単語記事: ピアニート公爵

編集

ピアニート公爵

ピアニート公爵とは、2007年12月よりニコニコ動画演奏してみたカテゴリ投稿を行っているピアノ演奏者である。

 →演奏者一覧

概要

ピアノ演奏者。高速のアルペジオや複雑な跳躍音・装飾音を含む極めて高い演奏技術と高度な編曲技術、それでいて自然メロディーラインに入ってくるという曲への深い情が伝わる感性豊かな演奏により、多くの視聴者の心をわしづかみにしている。演奏に魅了されて、自分の歌や演奏とのコラボレーション作品をニコニコ動画開した演奏者も多く存在する。日本国においての来歴は、

筑波大学附属駒場中・高等学校を経て東京藝術大学卒業、同大学大学院修了。在学時代より、フランスロマン作曲シャルル=ヴァランタン・アルカンの作品の紹介に努めている。」

と言われる。

初作品がアイドルマスター曲のアレンジであるため同作品のファンであることがうかがえる一方、次の作品ではショパンの曲(ピアノソナタ第3番フィナーレ) のパロディ曲を演奏するなど本格的クラシック曲への造詣も深い。「ショパン×巨人の星作曲者(元東大医学部生)と連絡を取ったり、東大出身者による劇団「イケメニアン」とコラボレーションするなど、一流の人脈も垣間見せる。

2008年9月には劇団演に自作の曲を提供し、演終了後に楽譜付き演奏ニコニコ開。演奏編曲のみならず作曲の才をも併せ持つことを示した。

2008年12月初投稿から1周年を記念する形で、自ら採譜した「蒼い鳥ピアノソロ楽譜開した。

2009年3月22日に「ニコニコミュージシャンライブin東京02」に出演し、演奏を行った。ピアニート公爵は心中を、「蒼い鳥は大まじめに全馬鹿をやって、『ワロス』などの反応を予期していたらみんな真剣に聴いてくれて、ランキングに載ったときの衝撃といったらなかった」などとったという。

重厚で格式高いがために敬遠されがちだったクラシックピアノ演奏世界を、アイドルマスター巨人の星ニコニコ動画時報といった身近な題材を扱うことで一般のニコニコ住民に入り込みやすいように紹介し、なおかつ高度な演奏によって感動をも与えた、その功績は大きい。

08年9月以降はしばらくニコニコへの投稿が途絶えていたが、09年のクリスマスに『【ピアノアレンジ】序奏とやや華麗なる小円舞曲(笑)【Here we go!!】』にて"麗なる"復活を遂げる。「自宅で撮れる環境が整い」とあることから、今後の更なる活躍が期待できるかもしれない。

2011年4月6日dmARTSドワンゴミュージックエンタインメント)よりアルバムSingularity-シンギュラリティ(特異点)-』でメジャーデビュー

名前の由来

当初、「ダンゴムシ」という名前で動画投稿していた。

しかし、作者コメント欄で「ニート)」と告白したことから、その素晴らしい演奏ぶりと「ニート」という肩書きのミスマッチがさまざまな憶測を呼び、「これほどの腕前でなぜニートなのか」「ニートって凄いんだな」「ニートになるの諦めるわ・・・」などのが集まった。その中から「彼は働く必要のない高等遊民、貴族なのだ」という説が現れ、そこから「ピアノ」と「ニート」と爵位合体させた名前・「ピアニー伯爵」と呼ばれるようになった。

さらに、「動画再生が一定数に達したら爵位を上げよう」という動きが発生し、再生数が伸びるに従って「侯爵10万再生)」「公爵(18万再生、マイリスト1万)」「大公20万再生)」など様々な貴族階級をつけて呼ばれるようになった。その過程で多少の議論混乱が発生したが、現在では「ピアニート公爵」と呼ばれることが最も多いようである。

