛を茂みや、木に溶け込ませて姿を隠し、獲物が近づいたら一気に襲いかかる。ヒョウ柄は強迷彩で、動物ではかなり見つけにくく(人間もだが)、加えて足音もあまりしないため、奇襲に秀でている。跳躍に優れ、木登りに向いている体格であり、他の捕食者が来られないような高さまで登ることができる。

前述の通り「ビッグ5」の一つに数えられているが、アフリカでは敵が多い。ビッグというものの、他のビッグ5と較すると体は小さめである。特に危険な敵であるライオンには、獲物の競合相手であるヒョウを排除するため、捕食せずに殺される事がある。それ以外にブチハイエナやヒヒなども敵で、勝ちはあまり見込めず、対立するとヒョウの方から獲物を諦めて逃げなくてはならないこともしばしば。

そのため、ヒョウは出来る限り木の上に登って獲物を食べるようにしている。地上では落ち着いて食事もできない。獲物を木の上に運ぶために、が発達している。しかし、前述に上げたヒヒは、ヒョウアドバンテージの一つである木登りが出来るため、木の上も全に安全とは言えない。ヒヒにとってもヒョウは自分の子供を狙う危険な相手であり、間のうちに先手を取って親ヒョウを襲うこともある。またヒョウが登った木が低すぎると、ライオンなどが登り獲物を横取りしてしまうこともよくある。

夜行性であり、暗闇でも物がよく見えるため狩りの本番である。前述のとおり亜種がかなり多いが、テレビなどで映像として出る野生のヒョウはもっぱらアフリカヒョウである。ヒョウはその生態のため撮影が困難で、他の亜種は生息地が撮影に向かない、個体数が少ない、人れしていないなどの関係でさらに厳しいためと思われる。

ヒョウ柄と見分け方

ヒョウ柄は知名度が高くデザインとして人気があるものの、チーターヒョウが混同されることが多いのは、どのような柄かよく分からない人が多いということかもしれない。ヒョウ柄や他の動物との違いを見ていこう。

チーターヒョウは直感的に似ていると感じやすいものの、見分けるのはそれほど難しくない。ヒョウ柄は点が数個輪状に集まり、輪の中の色が濃く、のように一塊になったものが斑状に散らばっている。対しチーター柄は斑点模様で、点一つ一つが一定の間隔をもって離れていて、一塊に集まることはほとんどキングチーターを除く)。またヒョウ柄よりも点の印が強く、点が円に近くてんだ点が少ない。

顔の模様もかなり違い、チーターの内側から濃くい線があるが、ヒョウにここまでくっきりとした線はい。他にもチーターにはω(口元)の所に模様がい、ヒョウは鼻筋以外のほぼすべての位置に点がある…など。ちなみにヒョウ柄と呼ばれるものは、一般的にヒョウの背面・側面の柄である。四肢の先や頭部、部などでは、斑点があまり輪状に集まっておらず、こちらが特にヒョウ柄とされることはほとんどい。

ジャガーとの見分け方は、「輪の中に小さない点があるのがジャガー」というものが有名(関連動画参照)。便利なのだが、胴体が見えない場合は使えない。またヒョウにもい点があったり、ジャガーでもい点が少ないことがあり、この方法だけでは間違える場合もあるので注意。ちなみにこちらはヘビ柄のような印が強いかもしれない。

顔面での見分け方の一つは、口のωの色の違い。ヒョウの場合、ん中が少しい程度で色の界線が曖昧なのに対し、ジャガー鼻の両端から色の界線が下へ伸び、中ほどでのほうへと向かっているトラと同様)。こちらはほぼ例外がく、最も確実な見分け方かもしれない(参考画像:ヒョウ1 2ジャガートラ)。他に、ジャガーはいずれのヒョウよりも輪が大きく間隔が広い、輪を作る点の数が多い、体毛が非常に短く模様がかなり鮮明、両がはっきりとい、前足の点がまばら、あるいは円に近い傾向があることも手がかりにできる。

ここまですべて体毛の話だが、実はの色にも少し違いがある。ヒョウジャガーの色は、概ねオレンジ黄色から(単色あるいは複数色)で、濃褐色はあまり見られない。対しチーターの色は、黄色~濃褐色(単色に近い)が最も多く、系はほぼまったく見られない。

ヒョウ柄は亜種によって模様に若干差があり、特に逆の地域に生息するアフリカヒョウアムールヒョウシベリア)では違いが大きい。アフリカヒョウは規範的なヒョウ柄で点が小さく緻密だが、アムールヒョウの場合点と輪が大きく、輪同士の間隔も広め。また斑点同士が繋がって、文字通り輪になっていることも多いため、一般的なイメージと違うかもしれない。ただしいずれも個体差が大きい。

デザインとしてのヒョウ柄は、しばしば実際のヒョウ柄から乖離していることがある。実物では地割れのような規則性がある並びだが、あまり忠実でないデザインでは並びが全体的に乱雑であったり、各輪同士がくっついたり点が線状になっているものもある。

