単語記事: ファニー・ヴァレンタイン

編集

ファニー・ヴァレンタインとは、ジョジョの奇妙な冒険第7部「スティール・ボール・ラン」に登場する人物である。

CV加瀬康之ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル

このわたしがッ!最初の「概要」を手にしたぞ!

23アメリカ合衆国大統領
年齢は43歳(1847年9月20日生まれ)で、人間でないカーズDIOを除けば最年長のラスボスである。

元々はただの下院議員だったが一枚の「地図」がし示す場所の一つ、サンディエゴを捜索した清教徒達のグループに同行した際に「悪魔の手のひら」に遭遇。 この際に「人の遺体の心臓部」と、スタンドD4C」を得て、グループ一生還。 その後頭を表し事件の一年後には大統領にまで上り詰めた。のちに遺体の心臓部を手にした経緯が下院議員時代に清教徒グループ同伴から、軍人時代の訓練中にサンディエゴで遭難した際に手に入れると変化している。どちらも大統領のみが生還している。その地位を利用してスティール・ボール・ランレースを残りの遺体を集める為のレースに作り替えた。レース中に遺体を手にしたジョニィ・ジョースタージャイロ・ツェペリから遺体を奪うため、2人に刺客を送る。

他にも「ビールの一気飲み」「体の急な変化」「足でマンドリンを弾く」「14歳に欲情」など様々なパフォーマンスを見せている。

生い立ち

幼少の頃、戦争に行った父親の親友から敵国拷問の末に殺されたことを知らされる。しかし、拷問に挫けそうになった時、息子であるファニーの誕生日を縫った『ハンカチ』を何がなんでも守ると心に誓い、自身の左をくり抜いてその中にハンカチを隠す。は死ぬまで一言も口を割ることはなく、結果としてその親友が戦争から生還することができた。それを聞いた彼はを尊敬し、同時にの誇りのため命を懸けることが家族を守ることにつながる、狂信者とはまったく違う心「愛国心」をこの世で最も美しい「徳」だとし、絶対の価値観とするようになる。

遺体を集めるのもアメリカ民の安全を保障するためであり、自分の為に遺体を集めようとするジョニィとの最終決戦の際、彼は自身の行いを「全てが正義だ」とった。

スタンド

Dirty Deeds Done Dirt Cheap (いともたやすく行われるえげつない行為)

同じ場所に隣の世界

同時に存在させられるそれがスタンド

いともたやすく行われるえげつない行為

「D・D・D・D・C」

SBRではしい人の直接攻撃が可スタンド。非常に長いスタンド名なため、作中では「D4C」と呼ばれる。物同士に挟まれる事により数の別次元に移動するを持つ。別次元の物を持ち込む事もできるが、同じ物同士が出会うと破壊されてしまう。人間も同様。例外は大統領のみ。自分自身は例外なのを利用してダメージを受けた時、別次元傷の大統領と入れ替わってくる事ができたり、世界の自分を基本世界へ連れて来て共同で相手を襲ったりできる。

詳しくは『D4C』の項を参照。

D4C -ラブトレイン-

終盤においてD4C大統領の所有する遺体(遺体化したルーシー)のを得た際のスタンド名。遺体を軸にして間に次元の狭間が出現し、大統領のみがその次元の狭間に入ることが出来る。次元の隙間にいる限り、大統領に対するあらゆる攻撃が効化し、この世界かがその攻撃を代わりにくらう。即ち、(大統領にとっての)幸運のみを残し不幸地球上のどこかに吹き飛ばすというとんでもないである。ただし”未知なる回転エネルギー”は例外で、次元を打ち破り対抗することができる。

ドジャアア~~ン

どじゃあ~~ん

スタンド発動時、「ドジャアア~~ン」というの決め台詞があり、上記の絵のように両手を広げるポーズをする。2009年8月号のウルトラジャンプ掲載時の一場面で、大統領が「Dio」と「ホット・ パンツ」をドアに挟んで別次元に送る際には何も言わなかったのだが、単行本収録時には「どジャアア~~~ン!」とわざわざ加筆されている。

余談

なるほど・・・理解した・・・『関連動画』がこのわたしに・・・隣の世界の『関連動画』はこのわたしに移った・・・

いいかね!スティール君 あの『関連商品』を手に入れる事が「正義」だ!

