単語記事: ファンタシースターオンライン2

編集
曖昧さ回避 この項目ではゲームについて記述しています。
アニメについては「ファンタシースターオンライン2 ジ アニメーション」を参照。
注意 2013年9月4日に配信されたアップデータによる不具合については
プレイヤーズサイトの重要なお知らせをご覧ください。
不具合に対する不満や中傷的なコメントをここに書き込むのは控えて下さい。

オンラインRPG、新章。

新たなる10年へ。

 

 

ファンタシースターオンライン2』(PHANTASY STAR ONLINE2とは、SEGAのオンラインゲームである。

略称は『PSO2

スマートフォン版であるファンタシースターオンライン2es(PHANTASY STAR ONLINE2esが2014年4月2日にAndroid版openβが開始、後に正式に開始した。

略称は『PSO2es

PC・PSVita・PS4・スマートフォンのどちらもソフト本体の料は無料で、一部アイテムについては課制。
(PC・PSVita・PS4版はパッケージ版も販売されているが、購入しなくてもプレイは可能)

登録アカウントIDは450万ID突破!!同時接続数13万突破!!

概要

TGS2010にて開発中であることが発表された。

いつも違う形のフィールドとなるランダムフィールドや、複数パーティが入れるエリアのマルチパーティエリア。コンボを組み立てて攻撃できるオリジナルコンボなどの新要素があり、今作によりジャンプアクションが追加されアクションの幅が広がった。

アイテム用の仮想通貨としてAC(アークスキャッシュ)が導入され、100円=100ACから購入できる。
その他にも連続ログイン日数や他のプレイヤーとの交流のなかで得られる専用スクラッチ代用通貨「FUN」や、一般的にクエストで得られ、各種ショップでの取引に使われる、メイン通貨の「メセタ」が存在する。

対応ハードと制限について

PSO2は現在、PC版・PSVita版・PS4版がある。
更に、PC版はSEGA IDを取得してインストールする通常のものと、ハンゲームのIDでプレイできるハンゲーム版がある。これらはインストール先も違うので共存も可能。逆に言うならばパッチを当てる際は両方にあてる必要がある。

プレイに関しては、一部制限があるもののPC(ハンゲーム版含む)・PSVita・PS4版は同一サーバーでのプレイが可能。
具体的には、ゲーム内でPC(SEGA ID、ハンゲーム)/PS4専用のブロック、Vita専用ブロック、共用ブロックの3ブロック(エリアのようなもの)にわかれている。ブロックは人数制限(とPC/PS4・Vitaの区別)に引っかからなければプレイ中に簡単に移動できる。

尚、プレイはハードを跨いで可能ではあるものの、IDの取得等についていくつかの制限がある。
まず、ハンゲームで作成したアカウントをSEGA IDに移行したり、SEGA IDのアカウントをハンゲームに紐付けることはできない。
PS Vita・PS4でのプレイにおいて、SEGA IDのPSO2アカウントとSENアカウントを1:1で紐付ける形式のため、ハンゲームIDではどうやってもVita・PS4からのログインはできない。ついでにスマートフォン版のPSO2es(後述)もできない。
また、一度SENアカウントとSEGA IDを紐付けてしまうと解除はできないので、複数のPSO2アカウントを持っていても、1つのSENアカウントで遊べるのは1つのPSO2アカウントだけとなる。逆に複数のSENアカウントを使用している場合、最初にPSO2アカウントと紐付けたSENアカウント以外では遊べないことになるので注意が必要。
SEGA IDとSENアカウントを紐付けると、たとえVita・PS4からのログイン中でなくても、ゲーム内の「アークスカード(プレイヤー情報のようなもの)」からSENアカウント名が公開されてしまうので、知られたくない人はアークスカードを非公開なりフレンド等への限定公開にしておこう。

上記のようにVita・PS4からのプレイやPSO2esができないこと、SEGA IDでは使用できるアカウントハック防止のワンタイムパスワードが使用できないことを考えると、これからPSO2をはじめるのであれば、たとえハンゲームのアカウントが既にあっても、SEGA IDを取得してプレイすることをお勧めしたい。(一応、ハンゲーム版ではハンゲーム経由でのAC購入ができるのが人によってはメリットかもしれない)

スマートフォン版である『Phantasy Star Online2es』(PSO2es)はキャラクター及び装備と各種通貨のみをPC版・Vita版・PS4版と共有できる。しかし「あくまで別のゲーム」という位置付けであり、レベルについては本家PSO2とは別個の扱いとなっている他、PC・スマホのどちらかにログインしているともう片方にはログインができない。
2012年冬
2013年夏にβテスターの募集が行われ、4月上旬にオープンβテストが始まり、現在、Android版は正式サービスが開始されiOS版も少し遅れて開始された。

2015年8月16日(日)……遂にPS4版『PSO2』が発表された。更にクローズドβテストの実施も発表され、実施期間は2016年2月25日~3月6日まで。募集期間は2016年1月25日~2月15日まで。そして、2016年1月17日福岡県の西日本総合展示場において開催されたオフラインイベント「ファンタシースター感謝祭2016」にて正式サービス開始は2016年4月20日に決定した。

システム

本項ではPSO2の特徴となるシステム内容を紹介する。

キャラメイク

本作では髪型や服装などの各種パーツ交換だけでなく、顔の造形は目鼻の位置や大きさ、体格は身長、太さ手足は個別でさらに変更可能などと言った各種バランスがかなり細部まで設定が可能となっており、ゲーム開始後は後述の『エステ』で改めて変更できる。
また、キャラクターは1アカウント辺り3キャラまで無料登録が可能。4人目以降は500ACで追加可能。キャラクターは1アカウントに最大20キャラまで所持できる。1つのサーバーあたりのキャラクター数に制限はない。
注意すべきは、上記の500ACを支払うのは「キャラクターを追加する権利」なので、500ACを支払って作成したキャラクターでも削除してしまうと、再度作り直すにはまた500ACが必要となる。
なお、1シップ単位で同一アカウントの倉庫は有料無料を問わず共有とされる為、その辺は注意が必要。(後述のクラフトアイテム収集系の各種クライアントオーダーで基本的に倉庫は満杯になりやすい)

PC版のプレイヤーズサイトの一番下にある『体験版』でも製品版と同等のキャラメイク可能となっており、この体験版で造ったキャラクターをゲームでプレイヤーキャラの外見として使用することもできる。
2016年現在はEPISODE4体験版が配信され、過去(EP1後期以降)に収録されていなかったキャラ仕様や機能も追加。さらに同年4月頃配信予定の新たな高画質「設定6」の体験も可能になっている。

シップ

PSO2において10箇所存在するゲームサーバーの通称。それぞれの中でさらにいくつかのブロックに分かれている。

シップが異なると同一アカウントキャラであっても倉庫やアイテム等を共有することは出来ず、逆に同じであれば倉庫は共有。フレンド登録したPC同様に同一アカウントキャラをクエスト時に呼び出すことも可能となる。

