単語記事: フラッグ

編集

フラッグ(flag)とは、以下のものを指す名称である。

  1. 「旗」を意味する英語。参照→『フラグ』
  2. 日本の企業「株式会社フラッグ」。
  3. 『鉄のラインバレル』に登場する兵器のこと。
  4. 『機動戦士ガンダム00』に登場するMS(モビルスーツ)。本稿ではこちらについて解説する。

概要

正式名称は「ユニオンフラッグ」であり、型式番号はSVMS-01。SVMSはSolresived Viliable Mobile Suitの意。
リアルドの後継機として正式採用されたMSであり、換装作業を行わなくとも自力での変形が可能となっている。ただし、失速の恐れがある等の理由から、空中での変形は想定していない。もっとも、空中変形は『想定していない』というだけであって、パイロットの力量によっては可能であり、この技は初の成功者であるグラハム・エーカーの名前から「グラハム・スペシャル」と呼ばれる。ちなみに命名者はビリー・カタギリ。
その適応性の高さから、後述のように多くの派生機体が生まれることとなる。ただしフラッグ自体はMSWADを始めとする精鋭部隊に優先的に配備されたため、生産数は少ない。また、疑似太陽炉搭載機が一般化したことにより生産が終了したため、TV第2期以降、カタロンは言うに及ばず、連邦軍においても希少な機体となっている。

パイロットはグラハム・エーカー、ハワード・メイスン、ダリル・ダッジ等。なお、最新鋭機である本機のパイロットである彼らは、畏敬の念を込めて『フラッグファイター』とも渾名される(現実においてF-15のパイロットが『イーグルドライバー』と呼ばれるのに近い)。

武装

  • リニアライフル
    弾丸を電磁で高速射出する火器。口径120mm。
    命中率の高い連射と破壊の高い単射の2つのモードに切り替えられる。また、巡航形態では機首部分を構成する。
  • ソニックブレイド(プラズマソード)
    両腕内に1本ずつ格納されている近接格闘用のアサルトナイフ。刃を高周波振動させることで切断力を上げている。 また、ビームサーベル開発の副産物として生まれた技術を利用し、刀身から発生したプラズマを剣状にして切り裂くプラズマソードとしても使用可能で、ごく短時間であればGNビームサーベルと切り結ぶことも可能。
  • 20mm機銃
    コクピット付近に装備された固定武器。ミサイル迎撃や対人戦闘などに使用される。
  • ミサイル
    脚部に格納される内装式や主翼付近や両脚部間に装備する外装式が存在する。
  • ディフェンスロッド
    フラッグやイナクトといった、大重量の追加装甲を装備できない飛行型MSに装備される防御用装備。回転させ、適切な角度で弾を跳弾させると同時にプラズマフィールドを展開することで機体を守る仕組みになっている。

派生機

SVMS-01E グラハム専用ユニオンフラッグカスタム(カスタムフラッグ)

ガンダムの機動性に対抗するために、フラッグの設計者であるレイフ・エイフマンが自ら強化改造を行い、たった1週間で完成させたグラハム専用の機体。
背部のフライトユニットを大型高出力タイプに変更し、装甲や燃料をギリギリまで削ることで大幅に機動性が上がっているが、その分素のフラッグに比べて脆くなっている。一応機体全身には黒い対ビームコーティング塗装が施されてはいるが、気休め程度のものである。
エンジンのリミッターを解除することで、一般機と比べて2倍以上の速度を出すことができるが、その間パイロットには最大12Gもの負荷がかかる。

パイロットはグラハム・エーカー。左利きである彼の適性に合わせて、主武装は左腕で保持するように設定されている(これは後のグラハム搭乗機全てにおいて共通)。

武装

  • XLR-04
    アイリス社製の試作リニアライフル。左右のフォアグリップと2連式のストックが特徴。従来のリニアライフルを強化したようなもので、単射モード時にはエクシアを吹き飛ばすほどの威力を持つ。
    このリニアライフルは後述のトライデントストライカーに更新されるが、同一デザインの後継型として、"MLR-04 クロスファイア"が存在する。こちらは宇宙用のオービットパッケージ用の装備となっている。
  • トライデントストライカー
    XLR-04の制式仕様版。トライデントの名の通り、60mmの連射式砲口が2門、200mmの単射式砲口が1門の計3門の砲口を持つ。
    グラハムの使用する物は隊長機識別用に銃身上面のカバーが青く塗装されている。 

SVMS-10O オーバーフラッグ

グラハム専用ユニオンフラッグカスタムを量産した機体。14機製造され、第8独立航空戦術飛行隊「オーバーフラッグス」に配備された。
グラハム機とほぼ同一仕様の機体だが、の相違は以下の通り。

  • パイロットの安全面を考慮し、リミッターを解除できない。
  • 主兵装であるトライデントストライカーの冷却ジェルカバーが白く塗装されている。
  • グラハム機では搭乗者の適性に合わせて左腕にライフル、右腕にディフェンスロッドの構成だが、こちらは通常のフラッグと同様の構成となる。

