単語記事: プリズムリバー三姉妹

編集
三姉妹
プリズムリバー三姉妹とは、上海アリス幻樂団ZUN制作弾幕STGシリーズ東方project』に登場するキャラクターである。長女ルナサ(画像左)、次女メルラン(画像中央上)、三女リリカ(画像右)から成る三姉妹

概要

姉妹で「プリズムリバー楽団」を結成しており、宴会・お祭りなどに呼ばれては演奏している。リーダールナサ形として人気が特に高くファンが多いのはメルランらしい。楽団としては人気があり、楽団としてのファンクラブも存在する他に、少なくともリリカには個人ファンクラブ会員すらいる。
に使用する楽器ルナサヴァイオリンメルラントランペットリリカキーボードと一見ばらばらであるが、それでも見事な音楽を奏でているらしい。人間に対しては友好的だという。
東方求聞史紀』においては「かなりのを持つ、ファンも多いし敵に回したら万に一つも勝ちはない」「もし敵と見なされたら死を尽くして逃げよう」など、相当な実者である事が示されている。

種族:騒霊
 所謂ポルターガイスト求聞史紀においては便宜上「幽霊」の項に乗っていたが、その注釈にもあるように、騒霊は厳密には幽霊とは違うらしい。

三人共通のに手足を使わずに楽器演奏する程度の能力東方妖々夢
            手を使わずに楽器演奏する程度の能力東方求聞史紀

テーマ曲(三人共有):「幽霊楽団 ~ Phantom Ensemble」(東方妖々夢東方花映塚

出演作

ゲームにおける出演作は『東方妖々夢』『東方花映塚』。  

初登場の妖々夢では、前作・紅魔郷の4ボスパチュリーに続いての特殊演出として、選択した自機に対応したキャラが開幕通常弾幕と第2通常弾幕を放つ、という演出を伴って登場した(霊夢ルナサ魔理沙リリカ咲夜メルラン)。
また、初の複数人合同スペルカード使用者でもある。

2回の出演となる花映塚においてはリリカが単独でストーリー持ちの出演。
ラスト前~EDでは二人も登場し、条件を満たせばルナサメルランマッチモード限定で自機使用出来る。所謂隠しキャラ

尚、『東方心綺楼』でも背景キャラとしては登場した。一輪ステージ聖輦船ステージ)と神子ステージ神霊廟ステージ)にて背景演奏?している。

書籍においては『東方文花帖』『東方求聞史紀』『The Grimoire of Marisa』に個別ページがある。
また、漫画連載作品においても『東方儚月抄』『東方鈴奈庵』『東方茨歌仙』にもわずかのみモブ出演はしている。

ルナサ・プリズムリバー

三姉妹の長女。楽団のリーダー
ショートでほぼストレート金髪中心の装。帽子の飾りは
得意楽器は弦楽器。特にヴァイオリンルナサ・プリズムリバー背は十代前半の少女としては「やや低い」。
でやる事はしっかりやるが暗い性格。
暗くてパッと見大人しいせいか、メルランリーダーだと勘違いされる事もあるらしい。
素直で騙されやすいが、何をやっても優秀な優等生タイプ。曲がった事が嫌いで、戦闘においては正面から正々堂々戦って尚強い、と設定に書かれる程の実

担当は聞いた者を落ち着かせる「の音」。精に直接く、感情の音。聴き過ぎると何もする気が起きない程気がなくなり落ち込むらしいが程良く聞けば冷静になれる程度。

詳細は個別ページにて。

メルラン・プリズムリバー

三姉妹の次女。楽団の形。
明るい薄水色っぽいセミロングウェーブの、左側ののみ後ろで結んだ髪型に、薄色中心の装。得意楽器管楽器。特にトランペットメルラン・プリズムリバー
背はルナサと同様十代前半の少女としては「やや低い」だが、ルナサよりは大きいらしい。
ちょっと変わったタイプ」との事で、余裕たっぷりの明るい性格。躁病の気があるらしい。
口調も暢気気味な間延びの時とハキハキの時がある。
魔法については「最強」などと、東方キャラではしいくらい直球な強さ表現が使われるくらいの強さらしい。ただ、そのの「使い」を誤るらしい。

