単語記事: プラスチック

編集  

プラスチックplastic)とは、

  1. 熱を加えると変形しやすくなる性質(可塑性)を備えた合成脂などをす言葉
  2. 「成形できる」「可塑性のある」を意味する英語の形容詞。上記1.の

本記事では1.について記載する。

概要

明確な定義がないため上記のように曖昧に説明するしかない言葉だが、プラモデルのように加工成されて固められた状態のものをすことが多い。軽く、安く、加工しやすい、という利点から優れた代替商品として従来の素材に次々取って代わり、20世紀以降の世界プラスチックに溢れることとなった。

プラスチック明期の19世紀半ば、牙の代用品としてニトロセルロースを使用した「セルロイド」が誕生(1870年)し、加工しやすく安価であるため世界中で広く使用された。アニメの「セル画」も初期にセルロイドシートを使用していたのが由来である。しかしセルロイドは燃えやすく長期保存に向かないため、次第に使用されなくなっていった。

20世紀に入ると、レオ・ヘンドリック・ベークランドが全合成脂の開発に成功(1907年)。「ベークライト」と名付けられた。また1930年代にポリ化ビニルの本格的な製造が始まり、ここから合成脂の文化が開いていった。第二次大戦時にプラスチックは重要な戦略物質となり、アメリカ政府は生産を強化。戦後、その生産を生かしてプラスチック製品は市場へ大量生産された。ここからプラスチックの価格が過剰に下落し、1960年代には使い捨てのプラスチックごみが溢れることになった。

1970年代以降になるとゴミ問題のコストが取りざたされるようになり、安すぎたプラスチックの価格は適正に戻った。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%83%E3%82%AF
ページ番号: 5221337 リビジョン番号: 2515312
読み:プラスチック
初版作成日: 14/04/17 11:47 ◆ 最終更新日: 17/08/15 22:27
編集内容についての説明/コメント: 記事冒頭で英語表記を追記し、一部を太字化し、別の意味を追記。「関連動画」で表示不能動画を除去。「関連項目」に2つ追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

プラスチックについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2014/07/09(水) 10:57:26 ID: gmIG67+d/J
ポリカーボネートプラスチック
2 : ななしのよっしん :2015/01/27(火) 00:32:00 ID: SfVL1fBtvZ
炭素繊維複合強化プラスチックロマン
3 : ななしのよっしん :2016/12/20(火) 17:15:20 ID: pr1p7zLRdl
プラスチック食べる微生物ごみを沈める助けに 研究
http://www.afpbb.com/articles/-/3018256
4 : ななしのよっしん :2017/02/08(水) 21:14:28 ID: YXeq95R1fM
結局最近のって燃やしても有ガス出なくなったの?ついでに焼却なら良いんですけどね
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829