編集  

フルメタル・パニック!単語

フルメタルパニック

フルメタル・パニック!とは、著:賀東招二イラスト四季童子発行:富士見ファンタジア文庫角川書店ライトノベルシリーズ。またはそれを元にしたアニメ(一期)である。略称は『フルメタ』『FMP』。

概要

1990年代末期、史実と異なりソビエト連邦が崩壊しておらず、ソによる東西冷戦が依然として続いている現実世界パラレルワールドを舞台にしたSFアクションコメディ。"ブラックテクノロジー"と呼ばれる異常に高度な科学技術をもたらす特殊な人間"ウィスパード"を巡ると戦いが描かれる。

作品ジャンルは多岐に渡っており、人兵器アーム・スレイブ(AS)が活躍するロボットもの・数多くの兵器が登場するミリタリーもの・作品の根幹設定に関わる部分ではSF戦闘シーンの多さからアクション主人公ヒロインが織り成す学園ラブコメディと様々。作者によれば「強いて言えば冒険活劇もの・B級アクション映画でも観るつもりでお楽しみください」(一巻あとがき)とのこと。

原作小説ミリタリーアクションシリアスメインストーリーが展開される「長編」全10作/12巻、長編のサイドストーリーを描く「サイドアームズ(特別短編集)」2巻、打って変わって"戦争ボケ"の主人公と意地っりなヒロインが繰り広げる学園コメディの「短編」全9巻の三部構成で刊行されている(短編集にも一部長編のサイドストーリー的短編が収録されている)。「長編」「短編」シリーズについては完結したが、アニメ第四期の制作に合わせて新作の刊行予定が発表されている。

原作者・賀東招ニのこだわりにより、ASの構造や操縦システム等は細かく作り込まれており、これらの機体やその武装の開発メーカーとしてボフォースオート・メラーララインメタルIMIなど、実在する軍需産業の名も多く登場する。『機動警察パトレイバー』のレイバーや『装甲騎兵ボトムズ』のアーマードトルーパー、『ガサラキ』のタクティカル・アーマー(TA)・フェイク等の人兵器に通じる描写と設定が有る。

2011年には長編シリーズ完結後の十数年後を描くスピンアウトシリーズフルメタル・パニック!アナザー」(賀東氏は原案、執筆はメキシコ人、ホセオークロ又はホセサントス尚人氏)の開始(2011/8/20発売)が発表。第一巻は発売後、富士見ファンタジア文庫レコードを塗り替える速度で重版される人気となっている。こちらは2016年完結

TRPGスパロボフィギュアプラモデル等の展開については公式サイトWikipediaを参照のこと。

2015年10月にはテレビアニメ第四期の制作が発表され、2016年12月にはオーディオドラマ開、2017年11月よりアニメ第一期を再編集したディレクターカット劇場版開(全3作)、テレビアニメ2018年4月より放映が開始される。またゲーム版も同年5月に発売予定。

あらすじ(原作一巻『戦うボーイ・ミーツ・ガール』)

時は20世紀末。いかなる国家にも属さず、世界の十年先を行く装備と凄腕の人材をえ、武介入による平和維持活動を遂行する極秘の軍事組織ミスリル>。

ミスリルに所属する精鋭の傭兵相良宗介とその同僚達は、上官であるアンドレイ・カリーニン少佐から東京在住の女子高生千鳥かなめの警護任務を命じられる。少佐によれば、彼女KGBを始めとする各諜報機関拉致される可性があるという。

宗介に課された任務とは、彼女の通う都立高校に転入(潜入)して、日本政府や千鳥かなめ本人にも気付かれぬよう秘密裏に彼女の身辺警護を行う事であった。かなめと同年代であるという特徴を活かし、同僚のクルツ・ウェーバーメリッサマオと共同しながら同級生として彼女の警護にあたる宗介。しかし、幼い頃からゲリラ傭兵として数多の戦場を駆け抜けてきた歴戦の兵士である彼にとって、"平和日本での普通高校生としての日常"は理解の範疇を越えたものだった。爆発物騒ぎ・備品破壊・不法侵入・授業妨……騒動を起こす度にかなめや担任の神楽坂恵里に怒られ、「自業自爆」の悪戦苦闘の日々が続く。