基本的にはキャラクターを作成したシップで遊ぶことになるが、ACを消費することで他のシップに移動も可能。
移動には時間制限があり、一度移動した後は一定時間は他のシップに移動できなくなっている。2015年6月現在、負荷軽減のためシップ移動は「申請しておくと、毎週1回の定期メンテナンス(水曜日の昼間)に移動が行われる」という仕組みになっている。このまま永続するのか、機能改善で以前のように好きなときに移動できるように戻るのかは不明。なお、ACは申請しただけでは消費されず、メンテナンスのときに移動と同時に消費されるので、申請後にACを使ってしまいメンテナンス時に移動分が足りなければ移動できないので注意しよう。
また移動されるのはキャラクター(およびその所持品)だけであり、倉庫の中身やマイルームの設定などは維持されない。必要な装備品などは持っている状態で移動の申請を行う必要がある。

人口の大小やで都会だの田舎だのと言うこともあるが、あくまでイメージであることを留意したし。
都会:人口大で活発  田舎:人口小でマッタリ

以下は現状での各シップの傾向である
(※随時現状に合わせての訂正や掲示板での現状報告とそれを受けての訂正をお願いします

  1. フェオ
    現在最も人口が多く、その反面物価も高めで変動も多い。
    ガチ勢が最も多く、世知辛さといいメンツの集めやすさと言い大都会。
    ガチでやる人でメインの鯖で迷ったら1鯖、覚えておくといい。
  2. ウル
    B20を中心に外国人が多い傾向にあり(海外からの接続は規約違反である事もあり問題になっている)VIPPERの拠点でもある。
    一時期B20に行けば別ゲー状態だったが、現在はだいぶおとなしい状況となっている。息抜きに一度いってみたい鯖。
  3. ソーン
    いわゆるガチ勢+ニコ厨が多かった。
    ニコニコ生放送の大手生主が一定数存在し、不特定多数に対して開かれてるというイメージがある。
    またディレクターが在住しているサーバーでもあるせいか、下記にある「エクスキューブ」を稼ぎやすい良緊急クエストが来ることが多いと言われている。
  4. アンスール
    良くも悪くもノリのいい人が多いイメージ。詳しくは単独項「ship4」を参照されたし
    ブロック4に永野護先生主催の「FSSロビー」なんかも存在。昨今は人口が増加傾向にある模様。
  5. ラグズ
    色んな意味でガチ勢が多い。
    NPC集会や各種族達の集会などユーザー間の交流が良くも悪くも活発的に行われている。
    ニコニコ動画に様々な動画を投稿する集団が多い。
    またメジャーな良緊急クエストの代わりに所謂マイナーな緊急クエストが来やすい事も特徴で、それらの緊急クエストが好きな方にもオススメである。
  6. ケン
    人口は少ない方であり、社会人が多いのか課者が多い様子。
    最先端を行くのではなくマイペースで遊ぶ人が多い。
    他に比べ混雑や満員状態になるのが非常に少ない、ゆえに過疎鯖・田舎鯖と揶揄されることも。
    公式によるウェルカムキャンペーンが何度か行われており、それが功を奏したのか2015年春から人口増加の傾向がある。
  7. ギョーフ
    マッタリ勢ガチ勢が混在しており、プレイヤー間での交流が多い。
    キャラ作りに情熱をかけ、PSO2内外やコラボの有無問わず既存のキャラクターを模したり、自分だけの造形に凝っていたりする人が多い傾向にある。良い意味で(?)見抜き鯖と言われるようなことも。
  8. ウィン
    全体的に効率とノンビリの中間プレイヤーが多い
    「全滅鯖」等と謗る輩がいるが、この名称はあくまで過去にあった事案から発端した蔑称であり、このシップの実情とは何の関わりもない。
  9. ハガル
    人口少なめで、基本マッタリだが物価は高め。野良=ソロが多く、逆にパーティはチームや知人同士での固定パーティー率が高いと言われている。
    良くも悪くも日本の田舎状態。6鯖と同じく、とにかく軽い鯖でプレイしたい人におすすめ。
  10. ナウシズ
    バランスよくネタとガチが混ざっているが、ガチ=ソロ、ネタ=PT(ノリがいい野良を含む)の印象が強い
    白チャ(範囲チャット)の使い手が多く、戦闘は煩い賑やかなことが多い。
    そこそこの人口と、どこか垢抜けない雰囲気は正に地方都市。
    一時期ホモネタ(ファッションホモ)が野良やツイッター上で蔓延したため、ホモシズ」「ホモ鯖」という名称がつかわれることがある。
クラスとLV

他作で言うところの職業に相当する基本が6つ、派生が3つの合わせて9種あり、ゲーム途中でもクラスカウンターで自由にクラスを変更できる。(ただしクエスト受注中は不可)
以前は一部の職は開放クエストをこなさないと選択できなかったが、現在は自由に選択できる。但し派生クラス3つ(ファイター・ガンナー・テクター)はキャラクター作成時には選択できない。キャラクター作成後、チュートリアル等が完了すれば即座に変更できる。

クラスはそれぞれ個別にレベルがあり、レベルを上げる事で能力値が上がっていく。
更に各職のレベルが1つ上がるごとに、「スキルポイント(SP)」が1ポイント与えられ、クラスごとにある「スキルツリー」でスキルポイントを消費してスキルを習得することで徐々にクラス独自のスキルが使えるようになっていく。それ以外に、追加でスキルポイントが貰えるクエストもある。

  現状でのLVの上限は LV75

レベルの上限以後はLV1つ分のEXPがたまる度に各種アイテムと交換できるクラスエクスキューブを得られる。

 

また、クラスごとにある「スキルツリー」は課することで複数持つことが出来る。
二つ同時に使用することは出来ないが、能力UPとスキル獲得という極端な振り方のスキルツリーをメイン用とサブ用2枚を使いわける事で、通常の1枚だけより早い段階で多くのスキルを使用したり各種能力値条件を満たすことも出来る。

