単語記事: ビーストウォーズリターンズ

編集

ビーストウォーズリターンズとは、海外ビーストウォーズシリーズアニメ最終作(玩具などでは更に続きがある)。

原題は『Beast Machines』(ビーストマシーンズ)。『Beast Wars』の続編であり、通算Season4~5にあたる。

この作品の概要よ、フゥー!!

版の『Beast Machines』は、先に完結したビーストウォーズの続編として製作された。タイトルは『ビーストマシーンズ』であり、「ビーストウォーズマシーンズ」ではない。要するにビーストウォーズは先の52話で完結しており、ビーストマシーンズは新シリーズなのである。

邦題がビーストウォーズリターンズになった理由は定かではない。恐らく「ビーストウォーズ」というタイトル日本でかなり浸透していたことから、すぐにこれが「ビーストシリーズ」だとわかってもらうためにこういうタイトルになったのだろう。たぶん。

ビーストウォーズメタルスの放映からさらに約4年を経た後の放送だった。その理由は後述する。

ビーストマシーンズ、もといビーストウォーズリターンズによって、CGアニメビーストウォーズシリーズは本当の完結となった。ただし玩具では更に『ビーストウォーズ リボーン』という続編がある。

日本への輸入が遅れた理由

実はすでにビーストウォーズメタルス放映時点で、この作品はアメリカで放送されていた。にも関わらず何故日本国内での放送が遅れたのか? それはその奇抜を通り過ぎてぶっちゃけキモイキャラクターデザインに原因がある。

日本語製作の際、声優たちがアドリブで「キモイ」「怖い」と連呼していたことからもわかるように、この作品、ごく一部を除き、ことごとくデザイン気持ち悪い

向けだから仕方ない、きっと欧ではウケたのだろう……と思いきや、アメリカでもこれは大失敗だった。デザインがキモいだけならまだしも、話も総じて屈で、精論に踏み込んだ重苦しい作になっている。元々メタルス時期の時点で物語は結構暗めなのだが、リターンズはそれに輪をかけて暗いのである。

タカラ(現:タカラトミー)も先のアメリカなどでの大失敗から、日本上陸は「理」と言わざるを得なかった、そういう暗さだった。おまけデザイン日本では到底受け入れられないグロテスクさである。 こういった事情から、日本上陸は未来永劫不可能というのが定説になるほどだった。

が、2004年、「モバイル放送という特別な放送形態」で「玩具を売ることを一切度外視」し、「下ネタありきの無法地帯」という物凄く限定的な状況下ということを条件に、日本上陸が決定する。以降、DVDが発売されたり一部の地域ではあるが地上波TV放送がなされたりと、断続的ではあるが視聴できる機会は増えつつある。

なお、変形玩具は(一応)内でも発売されている。トイザらス限定で。

やりたい放題の日本版

一応話の大筋を理解出来る構造にはなっているものの……。

  1. キャラクターの正体を隠す気ゼロの配役&口癖。
  2. 五分以上シリアスを保持出来ない。
  3. 際どい下ネタ乱発。
  4. イボンコ☆ペッタンコ
  5. 機械帝国しているメガトロン揮下において、何故か心を持たない連中が感情豊か。
  6. トランスフォーム」という掛けで変形するというトランスフォーマーシリーズの決まりごとぶち壊し。
  7. 今まで自由アドリブを許されていなかったコンボイ役・子安武人アドリブ(多少)解禁。
  8. 最終回リミックスはもはや画面の整合性視。
  9. 悪のラスボスにおける、アニメ史上最低最悪(褒め言葉)の断末魔

などなど………これまでのような「子供向け」ではなく「ビーストを見ていて、今大人になった君達に送るビーストウォーズ」がコンセプトになっている。これまでのビーストウォーズも、その自由奔放さからトランスフォーマーファンからの評判はあまり良いとはいえなかったが、特に今回はに原ストーリーを好んでいた・望んでいたファンからの評価は最悪としかいいようがない。

しかし、一方で日本語ビーストウォーズファンからは、「待ってました!!」という絶大なる歓迎ので迎えられたのは、言うまでもない。前シリーズ当時よりもはっちゃけたアドリブ、懐かしいネタオンパレード、あのキャラクターのその後など、ファンからすれば正に長年と夢とも言える吹き替え製作ったのである。

モバイル放送ということもあり、放送自体が話題になったとは言いがたいが、DVDでは裏話満載のオーディオコメンタリーが収録されていることもあって、往年のファンから注を浴びた。

出演者自体はこのストーリーにあまり納得がいっていないようで、ビーストウォーズの続編を何らかの形で実現出来ないか、音響監督の岩浪に直談判している。

あらすじ

メタルス』最終回で、古代地球でのビーストウォーズに勝利したコンボイ率いるサイバトロン戦士は、メガトロンセイバートロン星へ連行。これにて一件落着、めでたしめでたし……と思われた。

しかしサイバトロン戦士覚めた時、彼らはなぜかセイバートロン星ドローン軍団に追われていた。しかもボディがビーストウォーズ開始時のただの動物に戻っており、ロボットへの変身もできなくなっていた。ドローンからの逃走中に地下で伝説コンピュータオラクルに出会ったコンボイは、マトリク間のイメージ映像の中でさまざまなお告げを聞かされながらリフォーマットされる。

そして彼は、の中から現れた。新たな姿——テクノオーガニックボディとなって。

チータス「……誰だお前……誰だお前!?


