単語記事: ビートたけしのお笑いウルトラクイズ

編集

「第52873回!ビートたけしのお笑いウルトラクイズ~!!」
(注:当然そんな回数までやっていない)

ビートたけしのお笑いウルトラクイズとは、1989年~1996年に日本テレビ系で19回に渡り放送されたクイズ番組形式の偉大なるお笑い芸人リアクション大会である。

概要

冠にあるように、ビートたけしがメイン司会を務める特別番組。
当初はお正月の特別番組としてスタートしたが、好評につき最盛期には春と秋の番組改編期にも放送され、年3回のお楽しみとして視聴者に親しまれた。

関東芸人を中心に、様々なジャンルの奇妙な出演者たちが、過激なクイズで命を削りながらその様を笑いに昇華させ競う。
クイズに正解すれば優勝に近付くというわけではなく、クイズでいかにボケ回答をするか、いかに面白いリアクションを取るかが優勝への鍵となっている。
主にたけしの独断で決まった優勝者には栄光の「唐草模様のジャケット」(第6回以降)が進呈され、さらに優勝セレモニーという名を借りた酷い目に遭わされ笑いを誘うのがお約束であった。

大荒れの天気の中、窓を取り払った廃車バスに乗り込んだ芸人が大時化の海に沈められた、番組史上最も過激で最も危険だった伝説の企画「バス吊り下げアップダウンクイズ」、不自然に縫い合わされた貧相な衣装が逆バンジージャンプで飛ぶと見事に破れて全裸になる「人間ロケットクイズ」、出演者がサウナや冷凍車の中に長時間閉じ込められた上でうまいダジャレを言って脱出を図る「ダジャレクイズ」、特定の出演者にドッキリを仕掛けそのリアクションを観察する「人間性クイズ」など、数々の伝説の企画が生まれた。

この番組から、まだ無名だったダチョウ倶楽部出川哲朗が頭角を現し大ブレイクした。
また、すでにベテラン芸人であったポール牧も「指パッチン」で再ブレイクを果たし人気者となった。
松村邦洋の名物ギャグ「バウバウ!」やダチョウ倶楽部の代名詞「聞いてないよぉ!」などもこの番組の中で突発的に生れ流行語となった。

2007年の正月にも現在の主だった若手芸人を集めて復活版を放送している。

この番組のルーツとみられる番組

「ウルトラクイズ」の名前通り、かつて同じ日本テレビ系で放送された大規模クイズ番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」(1977年~1992年)のフォーマットを借りたお笑い番組である。
(ちなみに、過去にも既存の番組のお笑い版番組として、アイドルオーディション番組「スター誕生!」のお笑い版新人芸人オーディション番組・「お笑いスター誕生!」があった)

一部のスタッフや出演者の系譜としては「ウルトラクイズ」よりも「天才・たけしの元気が出るテレビ!!の発展版ととらえることもできるが、制作を担当した番組制作会社が異なるなど、いくつかの相違点が見られる。

「元気が出るテレビ」はIVSテレビ制作が制作を担当していたが、「お笑いウルトラクイズ」はTHE WORKS(渡辺プロダクション系の番組制作会社)が制作を担当していた(ただしIVSテレビ制作からもプロデューサーがスタッフ協力として関与している)。
ゆえに、元気が出るテレビとお笑いウルトラクイズは姉妹番組には当たらない(制作会社の系譜から見ると「お笑いウルトラクイズ」は「電波少年」シリーズや「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」など、スタッフの系譜から見ると「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」に近い)。なお、後年放送された「ビートたけしの今まで見たことないテレビ」がTHE WORKS制作であり、当番組の後継番組に当たる。

また、当番組もテリー伊藤が総合演出していたと勘違いされがちであるが、総合演出を担当していたのは財津功(日本テレビ所属で、財津一郎の息子)である。テリー伊藤はプロデューサー(企画構成、復刻版は企画監修)として当番組に参加してはいたが、演出には関与していなかった。

