単語記事: フレッチャー級

編集  

 フレッチャー級

 

 フレッチャー級とは、第二次世界大戦中にアメリカ海軍において運用された駆逐艦の艦級名である。
 

 名称の由来は第一次世界大戦にて多くの功績を収めたアメリカ海軍フランク・F・フレッチャー提督(1855-1928)

 

 

DD-445フレッチャー

概要

フレッチャー級1939年アメリカ海軍における排水量1,600トンの新駆逐艦として計画・設計された。
 しかし、かねてよりアメリカ海軍ではより大かつ強武装で、航洋性に秀でた船体強度のより高い大駆逐艦の必要性が叫ばれており、また軍縮条約失効を受けて排水量2,000トンの大駆逐艦として、これを建造することが決定された。

ネームシップである「フレッチャー(DD-445)」は1941年10月2日ニュージャージー州フェデラル・シップビルディング・アンド・ドライドック社において起工、翌年5月3日

全長114.8メートル、満載排水量2,500トン、速36.5ノット。武装は5インチ単装5基及び21インチ魚雷発射管2基などであった。

以降、アメリカ海軍駆逐艦スタンダードとして同175が建造され第二次世界大戦を戦い抜き、一部の艦は多くの近代修を受け1960年代まで活躍した。
更に兵装のバランスが良く数も多かったため、退役後も当時の西側諸を始めとした世界軍に引き渡されており、1959年には「ヘイウッド・L・エドワーズ」「リチャード・P・リアリー」が明期の海上自衛隊護衛艦ありあ」として貸与された。
ちなみに最後まで生き残ったのはメキシコ軍で運用された「クィトラワク」(「ジョンロジャース」)で、何と2002年まで現役で運用されていた。
またアメリカに3隻[1]ギリシアに1隻[2]の計4隻の保存艦が現存している。

175隻の妹達

フレッチャー級自体は傑作駆逐艦として評価は高いものの、抜きん出た性が別段あるわけではない。
カウンターパートされる陽炎型(日)と較すると12.7cmは1門少ないが両用魚雷陽炎型61cm4連装×2=8射線×2(予備魚雷)にして、53.3cm5連装×2=10射線×1。対兵装こそ25mm機関4門のみの陽炎型べて圧倒的に多いが、水上戦闘は一歩譲ると言わざるをえない。
また用兵思想の違いなどから航続陽炎型べると劣っており、長期間の作戦行動を行うには給油艦や戦艦のような大艦からの燃料補給を必要とする。
だがその一方で戦に特化した陽炎型と違って対・対潜・対艦全てをそつなくこなせる優等生的な性質を持っており、また戦後の兵装進化に対応できた拡性の高さも持ちあわせるなど、汎用駆逐艦としては非常に優秀な艦である。

そして着すべきはその建造数である。

 175隻!

これは、大日本帝国海軍がその70年あまりの歴史の中で保有したすべての駆逐艦の数(292隻)の6割、開戦時の大日本帝国海軍潜水艦から戦艦までを含んだ総保有艦艇数(236隻)の3/4に匹敵する。

恐ろしいことにこの建造数は米国の本気というわけではない。フレッチャー級の建造は1941年10月に最初の「フレッチャー」の建造がスタートし、最後となった「ルークス」の工が449月。わずか3年弱のうちにこれほどの建造を行っているのである。わけがわからないよ

一体いつから駆逐艦がフレッチャー級だけだと錯覚していた?

駆逐艦群の脅威はこれに留まらない。なんとこのフレッチャー級、拡大発展版(第2形態・最終形態)が存在しておりそれぞれ・・・

アレン・M・サムナー級(第2形態) 58隻(計画では100隻):

ギアリング級(最終形態)  98隻(計画では156隻)

                                       ・・・都合、329妹達が建造されたことになる。

もちろん、アメリカ海軍駆逐艦フレッチャー級だけではない。

1930年のロンドン条約を受けて建造が開始されたファラガット級からフレッチャー級の前級であるクリブス(リバモア)級の8艦種までで169隻の駆逐艦が存在しており、そのほとんどはWW2で実戦に参加している。さらにそれ以前、WW1とその後には「」と通称される急造駆逐艦シリーズをあわせて273建造、これらのうち半数近くはWW2でも健在であり、英国に供与されて護衛駆逐艦となったり、一部は「高速輸送艦」に改造され南方々での速な米軍の展開を支える立役者として活躍した。持ちのクセに有ったら有ったでとことんまで使い倒すんだよアイツら。
ちなみにフレッチャー級戦後すぐ退役した艦が多いが、サムナー級とギアリング級はベトナム戦争の時代まで普通アメリカ海軍で使われていたりする。

