単語記事: ビートたけし

編集
人物
ビートたけし
基本情報
生年 1947年1月18日
生誕地 日本東京都足立区
没年 --
死没地 --
出身地 日本東京都足立区
日本
本名 北野 武(きたの たけし)
別名 ビートたけし北野武
職業・肩書 タレント映画監督
備考・その他
人物テンプレートボックス


ビートたけし北野武
とは、日本を代表するお笑いタレント映画監督である。

概要

1980年代以降のお笑い界を代表する人物の一人。
また、映画監督としても世界的に高い評価を獲得した数少ない日本人監督の一人であり、その知名度は非常に高い。

1986年にフライデー襲撃事件を起こして逮捕1994年バイク事故を起こして重症を負うなどのトラブルや事故を起こしたもののそれを乗り越えてきた不屈の人物でもある。

タモリ明石家さんまと並ぶお笑いBIG3の一。 

経歴

1947年、東京都足立区に生まれる。ペンキ屋を営む「菊次郎」、教育熱心だが人情に厚い「さき」、に後に大学教授となる「大」(まさる。一時期、TBS系列クイズダービー」や日本テレビ系列マジカル頭脳パワー!!」にレギュラー出演していた)がいる。
明治大学工学部入学するが中退。その後様々な仕事を渡り歩いたりアングラ演劇の裏方などを経験した後、1972年浅草のストリップ劇場「フランス座」(現・浅草フランス座演芸場東洋館)に飛び込みお笑い芸人になる。浅草の大師匠・深見千三郎の最後の子となり、ストリップの合間のコントを演じていた。芸デビュー25歳と遅かったため「ひょうきん族」でコンビを組む明石家さんまとは8つ歳が離れているものの芸歴では2年しか差がない。なお同期に当たる芸人志村けん(付き人時代をカウントしない場合)、笑福亭鶴瓶が居る。

その後、ビートきよしに誘われて漫才コンビ「ツービートを結成。当初は正統派漫才だったが、長い下積みを経て次第に猛毒舌を捲くし立てるたけしきよしが「よしなさい」と突っ込みを入れる、漫談に近いスタイルの『毒舌漫才』を確立する。

1980年代頭の漫才ブームで頭を現す。しかし、「信号みんなで渡れば怖くない」に代表される過ネタ熱狂的なファンを生み出した一方良識に嫌われ、はっきり好き嫌いが分かれるコンビだった。

1981年ラジオ番組ビートたけしオールナイトニッポンニッポン放送)を始めたのをきっかけにピンで活動するよう事が増えていく。この番組の出待ち子志願をする者が増え、次第に子集団であるたけし軍団」が発生する。

同年にオレたちひょうきん族フジテレビ)が放送開始。それまで圧倒的な強さを誇っていた裏番組「8時だョ!全員集合」(TBSテレビ)の人気にを開けたコントコーナー「タケちゃんマン」で子供たちの人気を獲得し、「全員集合」を終了に追い込むまでの名番組にまで成長させた。この頃からお笑いBIG3の1人として数えられるようになる。

この時代から体的に番組の企画構成に関わるようになる。痛快なりゆき番組 風雲!たけし城」(TBSテレビ)、「ビートたけしスポーツ大将」(テレビ朝日)、「平成教育委員会」(フジテレビ)などはたけし自身が番組立ち上げから参画し世に出した番組である。

1986年に所謂フライデー襲撃事件を起こして逮捕、さらに1994年にはバイク事故を起こし、顔面が麻痺する重い後遺症を負って(後にリハビリによって顔面麻痺はほとんど治癒するも、少しだけ口がむ後遺症は残ってしまった)一期人気が低迷した(フライデー襲撃事件が発生した1986年から1989年の3年間の間に、海外でも人気を獲得する「風雲!たけし城」が放映されていたが、謹慎時にはラッシャー板前扮する「ビートたけしくん人形」が身代わりとして出ている)。

