単語記事: ピクサー

編集

ピクサー・アニメーション・スタジオ (Pixar Animation Studios) とは、アメリカ・カリフォルニア州エメリービルのアニメーション制作会社である。現在は、ウォルト・ディズニー・カンパニー傘下。

歴史

1979年に設立されたルーカス・フィルムのコンピュータ・アニメーション制作部門が前身である。

1986年、アップルコンピュータを退社したスティーブ・ジョブズが、1000万ドルでこの部門を買収したことにより、初めて「ピクサー」と名付けられた。当初はアニメーション制作スタジオではなく、「ピクサー・イメージ・コンピュータ」という政府機関や医療機関などを顧客にCG専用の高級コンピュータを販売する会社であった。この頃の顧客のひとつが、当時アニメーション制作にCGを使った手法である「CAPS」への切り替えを目指していたディズニーであった。

この頃からピクサーに在籍していたジョン・ラセターは、売り上げ促進のためにコンピュータの性能をデモンストレーションする短編CGアニメ「ルクソー Jr.」を制作し、SIGGRAPH86で公開した (ちなみにこの短編に登場する電気スタンドは、「PIXAR」の「I」を踏みつぶすことでおなじみである)。また、「ピクサー・イメージ・コンピュータ」のソフトウェア部分のみを抜き出した「RenderMan」の販売を始めた。

しかし当初の売り上げは芳しくなく、会社の業績は悪化する一方であった。そこで外部の企業のコマーシャルをCGで制作する事業を始めるが、この間もディズニーとの関係を継続し、CAPSへの切り替えを支援する重要な技術参加企業となった。

その後の1994年、ピクサーは、2600万ドルでディズニーとアニメーション映画制作の契約を交わす。こうしてはじめて制作され、1995年に公開されたピクサーの長編映画作品が、ピクサーの名声を決定づけた世界初のフルCG長編映画「トイ・ストーリー」である。本作はジョン・ラセターが監督を務め、RenderManで制作された。

この契約は「10年間で5作品を制作し、興行収入は均等に2分配する」という内容であったが、この間ディズニーの映画制作部門は大ゴケ連発といっていいほど振るわず、2004年には手描きアニメーションから撤退して大量のアニメータを解雇する壊滅的な自体に。その一方でピクサーは世に出した映画のすべてが大ヒット作となり、ディズニーの稼ぎ頭になるまでに大躍進していた。そして10年が経過し契約が切れる頃、お互いの制作方針の違いや、「ピクサーを手放したくないディズニー」と「ディズニーから離れて自立したいピクサー」との行き違いにより、関係がこじれるようになった。

一時は悪い形で縁が切れかけ、当時のディズニーのCEOであったマイケル・D・アイズナー (不仲だったのはだいたいこいつのせい) によって、嫌がらせのようにピクサー抜きで「トイ・ストーリー3」の制作が企画されるところまで来ていたが、稼ぎ頭のピクサーを手放すことにディズニーの株主は猛反発。ディズニーのCEOの交代劇 (正確には任期切れの前倒し) にまで発展し、これに伴い双方の関係は修復。

最終的にピクサーはディズニーの傘下となり、かわりにスティーブ・ジョブズがディズニーの筆頭株主と役員、エド・キャットムル (ピクサーの共同設立者、RenderManの主要開発者) がウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ社長、ジョン・ラセターが同スタジオの制作部門すべてを統括する立場を兼務することになり、実質的にピクサーがディズニーの制作部門の実権を握るという形に落ち着いた。

なお、ピクサー抜きで制作が進んでいた「トイ・ストーリー3」はピクサーの子会社化により白紙撤回となった。2010年に公開された同作は、もちろんピクサー自身の手によって制作されたものであり、「ピクサー最高傑作」と名高い。

ちなみに、ラセターはディズニーの前経営者が一度撤退させた手描きアニメーションの復興を宣言し、解雇されていたアニメータたちを再雇用して新作長編アニメの制作を進めている。2009年に全米公開された「プリンセスと魔法のキス」は、5年ぶりのディズニー長編手描きアニメ作品であり、ラセターによる手描き復興の成果である。