戦時急造艦としてのフレッチャー級

フレッチャー級は戦時急造艦として、各部品の共通化及び標準化が推し進められ、以降のアメリカ海軍駆逐艦においてもこのデザインがしばらく踏襲されている。前記の拡大発展版がこれにあたる。端的に言うとシャーマン戦車といったところだろうか。

ところで、大日本帝国海軍も戦時急造艦として松型駆逐艦を多数建造している。同駆逐艦は性こそ劣るものの1944年~1945年の間に32隻が建造され、5ヶ間という同軍史上最も短い工期で完成した。(これだけの時間があれば何処かのなら、本気出したら正規空母を作っちゃいそうで恐ろしい...)

チート国家と言わしめる工業力

さて、アメリカは何もフレッチャー級175隻作っていただけではない。

彼らは、4年間で24隻のエセックス級航空母艦を、艦上戦闘機1機種だけでも12,000機以上(F6F)とセットで作りつつ、週に一度はカサブランカ級護衛空母出版建造しながら、M4シャーマン戦車50,000輌を戦場に送りつつ、ちゃんと陸軍向けにP-47P-51などの陸上戦闘機30,000機以上を大高く舞い上がらせ、B-17B-24などの大爆撃機もしっかり同じくらい作りつつ、輸送機であるC-4710000機以上を生産したりしている。更にはトラック機関車弾薬、食料品etcといった軍需物資も大量に生産し連合レンリースとして数千~数万トン単位でばらまいたり・・・

もしかしなくてもリアルチート 

 ともかく、フレッチャー級アメリカ合衆国の高い工業に裏打ちされた傑作駆逐艦といえよう

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

駆逐艦

軍艦

軍用艦艇の一覧

リアルチート

脚注

  1. *DD-537「ザ・サリヴァンズ」(ニューヨークバッファローに保存)、DD-661キッド」(ルイジアナ州バトンルージュに保存)、DD-793「カッシンヤング」(マサチューセッツ州ボストンに保存)
  2. *ギリシャ軍「ヴェロス」:旧DD-581「チャレット」(パレオファリロ

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E7%B4%9A
ページ番号: 5156241 リビジョン番号: 2453676
読み:フレッチャーキュウ
初版作成日: 13/10/22 22:34 ◆ 最終更新日: 17/01/29 01:20
編集内容についての説明/コメント: 保存館について追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


フレッチャー

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フレッチャー級について語るスレ

100 : ななしのよっしん :2018/04/06(金) 22:54:47 ID: QvMeOCE5Ws
>>98
ところがどっこいコイツらにはトップヘビーで波性がよろしくないという小さくない欠点があるのだ…
最近知ったばかりな上に受け売りで申し訳ないんだが、アメリカの艦はどうも積載ギリギリまで詰め込んで
予備浮を考慮しないという設計の傾向があり、そのせいで大なり小なり全体的に安定性に難があるらしい

まぁ、これだけ装備を充実させてれば皺寄せが何処かに来ますわなwww
101 : ななしのよっしん :2018/04/10(火) 23:44:15 ID: jx/CHmd6YW
>>100
トップヘビーといっても実際にはそこまで問題ないよ
そうそれこそ台風に突っ込みでもしない限りは
近年まで使われてたくらいには丈夫だし
102 : ななしのよっしん :2018/04/11(水) 02:29:36 ID: Y/kctfXwlZ
>>100
ベンソン級やフレッチャー級を不安定って言ってたのが、世界有数の荒れるである日本ホームグラウンドに持つ海自だしね。
103 : ななしのよっしん :2018/04/11(水) 04:59:11 ID: jx/CHmd6YW
ベンソン級は台湾フレッチャー級はその日本でも運用されてるしな
というかその海自最初の艦にフレッチャー級が入ってるし
そして問題なく運用されてる
104 : ななしのよっしん :2018/04/12(木) 23:46:54 ID: QvMeOCE5Ws
>>101
そうか、それほど重大なレベルではなかったのか…無知してスマン
まぁ普通に考えれば、そんな爆弾を抱えてる様な船が日本を含めた同盟各
それもによっては長期に渡って運用されはしないだろうからな
105 : ななしのよっしん :2018/04/22(日) 22:37:35 ID: bJgvzMRRAh
台風で沈む駆逐艦!みたいな煽りに使われるから勘違いしやすいけど、コブラ台風って数十年に一度ってレベルの強い台風なのよね