歴代優勝者

開催年 優勝者 備考
1989年 第1回 林家ペー この回は前半パートのみクイズが行われ、優勝した林家ペーには後半パートへの参加権が送られた。
1990年 第2回 ジミー大西
第3回
第4回 ガダルカナルタカ
1991年 第5回 ラッシャー板前
第6回 井手らっきょ 優勝賞品に初めて唐草模様のジャケットが登場。
第7回 上島竜兵(ダチョウ倶楽部)
1992年 第8回 ラッシャー板前
第9回 中村ゆうじ、松村邦洋
第10回 ダンカン
1993年 第11回 ダチョウ倶楽部
第12回 井手らっきょ
第13回 出川哲朗
1994年 第14回 (最終問題正解者なしのため該当者なし)
第15回 (最終問題正解者なしのため該当者なし) この回は「グランドチャンピオン大会」と称して、歴代のチャンピオンが過去の映像を振り返りつつ個別に表彰されるという内容で放送。この回はロケ収録が一切無く、全編がスタジオ収録となった。
第16回 (総集編のため該当者なし) 1994年8月にビートたけしがバイク事故を起こして長期休業したため番組収録ができず、急遽バイク事故前に収録していた総集編を放送することとなった。
1995年 第17回 広川ひかる(上島竜兵夫人)
1996年 第18回 上島竜兵(ダチョウ倶楽部)
第19回 井手らっきょ この回をもって実質的に番組が終了する。
2007年 第20回 カンニング竹山、日村勇紀(バナナマン) 11年ぶりに復活。

優勝者には副賞として100万円以上の賞と海外旅行、第6回以降は唐草ジャケットが贈られる。しかしスタジオでのエンディングで「真の優勝決定戦」という名のゲームに参加させられ、ドタバタのまま終わるのがお約束であった。

番組エンディングテーマ

Suzi Quatroの「The Wild One」という曲が一貫して使われた。
この曲が流れだした頃には、大抵gdgdの芸人達の笑える醜い争いをバックにたけしが締めるのがお約束となっていた。

関連動画

関連商品

関連項目

  • テレビ番組の一覧
  • クイズ
  • ビートたけし
  • 出川哲朗
  • ダチョウ倶楽部
  • アメリカ横断ウルトラクイズ
  • 天才・たけしの元気が出るテレビ!!

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%9F%E3%81%91%E3%81%97%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%AC%91%E3%81%84%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%82%BA
ページ番号: 4230380 リビジョン番号: 2369730
読み:ビートタケシノオワライウルトラクイズ
初版作成日: 09/12/12 18:18 ◆ 最終更新日: 16/06/06 00:58
編集内容についての説明/コメント: ルーツについて編集
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ビートたけしのお笑いウルトラクイズについて語るスレ

9 : ななしのよっしん :2011/01/27(木) 06:26:22 ID: 4DSAidHtTe
この番組こそ全世界に発信すべき。これがビートたけし、北野武の本質だもん。
10 : ななしのよっしん :2011/05/19(木) 00:06:40 ID: +PVq0SYZzO
この前当時録画したお笑いウルトラのDVDをみて改めてダチョウ倶楽部が偉大な芸人であるということがわかった
11 : 削除しました :削除しました ID: fKyI91hd7F
削除しました
12 : ななしのよっしん :2011/05/19(木) 18:39:59 ID: 2CfRPtv/Sp
クイズと関係の無い宴会コーナーででイヨマンテ関係のネタやったら、
アイヌ差別だ!」とイチャモンつけられて潰されたんだよなぁ…
13 : ななしのよっしん :2011/07/02(土) 18:26:14 ID: QgkYvejK9a
>>9
同意。この果てしなくブラックな番組は海外でもウケル感じがする。
14 : ななしのよっしん :2011/09/17(土) 15:03:30 ID: oShMP4KPkb
>>9
>>13
ドイツでこの番組を流したんだけど、評価は散々だったらしいと何かの本に書いてあったような。
風雲たけし城は人気らしいのに。
15 : ななしのよっしん :2011/11/28(月) 02:36:48 ID: lCqrsEBnaD
小倉偽頭
16 : ななしのよっしん :2012/06/04(月) 19:50:43 ID: 8GGyNHAT8p
この番組あたりからかな、視聴者と提供側で「お約束」を共有するようになったのは
17 : ななしのよっしん :2014/05/04(日) 11:32:25 ID: Qubh3kwZs1
>>7
しかも、間違えると地上高60mのタワー頂上から逆バンジー決定という状況でそのボケ回答というのがすごい
18 : ななしのよっしん :2016/10/09(日) 18:51:46 ID: H+TeQTlUip
今日とんねるずとタカトシが司会でで似たようなものやってるぞ。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015