単語記事: フレームアームズ・ガール

編集

フレームアームズ・ガールとは、コトブキヤ オリジナルロボットコンテンツフレームアームズ」の各機体(一部除く)を“美少女化”したスピンアウトシリーズである。略称FA:GFAガールガール、フレガなど。

もしかして?→フレームアームズ

アニメ作品の詳細はフレームアームズ・ガール(アニメ)を参照。

概要

などのFAメカデザイナーを務める柳瀬敬之氏の同人誌において、ゲストとして描かれた島田フミカネ氏のイラストが原案になっている。
プラモデルとしての特徴はコトブキヤがこれまでフレームアームズホイホイさんKOS-MOS等で培った技術を結集した、これまでになかった美少女プラモデルと言う立ち位置である。しばらくは柳瀬敬之島田フミカネコンビデザインで展開してきたが、本家レズヴェルクを担当した木下ともたけ駒都えーじを迎えてフレズヴェルクのガール化が発表され、デザイナー間の垣根をえた展開が行われることとなった。

原料はポリスレンPS脂)、ABS脂、PCPVC(非フタル)等、以降歯車等に用いられる事が多い高耐久なPOM脂製のパーツも一部に使われるようになった。

サイズは全長15cmほど。 ガンプラHG 1/144ケールや可動フィギュアfigmaよりちょっと大きめの1/10スケールくらいだろうか。公式では商品同様フィギュアサイズだとか本家と同じサイズだとか、ぶっちゃけユーザーの好きな解釈でどうぞということらしい。すーぱーふみなよりは小さく、武装神姫より頭一つ分程大きい。

価格は3000~8500円くらい(限定品含む)。コトブキヤプラモデルとしても、同サイズフィギュアとしても適正な値段といえるだろう。家電量販店などで買えばよりリーズナブルである。店頭で買えれば、の話であるが。

作成難易度も高いわけではなく、本家FA同様に、ガンプラなどのプラモデルを作った経験のある人なら問題なく作ることができる。

もちろん説明書通りにしっかり作れば初心者でもかわいく作成できる。フィギュアは好きだけどプラモデル作ったことないし...という人にもぜひ手に取って作ってみてほしい。塗装せずとも成色だけで色をまかなっている。もっとも補えない部分もあるので、普通プラモデル同様に部分塗装や全塗装して完成度を高めるのもいいだろう。豊富なデカールも付属する。

接着剤も基本的には不要だが、工具は最低限用意することが望ましい。

フェイスはほとんどの場合3パターン付属し、figmaのように差し替えで表情を変えることができる。表情はタンポ印刷であり塗装する必要はないが、塗装向けに瞳のデカールも付属する。店舗購入特典やキットのボーナスパーツとして塗装用ののっぺらぼうなフェイス絶望等の瞳のデカールが付属する場合もある。

手首パーツは各種表情が両手分付属する。PVC(非フタル)製の性のあるパーツであり、キットに付属する武器はもちろん、本家FAの武器やモデリングサポートグッズも掴むことができる。また、ミニチュア銃器リトルアーモリーがちょうどフィットするサイズであり、実際にコラボした商品も発売された。

また、本家同様の3mm背中や肩、ふくらはぎ等各所に設置され、FAパーツエクステンドアームズ、モデリングサポートグッズなどを接続可、と言うよりぶっちゃけ軸の径さえ合えばガンプラだろうがゾイドだろうが接続できる。逆もまたしかり。

余談にはなるが、、スティレット、アーキテクト、パッケージイラスト再現用パーツがそれぞれに付属しており、大体可動有りの手足をユーザーが好んで使用するためか、凄まじく余る、実際余る。

プラモデルラインナップ(内はバリエーションキット)

ラインナップは随時追加予定、詳しくはページ下部の編集履歴の日付情報時点での情報になります。
※印はコトブキヤショップ限定なので現在入手できない可性が高い(中古屋を回れば見つかるかも知れないが、軒並み高額になっている)

最近は動画での解説もあるので購入や改造の参考にしてほしい。

また、ラインナップを重ねるごとに大きな良(スカートの可動化や股関節の可動範囲拡大など)が加えられていくのも特徴。雑誌インタビューによれば、開発の時点でコトブキヤとしてできることは全て詰め込んだものの、コストや本当に売れるのかといった問題によりやり残したことが多く、売れ行きによってはシリーズ化すら危うかったらしい。確かにのランナー構成をみるかぎり流用前提だったとは言いがたく、ラインナップが少ないシリーズになる可性も大きかったと推測できる。実際はが飛ぶように売れ、スティレット、マテリアも同様に好成績を残したおかげでシリーズ化し、でできなかったことを徐々に反映しているという。

