単語記事: フラクタル

編集
曖昧さ回避 フラクタルとは、
  1. 幾何学の概念。以下のフラクタル。この項で解説。
  2. フラクタル(アニメ) - A-1 Pictures制作テレビアニメ。上記が名前の由来。
  3. フラクタル(単位) - ネット映像作品の売上枚数を表す単位。2が名前の由来。

フラクタル (fractale) とは、ブノア・マンデルブロが導入した幾何学の概念である。

概要

三角形のフラクタル簡単に言えば複雑な図形であり、いくら細部を拡大しても複雑さを保つ図形の事である。

特に一部を抜き出すと全体と似た形になる(自己相似性)例がよく知られている(自己相似的だからと言って必ずしフラクタルにならないことに注意)。

フラクタルという概念を導入すると、1.8次元やら2.5次元2.8次元とか言う次元も定義できる。

現実の地形や物の次元を表現したり、再現するために用いられる。

転じて、ゲームなどで地形を自動生成するために使われたりもする。

フラクタル次元

フラクタル図形には、整数でない次元を定義することができる。実際、上図は約1.6次元と考えられる。では、どうやってそのような値が得られるのか。自己相似性を持っているフラクタル図形では、相似により次元を考えることができる(相似次元)。では、相似からどうやって次元を考えるのか。まず、2次元3次元から考えてみることにしよう。

正方形2次元の図形であるが、同じ大きさの正方形4個を2×2の形で並べることによって、元の正方形と相似な図形ができる。立方体3次元の図形であるが、同じ大きさの立方体を8個を2×2×2の形で並べることによって、元の立方体と相似な図形ができる。いずれも1辺の長さは2倍となっている。つまり、正方形は22個並べて2倍拡大、立方体は23個並べて2倍拡大となる。同様に、n倍拡大にするには、正方形はn2個、立方体はn3個並べればよい。つまり、図形をnd個並べて元の図形のn倍拡大にすることができれば、その図形の次元はdとなる。

では上図ではどうなるか。上図は同じ図形3個を正三角形状に並べて相似な図形を作ることができる。そしてその図形は元の図形の2倍拡大である。よって、この図形の次元dは、2d=3を満たす。これを満たすdの値はlog23=log 3/log 2となり、約1.6である。つまり上図は約1.6次元であることがわかる。

1次元より大きく2次元より小さいことを直感的に理解するには、図形の長さと面積を考えてみよう。ここでいう「長さ」とは単に高さや幅などを意味するのではなく、図形を線に切り分け、その長さを合計したものをいう。一般に面積をもつ図形は、数えきれないほど多くの線に分割することができるので、長さは限になる。

上図の長さをL,面積をSとすると、2倍拡大したものは長さが2倍、面積が4倍になる。よって長さは2L,面積は4Sである。一方、これは元の図形を3つ並べたものでもあるので、長さは3L,面積は3Sでもある。よって2L=3L,4S=3Sが成り立つ。よってLとSは有限なら0であるが、限でもこの式は成り立つ。この図形は少なくとも三角形の1辺を含んでいるので長さは0より大きく、外側の三角形に含まれているので面積が有限なのはおわかりだろう。よって、長さは限、面積は0となる。これが1次元2次元の間にあることを意味している。

相似次元を自己相似的でない図形に対しても定義できるよう拡したものの一つにハウスドルフ次元等がある。

Sierpinski carpet 第5次コッホ雪片 Hilbert curve

関連動画

フラクタルにおいてもっとも有名な図形、マンデルブロ集合

ランランルー

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%AB
ページ番号: 704569 リビジョン番号: 1241180
読み:フラクタル
初版作成日: 08/11/10 07:12 ◆ 最終更新日: 11/07/28 20:43
編集内容についての説明/コメント: 微修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


グレイコード

フラクタル

マンデルブロー集合

第13次ドラゴン曲線

Hilbert curve

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フラクタルについて語るスレ

72 : ななしのよっしん :2015/01/26(月) 08:39:57 ID: 4eNr6XpgnH
宇宙フラクタルならヒトの見る間の相似で極小なソレが存在するという考え方だな。
弱点は素粒子に大きさはなく素粒子より大きいものも小さいものもいというところ。
73 : ななしのよっしん :2015/04/01(水) 08:59:02 ID: KwNnmbyL/O
写真を見ている自分の写真を見ている自分の写真を……
と想像するとフラクタル的な感覚
74 : ななしのよっしん :2015/04/03(金) 23:50:17 ID: D7Nlfpb0nL
ビデオカメラを録画モードテレビにつないで、その画面を録画しながら映すと擬似的なフラクタルが味わえるよね
75 : ななしのよっしん :2015/08/20(木) 13:59:18 ID: b8jSPPCiGr
平沢進Amigaフラクタルを音階として出して?曲作ったって言うけど一体どういうことなんだろう
76 : 1 :2015/10/30(金) 12:29:56 ID: RMwdHVcrd/
宇宙フラクタルな入れ子構造
ミクロマクロ
ミクロの中にマクロマクロの中にミクロ
宇宙から人間 素粒子世界まで

限小から限大までただの見方に過ぎない全ては見る度の違いでしかない
77 : ななしのよっしん :2016/01/09(土) 15:03:40 ID: HJQnvtmWk8
マンデルブロー集合についての話になるけど、数学的には、定義が簡単なくせにして、異常に複雑かつ自己相似的な図形が出てくるのが、非常に興味深いんだと思うな。

マンデルブロー集合の定義>
素数の数列{Z_n}が次の漸化式で定義されるとする。

 Z_(n+1) = (Z_n)^2 + c、Z_0 = 0 (cは複素数)

このとき「n→のとき、|Z_n|→」とならないような(つまりnを限大に飛ばした時に、複素面上、Z_nが限遠の彼方に飛んでいってしまわない)、全ての複素数cを集めた集合マンデルブロー集合になる。
78 : ななしのよっしん :2016/01/09(土) 15:28:56 ID: Pk7d3ea3gm
コルモゴロフ複雑性という言葉がある。出されるデータの複雑さに対するプログラムコードの複雑さをす言葉だ。
データの複雑さからプログラムコードの複雑さを計算でめるのは不可能であることが明されている。
79 : ななしのよっしん :2016/01/29(金) 09:22:01 ID: LhNFYA/Zl/
グレイコードと呼ばれる符号を元にしたフラクタル。 OEIS:A3188


タイトル:グレイコード
画像をクリックして再生!!
Twitterで紹介する

80 : ななしのよっしん :2016/04/16(土) 02:38:01 ID: ORyWfgJWxl
オルゴンゴーストもこれだよね
81 : ななしのよっしん :2016/05/01(日) 08:26:23 ID: R4EXIXMjAf
??こやつらコピペしてたくさん貼り付けていいものを書いてって大変だとかいってるわけ?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015