ただ近年は、現在の親会社直系にあたるウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが3DCGアニメーションで記録的ヒット作品を連発したこともあり、一部ではピクサー作品とこちらを混同されている場合がある。『プレーンズ』、『アナと雪の女王』や『ベイマックス』は前者のスタジオ制作によるものであり、ピクサー作品ではない。ただし、どちらも(前述の通り)ラセターが深く制作に関わっているため、これらにピクサー・カラーを彷彿とさせる者は少なくないかもしれない。

評価など

一見、題材などの第一印象で「子供向け」というイメージを受ける作品が多いが、12人で分業して2~3年かけて練り込まれるというハートフルな脚本や、非常に個性豊かで魅力的なキャラクター、そして職人技ともいえるキャラの豊かな表情付けや、世界最高峰レベルのアニメーション技術など、極限まで上質に作り込まれたピクサー作品群は決してただの「子供向け」の範疇ではない。

ストーリーには子供目線だけでなく、大人目線も持ち合わせており、家族揃って安心して鑑賞できるのはもちろん、大人の鑑賞に余裕で堪えるどころか、老若男女のハートをがっちりつかんでしまうことで非常に定評がある。

通常は字幕で補うことが多い「劇中に映像として登場する文字 (看板に書かれた文字など)」は律儀にも各国語向けにローカライズされており、さらにはエンドロール用にわざわざ「NGシーン集」を作ったり、予告編用に新しく短編映像を作ったりといったサービス精神にも満ちあふれている。

これまで制作した長編映画作品のその全てがスマッシュヒットを記録していて、作品としての評価も総じて高い。「ピクサー映画にハズレなし」の栄冠をほしいままにしている制作スタジオである。

豆知識

  • 『トイ・ストーリー』の監督であり、ピクサーの主要人物であるジョン・ラセターは、スタジオジブリの宮崎駿と1980年代から交流があり、同時に宮崎駿の大ファンである。ピクサーのスタッフにも宮崎ファンが多い。『千と千尋の神隠し』が米国で公開された際、ラセターは広報活動や翻訳総指揮を担当している。
    また、その縁もあり「トイ・ストーリー3」ではスタジオジブリ作品の「となりのトトロ」のキャラクター、トトロがおもちゃとして出演している。 
  • 『バグズ・ライフ』のストーリーは、「七人の侍」など黒澤明監督のいくつかの映画のオマージュが盛り込まれている。
  • スティーブ・ジョブズがピクサーに密接に関わっていることもあり、アップルとの関係が作中で表現されることがある。『モンスターズ・インク』ではかつてのアップルの「Think different.」をもじったキャッチコピーが登場し、『ウォーリー』ではMacの起動音やiPodが登場する。また、iMac の米国版コマーシャルをピクサーが制作したこともある。
    逆に、アップル製品の広告にしれっとピクサー作品が登場する機会も多い。たとえば、iPhoneのCMで、iPhoneの画面に「モンスターズ・インク」や「カールじいさんの空飛ぶ家」のワンシーンが再生されていたりする。
  • 作品内に度々登場する「A113」という英数字は、ジョン・ラセターの母校であるカリフォルニア芸術大学の仲間内ジョークであり、ピクサー作品以外にも様々な作品で登場する。 