第四艦隊事件で遭遇し帝国海軍が損だした台風
最低気圧:960hPa 速:36m/s

コブラ台風
最低気圧;907hPa 速:61m/s

因みに、上記2つはレーダー観測など未発達の時代を考慮する必要はあると思うけどね
最低気圧907hPaってどの程度なの?という参考例を

ハリケーン・カトリーヌ 有名なハリケーンといえばこれ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
106 : ななしのよっしん :2018/05/08(火) 11:06:51 ID: WAzWHHkxcm
104
いや、戦時米軍艦のトップヘビー問題は運用側の頭を常に悩ましていた大問題。
レーダーもGFCSもHF/DFも高いところに積みたいがわりと重い。特にGFCSは127ミリ連装両用本体とほとんど変わらない重さ。それを艦頂部に積まないといけなかった、というだけで頭が痛くなるのが判ると思う。
戦時の特例としてぎりぎり許されたぐらいの復元性で、戦争が終わる同時に大車輪も機機関魚雷発射機も削除しまくってる(しかし電子装備品関係は降ろしていなかったりする)。20ミリは全。両用も2基削除40ミリも2~3機に削減。だったところはそんな感じ。
実戦でも動揺速度が遅すぎる上に振幅幅が大きくて、水上標を追尾しきれないとかの問題も起きている。
そういう状況であっても十二分にを発揮できるぐらいには、優秀な戦闘艦だった。つまりは傑作艦だった訳だ。

あ、護衛艦に搭載する事を優先したためにフレッチャー級でヘッジホッグを新造時から搭載したことが確認されている艦はいないからね(損傷修理時に搭載されたらしい
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
107 : ななしのよっしん :2018/05/08(火) 11:23:11 ID: WAzWHHkxcm
ハルゼー台風」で沈没した駆逐艦の件に関しては運用側の経験のさが大きいことが最近の研究でわかっている。
当時、洋上補給直前の状態で、各艦、残燃料をなるべく少ないタンクに集中するように燃料を移動させていた。っぽなタンクと燃料満載のタンクという両極端な状況のタンクが同時に存在した訳。
その状態で台風につっこんでる。その状態でも「船乗り」としての経験が深い者が乗っていた艦は速にタンクにバラストを充填して復元性を確保して難を逃れている。
船がしく動揺する状況で復元性に決定的影を及ぼす事態には「遊動」問題があるんだが、これは満タンではないタンク内や浸したビルジ(船である以上避けられない常時の浸自由表面(空気と接している面積、形状)が大きいと安定性を著しく損なうので、この場合、満タンでは「い」タンクの扱いが問題になる。
経験豊かな艦長は、なく燃料僅少なタンクに(後々色々厄介なことになるのは承知の上で)を補充して喫を下げているが未熟な艦長はしてしまった。これで自由表面が大きいタンクと重心が高い満タンのタンクが同時に存
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
108 : ななしのよっしん :2018/05/08(火) 11:40:49 ID: WAzWHHkxcm
>>107続き
沈没したスペンス(DD-512)は残燃料15パーセントだった。艦底部のタンクがほぼだったということなので、「策でいたら」喫が著しく上昇していたのは間違いなく、台風どころかちょっとした波でもひっくり返りかねない状態(理論上の話)。
ところが残燃料14パーセントのヒコックス(DD-673)は艦圧壊、レーダーアンテナ損壊等の損傷を受けつつ難を逃れている。これは艦長が適時、バラスト補充、燃料移送等の行動を取ったためである。

実は、大量の船舶を建造したが故の乗員の「粗製乱造(喩だよ。あくまでも喩。日本べればはるかに高いレベルを持った船乗りを「大量生産」しているよ!)」が沈没事故を招いたとも言える状況だったとも言い換えることが出来る。
明らか世界準を飛びぬけた高性駆逐艦を大量建造しつつ優れた教育施策でレベルの乗員も「大量生産」出来たのに、最終的には船乗りとしての経験が重要になる艦長レベルまでは流石に手が回りきらなかった結果、ということではないかな?
沈没事故はフレッチャー級そのもの
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
109 : ななしのよっしん :2018/05/08(火) 11:47:47 ID: WAzWHHkxcm
で、だ。
>>108の書き込みと明らか矛盾するようだが、乗員の「粗製乱造」のとびっきり悪い例として伝説となっているのが、上のほうで何度も名前が出ているウィリアム・D・ポーター(DD-579)だ。
就役後、初めての実戦任務で全乗員逮捕とか笑えない、前代未聞の事件を起こしているから調べてみると、明日使える駄知識になるよ。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829