以下にクラスの大まかな説明を記述する。
オンラインゲームという性質上、ここに記載されていることが常に最先端とは限らないことに注意されたし。

  • ハンター
    HPと打撃力・打撃防御が高い典型的な近接戦闘特化の基本クラス。スキルは大まかに書くと攻撃特化と生存特化に分けられる。攻撃特化は装備の使い分けで新職に劣らぬ多様性豊かな攻撃手段を持ち、生存特化は上手くスキルを振り分けることで不沈艦の完成となる。受ける盾(ドM向け)。攻撃にも防御にも万能の職。迷ったらハンター、覚えておくといい。
  • ファイター
    ハンターの派生クラス。HPはハンターよりやや少なく、打撃力・打撃防御はハンターと同値だが、スキルを上手く活かすことにより近接クラス最高の火力を得ることが出来る。当たらなければどうということはないを地で行くと言っていいかもしれない。専用武器種は全て癖があるものの、マニアックな人気がある。
  • レンジャー
    射撃力と射撃防御が高い、射撃戦闘特化の基本クラス(ミリタリー)、他ゲームでは後方支援=魔法職が担当というイメージが強いが、PSO2ではレンジャーが担当する場面が多い。このクラスは「ウィークバレット」という撃った部位へのダメージ倍率が2.55倍(ダメージ倍率が1.0倍以上になると弱点判定となる)となる弾を発射できるため、対ボスにおいては要と言える。パーティープレイで一人は居て欲しいクラス。
  • ガンナー
    レンジャーの派生クラス。こちらもパラメータではレンジャーとほぼ同値。回避性能は他職を圧倒するため生存性も高いのだが、EP3以降上記の生存特化にしたハンターをサブクラスにすることでどの職も死ににくくなれるため、特出して生存性が高い訳ではない。スキルにより過去作であったチェインシステムを疑似的に再現でき成功時は高い殲滅力を誇る。良くも悪くも操作プレイヤー自身の腕が殲滅力に大きく出やすい。
  • フォース
    法撃力と法撃防御が高いフォトンテクニック(テクニック)特化の基本クラス。テクニックは攻撃範囲に優れ、雑魚戦においての殲滅速度は右に出るものはあんまり居ない。炎、氷、雷テクニックを得手とする。反面HP自体が低く、高難易度からは雑魚からの攻撃でも一撃死することが多い。多対一の戦闘ではかなり気を使う必要が有るが、回避スキルが長い回避時間を持ち、様々な小技を駆使することで最も生存力の高い職ともなりうるが回避直後に隙があり攻撃時間が長いと被弾することも。
  • テクター
    フォースの派生クラス。フォースと違い法撃防御が低いが打撃防御がハンター並に高く、俗に言う「殴魔」を体現した職。こちらは補助、支援を強化出来るスキルを多く持ち、それでいて殴っても強いのが特徴。風、光、闇テクニックを得手とする。万能にして器用貧乏。スキルも支援力を底上げする物が揃っており、レンジャーやバウンサーなどと合わせて使うことで他ゲームでいう「支援特化職」となる。
  • ブレイバー
    抜剣(カタナ)と強弓(バレットボウ)を扱う遠近両用のクラス。カタナは近接~中距離を射程としたPAを保持し、クリティカルが著しく上昇するギア、強力なフィニッシュ攻撃や無敵状態になることが可能なスキルなど、対雑魚戦、ボス戦でも万能。強弓は一部癖が強く使いこなすには相当の慣れがいるが、近接から刀では届かない遠距離へも攻撃が可能。単体火力に優れたPAが揃っており、WBと射撃の火力を上げるレンジャーと組み合わせれば対ボス戦においては無類の攻撃力を発揮する。また、共に通常攻撃の手数を増やすスキルが特徴。
  • バウンサー
    支援も可能な近接・中距離クラスで、打撃と法撃を扱うクラス。打撃武器であるデュアルブレードと法撃武器であるジェットブーツでテクニカルな動きをする。各種テクニックも使用可能。部位破壊可能な部位にダメージが上がるスタンスと相手の弱戦属性で攻撃した際にダメージが上がるスタンスを持ち、様々なアクティブスキルを非常に多く持つ。また後述する、「クラフト」をした武器を利用したスキル構成も可能。
  • サモナー
    タクトを使ってペットを召喚・指揮する、既存クラスと一線を画すクラス。専用装備のタクトは戦闘能力がほぼ無く、ペットをタクトにセットし、ペットを指揮して戦う。基本的にはペットが近距離戦、主人は中~遠距離でペットを支援する。ペットはエッグ(餌)を与えて育成し、「キャンディーボックス」のカスタマイズで武器の特殊能力・潜在能力に相当する能力を得られる要はナビカス。ペットごとにステータスやPA性能、カスタマイズ性が異なっており、主人の立ち回りもそれに伴って変わる。
サブクラス

特定のクライアントオーダーをクリアすることで、2つ目のクラス「サブクラス」をセットできるようになる。
使用できる武器こそメインクラスに対応した物だけだが、サブクラスで取得しているスキルも有効で、サブクラスに指定したクラスは基礎能力値の2割が適応される。(但し、クラススキルの一部はメインクラスに設定した時しか適用されない。スキルの説明文にきちんと注意書きがされているので困ることはないと思われる)
2013年7月17日より一定レベル(この時点ではLV40が最大)以下のサブクラスに10%の経験値が入るようになり、以後バージョンアップに伴い、このサブクラスの最大LVは徐々に引き上げられていっている。

現在の経験値の入るサブクラスの最大LVは55まで。

武器

このゲームではクラス毎に使用可能な武器種が分かれている。持てるのはメインクラスが装着可能な武器のみ(武器カテゴリにて後述)。
レア度により☆1~☆13に別れ、ゲーム内表記では☆7以上がレアとされる。また☆13(以上)はドロップ時にアイテムにオーラのようなエフェクトがかかる。
レア度が上がる程に性能や装備条件の能力値は上がり、後述の強化の成功度は低下する。基本的に難易度においてVH(ベリーハード)で☆10、SH(スーパーハード)ともなると☆10の上位クラス~☆11程度の武器を揃え+10まで強化しないと雑魚相手でもかなりキツイ仕様となっている。
☆10以上は通常売買が不能であり、☆10☆11☆12は、それぞれ同レアリティーの武器と交換で入手できる購入チケットを消費することでプレイヤーショップで購入可能となる。(またアドバンスクエスト等で入手できる交換用アイテムとの交換で手に入る☆10以上の武器も存在する)
現在、最高レアリティーの☆13は取引不可能。

武器には「属性値」「特殊能力」「強化値」がそれぞれ固有に設定されており、これらは全てアイテムラボで強化が可能。
詳細は「アイテムラボ」の項(後述)を参照のこと。

武器カテゴリ

このゲームでは上記の通りクラスごとに装備できる武器が決まっており、また逆に武器ごとに使用可能なクラスが決まっている。(クラス使用可武器や一部保持できるクラスが増えている武器も存在する)