キューポッシュラインナップ

初期の混乱、そしてFA:Gの歩み

は予約開始当初は余裕があったものの、店舗販売分が々に捌けてしまい、「おい売ってねーぞ!?どーなってるんだこれ!?」という事態に、スティレット発売以降、ちょくちょく再販はされているが油断すればいつの間にか消えている。(出会ったその時が、買い時だ。

に続いて、スティレットも後述の通りかなりの数が生産されたが、それでもシリーズ期待値が高かったのか、第一程ではなかったにしろ、かなりのスピードで捌けていった。

そのあまりの売れっぷりに、後にコトブキヤTwitterは「で普段の5倍、スティレットは更にその倍を生産したのですが・・・」と驚きを隠せなかった様子。

また、、スティレット2015年Amazonホビーランキングを掻っ攫ったのは上記の生産数から予想に容易い。

同年7月25日ワンダーフェスティバル2015にて、「 Monotone Form.ver」が発売、付属品のさから注を集め、翌日に同年12月発売分の予約が開始されたが、初回を逃した難民も予約ラッシュに加わり足に予約分が埋まった。(最初某所で画像が出た時はニセモノか?とも言われたかわいそうな子

更に10月に、マテリア系3体(内1体は褐色ランナーと該当塗装済みパーツが付属する限定版)が予約を開始、当初は「Brown skin Append.ver」よりも先に「White.ver」や「Normal.ver」が売り切れていた。(何故だ

11月には、第三弾の「アーキテクト」が予約をスタート、特にすぐ売り切れた等の情報は筆者には届いていないが、やっぱり予約開始当日、サーバーが堕ちた。予約戦争怖い

翌年2016年2月に予約がスタートした「 Fresh skin Limbs Append.ver」は当日の四半日も立たないうちに予約が埋まり、異例の発売前の再販決定が発表された。

それらに付属する肌色手足はマテリアの成色変更品かと思われたが、初回発送分はつや消しを吹いてある都合嵌合がよろしくなく、これを受けてなんと再販分の肌色手足は「シボ加工したを新たに用意して生産した物」となった。更に、6月発売分の購入分には上記の新手足を償注文できるハガキと、お詫びの文書が入っており、これを規定日までに発送することで、6月発売分の購入者も、シボ加工で作られた肌色手足が入手できた。さすが変態企業である。
余談ではあるが、この時「スティレット Blue Impulse with たまごこーき」も予約が行われている、ほどではなく、結構長い間予約ができた。

4月に「バーラルド」と「バーラルド LIMITEDCOLOR HJ.Ver」が予約を開始、ここでも開始当日、特に予約開始時刻にサーバーが落ちるほどアクセスが集中した。

5月には予告されていた「 Indhigo.ver」や「 Craftsman Ship Form.ver」が予約をスタート、特にindhigo.Verは前述のとは違う武器と、2色のスリケンが付属するゴウケンランな仕様に魅了された人も多くかった模様。

6月には「 Type 10.ver with リトルアーモリー」が予約を開始、なんだかんだ、この時点で4種類バリエーションである。(BD特典で5種類のバリエ、元ネタ同様バリエが多くなる宿命なのか・・・

9月にはバーラルドに続き、新素体を搭載した「フレズヴェルク」及び「フレズヴェルClear Parts Append.ver」が予約をスタート、流石にサーバーも強化されたのか、サーバーが落ちる事はなかった。

2016年後半にはそれまでに見られたような、予約の殺はなくなり、落ち着きを見せたかに思われたが、10月イノセンティアの予約の際にまたも二次生産分の予約が行われるほど予約が殺到した。皆肌色手足好きねぇ・・・。

そして11月には「アニメ フレームアームズ・ガール Blu-ray Disc①~④」及びドラマCDが予約を開始、特典プラモデル生産の都合、PV映像以外には映像が出ていないにも関わらずのBDの予約スタートとなった。

翌年2017年1月末に「フレズヴェルク」のバリエキットである「アーテル」が予約開始、「フレズヴェルク」同様「Clear parts Append.ver」も予約開始、それぞれ6月7月予定である。

