単語記事: ファンサービス

編集

ファンサービス(Fan service ※和製英語)とは、以下のことを指す。

  1. 著名人が自分のファンを喜ばせるため、特別に行うこと。本来の仕事の外で、或いは仕事に追加して行われたことを指すことが多い。(一般)
  2. 著名人がファンを希望から絶望へたたき落とすこと。(遊戯王ZEXALなど)
  3. 漫画・アニメなどのいわゆるサービスカット。

一般的には1.の意味で知られるが、ニコニコ的には2.の意味の方が多く用いられている傾向にある。
以下に、それぞれ記述。

1.の概要

アイドルやタレント、歌手やスポーツ選手などが、自分のファン・観客達に対して様々な形でサービスする事。
「ファン+サービス」の和製英語である。「ファンサ」と略される事もある。

内容もまた様々で、一般的なファンサービスとしてはファンと握手したり持ち物や色紙にサインを書いてあげるなどといったものだったり、ライブや舞台などであれば会場からマイクパフォーマンスや投げキッスをしたり、イベント終了後に観客のアンコール(声援)に応えるなどのサービスがある。
映画やアニメなどの映像作品であれば、登場人物たちの水着姿や下着姿及び入浴シーンなどが登場したり、同じ作者の製作した違う作品からキャラクターがゲスト出演する状態をサービスシーン(サービスカット)などと呼ぶ事もあり、こちらもファンサービスと同種のものであると思われる。

そして2011年よりアニメ「遊戯王ZEXAL」をはじめとした作品が発端となって、『ファンサービス』という言葉は上述の内容とは違うもう1つの用法を見出され、定着する事になる。 

2.の概要

ファンサービスとは、カードゲームではよくあることである。

代表的な例としては自らのファンをデュエルに誘い、デュエルでファンの攻撃を受けきった後にファンを叩きのめす、まさにエンターテイメントなキングのデュエル。但し、提唱者の発言から察するに希望を与えた上で絶望へ叩き込むことさえできれば、サービス内容自体はなんでもいいと思われる。

また、こちらのファンサービスは1.で述べた内容とは違い、想定外の行動を起こしたファンにサービスを拒否されてしまう事もあるようだ。ファンとの交流を何より大切に考えているデュエルチャンピオンにとって、これは許し難い屈辱である。

基本的なファンサービスの流れ(Ⅳ氏の場合)

  • 自分のファンをデュエルに誘う。
  • 相手モンスターの攻撃を受けるなどして自分ライフを減らす。
  • エースモンスターの召喚を成功させて希望を与える。そしてファンが勝負を決めようとした瞬間……
  • お前たちのデュエルは素晴らしかった!コンビネーションも戦略も!
    だが、しかし、まるで全然!この俺を倒すには程遠いんだよねぇ!
  • そのエースモンスターをグロい演出で破壊し、その際の効果でライフにもダメージを与える。
  • 更にループコンボでそれをもう一回やる。
  • さらにさらに、ライフが0になったファンに対しモンスターで攻撃を加える追加サービス。
  • お前らは破滅の糸に操られた木偶人形……俺の支配からは逃れることはできん!
  • 最後の締めとして、丁寧にもファンの墓を建てる(ちなみにⅣ氏と同じくファンサービスの第一人者であるキャスター氏によると、「リュウノスケならば墓ではなく芸術品を作りますよ」とのこと)。

なお新たにファンとなった少年は、Ⅳ氏に対して「なんだ、Ⅳっていいやつじゃん!」「やめろー!」
などと述べている。

それっておかしくないかな?

