単語記事: ビートル

編集

ビートル(beatle)とは…

  1. 甲虫類を意味する英語
  2. 1から転じて、フォルクスワーゲン社が販売した自動車の愛称。正しくは「フォルクスワーゲン・type1」と呼ばれるが、これはトヨタで言うAE86の様な物であり車種名ではない。
  3. 2をイメージしたフォルクスワーゲン社が発売していた乗用車の名称。ニュービートルを参照。
  4. 3のモデルチェンジ版の乗用車の名称。「ザ・ビートル」と呼ばれる
  5. 「ウルトラマン」に登場する科学特捜隊所属のVTOL機。2種類が存在する。

ここでは2を紹介する。

概要

知る人ぞ知るドイツ生まれの乗用車であり、例え車に詳しくなくても、その名前だけでイメージが出来る希有な存在である。基本的設計は1930年代でありながらも、4輪独立懸架や空冷水平対向エンジンなど、その当時のはるか先を行く機構や、合理性に基づいた設計、一目でわかる愛らしいスタイルは世界各地で人気を博した。

1945年より民生用が生産されたが、最終的に生産が終了したのは2003年であり、プロトタイプ製造である1938年から数えれば実に65年近く製造された自動車の字塔である。

また、アドルフ・ヒトラーが開発に関与していた事もあり、一般的に悪名高い独裁者のイメージが強い彼にあって、アウトバーンの敷設と合わせて、評価の高い製作と冗談交じりに評価される事がある。

特徴的な機構

戦前生まれながらもその機構は時代を一歩も二歩も先取りするものであった。そしてこれらの方式がテンプレートとなり、

エンジン

特徴的なサウンドを発するビートルのエンジンは空冷・水平対向4気筒である。

自然通風ではなく、ブロアを使った強制通風であり、水平対向のエンジン音と相まって農発のようなバタバタ音であったが、非常に特徴的な音となり、ビートルのアイデンティティの一つにもなっている。そして整備性も抜群であった。非常に単純な機構にスペース自体が余裕があったので、ちょっとした知識があれば極端な話ではあるがエンジンの交換もたやすかった。実際に空冷ビートル関係のイベントではエンジン着脱の競争がある程である。

足回り

前後の車軸を1本のフレームでつなぐバックボーンフレームにフロアパンを採用し、それにエンジンなどを取りつけた足回りを採用、そこにボディを載せると言う格好になった。重心が低く、安定性にひと役買った。そしてエンジンの搭載位置は後輪の後ろ、RR方式であった。

サスペンションは4輪が独立して動き、フロントはトレーリングアーム式、リアはスイングアクスル式であった。いずれも独立懸架の方式としては初期のものであったが、左右のサスペンションが独立していない車が多かった事を考えれば非常に革新的であり、またそれ故に乗り心地の良さにひと役買っている。なお、車体を持ち上げると特にリアホイールはVの字のように内またになる。これはスイングアクスル採用車の特徴であり、同様の機構を採用している車には往々にしてみられるものである。

ただし、カーブなどで車重の急激な移動があった場合、イン側のサスペンションが伸びてしまい、それに起因する横転事故を誘発しやすい現象(ジャッキアップ現象)が多くなってきたので、フロントのサスペンションはストラット方式に変更となったモデルもある。

車体

カブトムシと言うあだ名をつけられる程に特徴的な車体はこれ自体でアイコンにもなりうるほどである。

気密性が高く、永遠とまでは行かなくてもかなり長い時間水に浮く事が出来る。また、ポン載せに近く、足回りだけを使って、各種のカスタムカーのベースにする事ができ、またキットカーの足回り部分のドナーに使用される事が多かった。

愛称など

その丸っこいスタイルから愛称は「ビートル」、「カブトムシ」等と言われるが、海外でもその丸っこいスタイルから概ね似たような愛称がある。アメリカでは「バグ(bug・ここでは「虫」と言う意味)」、ドイツでは甲虫類を意味する「ケーファー(Käfer)」と言われ、ブラジルでは現地に存在する大型のGを意味する「フスカ(Fusca)」、タイでは亀を意味する「タオ(เต่า)」と言われる。

