単語記事: フォード

編集

フォードとは、

  • フォード・モーター(Ford Motor)アメリカの自動車会社である。後述。
  • フォード(Ford)「洗い越し」を意味する英語、地名や苗字などの固有名詞にも使われる。

概要

フォード・モーター (Ford Motor Company) は、自動車王ことヘンリー・フォード一世が1903年6月16日に創業した自動車会社である。本社はアメリカ合衆国ミシガン州ディアボーン。略称はフォモコ(FoMoCo)。アメリカ、ビッグスリーの一角である。

世界で初めて、自動車の組み立て工程にベルトコンベアを導入し流れ作業を行った事で実現した大量生産。それらを含めた大規模マネジメントを取り入れた事で有名である。特に流れ作業は、自動車を大量に早く生産できる高効率の工場設備、士気を高める高給料の工員、尚且つ一台当りの生産コストの低減に大きく貢献し、その生産方式は「フォーディズム」と呼ばれた。

海外展開も早期から積極的である。GMなどとの競争もあり、いち早くイギリス(1911年)、オーストラリア(1926年)、ドイツ(1931年)に進出。現地生産のみならず商品開発や経営戦略もそれぞれ独自に行っている。日本では認知度があまり高くないが。北米とは全く独立した車種構成で性格も異なり、各地で独立したブランドとなって今日に至っている。

近年はOne Fordというコンセプトを掲げ、世界的規模でフォードの商品群やブランドイメージを統一化を図っており、ヨーロッパとアメリカで商品の共有化も行われている。例えば北米向け中型セダンのフュージョンと、欧州向け中型セダン・ワゴンのモンデオは車両からして全く別物であったが、2代目フュージョン(2013年)と5代目モンデオ(2014年)からは名前違いの同一車両となる。日本で例えると、松田聖子とSEIKO(≠時計)のようなものである。またこれに伴い、エコブーストエンジンなどヨーロッパで主流のダウンサイジングターボを、北米でも積極的に展開している。

2016年1月、日本インドネシアから2016年末までに全事業を撤退すると発表した。日本でのフォードおよびリンカーン車の輸入・販売を停止する。

フォード・ジャパン認定中古車の販売が6月末を持って終了。

日本国内の正規ディーラー網は消滅するが、VTホールディングスグループの「ピーシーアイ」が、日本国内におけるフォード車の部品供給・車両保証・リコール対応およびユーザーへのアフターサービス業務を引き継ぎ、同年10月よりフォード事業を開始した。

傘下ブランド(子会社)

  • リンカーン(アメリカ)
  • トロラー(ブラジル)

かつてはジャガー、ランドローバー、アストンマーチン、ボルボ(乗用車)、マツダを保有していたが、博打に明け暮れたサラリーマン兄弟が社会に及ぼした悪影響により、これらのブランドは全て売却された。

ヨーロッパフォード

イギリス(Ford of Britain)とドイツ(Ford Germany)でそれぞれ現地生産を行い、ブランドとして1960年代後半まで独立した物を構築していた。後に1967年、イギリスがドイツに吸収される形で統合、一元化され欧州フォード(Ford of Europe GmbH)が誕生した。

本社はドイツ、ノルトライン=ヴェストファーレン州ケルン。車種構成はマッスルカーやSUV主体の北米フォードに比べ、実質剛健としたコンパクトカーなどハッチバック車が主体。

WRCなどのラリー競技用車輌も欧州フォードが提供している事や。近年のコンパクトカーへの人気が北米でも高まり、フィエスタとフォーカスを北米へ輸出しているなどの理由により。世界各地のフォードの中でも特に注目度は高い。

パトカーとフォード

近代テクノロジーの急速な発展と共に、あらゆる分野に進出した輸送機械「自動車」。

土木、建築、運輸、個人利用などで広く普及したが、自動車を使った犯罪も急増。

新たな社会的脅威を生み出すこととなった。

続発する自動車犯罪に、ニューヨーク市警察はRadio Motor Patrolを新設しこれに対抗した。

通称RMP、パトロールカーの誕生である。

ナレーション:池水通洋

自動車はその黎明期から警察での利用が試みられていたが、本格的に部隊運用が始まったのはアメリカではフォードT型以降となる。車両単価が下がった事で警察も多数の車両を購入できるようになり、警察官の機動力として利用しやすくなった為。またモータリゼーションが本格的に到来すると、自動車の事故や犯罪が増えたので、警察もこれに対処する必要もあった。

