編集  

フランクリン・ルーズベルト単語

フランクリンルーズベルト

フランクリン・ルーズベルト1882~1945)とは、アメリカ合衆国の第32大統領である。アメリカ民主党出身。正式な名前はフランクリン・デラノ・ルーズベルトローズベルト、ローズヴェルトとも表記)。第26代大統領であるセオドアルーズベルトは従兄に当たる。

概要

世界恐慌、第二次世界大戦当時の合衆大統領。二十世紀前半の世界史における中心人物の一である。彼のニューディール政策は自経済を恐慌のどん底から復活させたと米国内では高評価されている。ラジオを通じ民とのコミュニケーションを重視し、歴代アメリカ合衆国大統領ランキングでの人気投票では毎回ほぼ上位5傑に入る等、現在も同民からの支持は根強い。

その一方、ソ連書記スターリンに対する容共的な外交を行い、その侵略行為を黙認したことには批判される。中華民国(当時)に対しては日中戦争の際に蒋介石を強く支持し大な支援の行い媚中と言われた。

アメリカ大統領史上、一四連続による当選を成し遂げた大統領である。初代ジョージワシントンが三選までを固辞した故事から大統領は二選までというのがそれまでの慣例だったが、戦時・有事を理由とし40年、44年の大統領選に立補し当選。後に憲法正(第22条)、正式に大統領は2期までと定められた為以降はこの経歴に並ぶ大統領は現れないと思われる。

彼の内政によるアメリカ経済の回復は同時に、第二次世界大戦戦前までの間、デトロイトの大工業地帯を枢軸国に対する「民主主義兵器」に発展させる。これは戦後、同際的な覇権を握る原動となる。彼の平和に対する際組織の展望は死後、国際連合として実現した。

彼の評価は義の違いで大きく分かれる。自由義(リベラル)から見ればニューディール政策をはじめとするケインズ福祉国家的政策は「恐慌対策を具体化した」として評価され、「本格的な貧困層対策に取り組んだ」大統領として評価される。それまで南部アメリカの一政党という雰囲気が強かった民主党に「世界恐慌により犠牲となった貧困層救済」という新たな標を示し、これらの支持基盤を合わせる事によって「ニューディール連合」と呼ばれる巨大な民主党支持基盤を形成、その後数十年に渡る議会における民主党下をした。保守内でも、ロナルド・レーガンは、彼のを賞賛している。一方、小さな政府を唱えていた保守ニューディールにきわめて辛辣な評価をし、党のニューディール連合を崩すことで80年代以降の共和党の勢拡大が成功されたといえる。ニューディール政策については、現在でも経済学者の間でその評価は分かれている。

大戦中、日系人にだけ強制収容を実地した事や、任期内で行ったアフリカアメリカ人(人)の公民運動事実上の妨行為等、人種差別視点から行われた政策は、他の功績を差し引いても大きな批判をされただけではなく、同における人種差別問題解決を遅らせる要因となった。このアメリカ民主党政権としての「貧困層」と「人種イノリティ」という別々の経緯による同社会における弱者達への矛盾に満ちた態度の解決は、60年代のジョン・F・ケネディリンドン・B・ジョンソンの政権まで持ち越される事となった。

車椅子大統領

アメリカ史上一の重度の身体障を持つ大統領でもある。

1921年、ポリオを患う。その後遺症により、ほぼ下半身全体が麻痺し以降車椅子に乗っていた。(ギラン・バレー症候群説有り)。病後車椅子の姿をマスコミに映されるのを非常に嫌い、来訪先の会見等では植木、立ち木のカモフラージュ的の配置などを自ら徹底的に示をした。また、当時のマスコミも察したのか積極的に報道せず、TV時代の現代ではまず有りえない話だが、彼が車椅子が必要な障者だということは民はほぼ知らなかった。実際、彼の車椅子姿の写真は2枚のみの残存である。

2001年アメリカの身体障者協会の運動により、首都ワシントン車椅子姿のルーズベルトの像が立てられた。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88
ページ番号: 5044736 リビジョン番号: 2389286
読み:フランクリンルーズベルト
初版作成日: 13/02/17 12:02 ◆ 最終更新日: 16/07/31 13:33
編集内容についての説明/コメント: 記事作成乙です。「関連項目」に「民主党(アメリカ)」を追加しました。記事冒頭の「フランクリン・ルーズベルト」を太字化しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フランクリン・ルーズベルトについて語るスレ