そのあと明らかになったりならなかったりするメガトロンの野望は、「メガトロン音頭」を聞けばだいたい分かるので省略する。

いっつも元気な追加キャラクターくんですっ!!

サイバトロン

ヴィーコン(デストロン)

本作では軍団名はデストロンではなくヴィーコンなのであるが、一応わかりやすく併記しておく。

その他

関連動画を見たのにスネに毛ぇ生えてきたわよ!!

そこのお嬢さん、関連商品を買って健康になれたらお医者さんいりませんよ。早く気付け!

関連項目も棚からボタニカよ!


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA
ページ番号: 4909047 リビジョン番号: 2371821
読み:ビーストウォーズリターンズ
初版作成日: 12/06/16 23:55 ◆ 最終更新日: 16/06/12 06:14
編集内容についての説明/コメント: ”原語版スラストのCVがシルバーボルトと同じだから正体がそれだと思わせてた説” は誤情報っぽいので削除
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ビーストウォーズリターンズについて語るスレ

107 : ななしのよっしん :2016/10/14(金) 22:27:00 ID: 6XjSqK6634
見ない方がいいってのもおかしいと思うけど…
9話はともかく、8話はビーストシリーズにとっても重要な回だし
108 : ななしのよっしん :2016/10/30(日) 17:26:52 ID: K0ZTKZjpaz
どう考えたって度や暗さはリターンズ>>>メタルスやんw
リターンズのアドリブカオスっぷりに惑わされてるだけやんかw
版のリターンズってそもそも台詞自体少ないんだしw
109 : ななしのよっしん :2016/12/06(火) 21:10:09 ID: b9T15sf1U1
ノーブルが歌ってる歌って松崎しげるの「私の歌」?
110 : ななしのよっしん :2016/12/28(水) 20:14:06 ID: 5m/x4aWQ7G
どっちも仲間が死ぬからな度合いは同じくらいでしょ、ってのはアドリブで誤魔化されてる(それが日本版の狙いだけど)
リターンズ、っていうかマシーンズの場合、っていうより、駄に暗くて辛気臭いのが問題
メタルス原版とか見てみりゃわかるけどあれは暗くなりすぎない程度に映像段階でギャグやってるし
基本的に一話完結だからサイバトロンにしてもデストロンにしても仲間割れしても次の回ではすぐ仲直りしてたりする
こっちは映像段階でのギャグなんて皆無だし、変身できずに悩むラットルとか、ネジとの仲に悩む蜘蛛さんとか、ガチ裏切りするライノックスとか、ギスギスした空気を延々引っ
それで溜まったフラストレーション解放するかと思いきや
オーディオコメンタリーでも言われてたけど基本的に敵軍団から逃げてばっかりで爽快感もない
シリアスと辛気臭いのは似てるようで違うんよ
111 : 名無し :2017/01/31(火) 06:18:51 ID: UioJQj6Qj4
的にメタルスはダークかつかっこいいシリアスで、リターンズはなんていうか陰湿で根暗なシリアスだと思う。同じアニメでここまで違うのってビーストウォーズくらいだよな。
112 : ななしのよっしん :2017/03/29(水) 19:48:53 ID: un0kd9MSMx
>>110ガンダムでも鉄血のオルフェンズが同じ轍を
踏んでしまったな・・・。
113 : ななしのよっしん :2017/03/29(水) 19:57:48 ID: w3+/bfnB+y
全く違うけどな
114 : ななしのよっしん :2017/03/29(水) 20:10:10 ID: DhR6sUMoSX
特にライノックスが裏切ってるってあたりでもう気持ちはどん底になるよね
異様なテンションで笑えるまで引き上げられるけどデフォルトがどん底
メタルスまでは子供と楽しめるけど…こっちは成人したあたりで見た方が面く見れるね
ノリ深夜ラジオだしね
115 : ななしのよっしん :2017/05/21(日) 12:16:29 ID: KpkDYUC22f
言っちゃ悪いけどBeast MachinesTFオタクが作った同人誌って
感じ
コアファンには受けるのかもしれないけど常人にはついていけない
まして内版ビーストウォーズに慣れ親しんだ人間には
リターンズは終始ギャグやってただけで、笑えるんだけど作品としてはやっぱり微妙なんだよなぁ
116 : ななしのよっしん :2017/06/03(土) 20:48:16 ID: dSf0k0Q5hT
普通に原版で見ても原ファンに受け悪い内容だからねこ
隊一番の熟練兵で活躍も多く人気だったラットラップの扱いがあれ
以前多かったコメディチックな演出(メガトロンヅラとかアヒルとか)は
脅されて嫌々入れたものでコアスタッフにとっては本意でなかったらしいけど
そこも含めて好きだった既存ファンにとっては遊び心がさすぎ
これまで基地平原溶岩浮島地下道中森と視覚的な起伏があったけど今回ずっと似たような背景 それ以前に暗すぎる
3Dモデルはパッと見の情報量だけなら増えたように見えるが動かし方が問題
シーズンより手抜きが多くて絵作りが雑(終盤の大人数で乱闘になりかけるシーンとか本当ひどい)
ワンパターンな展開を雑なアクションシーンだけで増ししようとしてるから冗長
前作の僅かな描写から「マクシマルとしての枷がくなったライノックスはメガトロンと同じ考えに至って敵対する!!!」とかいう穿ったキャラ解釈ひねりだしてきて最終的に殺したのも
同人誌ならともかく原作でやられたら典的な「別
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829