武器がメインクラスに対応していれば装備が可能であり、メインもしくはサブクラスが武器に対応していればフォトンアーツを使用できる。

特性等がアップデートの度に変化する事が多いので、気がついた人は編集お願いします。特にフォトンアーツは1枚1枚の性能が違うため、具体的な説明をお願いします。

  • ガンスラッシュ(銃剣) 全クラス装備可能
    剣形態と銃形態の切り替えが可能で、その多彩な用途からクラスを問わず一本は持っていても損は無い逸品。特に射撃モードの通常攻撃はPP回収効率がよく、射程も案外長いため重宝する。人気フォトンアーツは短い動作で近接打撃攻撃を繰り出す「サーペントエア」、素早い動作から前方への範囲射撃が可能な「アディションバレット」、旋回挙動の制御で強力な多方面攻撃を一方向へ絞り込める打・射一体の「クライゼンシュラーク」など。
  • ソード(大剣) ハンターが装備可能
    高い火力を持ち、チャージすることで強化出来る技も多い。ハンターのギアスキルで強化することにより更に一部フォトンアーツの火力をさらに向上させたり、チャージできるフォトンアーツのチャージ時間を短縮することが出来る。人気フォトンアーツは範囲と火力・スーパーアーマーを備えた「オーバーエンド」、チャージすることで突撃できる「ライドスラッシャー」や「ギルティブレイク」など。
  • ワイヤードランス(自在槍) ハンターが装備可能
    攻撃範囲が広く、扱い辛いが高火力な技も持つ万能性が高い武器。こちらもギアスキルで強化することにより掴み技の火力を向上させられる。人気フォトンアーツは高いDPSと長い無敵時間を誇る「ヘヴンリーフォール」、隙の大きなボスに大ダメージを与えることができる「ホールディングカレント」など。
  • パルチザン(長槍) ハンターが装備可能
    使い勝手が良く、攻撃範囲も広い武器種。これをギアスキルで強化すると攻撃範囲がさらに広がり、非常に広範囲のエネミーを攻撃することが出来る。主要フォトンアーツは非情に優れた単体攻撃「ピークアップスロー」及び強化技「ヴォルグラプター」。前方を広範囲に攻撃する「スピードレイン」など。
  • ナックル(鋼拳) ファイターが装備可能
    対単体攻撃を得意とする。 ファイターのギアスキルで強化すると、攻撃速度がどんどん上昇していく。まっくのうち!まっくのうち!。主要フォトンアーツはまくのうちこと「ペンデュラムロール」、強力な裏拳を一発いれる「バックハンドスマッシュ」など。
  • ダブルセイバー(両剣) ファイターが装備可能
    こちらも汎用性が高いが、回避能力が低いという欠点を持つ。しかしそれを補って余りある火力と手数を持ち、ギアスキルで強化することで小範囲の周囲を攻撃する竜巻(カマイタチ)を発生させることが出来る。主要フォトンアーツは慣れると扱いやすい「デッドリーアーチャー」、周囲の敵を一か所に集めつつ攻撃する「ケイオスライザー」など。
  • ツインダガー(双小剣)ファイターが装備可能
    空中戦特化の武器。ギアスキルも空中で戦闘することにより火力が向上するというもの。移動技もあり、着地を忘れて華麗に戦闘が出来る。またすべての攻撃にジャストガード判定があり、習熟すればすべての攻撃を通常攻撃で受け流すプレイが可能である。ジョインジョイントキィ。主要フォトンアーツは敵に接敵した後に一撃かます「レイジングワルツ」や「シンフォニックドライブ」、扱いやすく中距離範囲攻撃の「ブラッディサラバンド」など。
  • アサルトライフル(長銃) レンジャー、ガンナーが装備可能
    3点バーストのアサルトライフルで、遠く離れた敵に攻撃できる。特徴的な技を多く持つ。ちなみに過去作と違い今作は通常射撃でPPを消費しない。ちゃんと回復する。実際はレンジャーだとウィークバレットを装填していることが多く、PP回復のためにスキルやマグを調整する人も多い。主要フォトンアーツは目の前に強力な範囲攻撃と転倒を付与する「ディフューズシェル」、チャージ中は無防備だが最大まで溜める事で非常に強力な攻撃を放てる「サテライトカノン」「エンドアトラクト」など。
  • ランチャー(大砲) レンジャーが装備可能
    高火力単発射撃、男のロマン。こちらも特徴的な技を多く持つ。超強力な弾頭を発射する技もあれば武器に乗って飛んでいく技、武器で直接殴る技まで揃っている。主要フォトンアーツは前方中距離に少し長めの時間、範囲攻撃ができる「クラスターバレット」、光の弾を発射し敵や地形に着弾させることで大爆発を起こす「コスモスブレイカー」など。
  • ツインマシンガン(双機銃)  ガンナーが装備可能
    癖がかなり強いが、手数で右に出るものは居ない。(詳しい戦い方は公式のガンナーの戦い方を参照)
    ギアスキルは被弾せずに攻撃することで火力が向上する。
    武器アクションの「スタイリッシュロール」等を使えばある程度空中維持も可能で、無敵時間が存在する技もある。
    主要フォトンアーツは高い瞬間火力を誇る「サテラエイム」、空中で定点で攻撃を続けられる「エルダーリベリオン」など。
  • ロッド(長杖) フォースが装備可能
    単純にテクニックの威力を上げる武器種。三種類ある法撃武器の中では一番パラメータの補正値が高い。殴ると割と痛い。癖がなくもっと使いやすい。主要テクニックは肩越し視点でうまくあてると貫通が可能な「フォイエ」、溜めに時間がかかり落ちてくるまでに若干時間差があるが強力な一発を落とせる「イル・フォイエ」など。
    複合テクニックを使用する際はパラメーターの高さが活きてくる。
  • タリス(導具)フォース、テクターが装備可能
    ロッドより威力は劣るが、テクニックの遠隔発動が可能になる武器種。TPS視点で狙いを付けることも可能で、近距離用のテクニックを遠距離で運用するなどの芸当を可能にする。ファンネル!専用スキル「タリステックボーナス」で上手く使えばロッド以上の威力を出すことも可能。主要テクニックは周囲の敵にダメージと凍結を与える「ラバータ」、連続で同じ敵に当て続けると絶大な威力になる「イル・バータ」など。
  • ウォンド(短杖) テクターが装備可能
    こちらは単純にテクニックの威力を上げるだけでなく、ギアスキルを習得すると、法撃爆発と呼ばれる打撃と法撃の同時攻撃が可能。武器打撃力も同レベルのパルチザン並みに高く、敵が密集してるほどダメージが高い。人により使い方が大きく異なり、特に一部のウォンドを持ったテクターは全く別のクラスのような動きになる。主要テクニックは周囲の敵を一箇所にまとめる「ゾンディール」、範囲内のキャラクターがダメージを与えたときそのダメージの20%(スキルなどで上昇可能)を追撃する「ザンバース」など。
  • カタナ(抜剣) ブレイバーが装備可能
    居合いによる素早い攻撃速度を特徴としている。デフォルトでジャストガード、カウンターが出来る点では便利。
    また、専用スキルのカタナコンバットは一定時間、一定範囲へのエネミーへ自動追尾と攻撃速度上昇が付加される他、関連スキルを取ると発動時20秒間無敵や、発動中にスキルを終了すると周囲に大ダメージを与えるものがある。
    主要フォトンアーツはプレイヤーを中心に広範囲のエネミーに素早く範囲攻撃ができる「カンランキキョウ」、癖のある挙動ながら高い威力を持つ突進攻撃「グレンテッセン」など。
  • バレットボウ(強弓) ブレイバーが装備可能
    チャージによる威力増大が特徴。多種多様なフォトンアーツが揃っており、他の武器にできてこの武器で出来ないことは殆ど無い。しかし如何せんPP回復に難がある。主要フォトンアーツは強力な貫通攻撃を遠距離まで放つ「ラストネメシス」、直線上の敵全体を攻撃できる「ペネトレイトアロウ」など。
  • デュアルブレード(飛翔剣) バウンサーが装備可能
    過去作におけるツインセイバー。ギアを習得、溜めることで射撃武器のようにフォトンブレードを発射できるようになる。これがPP回復やギア回復、移動キーを押しながら武器アクションをすることで移動しながら発動、この移動に無敵時間を付けるスキルにより第2の回避コマンドとしても使用出来る等、この武器の特色、要である。PAとしては優秀な広範囲を持つ、「ディスパースシュライク」、PA中では単体に対して威力発揮できる「ケストレルランページ」、「ヘブンリーカイト」など
  • ジェットブーツ(魔装脚) バウンサーが装備可能
    PAにテクニックを織り交ぜたり、武器アクションでコンボ派生したりして戦う。テクニックを乗せることで攻撃属性を上書きすることが出来る。スキルにより攻撃スピードを早く出来、メインバウンサー専用のスキルの一つに法撃依存から打撃依存に変更することが出来るものがある。主要フォトンアーツは使いやすい範囲攻撃と、派生で敵を吸い込みながら攻撃出来る「モーメントゲイル」、上書きした属性を利用して強力な溜め蹴りを放つ「ヴィントジーカー」など。
コスチューム(パーツ)&ユニット