なぜミスリルが、どう見ても女子高生でしかない少女を護衛しなければならないのか疑問に思いながらも、警護任務を続ける宗介達。敵の機関ミスリルの潜水母トゥアハー・デ・ダナンミサイル攻撃で撃破し、護衛任務の終了を告げられた直後、季節外れの修学旅行沖縄へと向かった高校の生徒達を乗せた旅客機が正体不明のテロリストハイジャックされてしまう。
かなめは自覚していなかったが、彼女は"ブラックテクノロジー"と呼ばれる現代の科学準をかにえたオーバーテクノロジーをもたらす特殊なを持つ人間"ウィスパード"だった。犯行グループは、かなめ以外の生徒達をハイジャックした飛行機ごと爆破し、かなめ拉致を偽装しようとしていた。

孤立援の状況下でありながらも、テロリストに一人連れ出されたかなめを救出する為に決死の反撃を開始する宗介。やがて援軍が到着し、形勢は逆転したかに見えたが、そこに宗介の宿敵・ガウルンが"ラムダドライバ"と呼ばれる兵器を搭載したアーム・スレイブを駆って現れる。
通常兵器による攻撃を全く受け付けないラムダドライバの前にミスリル仲間が立たない。宗介達が絶体絶命の窮地に陥ったその時、彼の前にトゥアハー・デ・ダナンから射出されたラムダドライバ搭載アーム・スレイブ"ARX-7 アーバレスト"が姿を現したのだった――

アニメ版

第一期フルメタル・パニック!2002年1月~同年6月
通称無印GONZO制作原作長編の『戦うボーイ・ミーツ・ガール』『疾るワン・ナイト・スタンド』『揺れるイントゥ・ザ・ブルー』三作、原作短編「人はスペシャリスト(放映タイトルパートタイム・ステディ」)」「仔猫のR&R」「エンゲージシックスセブン」とオリジナルエピソードの全24回で放送された。
なお、本来は2001年から放送の予定だったが、米国での9.11事件の発生により、作中のハイジャックシーンを考慮して放送が延期された。
第二期フルメタル・パニック?ふもっふ2003年8月~同年11月
通称ふもっふ京都アニメーション制作原作短編のみをベースに全12回(全17話)で制作された。ASでの戦闘シーンシリアス展開はほぼ存在しない全な学園ラブコメである。
なお、当初のフジテレビの放送では長崎での幼児誘拐殺人事件を受けて一部が放送されず、全11回での放映となっている(再放送以後は全12回に復帰)。
第三期フルメタル・パニック! The Second Raid2005年7月~同年10月
通称TSR』。前作に引き続き京都アニメーション制作原作長編の『終わるデイ・バイ・デイ』がベースだが、原作を補するオリジナルエピソードが追加された構成となっている。
全なギャグ調だった前作とは180度作が異なり、物語軸は<高校>から<ミスリル>へと戻り、<アマルガム>との戦いが描かれるシリアス作品。一部にグロテスクシーンや残虐な描写がある為、R-15定となっている。全13回。
OVAフルメタル・パニック! The Second Raid 特別版OVA2006年5月26日
短編五巻『どうにもならない五里中?』に収録されていた「わりとヒマな戦隊長の一日」を映像化した作品。
第四期フルメタル・パニック! Invisible Victory2018年4月~)
通称『IV』。実に11年振りとなるアニメ化で、制作XEBEC原作長編『つづくオン・マイ・オウン』以降がアニメ化される予定で、脚本・構成は原作賀東招二が担当し、メインキャストどが三期から引き継がれる模様。これに先行して2016年12月には『踊るベリーメリークリスマス』がオーディオドラマ化(2018年現在開終了)された。
なお、当初は2017年期の放送予定だったが製作上の都合から2018年期に放送が延期された。

作品関連用語

主な登場人物

相良宗介   CV関智一 籍:
主人公ミスリル西太平洋戦隊特別対応班(SRT所属(階級:軍曹コールサインウルズ7)。都立高校2年4組所属(ゴミ係)。生徒会会長補佐官・安全保障問題担当。
千鳥かなめ  CV:雪野五月 籍:日本
メインヒロインウィスパード。ミスリルによるコールサインは"エンジェル"。都立高校生徒会副会長。2年4組所属。