こういった経緯から、フォードは世界的に見ても初期から警察へ車両を納入していたメーカーの一つとなる。当初はフォードT型をそのまま納入していたが、これは警察の方もそれで良いと思っており、メーカーとしても何が必要かが良く分からなかったからである。その後、自動車化部隊の運用について実績と検討が積重ねられた事で、無線機を搭載して機動性をより活用できるようにしたり、警光灯やサイレンを搭載して緊急走行時の安全性を高めて行く事になっていく。メーカーとしても警察向けにバッテリーや充電系、ラジエター、サスペンションなどを強化した車両を開発し、限られた予算で最大限の効果を得られるよう努力を積み重ねて行った。

1990年代に、フルサイズセダンのクラウンビクトリアをベースにしたクラウンビクトリア・ポリスインターセプター(CVPI)が発売されると、全米各地の警察機関で瞬く間に広まっていく。全長が5300mmもある後輪駆動車は当時としても時代遅れであり、実際に基礎設計はもっと古かったのだが、警察官にとってはそっちの方が良かったのが人気の理由。パトカーとしてはかなりの台数が出回ったことで部品の調達が容易且つ安価であったこと、古臭い設計が幸いして整備性も良かった事など、維持管理面でも都合が良かったのもある。さらにライバルのシボレー(GM)がカプリスの生産を止めてFFのインパラにベースを切り替えた事で自爆したり、クライスラーもFFのイントレピッドベースにして自爆したという、敵失要因も大きかった。

V8・NAから繰り出されるパワーは十分信頼に足り、燃費は悪いが引き換えにメリットもあったのだ。最盛期にはパトカー市場の7割をCVPIが占めていた。

そのCVPIも2011年に生産中止となり、現在では後継車種としてトーラスベースのポリスインターセプターが販売されている。3.7LのV6・NA又は3.5LのV6・ターボは、パワーでも燃費でもCVPIのV8を凌ぐ。だがFF又はFFベースの4WDであるため、現場からは「こんなの俺の知ってるフォードのパトカーじゃない」「これじゃない感」といった意見もあると言う。

主なモデル

車種の後の文字は生産担当、米はアメリカ製、欧はヨーロッパ製、日はマツダ製、台は福特六和(Ford Lio Ho)製、またそれぞれで全く違う車体の車種も存在する。

  • フィエスタ(FIESTA):欧
  • フォーカス(FOCUS):欧
  • フュージョン(FUSION):米 / 欧 (車体が異なる)
  • マスタング(MUSTANG)米
  • トーラス(TAURUS):米
  • エスケープ(ESCAPE):日(後期モデルは台湾製)
  • エッジ(EDGE):米
  • エクスプローラー(EXPLORER):米
  • フレックス(FLEX):米
  • エクスペディション(EXPEDITION):米
  • レンジャー(RANGER):米
  • トランジット(TRANSIT):欧
  • F-150:米
  • Eシリーズ:米
  • KA:欧
  • C-MAX 欧 / GRAND C-MAX 欧(ドイツのみの販売)
  • モンデオ(MONDEO):欧
  • クーガ(KUGA):欧
  • S-MAX:欧
  • ギャラクシー(GALAXY):欧 / 米 (車体が異なる)

過去の主なモデル

  • モデルT - “T型フォード”史上最初の流れ作業で生産された。
  • GT - フォード100周年企画として誕生した。かつてのGT40を現代に復活。
  • トリノ:米
  • クラウン・ビクトリア、クラウンビクトリア・ポリスインターセプター
  • MAV:台
  • メトロスター(METROSTAR):台
  • ティエラ(TIERRA):台