担当は聞いた者を高揚させる「躁の音」。精に直接く、感情の音。聴き過ぎると狂ったようなハイテンションになってしまうが、程良く聞けば気分が良くなる程度。
この音を活用し、ルナサの命令で墓場で亡霊相手にソロライブなどもやっているらしい。

詳細は個別ページにて。

リリカ・プリズムリバー

三姉妹三女。楽団の縁の下の持ち。
?薄クリーム色?の微内巻きショートヘアに、中心の装。
背は十代前半の少女としては「低い」。立ち絵でも明らかに頭身が一段低く、求聞史紀でもやたら低身長イジりが多い。
得意楽器は「全ての楽器」。ある意味楽団の一番の要。ただ、キーボードパーカッションを担当する事が多い。
性格は狡猾でお調子者、最少の行動で最大の利益を得ようとする。リリカ・プリズムリバーただ、その分人間らしい性格で世渡り上手で話し易いらしい。
狡猾な上に頭の回転がかなり速いようで、「態度や行動は三枚先まで計算されている」というほどの頭の持ち

担当は達の感情の音をまとめて、触りのよい普通に聞ける音にする「幻想の音」。
本人の説明によると達の音が感情のみの音なのに対してこちらは想いのみの音のようで、感情の音に想いの音を合わせて調整しているようだ。音としては普通から聞こえ、精にも特に影はない。

詳細は個別ページにて。

裏設定

四女 レイラ・プリズムリバー

実は三姉妹には4人が存在していた。
と、いうよりもこの4人レイラ・プリズムリバーによって三姉妹が作られたというのが正しい。

レイラ公式イラスト等が存在しない設定上のみのキャラクターである。魂魄妖忌も同様に設定上のみ。)
容姿についての描写も公式には存在しないため、下記のイラストはそれぞれの描き手の自由な想像によるものである。

レイラ・プリズムリバー(想像図) レイラ・プリズムリバー(想像図)

元々、プリズムリバーはかつて外界に存在した富豪の庭であり、末レイラ含めた四姉妹普通の人間の少女であった。レイラも、ただの寂しがり屋の少女であった。4人とも大層可がられていたらしい。
しかし、貿易商であったプリズムリバー伯爵が「東の」で手に入れ持ち込んだ幻想郷産のマジックアイテムが原因となり起こった、とある「不幸な事故(詳細不明)」によりプリズムリバーは崩壊。
四姉妹は自分達以外の家族・身寄りを亡くし、ばらばらのに引き取られることになった。つまり人間であるレイラ三人は、騒霊とは別の存在。彼女らのその後は、最終的には亡くなったらしい事以外不明。

だが四女のレイラは思い出の屋敷から「離れる事が出来ず」屋敷に一人残った。彼女はどの段階でかは不明だがマジックアイテムにより「」を得ており、「レイラ自身とそのマジックアイテム」により、3人の達の姿をした騒霊ポルターガイストを発生させて屋敷と騒霊と共に消えた。その結果生み出されたのが、今のプリズムリバー三姉妹である。

一人の少女と3人の騒霊幻想郷に辿り着いた。
騒霊達は、最初こそ幻影・幻覚と変わらぬ存在であったものの、徐々に自を持ちレイラと会話も出来るようになった。
人間一人では生きていくのが困難な幻想郷でも、レイラ騒霊達の助けを借りて何とか生活し、寿を全うするまで生きる事が出来たようだ。

しかし、普通は創造兼拠り所が亡くなれば消えそうな騒霊達だが、何故か彼女の死後も消える事はかった。
レイラの死後、「『騒』霊らしく騒がしく暮らそう」という発想から楽器演奏を取得、自然にちんどん屋、ひいては楽団活動を行うようになったという。そして「とある理由」で冥界に行くようになり幽霊に有名になり、冥界と顕界を行き来している。

(ちなみに、この設定が載っている文の最後に「――って、そもそも最初は何で冥界へ行ったんだっけー?(リリカ)」という意味深な一文が載っている)

(参考資料:東方妖々夢キャラ設定.txtファンからの質問へのZUN氏よりの回答メール文)