ミスリル

テレサ・テスタロッサ  CVゆかな 籍:アメリカ
メインヒロインウィスパード。ミスリル西太平洋戦隊戦隊長(階級:大佐コールサインアンスズ)。潜水艦トゥアハー・デ・ダナン(TDD)の艦長にして設計者。通称は「テッサ」。
リチャードヘンリー・マデューカス  CV西村知道 籍:イギリス
号令係のおじさん西太平洋戦隊所属(階級:中佐)・TDD副長。通称は「公爵(デューク)」。フォークランド紛争にも出征した元英国海軍潜水艦艦長で、ミスリルに入る以前から世界でも屈の実戦経験豊富な潜水艦乗りである。潜水艦乗りのテッサカールを救った過去があり、カール亡き後はテッサ父親代わりのように接している。帽子キャップ)がトレードマーク
アンドレイ・セルゲイヴィッチ・カリーニン  CV大塚明夫 籍:ソ連
西太平洋戦隊・陸戦部隊作戦指揮官(階級:少佐コールサインパース1)。元ソ連軍の特殊部隊スペツナズ)の指揮官だったが、現在では陰謀によりソ連を追われている。飛行機事故で孤児となった宗介の育ての親。専らTDDの発令所から後方指揮官として宗介達の揮を執っているが、生身での戦闘トップクラステッサレナードとの接触後に大きな決断をする。
メリッサマオ  CV根谷美智子 籍:アメリカ
西太平洋戦隊SRT所属(階級:曹長、コールサインウルズ2)。任務中はマオクルツ宗介チームを組み、トリオ揮役を務める。中国系アメリカ人少女時代ストリートギャングの親玉だった。かつては海兵隊に所属していたが諸事情により不名誉除隊。普段は美人が台しの粗暴な言動だが、部隊内でも屈AS乗りであり工学修士号も持つ才色兼備女性。『アナザー』でも登場。
クルツ・ウェーバー  CV三木眞一郎 籍:ドイツ
西太平洋戦隊SRT所属(階級:軍曹コールサインウルズ6)。金髪碧眼の典人の容貌だが中学までは日本に在住しており宗介以上に日本の事情に通じている。普段は美形が台しの俗な言動だが、部隊内でも屈天才的射撃技術を持ち、ある人物からは「宗介ASよりも脅威」と評されるほど。『アナザー』でも登場。
ベルファンガン・クルーゾー  CV小山力也 籍:カナダ
西太平洋戦隊SRT所属(階級:中尉コールサインウルズ1)。ゲイル・マッカランの後任として地中海戦隊から西太平洋戦隊に転任して来た、ウルチームの新リーダーアフリカカナダ人のイスラム教徒で元カナダ陸軍特殊部隊(カナディアSAS)所属。生身・AS搭乗時を問わず格闘術に秀でており、西太平洋戦隊でも屈の実を持つ宗介AS戦で圧倒した。称:ベン。一部ファンからは「ベンゾー」、アニヲタと呼ばれる。屈強な男性という厳つい外見に反し、日本アニメ(特に宮崎アニメ)が大好きなのだが、本人はそれをひた隠しにしている。
ヤン・ジュンギュ  CV佐々木望 籍:韓国
西太平洋戦隊SRT所属(階級:伍長コールサインウルズ9)。影が薄いテレビシリーズ第1弾では出番すら奪われた。元々レーサー志望だったが貧しさから断念。徴兵され、兵士としての意外な才を見出され現在に至る。AS戦闘技術はないため歩兵的な役割に回っていることが多いが、の運転にかけては右に出る者は居ない程の腕前を持つ。なお作中でドライブテクニックを披露する機会は
レイ  CV大原さやか 籍:北朝鮮
情報部所属。宗介と同時にかなめの護衛任務に就いているが、作中前半は実質的に監視のみで直接的に護衛したことはなく、宗介の警心を煽るなどむしろ足を引っるような行動すらしていたが、後半は宗介恭子の窮地を救ったりレーバテインの建造等に一役買うなどの活躍を見せる。変装を得意としており初登場時は太った中年サラリーマンだったが中身は女性である。"レイス"はコードネームであり本名は不明であるが、レモンの推測によると「日本人にとっては爆笑必至の名前」らしい。