日本では…

日本では「カブトムシ」や「ビートル」の愛称で知られているが、ゴルフなどが登場する以前においてはフォルクスワーゲンの車種と言えばビートルと言うイメージであった為、メーカー名の一部である「ワーゲン」と呼ばれる事もある。また、自動車黎明期には暖気の必要な初期の日本車ではなく、空冷ならではの暖気いらずですぐ走れると言う事で医者、特に開業医にもてはやされ「医者の車」と言うイメージがかつて存在した。

都市伝説

その当時の輸入車の中では割にポピュラーであり、また独特のスタイルなどから格好の都市伝説の対象になった。

  • 黄色いビートルを3台見たらいい事が起きる
  • 但し、黒いビートルを見るといい事はチャラになる
  • 100台見ればラッキーな事が起きる

などなど。いずれも地域差が大きく、上記の例と全く違う事もある。なお、ジャンプに連載していた「地獄先生ぬ~べ~」でもネタにされていた。

いずれにしてもビートルと言う存在が愛されていたという証左になっている。

誕生

ポルシェの生みの親であるフェルディナント・ポルシェが開発し、そこへアドルフ・ヒトラーの政策とが結びついた事で生み出された。カーマニアであったヒトラーの要求はその当時としては非常にレベルの高いものであり、そしてそれを低価格で販売というものであったが、ポルシェ博士は見事にそれを成し遂げて、1938年には既に原型が登場しており、国民向けへの販売直前までこぎつけていたが、第二次世界大戦でその計画はとん挫し、軍用に回された。

その設計は軍用車であるキューベルワーゲンやシュビムワーゲンへ繋がっていった。本来は広く国民に使われるべき車が、ヒトラーの野望に左右され、軍用車として転用された事は皮肉である。そして1945年にようやく広く国民向けに販売される事となった。

分類

年代でいくつかの種類に分類ができる。最初期と最末期とでは大分スタイルが異なるが、基本が大きく変更されることはなかった。ここでは大きく目立つ部分を基準として紹介する。

スプリットウィンドウ(1945年~1953年)

最初期に生産された車両はリアウィンドウが窓ガラス2つになっており、円を分けたように見える事からスプリットウィンドウと呼ばれる。当然ながら、非常に希少価値なのだが、スプリットウィンドウでは後方視界が悪い為、当時のユーザーが分け隔ててある柱をぶった切って、オーバルウィンドウの窓をはめて後方視界を良くしたケースが存在する。無論、今やればマニアが気絶する事であろう事だが、当時としては理にかなった行為であり、スプリットの年代でありながら、オーバルと言う事もある

オーバルウィンドウ(1953年~1957年)

1953年よりリアウィンドウが大型化され、その形状よりオーバルウィンドウと言われる。これにより、後方視界が改善した。また北米仕様は1955年よりそれまでの腕木式のウィンカー(「セマフォー」と言われる)のものから、フェンダー設置のウィンカーに変更となっている。これまた希少価値となっている。

6V車(1958年~1966年)

1958年以降はリアのウィンドウが大きくなり、またこれ以降の変化が大きく外装をいじるものがないので電装系に使用していた電圧をとって、「6V車」と言う事がある。1960年式以降はそれまでのセマフォーを廃し、フェンダー設置のウィンカーとなっている。

1967年式(1967年)

1967年式は電装系をこれまでの6Vから12Vに引き上げた事、ヘッドランプが垂直となりながらもリアのテールが小型のものと言う如何にも過渡期的なモデルとなっており、実用性とスタイルの優美さを兼ね備えたモデルとして人気が高い。

12V車(1968年~1978年)

1968年以降はバンパーがプレス化された事やテールランプが大型化するなど、一気に現代的となったスタイルである。一般的に思い浮かべるビートルのイメージに近い。これ以降、後述のメキシコ製ビートルに至るまで、スタイルの変化はほぼ見られない。但し、エンジンや足回りなどは相応の変化が行われていた。

メキビー(????~2003年)

所謂メキシコ製ビートルの事。ドイツでの生産が中止になって以降も、メキシコでは引き続き生産が行われた。タクシー用途での生産が多かったのもあるが、雇用確保の為にロボットの介する部分の少ないビートルの製造が継続されたとも言われている。12V車とほぼ同じ仕様であるが、高地にあるメキシコシティの公害対策の為にエンジンにチューニングがされており、一般的にはパワーが出ない。この他、仕上げに問題がありなど、上級者向けの趣がある。