ピアニート公国在日本大使館 設立

2011.8.10 ピアニー大使館のサイトが設立された
                                         注:ピアニーは架です 

 ピアニート公国大使館サイト

関連動画




ピアニート公爵音楽担当

公開マイリスト

関連コミュニティ・プロフィール

関連商品

公爵別名生き別れの森下唯さんの商品です。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%88%E5%85%AC%E7%88%B5
ページ番号: 317324 リビジョン番号: 2081482
読み:ピアニートコウシャク
初版作成日: 08/07/05 04:35 ◆ 最終更新日: 14/09/05 20:55
編集内容についての説明/コメント: 来歴
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


50万おめ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ピアニート公爵について語るスレ

209 : ななしのよっしん :2016/05/03(火) 12:53:30 ID: GKsTog0ptD
>>205
この人もそうだけど、音楽家たちは幼少の頃からクラシック音楽当たり前親しんでるから敷居は高くないと思うのかもしれないけど
ほとんどの人は未だに敷居の高い音楽と感じてるし、だからこそ現代でもクラシック音楽を聴こう理解しようと思うわけだ。
この人は裾野を広げる的ではないと、自覚にアニソンやらゲーム音楽混ぜてるのであればより危険だと思うが。
210 : ななしのよっしん :2016/05/03(火) 13:11:39 ID: GKsTog0ptD
>>208
たった9年じゃん
例外はあるけど9年じゃその人間の結果は出ないよ
わずか数年で大成する人もごく稀に居るけど
基本、最初の10年はかに与えられた組みのなかで転がされる期間だ。
そこで仕事を覚えて漸く10年くらいでスタートラインに立てるもんだ。
そうなったら、やる事なす事責任が付きまとって、生き別れのとか口が裂けても言えなくなる。
そして、この10年のうちにそういう事を学んでおくべきなのに、生き別れのは9年選手とは思えん発言だわ。
211 : ななしのよっしん :2016/05/03(火) 16:47:53 ID: DfzIR4cKwK
返答ありがとう。
言っている内容に賛同はしないけど理解はできる(つもり)。

こちらから言いたいことは3つ。長文になるのでクリックして全文読んでくれ。

1.「生き別れの」発言が幼稚な責任逃れのためと思ったのなら、>>203の書き方が悪かった。
森下さんがなぜ公爵を生き別れのと言っているかは、本人の文章を読んでほしい。
http://www.morishitayui.jp/about-pianeet/
全文を読んで、もし、「やっぱり幼稚な責任逃れじゃねえか」と思うようであれば、自分か>>210さん、どちらかの読解が悪いのだろう。

2.自分は、ピアニート公爵ポピュラークラシックにまたがる演奏として、森下さんアルカンメインクラシック演奏として、ともに成功することを願っている。
>>200さんは、森下さんクラシック演奏として成功しないだろうと言っている。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
212 : ななしのよっしん :2016/05/04(水) 03:10:13 ID: GKsTog0ptD
>>211
ど難癖っすね。
偉そうなことおっしゃいますが、勉強中の人ニワカ呼ばわりする人に言われたくないですね。

>「ほとんどの人は未だに敷居の高い音楽と感じてる」はわかる。でもそ
>れが、「だからこそ現代でもクラシック音楽を聴こう理解しようと思う
>わけだ。」につながるとは思わない。
これだけ聴き心地良い音楽が溢れる現代において、何故わざわざクラシック音楽を聴くのかをあなたはもっと素直に考えるべきです。
これは決して楽観視ではないです。クラシック音楽から格式や敷居の高さがくなれば、音楽の素養のない人間はもはや他の音楽クラシック差別化できなくなるでしょう。差別化できないということは、そこにあるのはただの長くて眠くい音楽です。それこそ門外は突付かず別の音楽聴くし人口の減少に繋がりますよね。
そう考えるとプロ演奏アニソンゲーム音楽クラシックレパートリーに取り入れるというのはあまりに軽率だと思いませんか?だから、ピアニートも生き別れのとかピアニー
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
213 : ななしのよっしん :2016/05/08(日) 10:52:39 ID: DfzIR4cKwK
>>212
となると、>>204 の質問に戻ってきますね。
> アカデミックで高尚なクラシック業界というのは、たかが「こういう輩が溢れた」ことが原因で「暗い時代に入って」しまうほど脆弱なのかな?
> もし、「暗い」の意味するところが、「専門から認められる先進的な作品が生まれない」という意味なら、
> 大衆に媚びるイロモノ演奏なんぞ視して自分たちのを究めればいいのでは?