本作では主な外見に関係する「コスチューム」と、防具に相当する「ユニット」が分かれており、ユニットの方は不可視設定にも出来る。

コスチュームは、通常「全身」であるのに対してキャストだけは「ボディ」「アーム」「レッグ」の3つに分かれていてその組み合わせで外観が決定する。ちなみにキャストはその代償として、一部の物を除き、「全身服」の装着はできない。
基本の数種はショップエリアで購入できるが、基本的にACスクラッチの景品となっている。(一部、バッジ等、アイテム交換系ショップで入手可能な物もある。)
海外サーバーでは一部、ステータス値に補正のかかるコスチュームが実装されているようだが、日本国内向けサーバーにおいてはそういったものはなく、コスチュームによりキャラクターの性能が変化することはないし、今後もステータス値に補正のかかるコスチュームの予定はないとのこと。
そのため、一部のネットゲームでありがちな「防具を選ぶときに性能と外見のどちらをとるか悩む」という問題は基本的に発生しない。(ユニットをコーディネートの一部と捉えるのであれば話は別だが)

ユニットは「リア」「アーム」「レッグ」「サブ」の4種に分かれ、それぞれ必要能力値を満たしている物だけが装着可能となっており、最大3種まで装備できる。(装着箇所は「リア」「アーム」「レッグ」の3種類であり、それぞれに対応するユニットを装備することになる。サブは3カ所どこにでも装備できるものの、能力値は同じランクのものに若干劣る)
また、シリーズ毎に「セット効果」という物がアリ、2~3つを同じセットの物でそろえることで、防御力にボーナスが付くこともある。(一部武器も併せて4つでさらに効果が倍増したり、武器とユニットの2つでよいユニットも存在)
同一シリーズのものはユニット自体の外観も相性が良く、基本的に揃えるのが普通。
基本数種がショップエリアで購入できるのは同じだが、こちらはドロップ品として入手が可能。

ユニットの強化に関しては「アイテムラボ」の項(後述)を参照のこと。

クラフトの時限能力インストールにより特定マップのみ有効な能力(経験値、攻撃力など)を付与することができるようになった。

エステ

服装(パーツ)の変更だけで無くキャラクターの外見要素全般の変更が可能。
(服装だけであれば、エステを使わなくてもメニューの装備欄で常時可能)
ゲーム中で入手した各種チケットで登録する新しい髪型パーツやアクセサリ等を使用するにはここで選択する必要がある。
『髪型』『頭部パーツ』『メイク』『アクセサリー』『声』といったおおざっぱな部分は無料で変更できるが、目鼻の位置や大きさといった『容貌の変更』手足のバランスなどの『体型』や『各種カラー』等と言った細部は、500ACで購入できる『エステ券』や特定有料アイテムとの交換でのみ入手できる『カラーチェンジパス』が、それぞれ必要となる。変更後はプレミアム状態であれば1時間の間、再変更が無料で可能なのでチェックを欠かさないようにしよう(カラーチェンジパスはプレミアム状態でも再変更できない)。

またプレイキャラクターの外見変更だけで無く、サポートキャラクターの登録と外見変更もここで行う。サポートキャラクターの外見変更に関してもプレイヤーキャラクターと同じ制限を受けるため、変更部位によってはエステ券が必要になる。

武器迷彩

武器の外見だけを変化させる事が可能なアイテム。
武器カテゴリごとで種類が分かれており、メインメニューのアイテムにあるオプションでセットする。
タイアップ企画で主に活用され、まどマギの「まどかの弓」Fateの「偽・螺旋剣」など各種存在する。

通常の物は季節限定クエストなどのドロップ品などが多いがタイアップ物に関しては主にACスクラッチで入手可能。

武器迷彩をつけておくと同じ武器種で違う武器名の武器に変更したときに変更判定が行われない仕様がある。
また、武器迷彩は1度に1種類しかセットできないため、複数の武器種を運用するのであれば工夫が必要。

 フォトンアーツとフォトンテクニック

武器ごとに設定できる必殺技。基本的には武器パレットで使用する物を設定しておき、ボタン一つで発動させる事が可能。

武器カテゴリそれぞれ使用できるフォトンアーツは異なるが、長杖 短杖 導具のみはフォトンアーツが存在しない。代わりにクラスがフォースかテクターの場合はフォトンテクニックという魔法の様な物をセットして共通して使用可能となっている。フォトンテクニックの場合はサブパレットにも登録することができ、これを用いることで全武器でフォトンテクニックを用いることが可能である。魔装脚はフォトンアーツとテクニックのどちらもセット可能。

フォトンアーツは、武器カテゴリが現在のクラス(メインクラス・サブクラスのどちらか)と一致している必要がある。たとえば、ハンター用の武器である大剣を装備している場合、メインクラス・サブクラスのどちらかがハンターであれば、大剣のフォトンアーツを使用することができる。たとえ全クラス装備可能な大剣を装備していても、メインクラス・サブクラスともにハンターでないときは通常攻撃しか出すことができず、フォトンアーツは扱えない。
(但し、武器そのものにフォトンアーツが付与されているものがあり、それはクラスの制限に関係なく使用できる)
同様に、テクニックも法撃武器を扱うクラス(フォース、テクター、バウンサー)のどれかをメインクラスまたはサブクラスに設定しなければ、たとえ習得していても使用することはできない。

フォトンアーツとフォトンテクニックは共にその習得にはディスクというドロップアイテムを使用するのだが、ディスクにはLVがあり、ディスクに設定された能力値の条件を満たしている場合のみ習得が可能。

クライアントオーダー

基本的にクエスト自体では経験値は得られず、クエスト中のイベント達成の報酬や、エネミーとの戦闘からの経験値だけが経験値を得る手段だがエネミーから得られる経験値も極少なめである。

PSO2においてはそれ以外の経験値入手手段として各NPCから依頼されるクライアントオーダーが存在し、それがクエスト中のPSEバーストと共に主要な経験値獲得手段となっている。

経験値ではなくSPを得られる物やLV等のキャップを外すためのオーダーも存在し、それらを含めて同時に最大20件まで受注可能となっている。(プレミアム利用中は受注上限が40件になり、さらに課アイテムを使用することで最大60件まで受注することができる)

クライアントオーダーには、固定 一回のみ有効な物 期間限定な物 そして日替わりのデイリーオーダーやチーム参加者のみ受注できるチームオーダーと言った物が存在し、それらの内、チームオーダーおよび、マップ開放やレベル制限を解放するクライアントオーダーを除くアイテム収集系の物に関してはサポートパートナーに手伝わせることが可能。

パーティー

プレイヤーキャラは最大4名のパーティーを結成可能だが、プレイヤーキャラ以外のNPCやフレンド登録をした他プレイヤーのキャラ(使用することでFUNを貰える)、同一アカウントかつ同一shipに登録された自身の別キャラをメンバーとする事も可能。