アマルガム

ガウル  CV田中正彦 籍:九個
アマルガム所属(コードネームミスタFe)。宗介の宿敵。極めて悪なテロリストであり、世界の要人を30人以上暗殺し、航空機の爆破も最低二度は実行しているが、NATOの対テロ機関にはどその存在を知られていない。九つの籍を持つといわれているが、日本と自称。生身でもAS搭乗時でも人間離れした戦闘としぶとさを持つ。過去に因縁のある宗介には異様な執着心を見せる。愛してるぜぇ、カシム~っ!!」
レナード・テスタロッサ  CV浪川大輔 籍:アメリカ
アマルガム所属(コードネームミスタAg)。テッサ双子で、彼女を上回るを持つウィスパードだが、テッサ宗介とは敵対関係にある。アマルガム側の兵器は多くが彼の手で設計されている。頭だけでなく、生身での戦闘もかなりのもので、レイスを素手で軽々と取り押さえたり、宗介銃撃戦で互に渡り合う程の実を持つ。AS戦の技量も高い。

陣代高校

常盤恭子  CV木村郁絵
2年4組所属。かなめの親友であり宗介かなめの良き理解者。爛漫で舌足らずな喋り方に、とんぼメガネおさげ奢な体かなめとは対照的なルックスだが、とがった性格言動の多い高校生の中ではとりわけ常識人で、時に暴走しがちな同級生たちを諌める場面も多い。
小野寺太郎  CV岡田
2年4組所属。通称は「オノD」(なお同名の称を持つ声優小野大輔小野寺とは別の端役として出演している)。バスケットボール部員でデニス・ロッドマンを染めている。かなめ告白して撃沈したことがあるが、その後は恭子に好意を寄せている模様。『アナザー』では地理教師として登場する。
風間信二  CV能登麻美子
2年4組所属。写真部所属、自衛隊員でかなりの軍事オタクであり、宗介軍事知識のトークで盛り上がる場面も多い。かなめ宅に下着ロボウをしに押し入って宗介に取り押さえられ、瑞樹の醜聞をに受けてかなめに恥ずかしい写真の撮影を頼み「さわやか変態野郎」の称号を得る(その他、学校内で盗撮行為を行っているかの描写も)。運動はからきしなタイプだがオノDとは仲が良い。
 CV田中理恵
2年6組所属。都立高校生徒会書記。古なたたずまいの黒髪ロング少女で、生徒会長秘書的な立ち位置。を慕っている。おっとりとした性格だが時にズレたツッコミを入れて相手を絶句させることも。実家は由緒ある極・美原組。アニメではの側近またはかなめの友人として登場機会が多くなっている。
稲葉瑞樹  CV吉田小百合
2年2組所属。セミロングに小柄ながらメリハリの利いた体形の所謂"トランジスタグラマー"。プライドが高く、嫌いな相手を貶め好きになった男を落とすためにはあくどい手段も惜しまない性格で友人は少ないが、初登場時にの醜聞をでっち上げた相手のかなめとは友人になる。
椿一成  CV福山潤
2年8組所属。空手同好会所属。やや小柄の精悍な容貌の少年殺人拳「大導脈流」の使い手で、一般人ながら生身での戦闘力では宗介に勝るとも劣らない。極度のド近眼のために文字通り"周りが見えず"、度々義が暴走してトラブルを起こすことも。初登場時にかなめに一惚れし、宗介に定期的に果たし状を送りつける。
 CV森川智之
3年1組所属。都立高校生徒会会長オールバックに四メガネ扇子ランがトレードマーク。地域では上の下ランク高校にはふさわしくないレベルの明晰な頭を有し、生徒会長として教師との交渉・学校内の様々な折衝などに絶大な権を振るう。で生計を立て、生徒会の秘密会計を潤沢にし、オンラインゲーム上の店を繁盛させるなど商才もある。宗介とは利関係を越した信頼関係を結んでいる。
神楽坂恵里  CV夏樹リオ
2年4組担任で教科は英語ショートボブで細身ながら大食いクリスチャン正義感が強く、テロリストガウルン)にも敢然と立ち向かった。宗介暴走や自身の恋愛で感情的になることもしばしば。美術教師水星との交際が進んでいる。
大貫善治   CV青野武
用務員。普段はバーコード頭の温厚なおじさんだが、怒らせるとチェーンソーを振り回し実弾すら跳ね除ける悪なバーサーカーに変貌する。アニメでは1度・原作では登場回数わずか2度だがその変っぷりから視聴者に強な印を残した。