パイロットはハワード・メイスン、ダリル・ダッジ、ジョシュア・エドワーズ等。

SVMS-01X グラハム専用ユニオンフラッグカスタムⅡ(GNフラッグ)

グラハム機にGN-XのGNドライヴを搭載した機体。『ガンダムをフラッグで倒す』という誓いを立てたグラハムの希望により開発された。
GNドライヴによる高機動性と格闘戦能力を得たが、急造品であることや無理やりGNドライヴを取り付けたことで機体のバランスが大きく損なわれている。また、唯一の武装であるGNビームサーベルを使用するためには背部のGNドライヴを左肩に接続し、ケーブルによってドライヴとサーベルを直結する必要がある。

パイロットはグラハム・エーカー。

武装 

  • GNビームサーベル
    スローネアインから鹵獲したもの。使用時には左肩に移動されたGNドライヴとケーブルで直結される。
  • ディフェンスロッド
    両脚部に1基ずつ装備される。防御用というよりは姿勢制御用のスラスターとして使用される。

SVMS-01AW ユニオンフラッグ オービットパッケージ アストロワーク仕様

宇宙用フラッグ(通称オービットフラッグ)の中でも、コロニー作業仕様のモデル。別名アストロワークフラッグ。
腕部を作業用マニピュレーターに換装している他、脚部は宇宙空間での作業用の大型クローアームとなっている。このクローアームにはリニアスピアを装備するほか、他にも射撃武装を備えているため、ある程度の戦闘も可能。

武装

  • MLR-04 クロスファイア
    グラハム専用ユニオンフラッグカスタムに装備されたリニアライフルの制式仕様。
    戦闘の他、物資輸送用のマスドライバーとしても用いられる。
  • 内蔵型リニアキャノン
    胸部に2門装備。口径60mmであり、キャノンと名乗ってはいるが威力自体はリニアライフルに劣る。
  • ソニックブレイド
    通常のフラッグと同様の装備。
  • 脚部クローアーム
    物資搬送用の装備ではあるが、リニアスピアを装備するため戦闘にも利用可能。

SVMS-01AP ユニオンフラッグ オービットパッケージ コロニーガード仕様

アストロワークフラッグをベースに火力を強化したモデル。別名コロニーガードフラッグ。
主にアステロイドベルトでの哨戒を目的として開発されており、アストロワーク仕様と比較して重武装化が著しく、リニアキャノンとロケットランチャーポッドを追加装備する。

CBNGN-003 ユニオンフラッグ ソレスタルビーイング仕様

アストロワークフラッグをベースに、ソレスタルビーイングが独自に改修を施したモデル。劇場版にS仕様(刹那用)の機体が登場。
ガンダムによる大規模な紛争介入を控えたソレスタルビーイングが、宇宙での小規模な紛争への介入のために開発した機体。GNコンデンサーを備え、ビーム兵器の使用が可能となっている。
通常型と比較して性能は強化されているものの、太陽炉搭載機に対して性能上の不利は否めず、基本的な戦術は粒子撹乱を行ったうえでの奇襲が主となる。

武装

  • GNソードII改
    ダブルオーガンダムのGNソードIIを太陽炉非搭載機である本機においても使用可能にしたもの。GN粒子自体はソード搭載のGNコンデンサーから供給される。
    リニアライフルに代えて装備されるものであり、巡航形態においては機首を構成する。

GNX-U02X マスラオ

サキガケを超える機体として、ダリルの形見であるオーバーフラッグを母体として開発された機体。開発データはGNフラッグのものも使用されている。
サキガケと同様の鎧武者風の装甲とユニオンのマークを模したGNコンデンサー接続機が特徴。
GNドライヴが2基搭載されており、圧倒的な機動性と二刀流による格闘戦を持ち味とする他、レイフ・エイフマンの資料を元にビリーが開発させたトランザムシステムを搭載している。

パイロットはミスター・ブシドー。

武装

  • GNビームサーベル
    左右のサイドバインダーに1本ずつ装備されている。サキガケの物と同じように、日本刀のような形のビームを形成するがより高出力。長さがそれぞれ異なっており、GNロングビームサーベルには「ハワード」、GNショートビームサーベルには「ダリル」の名が刻まれている。
  • ビームチャクラム
    頭部のクラビカルアンテナにGN粒子を集め、リング状にしてから放つ試作兵器。劇中未使用。
  • レーザー機銃
    頭部に2門内蔵された火器。GN粒子を使用せずに高指向性のレーザーを発射する。
  • GNバルカン
    胸部に2門内蔵された火器。主に牽制用だと思われる。
  • GNフィールド
    両肩と肘にあるGNフィールド発生装置からGNフィールドを発生させる他、粒子を噴出させることで姿勢制御を行うためのバーニアとしても使用される。