107 : ななしのよっしん :2018/02/16(金) 15:52:26 ID: YZVbo0eqp1
架空戦記での悪役ナンバーワンのやべーおっさん
108 : ななしのよっしん :2018/03/08(木) 20:08:05 ID: NgvOpvEGxl
無能って言うのは有り得ないと思うなあ。むしろ、政治家はかくあるべし。ってレベル有能な畜生だと思う。
あと、かれると即座に「日本が~」が来るのはこの手の話の宿命だね(笑)


とりあえす、>>64
>なるほど日本上層部はルーズベルト一人に手も足も出なかったアホだと

と言うのが正解過ぎる。実際には、ルーズベルト1人じゃいけど、政治家レベルで見れば日本上層部は当時のアメリカに手も足も出ないアホいだったと思う。
なにせ、「政治など商売」って言い切っていた、軍官僚の東條英機首相にならざるを得ないぐらい政治が死んでたんだし。
109 : ななしのよっしん :2018/03/08(木) 20:45:13 ID: 5iFmSn+6SM
軍官僚が野党政治家と組んで「政治軍事に介入するのは憲法違反」とかわめいてたわけだからね
日本1930年代のうちにとっくに国家意思としては死んでいて、対戦は死体の腐敗現にすぎない
110 : 名無し募集中。。。 :2018/03/12(月) 20:04:25 ID: 8XuwKVTw4e
現代の世界からするとルーズベルトがなぜそこまで日本を嫌悪し、中露を贔屓したのか分からない。
111 : ななしのよっしん :2018/03/25(日) 00:12:53 ID: 1bwmMRxDFP
現代日本大日本帝国を同じと思わんほうが良いぞ
名実共に全く別の
112 : ななしのよっしん :2018/03/25(日) 00:25:57 ID: feWRFIIV8k
>>110
ルーズベルトが大統領になる数十年前から排日運動とか行われてるんだよなぁ
当時は日系移民が結構流入して反日感情も生まれてるし
113 : ななしのよっしん :2018/04/30(月) 21:36:13 ID: m8lYiLgZEF
グローバリズム資本主義世界に広め帝国義に終わりを告げた20世紀最大の偉人だろ
114 : ななしのよっしん :2018/05/01(火) 10:50:33 ID: XTHZEFuHcI
>>110
>なぜそこまで日本を嫌悪し、中露を贔屓したのか分からない。
・遠交近攻の原則
・当時中国が列強(日本含む)みんなの最後のフロンティアであった
日本がその最後のフロンティアろうとしていた
ハリマン協定以来、アメリカから見て日本アメリカ大陸利権から締め出そうとしていた
移民問題(勘違いしてる人が居るがアジア移民制限。排日移民法は単なる日本レッテル張り
共和党との政策差異打ち出し(民主党共和党親日反中反共傾向)

この辺りの当時の環境を加味すると大抵説明が付くけどな
115 : ななしのよっしん :2018/05/22(火) 11:30:59 ID: qgeSltDGIN
アメリカでは英雄日本では悪魔
それ以上でも以下でもない
116 : ななしのよっしん :2018/07/16(月) 05:07:47 ID: 4XD/SIS13V
容共義者かつ大きな政府論者とういアメリカらしからぬ大統領やけど、ヨーロッパへ干渉できないという現実を極東の官・軍・民と総無能国家を利用して覆し欧州を救った実績は評価できる
アメリカの参戦がなかったと仮定してあの時代の英国ドイツは倒せないし同様にドイツソ連にぶっ潰され欧州ブリテンアイルランド除き全に化されてただろうしドイツを打倒したスターリンが次にアジアを向けるのは想像に難くない、当然中国日本が協したところで欧州全制覇後のソ連太刀打ちできるはずものく下手したらインドまでに染まっちゃう可性すらある
仮にドイツ戦後あたりで流石に他の大統領(共和党?)がヤバいと感じてもすでに労農陸軍はもう手遅れなほど拡大してるやろしまともな未来は見れなさそうやし
まあなんだかんだ日本人線で見ても邪悪とまで言われるのは違和感ある
かこいつがあそこで死んでなかったら原爆は落ちてたんだろうか、仮に出し渋ったとしても逆に本土決戦突入して死者は増えてるだろうし恨むべきは左右共にこいつらよりあそこまで降伏を遅らせた当時の日本政府やと思
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829