パーティーメンバーになるのはクエスト開始前だけでなく、すでにクエストを開始したパーティーを、クエスト受注時に選択することで、クエスト中の途中参加も可能となっている。

尚、PC同士でパーティーを組むことで最大20%の経験値・アイテムドロップボーナスが付くなど、基本的にパーティーを組んだ方が得をするシステムとなっている。
MMORPGなどでありがちな、パーティーを組むと敵を倒した時の経験値がメンバーに分割されることはなく、全員が本来の経験値+パーティーを組んでいることによるボーナスを取得できるので、経験値面においてパーティーを組むデメリットはない。またアイテムも個別判定であり、ドロップアイテムを自分が拾わなかったからといって他のメンバーが拾えるわけではないので、取り合いになる心配もない。

チーム

各クラスのうち一つでもLVが10になると、他ゲームで言うところのギルドやレギオンに相当する「チーム」を結成することが出来る。

尚、チーム参加はキャラクターごとではなくプレイヤーID単位のため、複数キャラクターを持っていても同一シップでは同じチームに所属することになる。シップを跨ぐことはないため、別のシップに作成したキャラクターであれば(そのシップにある)別のチームに参加することは可能。

チームはチームカウンターで受注できるチームオーダーをチーム構成員が達成することでチームポイントを獲得でき、それによって、チームルームを始めとする各種のチーム要素をチームポイントと引き替えに得ることが可能となる。
得られる要素には、チーム倉庫やチームルームといった他のゲームでも見られる物の他、フォトンツリーなどPSO2独自の物も存在する。

マイルーム

プレイヤーのアカウント毎に与えられるパーソナルエリアで、プレイヤーの所持するルームアイテムを配意することができ、他のプレイヤーキャラを招待できる。
当初はただそれだけで、アイテムによってBGM変更をしたり、プレイヤーショップのコンソールを配置したりができる程度の基本プレミアム特典みたいな物であったが、後にサポートパートナー関連のメニューやクラフト関連のメニューがマイルームコンソールからのみ使用可能という事となり、未課アカウントでミニルームを1部屋、プレミアムにすることで ミニルーム1部屋の他に、マイルームを最大3部屋(初期値は1)を2通り設定し、その3通りの中から1つ選んで使用するという形となる。(切り替えはマイルームコンソールから常時可能)

サポートパートナー

プレイヤーは無料でパートナー呼び出し端末で呼び出し同行させることの出来るサポートパートナーというNPCを登録出来る。前作で言うところのパートナーマシナリーに近いもの。
プレイヤーキャラクター毎に最大3人制作できるが、同一アカウントであっても他のプレイキャラクターのサポートキャラクターの関連メニューは使用できない。

基本的に通常のプレイキャラと同様のキャラクリエイト(ただし身長は低めに抑えられている)で製作し、マイルームの各種コンソールで呼び出して、一部のクライアントオーダーの代行を依頼することで、そのLVは上昇していく。
プレイヤーの手持ちの衣装及び武器やユニットを装備させることは可能だが、能力値は基本変化せず、装備品のレアランクの星の数で多少強化されるに留まる。

尚、サポートパートナーは、ショップエリアのエステショップで課登録することで、最大3名まで増やすことや容姿の変更が可能。

また、ルームアイテムとしてサポートパートナー用のベッドや椅子なども存在している。

アイテムラボ

所有する武器及びユニットの強化を、アイテムおよびメセタを消費して行うことのできる施設。

武器の強化

武器の強化できる項目は、全ての武器にある「属性値」「特殊能力」「強化値」と、一部の武器の「潜在能力」がある。

属性値は同レアリティかつ同カテゴリの装備と合成することで、☆12までは最大50、☆13は最大60まで上げることができる。PSU等の前作と違 い、武器の属性とエネミーの属性によりダメージが減ることはなく、属性値が高ければダメージは上がる仕様なので、現状では強化することにデメリットは無 い。(もちろん弱点属性であれば相応に有利になる)

特殊能力はステータス値の底上げや武器であればBS付与能力がつくもので、特殊能力を 持っている武器を合成することで一定の法則に従って付与することができる。また成功確率が下がるものの、現在ある特殊能力よりも1つ多く特殊能力を付与す ることもできる。俗に「●スロ(スロット)の武器」と言ったら、この特殊能力の数のことである。

強化値は武器ごとに「+0」から「+10」 まで付与されており、レアリティにもよるが+10時点では、+0時のだいたい1.4~2倍の攻撃力になる。強化は1段階ずつ行うが、だいたいLv.5を越 えたあたりから成功率が低くなっていき、同時に失敗すると強化値が1~3下がることが出てくる。
結果的にメセタや強化用アイテムのグラインダー(☆13に限りラムダグラインダーと言う上位アイテム)も大量に必要とすることになり、多くの喜悲劇を生んでいる。

また、これらとは別に、☆7以上の武器の大半には「潜在能力」というものがある。潜在能力は、強化値を+10にし、必要なアイテムを用意した状態でアイテムラボで潜在能力を付与・強化できる。(付与・強化すると強化値は+0に戻る)
潜在能力には「特定カテゴリーの敵へのダメージが上昇する」「特定のスキルを強化する」「特定の天候でエネミーへのダメージを上げる」など様々なものがあり、後述のクラフトと組み合わせることでレアリティが低い武器でも思わぬ性能を発揮することもある。
なお、潜在能力にもレベルがあり、最大Lv.3まであるため、フルに強化するには+10までの強化を合計4回経験することになる。また、武器によっては潜在能力を複数もっており、どちらを解放するか選べるものもある。(複数の潜在能力を同時に解放することはできない)

ユニットの強化

ユニットの強化できる項目は「特殊能力」と「強化値」である。

特殊能力の追加に関しては一部、武器にしかつかない特殊能力(「アルティメットバスター」:アルティメットクエストの敵へのダメージが上昇する 等)がある以外は同じ仕様であり、スロットを増やすほどコストが高くなっていく。

強化値はおおむね武器よりマイルドなので、武器ほど辛い思いをすることはあまりないと思われる。潜在能力解放により+0に戻す必要がないこともあり、余程のことがなければこちらがトラウマになる人は居ないと思われる。(将来的に☆12以上の防具が実装されたらどうなるかわからないけど)

みんなのトラウマ

アイテムラボの利用にはメセタとアイテムが必要だが、強化値を上げるにはグラインダー(☆13以上はラムダグラインダー)が必要であるものの、失敗すると1~3強化値が下がってしまうことがある。
特殊能力に関しても、付与に失敗すれば特殊能力が増えないどころか減ってしまい、結果として性能が劣化することがある。

総じて、全財産をつぎ込んだのに武器やユニットがアイテムラボに行く前より弱くなってしまった等、数々の悲劇が起こっている。
とはいえ、VHやSHともなると最低でも装備品を+10にするぐらい利用が必須となってくるし、XHとなれば……

(詳しくは「ドゥドゥ(PSO2)」の項を参照)