現在コント漫談を披露することはく、後述の映画監督としての成功もあって、文化人としてのポジションが濃くなっている。かつては毒舌や過な笑いを売りにしていたが、バイク事故復帰以降は「面おじさん」のポジションで居ればいいとっている。
が、かねてから危惧していた繁病(年を食ったコメディアン俳優や知識人になりたがろうとする現を、森繁久彌を例に挙げて揶揄した言葉)にかからないようにしているのか、今も積極的に着ぐるみを着て笑いをとったり(「世界まる見え!テレビ特捜部」(日本テレビ)でその雄姿?が見られる)、「27時間テレビ」(フジテレビ)の中継コーナー花火の打ち上げをいつも失敗する花火師「火ドン」など奇妙でコミカルキャラクターに扮して体をったギャグを見せたりしている。

多芸であり、特に「芸人たるもの、芸が出来なきゃ話にならない。漫才以外に舞台で見せられるものを持て」という師匠(深見千三郎)の教えを守って練習したタップダンスピアノは、非常に高い準に達している他、日本舞踊も嗜んでいる。
この教えを自身の子にも実践させており、たけし軍団はタップ楽器ジャグリング全裸が必修科となっている。
本人は「漫才ブームが過ぎたこの時代では、タップピアノぐらい出来なきゃみっともない」とっている。

また、横山やすし・西川きよしの二人の漫才の実を「自分達(の実)よりもはるかの上にいる人達」と時おり話題に出た際に例える事がある。特に横山やすしに対する評価にそれがあるらしい。

現在でも健在にもかかわらず、自身の子供時代を描いた「たけしくん、ハイ!」や両親をテーマとした「菊次郎とさき」など、その半生が本人未出演で何回もドラマ化される、現在では数少ないお笑い芸人の一人。

映画監督として

現在では、外で最も評価されている日本人映画監督としても有名である。

1989年深作欣二の代役として、「その男、凶暴につき」で映画監督としてもデビュー
内では酷評された時代も長かったが、3作の「あの夏、いちばん静かな」では、淀川長治などの著名な評論家、さらには黒澤明から賞賛を浴びるなど、既に業界では高い評価を得ていた。
1993年、「ソナチネ」がヨーロッパを中心に高い人気を得る。現在でも非常に高い評価を得ており、前期北野映画の最高傑作と言われるが、これも当時は内での人気は奮わなかった。
俗に「キタニスト」と呼ばれる北野映画ファンは、この頃に生まれ始めている。 

1994年バイク事故でその活動を休止。
復帰作となる「キッズ・リターン」では、死よりも生に焦点をあて、それまでの北野映画べて大きく違う作を見せた。
これ以降の作品を後期作品群に分けることがあり、バイク事故による北野自身の死生観の変化が強く投影された作品として解釈されることが多くなる。 

1998年HANA-BI」がベネチア国際映画祭金獅子賞を受賞して「世界キタノ」になった途端に、内でも手のひら返しで絶賛されるようになる。
1999年には、「菊次郎の夏」がカンヌ国際映画祭で大絶賛を受けるも冠に終わる。

2000年代後半に入ると迷走が色濃くなり、「座頭」でカンヌ国際映画祭監督賞を受賞するものの、その後の3作品「TAKESHIS'」~「アキレスと亀」については、「何を撮ればいいのかわからない状態が続いた」と自らっており、実際にこのうち前2作は内容がシュールかつ難解で評価も低い。 

2010年代に突入して製作した「アウトレイジ」では、久々いた暴力描写とアナーキズムのみに終始し、大半の評論家(特に欧州)の間ではマンネリとして酷評されたものの、評論家筋に振り回される迷いを断ち切ったという評価もされている。
この作が気に入ったのか、自身初の続編「アウトレイジ ビヨンド」を製作し、2012年9月18日にはニコニコ生放送で同作の開記念生放送に出演した。 

関連動画

関連マイリスト

関連生放送

関連チャンネル

関連商品

 

関連項目

人物

番組・作品

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%9F%E3%81%91%E3%81%97
ページ番号: 473857 リビジョン番号: 2080293
読み:ビートタケシ
初版作成日: 08/08/18 21:26 ◆ 最終更新日: 14/09/03 01:08
編集内容についての説明/コメント: 概要などに追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ビートたけしについて語るスレ