制作作品

長編

  • 1995年 トイ・ストーリー (Toy Story)
  • 1998年 バグズ・ライフ (A Bug's Life)
  • 1999年 トイ・ストーリー2 (Toy Story 2) - ゴールデングローブ賞最優秀作品賞を受賞
  • 2001年 モンスターズ・インク (Monsters Inc.)
  • 2003年 ファインディング・ニモ (Finding Nemo) - 第76回アカデミー賞長編アニメ受賞 
  • 2004年 Mr.インクレディブル (The Incredibles) - 第77回アカデミー賞長編アニメ受賞 
  • 2006年 カーズ (Cars)
  • 2007年 レミーのおいしいレストラン (Ratatouille) - 第80回アカデミー賞長編アニメ受賞
  • 2008年 ウォーリー (WALL・E) - 第81回アカデミー賞長編アニメ受賞
  • 2009年 カールじいさんの空飛ぶ家 (Up) - 第82回アカデミー賞長編アニメ受賞
  • 2010年 トイ・ストーリー3 (Toy Story 3) - 第83回アカデミー賞長編アニメ受賞
  • 2011年 カーズ2 (Cars 2) - カーズの続編
  • 2012年 メリダとおそろしの森 (Brave) - 第85回アカデミー賞長編アニメ受賞
  • 2013年 モンスターズ・ユニバーシティ (Monsters University) - モンスターズ・インクの続編
  • 2015年 インサイド・ヘッド (Inside Out)
  • 2015年 アーロと少年 (The Good Dinosaur)
  • 2016年 ファインディング・ドリー (原題 Finding Dory) - ファインディング・ニモの続編
  • 2017年 カーズ/クロスロード (Cars 3)

短編

  • 1984年 アンドレとウォーリーB.の冒険 (The Adventures of Andre & Wally B.)
  • 1986年 ルクソーJr (Luxo Jr.) - 1986年アカデミー短編アニメ賞ノミネート 
  • 1987年 レッズ・ドリーム (Red's Dream)
  • 1988年 ティン・トイ (Tin Toy) - 1988年アカデミー短編アニメ賞受賞
  • 1989年 ニック・ナック (Knick Knack)
  • 1991年 ルクソーJr./Surprise
  • 1991年 ルクソーJr./Light and Heavy
  • 1997年 ゲーリーじいさんのチェス (Geri's Game) - 1997年アカデミー短編アニメ賞受賞
  • 2000年 フォー・ザ・バーズ (For the Birds) - 2001年アカデミー短編アニメ賞受賞
  • 2002年 マイクとサリーの新車でGO! (Mike's New Car)
  • 2004年 バウンディン (Boundin')
  • 2005年 ジャック・ジャック・アタック! (Jack-Jack Attack)
  • 2005年 ワンマンバンド (One Man Band) - 2005年アカデミー短編アニメ賞ノミネート 
  • 2006年 メーターと恐怖の火の玉 (Mater And The Ghostlight)
  • 2007年 リフテッド - 2006年アカデミー短編アニメ賞ノミネート
  • 2007年 Your Friend the Rat 
  • 2008年 マジシャン・プレスト - 2009年アカデミー短編アニメ賞ノミネート
  • 2008年 バーニー (BURN・E)
  • 2009年 晴れ ときどき くもり (Partly Cloudy)
  • 2010年 デイ&ナイト (Day & Night)
  • 2011年 ハワイアン・バケーション (Hawaiian Vacation)
  • 2011年 ニセものバズがやってきた (Small Fly)
  • 2012年 月と少年 (La Luna) - 2012年アカデミー短編アニメ賞ノミネート
  • 2012年 レックスはお風呂の王様 (Partysaurus Rex)
  • 2012年 モンデューの伝説 (The Legend of Mor'du)
  • 2013年 ブルー・アンブレラ (The Blue Umbrella)
  • 2015年 南の島のラブソング (Lava)

短編のいくつかは、長編作品の劇場公開の冒頭におまけとして流され、DVDにも収録されている。

関連動画

関連商品

関連項目

  • スティーブ・ジョブズ
  • ディズニー
  • アップルコンピュータ
  • アニメ制作会社一覧
  • ピクサーが物語を作る時の22の法則

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%94%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%BC
ページ番号: 4151928 リビジョン番号: 2457047
読み:ピクサー
初版作成日: 09/09/03 10:56 ◆ 最終更新日: 17/02/08 14:21
編集内容についての説明/コメント: 概要を追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


Monsters,inc.