※一般的にポルターガイスト幽霊の仕業とされることが多いが、思期の少女の不安や不満が生み出しているという説も存在している。

スペルカード

東方妖々夢

妖々夢4面で登場した際には、前述のように使用する自機により対戦開始時の対戦相手が異なる(霊夢vsルナサ魔理沙vsリリカ咲夜vsメルラン)。
論、キャラによって弾幕も大きく異なる為、個別に対策を立てる必要がある。特に咲夜の場合のメルランの通常第一の誘導二連レーザー、通称へにょりレーザーは注意。
第一・第二通常弾幕攻略すると、三人がって協合同スペルカードを発動する。
この第一合同スペルカード時に最もダメージを与えた相手が第三通常弾幕・個別スペルカードを発動する。
第一合同スペカ開始時に、どの相手と戦うか選んでおいて集中して撃ち込むと良いかもしれない。
個人差はあるが、スペカ的には低難度の場合はルナサ、高難度の場合はリリカが楽かもしれない。

合同スペカ時にボムで広範囲攻撃をすると、全員に命中してダメージ3倍と言う酷いことになる。初心者にとっては弾幕がかなりエグいかもしれないので、厳しくなったらボム推奨。それでなくても妖4面の中はクソ長いパターンゲーの為、ミスで抱え落ちすると心が折れる。放ってくる弾幕量も多いため、羅結界を調整して割っていくのもクリアには有効。もちろん、上手く回避して行けるならグレイズも大変美味しい。

ちなみに最終合同スペカで、ひとつ前の合同スペカの動作をメルランのみ引き継ぐ、というバグ?が存在する。
参考:大合葬「霊車コンチェルトグロッソ」メルラン暴走バグ

なお、戦闘中の名前表示が「Sister Prismriver」名義である為、戦闘中の相手をみている暇がない初心者にとっては、「今相手しているのが誰だかよく解らん」と言う事態になり易い…かもしれない。

個別スペルカード及びそれぞれの花映塚でのスペルカードについては、それぞれのページにて。

その他

「虹川」について

プリズムリバー」(Prismriver)を訳して「虹川三姉妹」「虹川さん」と言われることがよくあるが、これは直訳ではない。
」の英訳が"Rainbow"であることはでも知ってるだろうから分かりきっているとは思うが。

prismプリズム)が、白色を入射すると屈折して、プリズムから出るの方向が波長によって違う(分散)ため、そのスペクトルを観察すると色に見えることから、「」としている。

言葉で説明して分からないならこれを見たほうが早い

名前の元ネタと綴り

※この節は東方元ネタWikiこちらのページを参考にしているため、100%正確ではないことをご承知下さい。

東方妖々夢においては、"Sister Prismriver"という表示がされていたが、各個人名のスペリングゲーム内に登場しない。しかし2004年1月4日に発売された東方書籍において、"Lunasa","Merlin","Lyrica"であると公式見解がなされた。
試しにググれば分かるが、レイラも含めどの名称も欧音楽関係に使われているものである。

ルナサ(Lunasa)

女神を意味する"Luna"が直接の由来と思われる。
アイリッシュミュージックバンドLúnasaとの関連度は不明。

メルラン(Merlin)

東方花映塚ゲーム内表記・キャラ設定.txtでは"Marlin"となっているが、それ以外はMerlinで統一されている。

Merlinの本来の発音は「マーリン」であり、「メルラン」はフランス語読み。アーサー伝説に登場する魔法使いが由来と思われる。ただし"Merlin"は男性名であり、この魔法使い男性女性にも使える異形に"Merlyn"がある(発音は同じ)。

ちなみにmerlinを英語の辞書で引くと「コチョウゲンボウ」という和名を持つが出てくるが、メルランとの関連はないと思われる。

リリカ(Lyrica)

公式設定が決まるまでは、リリカりに最もばらつきがしかった。

歌詞」を意味する英単"lyric"(リリック)が直接の由来と思われる。また「歌劇」をイタリア語で"opera lirica"というが、りが違うためあまり関係ないと思われる。

レイラ(綴り不確定)

アラビア語の「」がだが、エリック・クラプトンの「いとしのレイラ」(原題:Layla,Derek & the Dominos名義、1970年)にも関連があると思われる。