D4Cッ!『関連静画』へ身体を隠せッ!!

興奮してきた・・・・・・『関連コミュニティ』に入れ

戻るか・・・「D4C」・・・隣の『関連項目』のある基本世界へ・・・どジャアァぁぁぁ~~ン

が心と行動に一点の曇りなし・・・・・・・・・・・・・・!全てが『正義』だ


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3
ページ番号: 4268828 リビジョン番号: 2329001
読み:ファニーヴァレンタイン
初版作成日: 10/01/27 00:45 ◆ 最終更新日: 16/02/23 16:44
編集内容についての説明/コメント: 項目を2つ追加。(スティーブン、ルーシー)
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ



D4Cは多分一番描きやすいスタンド

napkin

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ファニー・ヴァレンタインについて語るスレ

548 : ななしのよっしん :2017/07/14(金) 21:59:57 ID: 6mNKlIo4x7
国家を前にしては自分を含む個人の存在など取るに足らないって事だろう。ある意味黄金の精神と言えなくもい。黄金の精神で、どすさをえた漆黒の意志。
549 : ななしのよっしん :2017/07/26(水) 11:12:52 ID: Y9L5VYNXd+
外道クズと尊敬の念、崇高さは両立し得る
フィクション世界だからね
現実のことならなかなかそんなことは言ってられんものだが
550 : ななしのよっしん :2017/08/02(水) 21:35:37 ID: PvmTlK1c39
どっちかっていうと現実の方が両立するんじゃない。どんな偉人でもゲスな面てある、むしろ清廉潔のほうがありえない。
551 : ななしのよっしん :2017/08/03(木) 23:47:41 ID: 3LqqcKJOVQ
顔グズグズになった従者を意味にドジャーンしちゃってるし
ジョニィとの最後の交渉でも一切ジョニィを信頼してなかったし
根本的に優しさや情がない人間として描かれてるね

彼がナプキンをとったとしても「ファニーが肯定する合衆民だけが繁栄する世界」になるだけという気はする
552 : ななしのよっしん :2017/08/28(月) 05:02:57 ID: o9QH8E40tV
大統領悪人だけどある種のカリスマを感じるのは、ジョニィもまた正義の存在ではないとして善悪二元論的に書いてないのが大きいというのもあるかな。
553 : ななしのよっしん :2017/09/09(土) 23:43:50 ID: o9QH8E40tV
むしろジョニィは遺体集めの的がとことん利己的(心身ともに自分で歩き出せる様になること)で、(実質はともかく)大義は大統領の側にあるという。
554 : ななしのよっしん :2017/09/16(土) 20:19:11 ID: aal26iewMQ
問題はジョニィがその大義と全く敵対してないって事かな
実際、ジョニィSBR後に遺体をアメリカが持ってても何とも思ってない

「遺体パワーで足治させてあげるから協してね」
と言うだけで懐柔出来る相手を大統領が勝手に付け狙って敵対して自爆しただけ
ジョニィが敵対してるのは大統領の大義じゃなくてアホな立ち回りなんだよな
555 : ななしのよっしん :2017/09/19(火) 10:42:50 ID: hVbnMDhwPQ
最終的に負けちゃったから「懐柔しとけばよかったのに」ってなるけど、出会った当初は負けるなんて思わないし、明確な脅威になった後じゃ懐柔は難しいし、後からなら何とでも言えるよねって感じ
556 : ななしのよっしん :2017/09/22(金) 21:40:48 ID: o9QH8E40tV
最後の時、拳銃を捨てていられたらなあ
作劇上仕方ないんだろうけど、そこに度量があれば
557 : ななしのよっしん :2017/09/23(土) 09:01:47 ID: aal26iewMQ
その後もジョニィが遺体を外に持ち出すという被妄想を拗らせた挙句
最期には明らかに権を与えたらやばいディエゴみたいなをわざわざ呼んで来て頼ってるからな
他人を一切信用出来ない人間というのはこうも間抜けに転げ落ちていく物なのかと感動すら覚える
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829