単語記事: ファイアーエムブレム

編集

ファイアーエムブレム』(Fire Emblem)とは、1990年から任天堂より発売されているシミュレーションRPGシリーズである。略称は『FE』。開発は『ファミコンウォーズ』等を開発しているインテリジェントシステムズ。同社の看作品として有名。

ファイーエブレム」等と誤植されやすいが、正しくは「ファイーエブレム」である。なお、この誤植名でも商標を登録しているらしい。

大乱闘スマッシュブラザーズDX』でマルスロイの参戦が決まった当時、当作品は海外で発売されていなかったにもかかわらず、外国人の絶大の支持を受けていたという逸話がある。

概要

シミュレーションRPGというジャンル確立したシリーズ中世ヨーロッパファンタジー世界を舞台に、どの作品で国家間の戦争を描いている。

大きな特徴として、従来のシミュレーションゲームではユニットはただのコマとしてしか使用されていなかったのに対し、『FE』は仲間になるユニット全てに個別のグラフィック・成長率が設定されており、一度死んだキャラクターは原則として二度と復活しないということが挙げられる。これによってキャラ一人一人への着が増しており、「かが死んだらリセット」という遊び方も定着している。死ななければ限にレベルを上げられる闘技場というシステムもあるので、キャラ育成が楽しいゲームでもある(上述の通り復活不可なので、死ねばそれまでのレベル上げはパーになる)。死ぬか生きるかのギリギリのせめぎあいがまた醍醐味にもなっている。

乱数の怪

(正確ではないため加筆む)

シリーズ乱数や計算式は、作品によっては偏っている場合がある。

  • 紋章の謎』の乱数は「大きい数と小さい数が交互に出る」という乱数としてあるまじき性質があった。
    その為、クリティカルつまり極端な値を出して相手を倒すと、「技・幸運・武器レベル=(wkb)」という、すごく多くてもあまり有利にならないステータスばかりが上昇してしまう。普段は問題ないのだがクリティカルでしか敵を倒せないような弱いユニットを闘技場で育成するとwkbばかりが上がり続けて使い物にならなくなったりする。この性質を逆に利用して、魔防成長率が3%しかないキャラが多い中で、敵ターンで必ずレベルアップをさせること等によって実質的な確率を3%より高めることも出来る。
  • GBAの3作品(『封印の剣』・『烈火の剣』・『聖魔の光石』)・『蒼炎の軌跡』では、命中率の計算法が特殊であるため、「命中が50以上の時は表示より命中しやすく、50未満の時は数値より命中しにくい」ということになっている。
    詳しくは実効命中率(ファイアーエムブレム)へ。
  • 新・暗黒竜と光の剣』では、LvUP時にステータスが伸びなかった場合、そのステータスにごく僅かながら補正値が蓄積され次のLvUP時に成長率に上乗せされるという隠し要素があり。これにより極端なヘタレ成長は起こりにくくなったが、「伸びやすいステータスが伸びなかった場合ほど多くたまる」という性質上、最初から成長率が死んでいる部分には大した効果がない模様である。

同人・二次創作

シリーズ1作の『暗黒竜と光の剣』は、発売当初の売り上げはイマイチであった(当時のスタッフは「出足が悪くて……」とコラムに愚痴をこぼしていた)。

しかし『FE』の持つ、王道かつ綿密な世界観は大きなおさまを中心に多くの淑女を虜にし、コミケ、ならびにその他即売会と言った口コミにより徐々に知名度が上がっていった。

当然ではあるが、そのゲーム性は「手ごわいシミュレーション」という言葉通りにタフなゲーマーを惹き付けた。その結果、購入者がグンと増えたという逸話がある。

こうした背景を受けてか、3作である『紋章の謎』では今までの任天堂チックキャラクターデザインから一変して、少女漫画を彷彿とさせるような耽美なデザインへと変化していった(例として、アベルの顔グラフィックは『暗』ではげっ類を彷彿とさせるような「出っの顔立ちだったが、『紋章』では美男子に変わっている。それがネタにもなった)。

元々ゲーム性は各ゲーム雑誌のレビューを中心に高く評価されており、残すはビジュアル面のインパクトだとも言われていた現状もあるので、同人人気だけに対応したわけではないが、結果として構想が見事に大当たりし、ゲームバブル絶頂期ということもあって出荷数は70万本を突破。これにより本シリーズSRPGというジャンルを業界全体に確立させるになったのである(今でも『紋章の謎』は本シリーズの人気作品であり、ニコニコ動画内でも数多くの動画投稿されている。また、古参同人エムブレマーには「FEは私(達)が育てた」と自負する者も少なくない)。

