単語記事: ブルボン

編集  

ブルボン曖昧さ回避

  1. ブルボン・・・日本の大手製菓会社及びそのブランド名。アルフォートホワイトロリータ等で知られる。
  2. Bourbon(ブルボン)・・・ゲームMetro2033』の登場人物。
  3. ブルボン朝・・・フランスにかつて存在した王。詳細は当該記事を参照。
  4. ブルボン種・・・コーヒーの生豆の品種の一つ。アラビカ種系でブラジルブルボンで作られた。
  5. ミホノブルボン・・・日本の元競走1992年皐月賞日本ダービー敗で制した二冠。詳細は当該記事を参照。
  6. ブルボンヌ雪村・・・VOCALOIDを用いた楽曲を制作開しているボカロP。詳細は当該記事を参照。

本項では、1のブルボンを説明する。


株式会社ブルボンとは、新潟県柏崎に本社を置く大手製菓会社である。(東2部 2208)

概要

新潟県柏崎に本社を置く大手製菓メーカー。創立は1924年。くからビスケットクッキーの自動大量生産にを入れており、洋な粉もの菓子を得意としている。入りや缶入りの贈答用菓子イメージも強い。独特な"ハイソな雰囲気"を持ち、棒状クッキーミルククリームで包んだ「ホワイトロリータ」(昭和40年発売)や、薄いクレープクッキーを重ね焼きしてココアクリームで包んだ「ルマンド」(昭和49年発売)などのベストセラー商品に憧れを抱く世代は多い。だが決して洋や高級感を気取るだけではなく、どころである地元新潟県の利点を活かしたおかきやあられも作り続けている。「チーズおかき」や「味ごのみ」、そして円筒スナック「ピッカラ」は長くされた庶民のおやつである。

最近では、低価格でバラエティに富んだラインナップのプチポテトシリーズ商品の一つに成長。コンビニスーパーなどで広く販売されている。製菓メーカーとしてはしく板チョコキャラメルは展開していない。

柏崎の町工場から出発し、日本のみならず海外にまで進出する大手メーカーになった今でも新潟県を生産拠点としている地域密着企業である。

社史・沿革

柏崎和菓子店「最上屋」に生まれた吉田吉造が1924年(大正13年)に設立したビスケット製造工場、北日本製菓商会(同年に株式会社組)を起とする。戦前ビスケットドロップチューインガムなどを生産・販売する傍ら、地元のを使用した菓も生産。販路を広げた。1952年(昭和12年)、社名を北日本食品工業株式会社に変更。昭和40年代には「パルミ」、その後は「ブルボン」のブランド名で広く知られるようになる。1989年(平成元年)に社名をブランド名と統一して株式会社ブルボンとなる。以後、飲料デザート健康食品に進出し、現在に至る。

現在の社名ブルボンの由来は、欧・高級イメージを持つフランスブルボンからと言われているが、命名者がすでに他界しており詳細は不明。コーヒーの生豆の品種の一つブルボン種にちなんだという説もある。

主な製品

ホワイトロリータ
1965年(昭和40年)発売。ヒネリ模様の軽いざわりのスティッククッキーを、上品なミルククリームで包んだ棒状クッキー。パックはゴシックカラー

ルマン
1974年(昭和49年)発売。幾重にも重ねて焼きあげたサクサクしたざわりのクレープクッキーココアクリームで包み込んだ棒状クッキー。パックは薄紫色

チョコエール
1977年(昭和52年)発売。
小麦全粒粉を使ったビスケット生地を細長いタルト状に焼き上げ、ミルクチョコレートを流し込んだ定番チョコビスケット。
パックはえんじ色

アルフォート
小麦全粒粉を使用した香ばしいダイジェスティビスケットに、帆船のレリーフったミルクチョコレートを重ねた上品なチョコビスケット。パックは璃のようなブルー

ブランチュール
味豊かなラングドシャクッキーに薄ホワイトチョコレートサンドホワイトチョコバター味のクッキーが絶妙にマッチしている。

エリーゼ
サクッと軽いざわりのウエハースで、2種のチョコを包んだビスケット。コクのあるチョコクリームとまろやかなホワイトクリームの2つの味が楽しめる。

きこりの切株
ダイジェスティビスケットと、クリーミーなミルクチョコでできた可らしい切チョコスナック

ピッカラ
カリッと香ばしく、甘味のある味で仕上げたスナックにカシューナッツミックス

プチポテト、プチシリーズ
低価格、一口サイズの手ごろな大きさ、同一サイズの細長い袋に入ったのが特徴のお菓子シリーズ
ポテトチップス、うす焼せんべい、あげせん、トルテクッキー、プレッツェル、など豊富なラインナップが魅

(各説明はブルボン公式サイトの商品情報より引用、一部加筆・変更)

関連動画

MMDにも進出

関連商品

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%B3
ページ番号: 4851550 リビジョン番号: 2394103
読み:ブルボン
初版作成日: 12/03/23 21:56 ◆ 最終更新日: 16/08/14 03:40
編集内容についての説明/コメント: 記事冒頭で「ブルボン朝」「ミホノブルボン」「ブルボンヌ雪村」「株式会社ブルボン」を太字化し、前3つに当該記事参照の誘導を追記。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ブルボンについて語るスレ

7 : ななしのよっしん :2012/12/09(日) 10:41:11 ID: AIyUt7U7DP
>>sm16802256


関連動画にこれがないのはおかしい
8 : ななしのよっしん :2012/12/09(日) 19:34:31 ID: 2cEAn/gCFU
ブリバーガーうますぎ
なんで大阪でうってないの?
9 : ななしのよっしん :2013/03/19(火) 01:07:08 ID: 5/1Y+IDvfn
ネーミングセンスが凄い
お嬢様感が漂うところが好き
全部造らしいけど
10 : ななしのよっしん :2013/09/29(日) 15:12:01 ID: S2scqcZujh
チョコあ~んぱんがいいな
11 : ななしのよっしん :2013/12/23(月) 12:23:14 ID: eFHM9MIFUL
ショコラセーヌマジうまい。
12 : ななしのよっしん :2014/06/16(月) 01:27:18 ID: ULJDngxuWT
菓子は総じて個別包装がタイト過ぎる。
子供の頃ルマンドやバームロール上手く開けられなくてぐしゃぐしゃになった思い出が。
ルマンドは味も食感も量産菓子の極限の繊細さではないか。
13 : ななしのよっしん :2014/11/20(木) 10:57:25 ID: 8GeKOvkbfs
開けた間グズグズになってた時のテンションの下がり具合は異常
特にルマン
14 : ななしのよっしん :2015/04/21(火) 14:27:30 ID: oMtYIBUJPS
>>9
100円ちょっとで買える袋の、どれも滅カッコいい名前だからレーズンサンドだけ浮いて見える
15 : ななしのよっしん :2017/04/27(木) 21:07:49 ID: Jk8kc4xW8O
プププランドの地面によく刺さっている「アレ」
16 : ななしのよっしん :2017/04/27(木) 21:51:36 ID: UEl1QzCfnF
個別包装を手で開けにくいのは、そういう食べ方をするような人たち向けの
お菓子じゃないってことだと思ってる。
さみを使って開けて、お皿に綺麗に盛ってから食べるべき。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829