2月5日アマゾンにて、×4、スティレット×4、アーキテクト×4、バーラルド×4、Indigo.ver×4、マテリア×2ずつ、計24体、定価122,256円という頭のおかしいアソートセットが予約を開始、既存フレガのオーナーたちの度肝を抜いた、というか抜かれた。(市場に出ていなかった為、こちらを参照→Amazon商品ページへ 
※どうやらアマゾンが店舗向けのセット商品をそのまま出しているようだ(驚いたという事実には変わりないが。

2月19日ワンダーフェスティバル2017にて、FA:Gライフェン、クロスフレームとしてFA:Gガオガイガー及びFA:GシルフィーDtA第一弾)が発表され、FA:G白虎のサンプルも展示された。
FA:Gとして扱って良いのかはわからないが、漫画版等で充電スタンド等の役割を果たしているメカもサンプルが展示された。(のちに充電くん、という名前が判明した)

4月3日、いよいよアニメ本編が放送開始、またラジオ4月5日の放送でなんと毎週更新すると発表があった。

同11日、まさかの充電くんの予約がスタート、それと同時にイノセンティアBlue.verを準備中との発表があった。
おおよそアニメに準拠した仕様で、セッション直前のアーマーを取り付けた状態のみ再現不可との事

・・・一応補足しておくと、コトブキヤショップで予約すると専用の特典パーツが貰えることが多く、量販店でよくある値引きはいものの「店舗買いしようと思ったら即売かよぉ!?」と涙する可性は格段に下がる為、ちゃんと予約をしよう。ただし、事前人気と注度が高い特典パーツモデルに関しては予約受付開始日にコトブキヤの通販ページアクセスが殺到しサーバーパンク状態になってしまい⇒ようやくログイン出来ても売り切れだった事件もあるので事前情報収集はキチンとしておこう。

予約や売り切れなどの話題から手に入りづらそうな印を受けがちだが、実はかなり再販が行われている部類である。余談だがFAをはじめとしたキャラクタープラモデルマイナーがちでかつ一般人から見ると値段が高く感じ易く、コトブキヤに限らずメーカーから再販されることが中々ない、静岡某社とか某社が頭おかしい生産を持っているだけである(むしろ会社規模からしたらってるので理させちゃダメヨ)
コトブキヤショップ限定キットはよく初回限定特典付きで発売するが、売れ行き次第では生産そのものが初回限定になることもままあったりする。本家FAでも泣きを見ている人が多く、転売からの購入や果てのないショップ巡礼に出たりするハメになる。FA:Gに限らずプラモデルフィギュアはどうしても欲しいなら予約をするか、見つけた時に迷わず買うことをお勧めする。

美少女ホビーとしてのFA:G

いまや文字通りコトブキヤ看板娘となったFA:Gユーザーやモデラー、ホビー系メディアでの扱いはどうだろうか。

日本を代表するメーカーコトブキヤが満を持して送り出したコンテンツなだけあり、ホビー誌やホビーサイトでは何度も特集が組まれたり、表を飾ることもあった。作例は今までのFA同様の改造や塗装、電飾などプラモデルとしての扱いが多いが、あえてフィギュアとしてプロポーション変更やかわいらしくなるような改造を施すといった特集も組まれた。普段汚し塗装ばかりで女の子の扱い方がわからないというモデラーには非常に役に立つ興味深い特集である。中々知る機会のなかった細かい技術の宝庫でもある。まさかプラモデル化粧を施したり採寸してを仕立てる日が来るとは夢にも思わなかっただろう。

余談だがばくおん!放送時はバイク模型特集が組まれ、それに合わせる形でFA:Gライダー仕様にしてバイクに乗せるという作例もあった。

時折コトブキヤ催のコンテストや、その他ホビーショップなどでオンリーイベントがあったりするので、腕に覚えのあるモデラーは参加するもよし、そうでなくとも見るだけでモデラーたちの、コトブキヤにも負けず劣らずの高い技術をの当たりにできるだろう。

昨今の人気からか、月刊ホビージャパン2016年11月号にて、ガンダムや大手フィギュア等の強者を押し退けてFA:Gが表を飾るという、滅多に見ることが出来ないサプライズ、同号作例掲載数は脅威の7点で、ボリュームはバッチリである。(なお作例で読者が見たい所が見れないのはいつも通りのHJ