後継車種

1945年以来、国内外で人気を博したビートル(type1)であるが、ライバルの台頭や将来的に陳腐化に抗する事が出来なくなる事は目に見えていた。無論、VW社もそれに対する回答は出していた。type3やtype4と言われる車がそれに当たるが、いずれもビートルが生産終了になるよりもずっと前に生産中止となっている。いずれも出来は悪くは無かったのだが、元々ビートルは完成度が非常に高く、また熟成されていた為、ユーザーの信頼度も段違いであった。

このように完成度の高さゆえに初代を越えられないというジレンマがフォルクスワーゲンに存在しており、ゴルフが誕生するまでその苦悩は続いた。同じようなケースにシトロエン2CVとディアーヌなどがある。

なお、ニュービートルはイメージこそビートルを意識しているが、あくまでイメージだけであり、純粋な後継とは言い難い。

派生車種

長い製造の中でビートルは多くの派生車を登場させた。メーカー製から社外製まで何でもござれの状況であり、いずれも人気が高い。

Type2

一般的にはビートルのワゴンバージョンとして知られているが、そのきっかけはとあるディーラーが製造工場で見かけたビートルの部品を使った作業用機械である。

ヴァナゴンやトランスポーター、あるいはカラベルと言われるワゴンモデルの第一世代でもある。

一般的によく知られているのはT1と言われるモデルであり、特撮好きにはメトロン星人のワゴンと言うイメージが強い。また、ヒッピーが流行していた頃、値段がこなれてきたT1を若者がこぞって購入をし、「VW」の部分をピースマークにして、サイケな塗装に身を包んだ。そして日本では軽自動車、特に駆動方式が同一のスバル・サンバーをベースとしたタイプ2仕様が出ており、現在ではいろんな車種がベースとなっている。

今持って高い人気を誇っており、価格も高止まりで安定している。

モデルチェンジ版としてT2がある。こちらはモダナイズ化こそされているが、基本的なスタイルに変更は無く、つい最近までブラジルで「kombi」の名称で販売されていた。T1には及ばないものの、こちらも独特のスタイルで人気が高い。

Type3

1961年に登場。

独特のスタイルであったType1と比べれば直線基調の、割合にオーソドックスなデザインとなっている。ノッチバックやステーションワゴン、ファストバックと言ったバリエーションもあったのだが、肝心の4ドアが存在せず、また機構的にもビートル=TYPE1と変わりがないのでビートルを凌駕する事が出来ず、1973年に生産中止となっている。

しかし、数の上では成功の部類でありビートルと比べるのが酷と言うものである。

Type4

1968年に登場。

モノコックボディに85馬力のエンジン、ストラットサスペンション採用などtype3よりもさらに洗練された機構に4ドア採用とビートルと比べても相当先進的となったモデルである。そのパワーから「最強」と言われる事もある(※あくまでもビートルシリーズの中でです)

しかし、やはりビートルを超える事は出来ず、1974年に生産中止となっている。

キューベルワーゲン→Type181

言ってしまえばビートル=Type1の軍用車バージョンである。高い車高が特徴であり、2輪駆動ながらも走破性が非常に高かった。そしてキューベルワーゲンのコンポーネンツにビートルの車体を乗っけたモデルも存在した。

詳しくは「キューベルワーゲン」を参照して頂きたい。

Type181は1968年から1983年まで生産されたモデルでスタイルこそ異なれど、その設計思想などからキューベルワーゲンの後継ともいえるモデルである。

シュビムワーゲン

同じくType1ベースの軍用車であるが、こちらは水陸両用である。また駆動系が4輪駆動となっており、さらに車体もバスタブ形状の船のようなデザインとなっている。

詳しくは「シュビムワーゲン」を参照して頂きたい

ポルシェ356

派生車種とは言い難いが、フォルクスワーゲン社は経営にポルシェ博士の一族が関わっている事もあり、歴史的にも非常に関連がある為、ここで紹介する。

ポルシェ社の販売した初のスポーツカーであるが、そのコンポーネンツにビートルの部品が多くつかわれている。RRのポルシェはまさにここから始まったと言うべきモデルであり、ビートルとはまさに兄弟のようなものである。

その後、ビートルのコンポーネンツ、主にエンジンを使用したモデルはポルシェ912や914がある。

カルマンギア

ビートルの足回りにギア社がデザインしてカルマン社が製造したボディを乗っけたモデル。シンプルながらも流麗なデザインは人気を博し、希少価値となっている。

タイプ3ベースも存在しているが、こちらはアメ車調の直線基調であり、皮肉にもビートルのオマージュとなったシボレー・コルベアそっくりのデザインとなった。しかし、流麗さには欠け、人気が出なかったのでタイプ1ベース程の人気を得られず、これまたタイプ1よりも早く生産中止となった。オォウ…type3...