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

フォードに関するニコニコミュニティを紹介してください。

外部リンク

関連項目

  • 自動車製造会社一覧
  • 自動車
  • アメリカ車
  • アメリカ
  • マツダ
  • コスワース
  • シェルビー
  • サリーン

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%89
ページ番号: 4820098 リビジョン番号: 2443514
読み:フォード
初版作成日: 12/02/08 18:51 ◆ 最終更新日: 16/12/30 23:29
編集内容についての説明/コメント: 冒頭太字、日本から撤退追記、外部リンク追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フォードについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2012/03/11(日) 17:02:16 ID: 2iSC1rleFZ
オーストラリアフォードェ・・・
2 : ななしのよっしん :2012/06/16(土) 01:09:14 ID: 7WJIJoFYzT
かつて、アメリカの中産階級層の形成に大きな貢献をした企業ですな
仕事はきつく辛いとはいえ、1年働けば妻子食わせた上に新車をキャッシュで買えるくらいの貯ができる大盤振る舞いの給与
今でいうならブルーカラーに年700万とか払うようなもんで
3 : ななしのよっしん :2013/02/12(火) 05:34:21 ID: pBXCLSmlQo
>>2
大盤振る舞いだよね
4 : ななしのよっしん :2014/12/12(金) 03:19:19 ID: La0C1TO4lE
>現場からは「こんなの俺の知ってるフォードのパトカーじゃない」「これじゃない感」といった意見もあると言う。
の部分だけど、実際はAWD+V6エコブーストターボパワー炸裂した時の加速と室内もサイズを考えると広く装備がゴタゴタしててもなんとかなってるから保守派も苦笑いだとか………
(コーナリングもクラウンビクトリアとは違い荷重移動をそこまでしなくても曲がる点も見逃せない(逆に曲がらない車を曲げてる、アメリカのおまわりさんスゲーとも言える))
シボレーはホールデン・コモドアベースのカプリスを引っ張ってきたが初期型はコラムシフトじゃなくてフロアシフトとか細かいところやらかして後れをとってる、2015モデルはコラムシフトに変更済
(フロアシフトだと警察用装備をフロアに仕込む際に邪魔になる)
しかし設計はコモドアベースで走りは良くてCVPIよりも室内は広くサイズは小さいから強力なライバルには間違いない
ほぼ古典的なフルサイズFRセダンでエンジンも6L V8(355馬力)と3.6L V6とエンジンもCVPIを一蹴する
ダッジ・チャージャーはFRセダンとしてはカプリスよりも高性能だがコストが高く室内も狭くはないが広くもないために持ち都市警察かハイパト向けになっている模様
ちなみにクラウンビクトリア PIのエンジンはV8 OHCの250馬力で基本設計は70年代まんまです。
(シャシーは改良はそれこそしてるが70年代の設計にはかわりない)
ちなみに2015モデルのポリスインターセプターセダンは
・3.5L V6ターボ 365馬力 AWD・3.7L V6 300馬力 AWD
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
5 : ななしのよっしん :2015/10/07(水) 05:09:19 ID: SyOTl0u3PP
ピで始まる車「私、映画にもなったのに、なかったことにされてるんですが・・・」

ところで、なんとドイツ軍もフォードの車を使ってたんだってね!
6 : ななしのよっしん :2017/01/26(木) 04:19:36 ID: ofeeFDLEG5
最近、欧州フォードと米国フォードを統合して世界戦略車を開発する「ワンワールド戦略」で新型フィエスタとかエコスポーツとか、日本にも合ってる結構良い小型車を作ってたから撤退は非常に残念。
あのへんを宣伝してブランドイメージを根付かせればフランス車並には売れると思うんだよなあ・・・。
やっぱディーラーと宣伝が足りないよなアメ車は・・・。
7 : ななしのよっしん :2017/01/26(木) 04:22:02 ID: ofeeFDLEG5
ワンワールドじゃないやワンフォード
8 : ななしのよっしん :2017/02/14(火) 12:37:55 ID: 2Veb4yHisI
>>5
お尻を掘られると、昇天しちゃうピ〇トちゃんは、黒歴史だから…

  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015