GNX-Y901TW スサノオ

マスラオをさらに発展させた機体。カラーリングが赤と黒からカスタムフラッグ本来の白と黒に戻されている。
頭部クラビカルアンテナの大型化による粒子制御能力上昇、GNコンデンサーの増設による稼働時間の増加など、基本スペックが増加している他、トライパニッシャーのような射撃武装が追加されている。これはブシドーの意思によるものではなく、次期主力機としてのテスト用に装備されたもので、後にブレイヴへと引き継がれることになる。

パイロットはミスター・ブシドー。

武装

  • 強化サーベル
    フラッグに搭載されていたソニックブレイドと同じように、実体剣+ビームサーベルといったコンセプトで制作されたコンビネーションソード。GN粒子をまとわせることでビームサーベルとして使用できる。なおビーム発生機はマスラオの2本のビームサーベルの物をそのまま移植している。
    長刀の「シラヌイ」、短刀の「ウンリュウ」の2本で構成されており、連結することで「ソウテン」として使用できる。またその際には後頭部のケーブルが左肩に接続され、GN粒子を直接供給するというGNフラッグの設計を受け継いでいる。
  • トライパニッシャー
    両肩と胸部の装甲を展開し、そこに増設された3つの砲口から中心に粒子を収束、圧縮して放つという試作兵器。
    この機体の場合、セラヴィーのハイパーバーストモード時のような巨大な光球を放つ。
  • ガントレット
    「ソウテン」使用時にケーブルから送られる膨大な粒子による左腕の破損を防ぐために採用された装備。
    単に防御用の籠手としても使用される。
  • GNクロー 
    サイドバインダーの先端部分を武装化したもの。直接GNドライヴから粒子を供給する
    展開して敵機を挟んだり、そのまま突き刺したたりと用途は多い。

GNX-Y903VS ブレイヴ一般用試験機

→ブレイヴ

GNX-Y903VW ブレイヴ指揮官用試験機

→ブレイヴ

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

フラッグに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

  • 機動戦士ガンダム00
  • グラハム・エーカー
  • ガンダムシリーズのMS・MAの一覧

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B0
ページ番号: 5046597 リビジョン番号: 1756924
読み:フラッグ
初版作成日: 13/02/21 01:23 ◆ 最終更新日: 13/02/28 00:46
編集内容についての説明/コメント: 宇宙用を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フラッグについて語るスレ

27 : ななしのよっしん :2014/07/21(月) 17:23:24 ID: p1QNS1LLcG
ゼクスが悶絶したトールギスを練習したフシもないのに無造作に乗ってたトレーズ閣下は異常
多分、カスタムも無造作かつエレガントに乗りこなすはず

閣下は歴代の中でも異常性が突き抜けてる
28 : ななしのよっしん :2014/08/17(日) 17:46:24 ID: uxVDPRlzZU
幽閉されてるはずなのにこっそりエピオン開発してたり、五人のパイロットの生体データ入手してたりするしな
29 : ななしのよっしん :2014/10/20(月) 19:57:22 ID: WJh/QGfju9
>>24
ジンクスは機体色がナノマシン塗装になってて色を変えられるとか何とか

トライデントストライカーがクウガタイタンフォームの剣に見えるのは俺だけじゃないはず
30 : ななしのよっしん :2015/02/17(火) 14:28:19 ID: slVpfJw+AW
死亡フラッグ(小声)
31 : ななしのよっしん :2015/02/26(木) 17:17:54 ID: rK+nJ630hX
スサノオの剣の名前がシラヌイとウンリュウってもしかして相撲の不知火型と雲龍型からとったのか?
32 : ななしのよっしん :2015/03/28(土) 00:23:36 ID: qVfpHcbsaI
プラモの説明文だとカスタムフラッグはビームコーティングしてるから真っ黒な機体色って設定なのにデュナメスのピストル一発で落ちてルのは何故なのだらうか
33 : ななしのよっしん :2015/04/09(木) 23:35:30 ID: IMyG/Bq3jr
>>32
確かそれも気休め程度のものだったんじゃなかったっけ
と思ったら記事に書いてあった。
34 : ななしのよっしん :2015/04/10(金) 02:03:46 ID: dZqPwOjCu6
ていうか記事間違ってるな
黒いのはカーボンの色で塗装を軽量化の為してないからそのまんまの色ってだけ
対ビームコーティングは透明
35 : ななしのよっしん :2016/02/28(日) 16:10:42 ID: ZPRfY7asNU
最初は、なんだこのMS、手足細すぎて簡単に折れそう…とか思ってたけど本編での活躍見てダブルオーで一番好きな機体になった
36 : ななしのよっしん :2016/11/14(月) 23:46:45 ID: hCo52jKVqT
マスラオからスサノオに乗り換える必要なかったと今でも思う
亡き部下の名前を付けた武器という感動もののエピソードがいろいろ台無しになっちゃってるし登場時期も短すぎて違いがあんまりわからない
せめてOOガンダム→ライザー的な強化パーツならわかるが…
ほんとにどうして乗り換えたんだ?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015