クラフト

「武器」「ユニット」「テクニック」の性能を高レア度相当まで引き上げるいわば改造。
☆数が変わるわけでは無いのでアイテムラボでの強化や特殊能力付与等の難易度は変わらない等のメリットもあるが、最低ダメージ補正や装備条件などの面でのデメリットも存在するという、いわば☆数の多い武器やユニットの無いプレイヤーへの救済ないし、気に入った外見のアイテムをクラフトで強化して使い続ける為のコンテンツである。

使用にはマイルームのコンソール及び家具のクラフトコンソールからメセタを消費して有料で行う。
クラフトには失敗はなく、強化のように失敗でLVが下がるといったことは無いものの、大成功による装備条件の緩和などがあるため、大成功狙いでの同一LVクラフトの繰り返しという点が、アイテムラボでの強化との最大の違い。
クラフトメニューの「解体」によって☆7以上の武器&ユニットから得られる素材とLV11以上のディスクから得られる3種類のPAフラグメントを消費して行ない、クラフト1回に付きLV1づつ強化が可能だが、一度強化するとクラフトによる強化作業に使用したクラフトラインは、冷却の為に一定時間使用不能となる。
(初期ライン数は1ラインしかないが、クラフト技能のLVUPや課によって最大3ラインまで使用可能となる。それとは別に、プレミアムセット(後述)期間中に無条件で使用できる3ライン、キャラクターごとにACを消費して購入できる3ラインがあり、課によって最大で9ラインまで使用できることになる)
「強化数」「特殊能力」「属性値」については元の数値を引き継ぐが装備条件については、改造レベル相当まで増加する。
また、☆7以上の武器(一部除く)に存在する隠し数値である最低ダメージ補正が大きく低下する結果、ダメージに大きいばらつきがでる。(2014年10月8日のアップデートより高レベルのクラフトは多少ばらつきが小さくなった)
一方、ユニットはレアリティに関係なく一定の性能を得ることができ、またセット効果は残るため、多少レアリティが低くてもクラフトすることで有用なものにできる。(但しユニット固有の耐性などは消滅する)

クラフトをし続けることでクラフトレベルの上昇やレシピの解放に必要な実績の解除になる。

現状 武器、ユニット共に☆11までクラフト可能。

なお、クラフトは素材やメセタさえあれば他人へ依頼をかけることも可能なので、利用してみよう。

なお、デイリークラフトというシステムがあり、NPCからクラフトの依頼が来るというシステムである。
素材とメセタはNPCが用意してくれるので、レシピさえ持っていれば達成することが出来、達成すると素材及びメセタが貰える(日替わり)上にクラフトレベルの上昇やレシピの解放に必要な実績にも加算される。

PSO2esのシステム

PSO2esPSO2と連動要素のある別のゲームという位置付けで存在する。

基本的なバトルシステムは、チップというものがあり、そのチップをサブパレットのようにセットして戦う。 移動はフリック操作による回避操作と、タップ操作の攻撃による敵への自動追尾で行う。左右の矢印にタップをするとターゲットを変更できる。画面の空いている箇所をタップすると通常攻撃をすることが出来る。

チップにはPSO2に存在する、フォトンアーツ・テクニック・アイテム・スキル等が基になっていて、下部分にあるチップ一覧のチップをタップすることにより使うことが出来る。現状は、PSO2のスキルであるギアシステム・サブクラスシステム等が存在しない。

チップシステムと同行システム

先ほど上げたように、チップをサブパレットのようにセットをして戦う。5つまでセット可能で、そのうち左端の部分はスペシャルスロットとなっており、ここにチップを入れると他の人が自分のキャラを同行した際にで使われるチップに反映することが出来る。

同行したキャラにより、そのキャラのスペシャルスロットに装備されているチップをが自分にセットしてあるチップとは別の枠で使うことが出来たり、同行したキャラ自体を助けに呼んだ場合、フォトンアーツやテクニックの類のチップがセットされていた場合、通常攻撃を3連発した後にそのチップを発動することが出来る。

連動要素について

PSO2esにはPSO2との連動要素がある。

  • アイテムパックはPSO2PSO2esで共有している
  • プレミアムセットを使うと、緊急クエスト開始1時間前以降に予告通知を受け取ることが出来る
  • ACスクラッチをPSO2esでも引ける(但し、最新のスクラッチのみで、1つ前のは引けない)
  • アイテムパックを共有している為、持っている装備を共有することが出来る
  • PSO2』で装備条件を満たしていない武器・ユニットを装備する事が出来る(その代わり習熟度がある為、クラスレベルが低い場合は制約を受ける)
  • マグにアイテムを与えることが出来る
  • 武器・ユニットを強化出来る(ただし、+10にした時の能力追加アイテムが受け取れない)
  • 経験値を一部共有することが出来る

テストについて

2011年8月18,19,23,26,27日の計5日αテストを実施され、 α2テストは2012年1月27,28日、2月1日、3日の計4日間実施された。

さらに、クローズドβテストが2012年4月19日~30日の間に実施され、プレオープンβテストが、2012年6月15日、16日に実施された。

そしてオープンβテストが6月21日から7月3日に実施され、7月4日の14:00にサービスインをした。

料金システム

基本プレイは無料ではあるが、プレミアムセットが準備されていて、本作はアイテム課が採用されている。
2014年4月1日の消費税法改正にともない、同年4月2日の定期メンテナンス終了後に一部アイテムの価格が改定された。【公式詳細】

  • 30日券:1300AC(1300円) (1日43円相当)
  • 60日券:2300AC(2300円) (1日38円相当) ← 2500AC(2500円) (1日41円相当)
  • 90日券:3300AC(3300円) (1日36円相当) ← 3600AC(3600円) (1日40円相当)
    (プレミアムセットは値下げされているが、「他アイテムが増税により一部値上げしたのでプレイヤーの負担を減らすため」なので間違いではない)

なお、プレミアムセットでの特典で、マイルーム(A&B)の使用、マイショップへの出店などがあるが、これらは単体でも販売されている。
プレミアムセット限定の特典では、

  • プレミアム倉庫利用(400個追加)
  • チーム倉庫利用(役職がコモンメンバー以上、容量はチーム拡張の度合いによる)
  • アイテムトレード機能(未課でもクエスト中に一部の回復アイテムは地面に置くことにより交換可能)
  • プレミアムブロック入場権
  • プレミアムスペース入場権(各ブロックのプレミアム会員専用の入場枠に入れる)
  • FUN付与率上昇
  • クライアントオーダー受諾数UP(20→40)
  • シンボルアート保存可能数UP(10→40)
  • サイクルショップで「★10,★11,★12武器購入パス」「★10,★11ユニット交換パス」を交換できる(交換し消費することで通常は取引不可能なマイショップで★10,★11,★12アイテムが購入できる。出品は出店権があれば可能)
  • エステ利用パス使用後に60分間、再編集が可能
  • 能力強化ドリンクの効果上昇、ドリンク効果の最大効果などを得られる「プレミアムドリンク」の利用
  • クラフトライン3ライン分拡張
  • 1日分のログインボーナスのスタンプが1個増加
  • 緊急クエスト開始の1時間前以降に、PSO2esでロビーに戻ってきたり、入った際に緊急クエストの内容が予告される。