よくある改造例では、ミキシングカラー変更、サポートメカ作成、MS少女化など。電撃ホビーウェブに掲載されたバーラルドの電飾作例は一見の価値ありである。他にも、本家FAバリエーション機(ウェアウルフなど)を再現したりする傾向にある。かわいいコスチュームアクセサリーを作るドール的な改造もあり(コトブキヤホームページにてキューポッシュでの提携先であるアゾンインターナショナルドール等と組み合わせる特集が組まれている)。最近は小物系のガチャや食玩が充実しているので合わせるのも良いだろう。
現在放送中のアニメ版を参考に、普段の生活用品と組みあわせた日常風景を再現するのも選択肢に入るのではないだろうか。他にもジオラマやあえて可動を殺したオブジェのような作例も見られる。
元になったイラストを忠実に再現しているがその分大変お淑やかなので、しかるべきところに情補正をされる方もプロアマ問わず多い。肌を褐色にしたもよく見かける。人の好みってわかりやすいね。

メディアミックス

関連動画

MMD動画

関連静画

関連商品

  • 書籍

関連項目

外部リンク

フレームアームズ・ガール アニメ公式サイト

Webラジオ ラジオ フレームアームズ・ガール 公式サイト(響ステーション)


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB
ページ番号: 5465631 リビジョン番号: 2479903
読み:フレームアームズガール
初版作成日: 17/01/13 19:00 ◆ 最終更新日: 17/04/16 01:43
編集内容についての説明/コメント: 関連項目のリンクを解除
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フレームアームズ・ガールについて語るスレ

574 : ななしのよっしん :2017/04/22(土) 19:51:44 ID: wJb6Wvqhxb
>>573
バーゼ・カトラスの開発経緯もあほだけど、それに対抗というか反抗してレイダオ持ってくる時点で東アジア防衛機構の方も大概だと思う
575 : ななしのよっしん :2017/04/22(土) 20:01:28 ID: WMGtqRdBbh
>>572
ブキヤオンラインショップだと『発売2017年4月24日』って書いてあるんだけど、これって店舗分も同じなのかなぁと思ってね

レズヴェルクREとかのFA本体は26日になってた
576 : ななしのよっしん :2017/04/22(土) 20:25:43 ID: +hMz/fapmJ
>>573
東アジア防衛機構の重レーザーに対する異常な執念がまともだと……?
577 : ななしのよっしん :2017/04/22(土) 22:00:17 ID: T5K84H8k18
Indigo.verを作り始めたんだけどはめ込む時に理しないと入らないようなパーツが多くない?
破損が怖くて軸部分を削って細くしてから差し込むを繰り返してる
578 : ななしのよっしん :2017/04/22(土) 22:22:43 ID: +ws5oZ6IaO
>>576
その異常な執念を通すために再設計による各部モジュール化というレーザー化の基になったコボルド系の研究結果をちゃんと反映してる程度にはマトモ

JX-25はパーツ単位で旧式FAの近代化素材にも出来るので更新の際に兵站をあまり圧迫しないのだ
共有部品も消耗のいものほど多く使えるよう設計してるのだろう
579 : ななしのよっしん :2017/04/23(日) 02:08:36 ID: 3FrmkOZUtt
FAGのウェポンセットってもう売ってないのか?
オンラインショップで探しても商品ページがない…
580 : ななしのよっしん :2017/04/23(日) 08:43:51 ID: wJb6Wvqhxb
期間も数量も限定だったからねえ
中身はMSGFAの装備の成色変えだから、そっちでそろえるしかないかな
581 : ななしのよっしん :2017/04/23(日) 09:08:32 ID: Bc+6KsjsMK
確か再販もしないって言ってたね
個別に集めるにしてもFA:Gの第2弾はともかく他はほぼFAの装備だからちょっと大変よねぇ
いっそFA買って欲しい武器以外の部分も組むのです(沼への誘い)
582 : ななしのよっしん :2017/04/23(日) 09:21:34 ID: wJb6Wvqhxb
ちゃん用は
バズーカマシンガン→漸強襲装備
シールド+肩キャノン→榴
だったかな
バリエの大装備がうから、本家FA組にもお得なセットなんだよねえ


シールド+肩キャノンウェアウルフスペクターから取ると、内側に追加装備があるから更にお得だぞ
583 : ななしのよっしん :2017/04/23(日) 10:21:18 ID: WMGtqRdBbh
六七式長射程電磁誘導実体弾射出器すごい好き
MSGでこういう長身の火もっと出してほしいわ。ウェポンユニットの中では大きヘビウェポンユニットほど大きくない感じの複数個搭載が容易なサイズ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015