その他の登場人物

ナミ  CV茅原実里
東南アジアの辺・ナムサクでAS闘技のチームを営む少女日本人と現地人のハーフかなめと似たエネルギッシュで負けん気の強い性格。並々ならぬアーム・スレイブの知識を有し、AS闘技場で稼ぎ荒した村の復を夢見る。
ミシェルレモン  CV津田健次郎
DGSE(フランス対外保安総局)所属。"ミシェルレモン"は偽名であり本名は不明。フォトグラファーに扮してナムサクに潜入しミスリルアマルガムの情勢を探っていたが宗介達に協することになる。IQ150インテリ。ややナルシスト気味で惚れっぽい性分。

関連人物

大百科に記事のある人物を中心に

コミック版

原作小説版をベースにした長編『揺れるイントゥ・ザ・ブルー』までを描くコミカライズと、一部設定を変更しITB以降を描くコミカライズ原作にはないオリジナルギャグコミックとその同作者によるオリジナルシリアスストーリーが刊行されている。

フルメタル・パニック! 館尾冽
通称「館尾冽(たておれつ)」版。コミックドラゴン2003年5月から、途中でドラゴンエイジに掲載誌を移して2003年5月 - 2005年4月まで連載。原作小説ストーリー序盤からITBまでのエピソードを描く。全9巻。
『いきなり! フルメタル・パニック! 永井
通称「永井裕」版。テイストとしては短篇集や「ふもっふ」に近いと言えるが、よりギャグ方面に特化したオリジナルストーリー。よりキャラの壊れ具合が特化されている。宗介は基本、無表情(汗はかく)。
フルメタル・パニック! SURPLUS 永井
いきなり~が全にギャグ寄りだった中、シリアスオリジナルストーリーを描く作品。オリジナル設定のASOS(オペレーションシステム)やASキャラクターが少し登場する他、本編とは世界情勢周りの設定(に地域での支配勢国家等)が若干異なる。全編ドシリアスかとおもいきや、いきなり~のノリは健在。全1巻。
フルメタル・パニック! Σ 上田
通称「上田」版。角川コミックスドラゴンJr.レーベルからドラゴンコミックスエイレーベルにに移し、月刊ドラゴンエイジにて連載された。ITB以降のストーリーが描かれた。2013年10月号で連載完結
途中に短編のエピソードをはさみつつ、原作小説版からの一部設定変更(ガウルンの部下の双子など)の他は、ほぼ忠実にストーリーを追っていく。コミカルな描写もあるが、頂は原作に即したシリアスストーリー。全19巻。
フルメタル・パニック!0』 カサハラテツロー
月刊ドラゴンエイジで連載が開始された、ストーリーを初めから追いつつも、”鬼才”と称されるカサハラテツロー氏の独特なタッチ視点により描かれる新たなフルメタル・パニック。カサハラ版、またはゼロとも言われる。

関連静画


関連商品




電子書籍についてはライトノベルこちらCOMIC MISSION版の漫画こちらシグマ漫画こちら

ゲーム

外部リンク

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%21
ページ番号: 101292 リビジョン番号: 2572750
読み:フルメタルパニック
初版作成日: 08/05/19 18:41 ◆ 最終更新日: 18/03/24 10:57
編集内容についての説明/コメント: 四期の内容を修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


敵AS

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フルメタル・パニック!について語るスレ

902 : ななしのよっしん :2018/06/27(水) 16:38:10 ID: WCuZEkBwvL
>>899
ゲイツアニメオリジナルキャラなので詳細不明だけど、原作ではアマルガムの幹部が役割を担ってたし実働部隊の揮をしてる以上はテロリスト傭兵かはともかく結構な実や実績はあるんだろう。