カスタマイズ

改造の余地が大きいビートルはカスタマイズにはうってつけであり、またType2の登場の顛末を見て分かる通り、シャーシとボディの分離も比較的容易である為、足回り部分だけを使う事も可能であった。

フォーミュラvee

ビートルの足回りにフォーミュラのボディを組み合わせたものであり、廃車からでも作れたりと非常にコスパに優れており、高い人気を誇っている。

バギーカー

パイプフレームの車体にビートルの部品が使われるケースは多々あり、これまた廃車からの作成が可能である。

デューンバギー

こちらはシャーシを利用し、そこにFRPのオープンボディを載せたものである。元々、キューベルワーゲンへ転用された際に活躍した事もあり、悪路との相性も良い。トランスフォーマーにもこれをモデルとした「ビーチコンバー」と言うキャラが登場している。

バハ・バグ

こちらはオリジナルを多く利用しているが、ヘッドランプの形状や悪路走破に合わせたリフトアップとサスペンションの動きに対応したフェンダー周りなどの特徴がある。模型やラジコンで多く見かける為、カスタマイズの中でも知名度が非常に高い。

広告戦略

ビートルの大きな特徴に広告戦略がある。ドイル・ディーン・バーンバッグ社と言う広告代理店が担当をしたのだが、特にアメリカでは広告戦略が大当たりして、その販売台数を伸ばした事が知られている。

その当時のアメ車の広告といえば、これみよがしに車をPRしたものであったが、あえてそうするではなく、ウィットとユーモアを織り交ぜた広告展開を行った。なかにはPR対象となるビートル自体が無く、例えば節水と水を使わない(空冷)を織り交ぜた文字だけの広告を出すなど、従来のアメ車を敬遠する層、特に合理主義者や知的階層の人々から支持を受けた。

銀幕のビートル

ビートルは映画やテレビでもその存在感を輝かせ、あるいは脇を固めていた。特に有名なのは「Love bug」シリーズである。人格を持ち、言葉こそ話さないがその仕草で感情を表すその姿は何度も続編が作られたほどである。

また、「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」において、ミニボット部隊に所属するバンブル/bumblebeeは自動車形態では黄色いビートルにトランスフォームをする。人間側のキャラであるスパイクの無二の親友として、またマスコット的な存在として人気を博した。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

ビートルに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

  • フォルクスワーゲン
  • 自動車製造会社一覧
  • タトラ(変態トラックのアレ。設計思想が似通っており、自社の製品にも影響が見え隠れする)
  • 阿笠博士(有名なビートル乗りの一人)
  • バンブル

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AB
ページ番号: 5137544 リビジョン番号: 2176695
読み:ビートル
初版作成日: 13/09/01 14:25 ◆ 最終更新日: 15/03/15 18:24
編集内容についての説明/コメント: 誤解を生みそうな表現が有ったので修正。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ビートルについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2015/10/09(金) 14:38:47 ID: OOK8lxjo+Y
今のVWに必要な物。
2 : ななしのよっしん :2015/12/27(日) 06:00:19 ID: Im0qakHdMM
ビートルが好きな人はぜひ「ヤンときいろいブルンル」を読もう
子供の英才教育にも使えるぞ!
3 : ななしのよっしん :2016/03/05(土) 02:31:28 ID: vqOWOQhENv
車種名Type1であってんですけど
AE86のような形式名じゃないんですけど
4 : ななしのよっしん :2016/04/26(火) 13:13:24 ID: WsZXmOEpU/
>>3
Wikipediaからの引用だけど、
「多くのバリエーションがあり、その多様性から一語で指し示す用語として、英語の「Type 1」という型式名や「ビートル」などの愛称が用いられる。時代ごとの正式車名は「フォルクスワーゲン1200」、「フォルクスワーゲン1300」、「フォルクスワーゲン1303/S」、「フォルクスワーゲン1303 LS」など、何の変哲もない呼称であった。」
と書いてあるよ。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015