の特典がある。

なお、基本は公式サイトから本体ソフトをDLするが、本体ソフトのインストールCDの他、各種限定アイテム等の特典が付属したスターターセットも店頭で発売されている。

動画や画像の公開について

動画や画像は基本的に公開を許可されている。

http://pso2.jp/players/support/rule/copyright/

しかし、上記URLの著作物利用ガイドラインに従わなければならない。

関連動画

公式動画

PV+プレイ動画                         αテスト公式配信動画

ファンブリーフィング(2011/12/24)

ファンブリーフィングにて公開されたOP

SEGA開発陣が謎の踊ってみた動画公開(困惑)

関連商品

PC版パッケージ (前述の通り、PSO2は無料でできるが、パッケージ版を購入すると各種特典がついてくる)

PSVITA版パッケージ

関連コミュニティ

ファンタシースターシリーズ公式コミュニティ

ファンタシースターオンライン2全般コミュニティ

 

関連項目

  • SEGA
ファンタシースターシリーズ
  • ファンタシースター(初期4部作)
  • ファンタシースターオンライン
  • ファンタシースターユニバース
  • ファンタシースターポータブル
  • ファンタシースターZERO
  • ファンタシースターポータブル2
  • ファンタシースターポータブル2 インフィニティ
  • ファンタシースターノヴァ
ゲーム内用語
  • キャスト(ps)
  • ドルフィヌス
  • ブラオレット
  • PSO2のエネミー一覧
  • 原生種(PSO2)
  • 龍族(PSO2)
  • 機甲種(PSO2)
  • ダーカー
  • ラッピー
  • 採掘基地防衛戦
  • マガツ(PSO2)
キャラクター

pso2のキャラクター一覧を参照

その他
  • PSO2 BROADCASTER EPSODE2 / PSO2放送局(ニコ生公式番組)
  • PSO2アークス候補生!(ニコ生公式企画)/アークス候補生
  • PSO2追加ボイスサンプル
  • 会一太郎
  • 桃井はるこ
  • 榎本温子
  • 踊ってる場合じゃないですよ
  • 8鯖る
  • 容易に高いダメージ
  • 龍波しゅういち
  • ファンタシースターオンライン2 ジ アニメーション(PSO2EP4の前日譚)

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B32
ページ番号: 4527779 リビジョン番号: 2411542
読み:ファンタシースターオンラインツー
初版作成日: 10/12/21 12:19 ◆ 最終更新日: 16/09/30 20:49
編集内容についての説明/コメント: 関連項目に新しい生放送企画の記事を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

ファンタシースターオンライン2について語るスレ

5406 : ななしのよっしん :2017/02/23(木) 16:29:03 ID: GrHDiZwg3K
「フォトンテクニック」っていう聞いたことが無い造語はどっから出てきたんだ?
5407 : ななしのよっしん :2017/02/23(木) 16:51:35 ID: Bt4be4qhgS
完全に旧式武器排除の流れだよなぁ。つかそれやるなら何でオフス武器みたいのを実装したんだよと。
5408 : ななしのよっしん :2017/02/23(木) 17:39:29 ID: ktQy0De4vw
なんかもう本格的に終焉感漂ってきててやばい
アプデばっかり急ぐもんだから出来上がるもんが焼き増しとガバ調整ばっかり
バグやエラー増えてきてるのに破棄ペナルティがそれ考慮しないからこのままだと天罰オンライン待ったなし
方向性も初心者向けクエスト潰して廃人向け突っ込んだ矢先に新人応援とか言い出す迷走っぷり
あと露骨にドロップそのものも絞ってきてる、今の緊急で出るガルグリフォンとかレアブ炊いてもかつての半分も出ない

こうやって愚痴書くと決まって「嫌ならやるな」っていう奴出てくるけどマジでやめてる奴ばっかりなのかブロックもスカスカ、緊急前ですらスカスカ状態でもう言葉もない
5409 : ななしのよっしん :2017/02/23(木) 19:01:22 ID: s9vSczJKQf
>>5408
言葉もないくせによく喋るな
嫌ならやるなってわかってるくせにいつまでこびりついてんの?
愚痴りたいなら豚小屋でも行けばいいし、本気で心配してるなら運営に直接言えばいいじゃん
何もかも中途半端だなお前は
5410 : ななしのよっしん :2017/02/23(木) 19:44:27 ID: Pjxau09yom
能力因子は精々、ベース武器の因子を使うか否かって程度だなぁ。
ファイルは更新早いが、使用武器の更新は頻繁でもないし、その上、
季節系緊急のファイルは、癖有り・特化やらで、かなり好みによる物がメインだし…

>>5408
EP4は後半に、高難易度を用意していく的な事はPE4初期の頃に言っていた。
その事とキャンペーンは結びつけて言ってもしょうがなくね?
破棄ペナルティは理論上、エラーを見分けられないが、それでも導入しろと声が多かったんだろうな。
ドロップ絞ってる説を、今時言う人はアレだが、今更ガルグリを例に出すのか…?
2年前のビーチでお察しだし、今となってはドロに良い代物も…
5411 : ななしのよっしん :2017/02/23(木) 22:04:00 ID: CSHChtZP46
落ちるか抜けるかした時に、その緊急マルチに復帰できる機能と、
その緊急マルチが終了するまでは、他の緊急マルチに参加できない機能がほしい
その緊急マルチへの参加時間によって報酬が変化する機能もな

それはそれとして、敵の即死っぷりを何とかしてくれませんかねぇ
ガルグリもダブルも、ちょっと大きいウーダンみたいなレベルで処理されてしまって悲しい
どいつもこいつも、エネミーのアイデンティティを十分に生かせぬまま即殺されていく様は萎える
5412 : ななしのよっしん :2017/02/25(土) 01:41:27 ID: QIULfP3Y8v
クソザコナメクジがいることを前提に難易度調整してるからな
まともなのが集まればそりゃ即死しますわ

長く戦いたいならエクストラハードブロックでいくといいぞ?
5413 : ななしのよっしん :2017/02/25(土) 03:13:40 ID: CSHChtZP46
ネッキーの時にそれやって地獄を見たわ
しかし、やはり防衛はいいな。塔が1本しか残らないぐらいが最高や

PTブーストの変更が来るみたいだが、なんだこれ・・・?
今までは経験値倍率の乗算ブーストだったはずだが、
経験値&レアドロ倍率の加算ブースト・・・要するにトラブになるのか
野良の経験値倍率は、PTと比較して相対的に上昇するが、
野良のレアドロ倍率は、PTと比較して相対的に下降するな

まさか、経験値&レアドロ倍率の乗算ブーストじゃないよな?こえー
5414 : ななしのよっしん :2017/02/25(土) 12:18:12 ID: vEP8gC+WK2
>長く戦いたいならエクストラハードブロックでいくといいぞ?
あのソロとは違ったカツカツギリギリ感は嫌いじゃない
特に狙ってるもの無かったり周回必要なクエじゃないときにたまに行ってるw
5415 : ななしのよっしん :2017/02/28(火) 11:58:34 ID: IOIUq6ta5C
>>5414
解るわ XHBの絶望とかいい汗掻きに行く場所だ
AISより貢献度稼いでWAVE1位になった時は流石に閉口したが・・・

たまーに同じ魂胆のメンバーが6人くらい集まって肩透かしになることもある
特に終焉では偶にというより寧ろよくある
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015