ガウルンは活動圏の関係でミスリル上層部を始めとした西洋圏にはあまり知られてないけど、要人暗殺やらテロやら散々やってた悪名高い凄腕傭兵
ついでに言えばチートレナードとの較言及こそなかったけど、実働データを見たかなめの見立てによればアマルガムで一番ラムダドライバを使いこなしてたのもガウルン。
903 : ななしのよっしん :2018/07/18(水) 22:11:54 ID: hWC9Owl0nP
アニメは感情の揺らぎなどの演出が3期にべると恐ろしいほど下手だな、尺がカツカツでもないのに
ナミの死んだ時の宗助の情が伝わらないしレナードが撃たれた時はギャグにしか見えないしかなめがカリーニンに自殺をしようとするのを信じさせる為の自身への暗示もカットされているからカリーニンが間抜けに見えるし、くすくらいの演出はあると思っていたんだが
正直作画よりも全体的に演出がチープであるほうが問題なんだよなあ
2期や3期はとても10年以上前のアニメとは思えないほどクオリティが高かったのにどうしてこうなったんだろう

904 : ななしのよっしん :2018/07/28(土) 07:00:39 ID: nuTnwVj3/a
ふもっふはともかくtsrが良いわねーわ
905 : ななしのよっしん :2018/07/29(日) 18:41:39 ID: nYm6W7gfwG
IVの12話を視てすっっっげー今更に思ったんだけど、カナメソースケのやりとりをの前で見てるカリーニンはどんな心だったんだろう。
過去改変について自分の考える最高の現在では、ソースケ日本におらず兵士ですらないのに、「何、何万、何億死んだって構わない」「兵隊スキルを総動員して」「あたしを抱きしめに来なさい!」とまで言う相手がいることを考えて、決意は揺らがなかったのかな。。。
もちろん、妻や実の子供を救いたい気持ちだってあるだろうけど。
906 : ななしのよっしん :2018/08/01(水) 23:09:36 ID: eAm+SSP/VC
>>904
>tsrが良いわねーわ
いやそのほうがねーわw
907 : ななしのよっしん :2018/08/05(日) 21:15:35 ID: isYWVHOG+4
>>902 ガウルンはやっぱ普通すごいんだな

M9よりM6の方乗りたい あれ5億円ぐらいならお買い得じゃね?
908 : ななしのよっしん :2018/08/06(月) 22:39:31 ID: WCuZEkBwvL
>>907
ついでに言えばレナードがわざわざ新兵器作って使用した「ラムダドライバ場による不可視の弾丸」、アレガウルンは一本でほいほい使ってた辺りレナードにも出や持続時間では劣っても「使いこなす」と言う点では優ってた可性もあると思う。
基本的に必要ない技とはいえ、遮蔽物を透過させて攻撃標にだけダメージを与えるなんてのもガウルンとそれを参考にした宗介しかやってないし。
909 : ななしのよっしん :2018/08/16(木) 03:56:04 ID: QvklTLoTTS
アニメ4期まで視聴後まとめ買いした原作やっと読みきったんだけど・・・
にわかの自分でこれなら初期からのファンはどんだけアニメ待ち遠しかったんだろうか・・・
予算で長編短編余すことなくアニメ化した世界変したいような気持ちだ
910 : ななしのよっしん :2018/08/16(木) 19:04:38 ID: iEfu2cdCYl
アニメしか見てないから物語の後半を知らなかったけど漫画全巻ポチって全部読んでみた
もうどうしようもないくらい面くてここ最近フルメタのことしか考えてない
というか大した後日談とかもなくてあぁこれで本当に終わったんだなっていう虚無感がすごい
まふもっふとか見たら泣くかもしれん
911 : ななしのよっしん :2018/08/26(日) 18:17:09 ID: ERWfUeBZnb
好みは有るだろうけど、4期も良い出来だったな
AS戦闘シーン若干もっさり気味に感じはするけど、よりリアルよりだし、第2世代と第3世代の機動性の差を感じられてこれはこれで良いものだと思うの

>>900
ヤザン。もしくは外道NTくて迷いを捨てたシャア

>>902
原作ではMr.K(アニメゲイツ相当のキャラ)はMr.Feガウルン)に劣る、ってアマルガム幹部が話してるシーンが有るしねえ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829