人は希望を与えられそれを奪われた際に、もっとも美しい表情をするとされる。 ならばそれを与えることはまさしくファンに対するサービスである。
これは突飛な考えではない。「痛み、苦しみ、悲しみを与えることこそ愛」と述べる者が登場して久しい。また、希望から絶望への相転移には大きなエネルギーが発生する、という発見もある。つまり単に美しいだけではなく、膨大なエネルギーまでも得られるのである。

これらのことを考えると、この考え方はさほどおかしいものではない…わけねーだろ

主な使い手

  • Ⅳ(遊戯王ZEXAL):上記の流れを実際にやってみせたファンサービスのプロ。まさにファンタスティック。
  • キャスター(Fate/Zero):「恐怖というものには鮮度があります」を信条とするファンサービス使い。
    対象は主にセイバー、じゃなくてジャンヌ。だって彼だけは言ってました
  • 虚淵玄:まどマギ3話までの広報でファンに希望を与え、3話で本性を表した。
  • 飯田圭織(元モーニング娘。):ファンクラブバスツアーの前日にできちゃった結婚を発表した女性アイドル。物語やゲーム内の話じゃないから恐ろしい。「ところがどっこい........夢じゃありません........!」
  • コナミ:数々のコンマイ語でプレイヤーを翻弄し、ラーだと思ったらヲーだった・開闢強謙が封入されると思ったら1箱中1枚だったなどのドS行為を繰り返す、Ⅳのファンサービスを体現したかのようなすべての元凶ともいえる存在。

関連動画のファンサービス

関連商品のファンサービス

ムカつくんだよ!!オレの関連項目を拒否りやがってッ!!


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9
ページ番号: 4775406 リビジョン番号: 2354676
読み:ファンサービス
初版作成日: 11/12/02 04:59 ◆ 最終更新日: 16/04/27 06:57
編集内容についての説明/コメント: 使い手を一人追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ファンサービスについて語るスレ

251 : ななしのよっしん :2015/09/04(金) 01:13:39 ID: sHewFFKWIa
エロゲのファンディスクなんかファンサービスだな
252 : ななしの茨の囚人使い :2015/10/11(日) 21:00:40 ID: 03tDdp0/z7
傷ついた俺を気遣いそして勝利を確信し美しい・・・
実に美しい戦い・・・このまま美しくフィニッシュだ・・・

お 前 の 敗 北 で !!
253 : ななしのよっしん :2015/10/19(月) 14:40:06 ID: GLPvbnURk+
>>252
そのセリフは遊戯王シリーズの狂人枠のほとんどが言いそう
254 : ななしのよっしん :2015/11/03(火) 20:31:27 ID: 1cQ7D8j/SL
歴代主人公の行為は全てファンサービスっぽく見えるが実は違う
苦戦を演出するのとマジで追い詰められて都合のいいカードを引くのは別物
255 : ななしのよっしん :2015/11/09(月) 12:36:52 ID: 1yIgNzumS+
そもそも目的が違うからな・・・
Ⅳが苦戦を演出するのは、相手を喜ばせておいて後から落とすため
かたや主人公sはいつだって真剣勝負、決闘するのは真剣に自分の目標を追求するためで
苦戦するのも逆転勝利も結果に過ぎない
256 : ななしのよっしん :2016/02/18(木) 08:06:46 ID: xpVqexOm6w
今年のGS過去のGSやストラクでばら撒いたカードとどこに需要があるのか聞きたいシャイニング沼地マンとか酷すぎる…バルブもトリオンも元がノーマルだからストレージで発掘できるし当たりがPマジビュート101慧眼しかないとかなんのファンサービスだよ…カステルやたつのこは高望みだったかもしれんがせめて融合回収とかダイヤウルフとかクリシンとかさ…
257 : ななしのよっしん :2016/07/04(月) 01:21:21 ID: zSaQM9imGJ
口と演出は悪いけど、今思えばこれマジでファンサービスだったんだよなあ
チャンピオンらしくエンターテイメントデュエルをしていたってことだし
Ⅳもあれでけっこういい奴だしね
258 : ななしのよっしん :2016/10/17(月) 23:53:27 ID: VQ1aJKrXWb
今更だけどファンサービスで画像検索すると完全に制圧されて毎回笑う
259 : ななしのよっしん :2017/02/01(水) 16:07:42 ID: vjL27/MCA1
キン肉マンのアトランティスの例のシーンもまさにこれだな
新章では真のファンサービスも見せてくれた
260 : ななしのよっしん :2017/02/18(土) 15:21:44 ID: 3u9r4F0iav
公式がブレイザーOCG化から僅か1週間でとんでもないファンサービスをしてきやがった件について。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015