ヒョウの現状

現代ではありがたみがく思えるかもしれないが、古くからその美しい毛皮が重され、狩猟の的であった。しかしそれらが的の乱獲や、度が過ぎた伐採や開拓などで生息数が減少し(他の多くの動物も同様)、分布域こそ広いものの散り散りになってしまっている。現在では伐採や狩猟は規制されていることも多いが、違法行為は絶えず、密猟品の価値がさらに上がっている。

ユキヒョウトラライオンと違い、種全体の危機しているわけではないが、亜種に分けて見れば、その多くは絶滅の危険性が高く、いわば薄く広い状態である。

現在亜種の半数以上が絶滅危惧種定され、そのほかも脆弱である。そのうち少なくとも四種(アナトリアヒョウアムールヒョウアラビアヒョウ・ジャワヒョウ)は絶滅寸前とされ300頭以下になっており、アムールヒョウに至っては野生個体数が70頭以下と、三桁を切っている。これは哺乳類全体でもトップクラスの危険度である。この個体数は2015年現在情報で、2000年頃は25頭前後にまで落ち込んでいた。

アムールヒョウは今でこそ際的な保全活動が行われているが、当初は絶望的状況であり、ここまで増加するのは予想だにしない事であった。生息地が重なるアムールトラも同じく保全活動が進められているが、アムールヒョウの保全活動が本格化したのは較的最近であり、トラべるとかなり遅れている。活動などによってアムールトラの個体数も回復傾向にあるが、今度はアムールヒョウとの競合が多くなり、アムールヒョウが殺されたり捕食されるという問題も出てきている。また個体数の減少と近親交配によって、遺伝的多様性が著しく低くなっており、より多様性の高い飼育個体の再導入がめられている。

極めて危機的状況だが、テレビなどで知る機会はほとんどく、少なくとも内ではあまり知られていない。日本側も、輸入された木材の中に生息地で違法伐採されたものが混ざっている可性があり、間接的に悪影を与えているものと思われる。日本でも決して関係の話ではない。

世界動物園にいるアムールヒョウの合計は170頭以上で、野生の個体数を上回っている状態。またその大部分は、ヨーロッパと北動物園で飼育されている。

アムールヒョウの飼育個体の多くは、別亜種であるキタシナヒョウの遺伝子が多少混じっているとされる。というのも、飼育個体の祖先である9頭の捕獲されたヒョウの内、数頭はアムールヒョウではなく、おそらくはキタシナヒョウであることが後の遺伝子調で発覚したのである。またその内の一頭の遺伝子の影が大きく、1999年頃からその遺伝子をある程度多く受け継いでいる個体を繁殖計画から除外する処置が取られている。

ちなみにアムールヒョウにもクロヒョウが存在する(生き残っている)ようで、ドイツヴァルター動物園チェコプラハ動物園などで飼育されている。

2015年12月現在内でアムールヒョウを飼育している動物園は、動物園・いしかわ動物園ズーラシア東武動物公園王子動物園安佐動物公園福山市動物園・徳山動物園の8園。合計で13頭が飼育されている。

また他の亜種ヒョウは、動物園(クロヒョウ)・岩手サファリパークペルシャヒョウ)・群馬サファリパーク(クロヒョウ)・東武動物公園富士サファリパーク(クロヒョウも飼育)・浜松市動物園(クロヒョウ)・いしかわ動物園・とべ動物園福岡市動物園で飼育されている。岩手サファリパークペルシャヒョウ以外は、おそらく正確な亜種は不明である。

「レパード」と「パンサー」の違い

他の動物との違い以外に、これも疑問点としてよく出される。英語Leopardレパード)は生物種のヒョウし、Panther(パンサー)のほうも同じくヒョウの意だが、こちらはとりわけい体毛の大ネコ(つまりクロヒョウ、クロジャガー)をさす事が多く、北ではそれに加えピューマなどの意味でも用いる。

余談だが、「レオパード」は英語読みとしては不適切である(oは読まない)。ドイツ語読みも「レオパルド」ではなく、レオパートレオパルトが近い。なお、イタリア語スペイン語などではレオパルドが近い(Leopardo)。

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%92%E3%83%A7%E3%82%A6
ページ番号: 5242747 リビジョン番号: 2505232
読み:ヒョウ
初版作成日: 14/06/21 19:28 ◆ 最終更新日: 17/07/06 22:36
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「けものフレンズ」のキャラクター2名追加。記事冒頭で「ヒョウ」「豹」を太字化。htmlタグを調整。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヒョウについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2014/10/10(金) 22:46:06 ID: E8tJ7hU2xR
ヒョウ北斗の拳)マダー?
2 : ななしのよっしん :2015/07/30(木) 09:11:03 ID: +PmJQ8fAvU
ヒョウ~、シャウッ!
3 : ななしのよっしん :2016/01/22(金) 16:26:02 ID: Ph+Z/FCj6t
アーガーメーヨー・・・
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829