208 : ななしのよっしん :2017/01/08(日) 08:55:00 ID: ejMtqFOjPH
ついにやってしまいましたなぁ
蓮舫中国台湾経由のスパイだ発言
訴えられるぞ

極右おっさんたちですら、拠ないから蓮舫スパイの可性があるかもと濁していってんのに、断言するとかこの人らしくないし、加齢によりギャグ毒舌の違いがわからなくなってきたのかな
射殺発言に関してもそうだし、なんか最近変だよね
209 : ななしのよっしん :2017/01/13(金) 05:16:08 ID: GRQRRmxR6G
数学の実マジすごいよな
この前なんかの番組で2015年東大数学入試問題といてたけど8割ぐらい点取ってたわwwww
210 : ななしのよっしん :2017/02/08(水) 17:42:39 ID: Ck9l02hnzY
子達を食わせなきゃいけないとはいえ70歳にしてレギュラー6本は多過ぎるだろ
身体なんかとっくに限界迎えてるんじゃねぇのか
211 : ななしのよっしん :2017/03/03(金) 20:26:52 ID: RUTUkL+J6A
>>208
発言を捏造するほど嫌いなのかリサーチ不足なのか知らんがスパイだなんて断言してないけどな

「二重籍なんてスパイみたいじゃん。台湾経由の中国スパイだったら笑うだろうね。アブねーって。」ってのが正確

個人的には君こそ訴えられないか心配

因みにソース2017年01月02日東スポweb
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/633970/
212 : ななしのよっしん :2017/03/09(木) 18:22:32 ID: 4qAlqSiA5O
>>205
知ってるか?フライデー側には怪人は一人も出すつもりはなかったんだぜ?
本気で暴れだしそうなヤバイには「お前は来るのやめとけ」って先に止めておいたんだと

お互いのモヤモヤをスッキリさせてからでも飲み交わそうって考えだったんだけど、その温情をフライデーが踏みつけにした。
更なるネタになると考えたフライデーが「自分は空手が得意である」とかほざいて煽ったんだと。信じられるか?らに正義なんかく、読者興味を少しでも引けるなら何でも良かったんだよ

そもそも、自分の女や子供が実を被ってるのに怒らないこそ人でなしだろ
213 : ななしのよっしん :2017/03/24(金) 21:53:18 ID: v98UGnvnQv
たけしの魅は狂気と正気のギリギリなところだと思う
芸人になってなかったら犯罪者になってたんじゃないかっていう危うい感じ
DT松本江頭にも似たものを感じる
214 : ななしのよっしん :2017/03/25(土) 00:17:56 ID: /CgJXzCY/7
>>212
枝豆だね。今でこそよく番組とか出てるけど、その当時は
本気でヤバい人だったからね。すんでのところで記者会見乱入
たけしは諫めたけど、ここで何かあったらたけしはいなかった
んではないかと思う。

>>213
若い頃…ってか、バイク事故以前はかなり危険な香りがしてたね。
あれ以降、丸くなったと言うかなんというか。たけし自身は
おじさんポジションに収まってるみたいだけど、やはり
歳とると笑いの方向性とかも変わってくるもんなのかねぇ。
215 : ななしのよっしん :2017/03/25(土) 21:59:42 ID: GROhsz6moL
Nキャスのときは滑舌悪くて、何言ってるかわかんないときがよくあるのに、役者として芝居するときは滑舌がきちんとしてるのは笑う
ていうか、Nキャスに出演するときには事前でも飲んでんじゃないかって思う時が何度もある
216 : ななしのよっしん :2017/03/25(土) 23:35:08 ID: UheDz2BYpP
>>215
龍が如くとか普通にうまかったからな
真木よう子3000倍くらい
217 : ななしのよっしん :2017/03/27(月) 18:00:56 ID: AIfPBTE2MM
Big3の中で一番の問題児だけど海外での知名度が一番高く、たくさん子を育てる、映画監督俳優もやる、着ぐるみも着る、知識人にもなりかける、芸人としてほぼ万の凄いおじさん
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015