すぎやまこういちさんが「RPGBGMに向くのは、何度聴かされても飽きない音楽、すなわちクラシック音楽だ」と言って、交組曲ドラゴンクエスト3作曲した事例なんかも、こういう輩に含まれますか。
これが作曲されていなければ、自分はクラシック興味を持たない人生だったと思います。
そういう裏的な入門ルートも用意したうえで、学校の授業でバッハベートーヴェンを聴き、オーケストラ部でそれらを演奏する、王道入門ルートも用意する。
入口が複数あるのは良いことだと自分は思いますね。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
214 : ななしのよっしん :2016/05/08(日) 11:01:14 ID: DfzIR4cKwK
>>212
> これだけ聴き心地良い音楽が溢れる現代において、何故わざわざクラシック音楽を聴くのかをあなたはもっと素直に考えるべきです。
> これは決して楽観視ではないです。クラシック音楽から格式や敷居の高さがくなれば、音楽の素養のない人間はもはや他の音楽クラシック差別化できなくなるでしょう。差別化できないということは、そこにあるのはただの長くて眠くい音楽です。それこそ門外は突付かず別の音楽聴くし人口の減少に繋がりますよね。

そういう人もいるかもしれませんね。自分は違いました。

自分にとっては、差別化できようができなかろうが、小学校時代に聞いたベートーヴェン第九合唱付き)の1~3楽章は、「ただの長くて眠くい音楽」でした。4楽章の合唱部分を聞いて、そこだけは記憶に残りましたが、クラシック興味を持つまでは至りませんでしたね。
どこかで見た話では、初演当時は、合唱をつけて先を変えるなんてクラシックの格式を破壊する、と、ベートーヴェン批判した人もいたらしいですね(本当かどうか知り
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
215 : ななしのよっしん :2016/05/08(日) 11:13:50 ID: DfzIR4cKwK
>>212
ところで確認したいんですが、
ピアニート公爵クラシックポピュラーを混ぜこぜにしているから>>212さんは批判しているのであって、
クラシックポピュラーをしっかり峻別したうえで、
ポピュラー音楽作曲演奏を副業として行い、それで稼いだおを、クラシック演奏現代音楽作曲等につぎ込む、
そういう仕事のやり方は批判の対ではないと思ってよろしいですか?
(例えば新垣隆さんがゴーストライターをしていたのもお金のための副業でしょう。彼の本業は現代音楽作曲だそうなので)

>>207
> 音楽仕事をしたいならクラシックをやるべきだが
> クラシックお金けがしたいと考えるなら、そいつは究極のアホだよ
とのことなので、クラシックお金にならないとの認識はあるようですし、ならば別の稼ぎ口で生活を維持することは否定しないと思ったのですが。
216 : ななしのよっしん :2016/05/08(日) 14:10:30 ID: DfzIR4cKwK
訂正。
>>214 で自分が小学校時代に第九の全楽章を聞いたと書きましたが、高校時代の間違いでした。
さすがに小学生70分以上のクラシックを聞かせるのはキツイですよね。
217 : ななしのよっしん :2016/05/10(火) 20:46:50 ID: KvlYoqnGhc
GWに二人で何くだらない言い合いしてんの?
218 : ななしのよっしん :2016/06/01(水) 09:48:02 ID: n86Xtgu9g2
グラブル公式ピアノアレンジCDで知ったけど、好きなことしてるひとっていいよね
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015