FEオンリーの即売会である「炎の戦」は特に歴史が古く、今でも毎年行われている。

メディア展開

『紋章』から『戦』にかけての時期は、アンソロジーコミック等のコミカライズを筆頭に、ドラマCD小説、果てはOVA等、数多くのメディアミックスが行われていた。『スマブラ』でマルス緑川光なのはその為である。また、キャストシリーズ毎に一新されているが、子安ナバールを3回も演じている。

上記の事柄故に、本シリーズ同人をはじめ、各種メディアとの関係は他の任天堂ソフトよりも密接しており、任天堂ゲームでありながら任天堂ゲームらしからぬ作品と呼ばれることも少なくない。

また、NTT出版からトレーディングカードゲームも出ていた。
こちらは3×4マスマップユニットが戦うというもので、2001年から2005年までサポートが行われていた。
現在ではサポートは打ち切られているが、このカードゲームで使われていたイラスト公式サイトキャラ紹介で使われていたりする。

同人についての余談

高河ゆん大島永遠(山波ゆうま)・上条明峰(伯明)といった、現在ではプロ漫画家として活動している面々も、かつては『FE』の同人アンソロを描いていた。創成期の『FE同人作家の中にはその後ISに入社し、ファイアーエムブレムスタッフに名を連ねている者もいるらしい。

インターネットにおいて

後述するスラングアンソロジーコミック・作中における台詞から生まれている物もあるが、昨今では総じて匿名掲示板2ちゃんねるにて生まれることが多い。
その中でも特に家庭用シミュレーションRPG(仮)@2ch掲示板は多くのスレッドFE関連であり、今日もまた新たなFEがそこで生まれており、方のその一言・細な行動がFE歴史に大いなる一歩を刻む事も少なくない。なお、2ちゃんねるを介して不定期ではあるものの、最萌トーナメントが開かれていたりもする。

近年では先述の2ちゃんねるニコニコ動画Pixiv等に統合されてしまっているが、FE関連の個人サイトインターネットの創成期から活発で、今ではFE情報サイトの大手であるかわき茶亭等もその時代から続く息の長いFEサイトの一つである。

ニコニコ動画での扱い

数多くの動画アップされている。プレイに何かしらの条件を課した制限プレイ縛りプレイが多く、『紋章の謎』等の初期作品の物も人気を博している。

プレイに時間がかかるゲームなので、n倍速等の編集がされていることも多い。

主なプレイの種類

シリーズ

タイトル 機種 発売年 備考
ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣 FC 1990年
ファイアーエムブレム外伝 FC 1992年
ファイアーエムブレム 紋章の謎 SFC 1994年
ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 SFC 1996年
BSファイアーエムブレム アカネイア戦記 サテラビュー配信 SFC 1997年 現在はサービス終了
ファイアーエムブレム トラキア776 SFC 1999年
ファイアーエムブレム 封印の剣 GBA 2002年
ファイアーエムブレム 烈火の剣 GBA 2003年
ファイアーエムブレム 聖魔の光石 GBA 2004年
ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡 GC 2005年
ファイアーエムブレム 暁の女神 Wii 2007年
ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣 DS 2008年
ファイアーエムブレム 新・紋章の謎~光と影の英雄~ DS 2010年
ファイアーエムブレム 覚醒 3DS 2012年4月19日

※『アカネイア戦記』を除くFCSFCの全タイトルWiiバーチャルコンソールにて配信されている
(『アカネイア戦記』は『新・紋章の謎』に『新・アカネイア戦記』としてリメイク収録されている)

シリーズにはいくつかの大陸が登場し、同じ大陸を舞台とする作品の間にはストーリーの繋がりがある。ただし他の大陸の話がゲーム中に出てくることはどなく、同じ世界に存在する物かは分からない。例外として、『外伝』は『暗黒竜と光の剣』・『紋章の謎』二部の間の時間軸のストーリーであり、『暗』のキャラクターが何人か登場する。また、『聖戦の系譜』は『紋章の謎』の約千年前の話である。この為、アカネイア-バレンシア-ユグドラル大陸に関しては、同じ世界に存在すると考えて良いようである。また、『覚醒』においてイーリス大陸とヴァルム大陸が出てくるが外見が『暗黒竜と光の剣』でのアカネイア大陸、『外伝』でのバレンシア大陸に非常によく似ている。登場人物の話的にも同じ大陸なのかも…しれない。

関連用語

ゲーム関係
その他FE関連用語
ユニット個人・団体
クラス一覧(大百科に記事があるもののみ)
二次用語やスラング、ゲーム中の名言など

あ~か

た~は

ま~ら

わ、英数字

関連動画

ファミコンールプレイング シミュレーションの幕開け」と銘打って登場した第一作のCMCMソングFULL)。
人件費不足により製作中止になってしまったOVAシリーズ全体の歴史

コミュニティ

関連商品


関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%A0%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%A0
ページ番号: 199458 リビジョン番号: 2121618
読み:ファイアーエムブレム
初版作成日: 08/06/04 12:58 ◆ 最終更新日: 14/11/28 03:11
編集内容についての説明/コメント: 関連用語、ユニット個人にラケシス追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ファイアーエムブレ...