またまた保存

再度保存

続きは明日~

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ピクサーについて語るスレ

94 : ななしのよっしん :2015/07/06(月) 01:08:59 ID: oLQbdiJCOj
インサイド・ヘッド』がお勧め映画です!週刊ぴあ映画生活ch7/6号

2015/07/06(月) 開場:20:27 開演:20:30

http://live.nicovideo.jp/gate/lv226731100
95 : ななしのよっしん :2015/08/17(月) 14:02:23 ID: LsaYw6l05d
ジョン・ラセターの百科記事ってまだ無いんだな。意外。
96 : ななしのよっしん :2015/08/19(水) 18:06:50 ID: oLQbdiJCOj
>>lv230561424
?ref=qtimetable&zroute=index
97 : ななしのよっしん :2016/03/12(土) 21:14:34 ID: q5V8RVssrj
モンスターズユニバーシティに出てきた新キャラがその後どうなったのかが気になる
98 : ななしのよっしん :2016/04/22(金) 22:08:50 ID: cf6MbuQgDr
昨日映画観に行ったらファインディング・ドリーの予告流れた
正直期待してなかったけど予告見たら7月が待ち切れなくなった
>>97
そもそも怖がらせ学部とか大学自体がインクの後どうなるか気になる
99 : ななしのよっしん :2016/07/05(火) 14:25:33 ID: OYXbl8FpD+



>>lv266334386

100 : ななしのよっしん :2016/07/16(土) 04:38:00 ID: 5haxZLMHDn
ピクサー(PIXAR)は配役が本当良いよね。

[トイ・ストーリー]唐沢寿明,所ジョージ,戸田恵子,勝部演之
[モンスターズ・インク&ユニバーシティ]石塚英彦,田中裕二,柳原可奈子
[ファインディング・ニモ&ドリー]木憲武,室井滋,須賀健太,鈴木拓,塚地武雄,LiLiCo,赤坂泰彦,上川隆也,中村アン,さかなクン
[Mr.インクレディブル]三浦友和,黒木瞳,宮迫博之,綾瀬はるか
[カーズ]山口智充,戸田恵子,パンツェッタ・ジローラモ,福澤朗,赤坂泰彦
[レミーのおいしいレストラン]佐藤隆太
[WALL・E/ウォーリー]草刈正雄
[メリダとおそろしの森]大島優子
[インサイド・ヘッド]竹内結子,大竹しのぶ,佐藤二朗,石田明,ガリガリガリクソン

芸能人が声優する=ダメ みたいな風潮あるけど、単に一括りに下手とは言えないから、俺は芸能人がやっても良いと思う。
101 : ななしのよっしん :2016/09/22(木) 12:22:07 ID: xqjhAJvRLz
アーロと少年の声優をした芸能人も、皆さん上手でした。
評価は低いけど結構面白かったです
102 : ななしのよっしん :2016/09/22(木) 18:56:47 ID: ZAHnSoUZZ1
>>100
ピクサーの配役が上手いのは禿同

 日本のタレント起用は否定派が多い。実際に役者が演じる実写映画では”役者が喋ってる”様に聞こえる演技しないといけないから。なのに、芸人みたいな強烈な個性を持つ人間が担当すれば、例え上手くても役者に合ってても”声の持ち主にしか聞こえない”事態が発生する訳だから。映画を台無しにし兼ねない

 グラフィックだと人間キャラが喋ってても所詮作り物だから声のイメージが元々存在しないんだよね。寧ろ、インパクトのあるタレントはアニメだとキャラが立つのかもしれない。それでもあまりに下手だと一緒だけど

ここまで書いたけどオレはタレント起用は完全に否定派

タレント起用はディズニーやピクサーみたいな映画、もしくは実写ならモブのみという風に割り切るべきだと思う
103 : ななしのよっしん :2016/12/08(木) 20:46:11 ID: i9jtv4+9GF
>>95
某監督と家族ぐるみの付き合いらしいけど、それに反するように互いの信者が喧嘩してるのを見ると何とも言えない気持ちになる。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015