ファイアーエムブレムについて語るスレ

1474 : ななしのよっしん :2014/12/20(土) 20:33:23 ID: F8KJROsmwz
>>1468
狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なりという言がある
マジでもネタでもアカン人なのに変わりはなかろうよ

覚醒シナリオ面の問題点ひっくるめても大好きと言えるけど、>>1471みたいな不満はわかるなぁ
仕方ない事情もあったとはいえ、集大成を謳ってるのに削られた要素が多いのは疑問符かんじゃうよね
1475 : 削除しました :削除しました ID: s8zccu4sCs
削除しました
1476 : ななしのよっしん :2014/12/20(土) 20:58:20 ID: 3XS4P6wN3a
FEに限ったことじゃないけどあーだこーだとくけれど離れはしない
ツンデレ思考をやめようとは思わないんですかね…。
1477 : ななしのよっしん :2014/12/20(土) 21:15:27 ID: RPQEcdnA4d
自分の価値観だけが絶対と思ってるような人には何言っても駄だと思うよ
覚醒からFEに入った人もいるだろうに「ファンじゃない」なんて切り捨てるんだから
多分また新作が出ようと「自分の思うFEじゃない!」としか言わないんだろうしね
1478 : ななしのよっしん :2014/12/20(土) 21:18:22 ID: D1WwdXYL2D
>>1475
自分が「変なの」と感じた感性が絶対だとは思えないから
お前みたいにファンの定義を決め付けられる様な立な人間じゃないから
絶対に間違いないこれが正義だと信じて来たことが間違いだったことを何回も経験した
絶対に間違いないこいつは救いようのない馬鹿野郎だと貶した相手の方が利口だったということを何回も経験した
だからめて教えてくれ、どういう生き方をしてそこまで自分の感性を絶対的なものと信じられる様になったのか?

かつて紋章の謎を女に媚びたクソゲーと騒いで回った外伝からの古参ユーザーのお願いだ
1479 : ななしのよっしん :2014/12/20(土) 21:21:09 ID: s8zccu4sCs
流石に次回作はちゃんとしたものを作るよ

>>1476
そりゃFEが好きだからね、いくつになっても新作が出たら買ってプレイする
1480 : ななしのよっしん :2014/12/20(土) 21:32:21 ID: XPtb5vJSjW
好きならには合わなかったわで済ませろよ
いちいち他のユーザー馬鹿
好きなんじゃなくて粘着してるだけだろ
1481 : ななしのよっしん :2014/12/20(土) 23:23:23 ID: F8KJROsmwz
>>1475
覚醒を好きな人もいっぱいいるから
そして好きな人は自分の好きな作品を貶されたら嫌な気分になるから、というすごく単純なお話
いきなり知らん人が中立てながら「お前の好きなものはクソだ」って言ってきたらでも立つでしょ
嫌いなものは嫌いでしょうがないから、吐き出したいならアンチスレとか場所を選んでやりなさいな
1482 : ななしのよっしん :2014/12/21(日) 02:43:01 ID: BCyeWIPaTt
覚醒は今までと色々違うからな
問題点を列挙することはできる一方、これまで問題だった部分を刷新したと言える部分も多い、その上でそれらの要素が「しっかり噛み合ってきれいにまとまった」結果「これまでのFEと違うゲーム性になって」商業的に成功したからアンチが多くなったんだと思う。

覚醒ビジュアルキャラ面の進化~新紋章でうまくいってなかったトコを見事打破したと思う反面、キャラを立てた結果ストーリー国家間紛争らしさが薄かったりフリーマップの育てゲーなのは継続されるとヤバいと思ってる。
1483 : ななしのよっしん :2014/12/21(日) 08:50:39 ID: LlWmbAbEW1
覚醒の不満を挙げるなら全体的に”軽い”と言うか、ポカ~ンとしてしまうとこだな
例を挙げれば、スミアドジっ子設定や、典厨二と言える台詞を吐くあいつ(リズの子だったか?)とか
ヴェイクの、戦場に赴くのに武器を持ってきてない事とか(アイテム交換の説明をするためとはいえ)
序盤の隣の王に会いに行った時のイベント
何でか隣らと戦う事になって、勝ったら王子だと認めてもらえ通してくれるようになる事とか
闘技場に強制的に参加させられる事とか。
新規の人の為にこういった”軽さ?”を意図的に用いたのかもしれないが
いくらなんでもちょっとこれはどうよ・・・・と呆れてしまう事が多かったな
快適な操作性はとても良かったし、カップリング出来る事自体も正直好きなんだがね
もっと”重み”のある感じに仕上げて欲しかったとは思う。流石に次回作あるなら
覚醒よりは重みある感じにしてくれると思うが
グニャラくんの本が出ました!
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015