公式設定のりはなく、アメリカでは様々な表記がされるが、フランスでは"Leila"が一般的。

その他・二次設定や備考など

基本的に二次創作でも3人セットで扱われる。
原作と異なる二次特有の扱いはあるが、手なキャラ変は立たない。

身長メルランルナサ>>リリカなのにつられてか、キャラ性に引かれてか、胸部もメルランルナサリリカである場合が大半。メルランは非常に豊か、ルナサは貧~普、リリカはほぼ貧固定。

レイラとの過去を扱った二次創作では、レイラボーカル担当になることがままある。
ただ、設定上では三姉妹演奏取得はレイラ死後であり、人間の四姉妹楽器については「たしなみ程度にやってたかもしれない」程度らしい。

二次創作では、リリカ髪の色茶髪で描かれることが非常に多い(妖々夢立ち絵髪の色茶髪天使の輪が入っているようにも見えるからか)が、花映塚立ち絵を見る限りリリカ髪の色~薄?の方が近い。
また、メルラン髪型普通のウェーブセミロング~左右の長さが違う程度の髪型、といった感じで描かれる事がどだが、妖々夢花映塚立ち絵髪型を見ると帽子の左後ろからが出ているので、左側のみを結んでアップにしたような髪型になっていると思われる。

3人セット安定な為か、そもそも他のと繋がりが薄い為か、他のキャラとのカップリングはほぼ皆無
二人で組ませると一人余る関係か、姉妹内ですらろくにカップリングされない。
ただし、イチオシしている二次作家さんが二人より多く、二次役をる事が特に多いルナサだけは、それらの作品内発祥の他キャラとのカップリングが多少ある(ルナみょんルナ大など)。

お絵カキコ

枚数が増えたので、プリズムリバー三姉妹のお絵カキコに分離しました。

ルナサ

用法用量を守り正しく鬱になる 長女に胸があってもいいじゃない たまにはポジティブに ルナ姉 やれやれ

メルラン

Jazzy めーるぽ♪ ヒノファンタズム めるぽ 内燃機関

リリカ

あれ?私これだけ? 幻想の音色 吉見~? 姉さんにはない私の音、じっくりと聴かせてあげるよ! どうしよこれ

3人揃って

掲示板から転載 プログレ三姉妹 今月の標的 ニコニコしようぜ 人生を騒がしく

関連動画

関連静画

ルナサ

メルラン

リリカ

三姉妹

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

ξ・∀・) めるぽ

大百科内の別の三姉妹

柊姉妹は4人姉妹のため、除外。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%BC%E4%B8%89%E5%A7%89%E5%A6%B9
ページ番号: 306779 リビジョン番号: 2215554
読み:プリズムリバーサンシマイ
初版作成日: 08/07/02 04:10 ◆ 最終更新日: 15/06/06 22:38
編集内容についての説明/コメント: 「概要」と「出演作」を分け、個人的解釈成分強い部分を出来るだけ削り、全体的に軽量化しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ



レイラ妄想図

ぷりずむりばー

りりか

るなさ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

プリズムリバー三姉妹について語るスレ

386 : 374 :2015/06/02(火) 01:23:45 ID: GS6HB+Ngj1
>>385
ご意見ありがとうございます、ではお試し的にちょっと二次設定部分の移動や設定文・外見追加等をやってみます。
不評が強いようなら差し戻しますね。
387 : ななしのよっしん :2015/06/02(火) 02:30:40 ID: GS6HB+Ngj1
試しに原作設定の追加や二次設定部分の移動などを行ってみました。
問題点などありましたらご意見お願いします。
388 : ななしのよっしん :2015/06/04(木) 20:02:40 ID: qDtr4bQO0Y
>>387
せっかく編集していただいたところ申し訳ないのですが、
自分は以前の記事の方がまとまりがよく、客観性も高くて読みやすいように感じました。
やはり元の文章は変えずに、せめて二次設定の移動程度にとどめた方がいいかと思います。
一人で偉そうな事ばかり言ってすみません。
389 : ななしのよっしん :2015/06/05(金) 04:24:47 ID: GS6HB+Ngj1
>>388
うーん、でも二次設定移動しただけで以前のままの文章だと個別紹介がスッカスカになってしまいますよ?元の文章が原作設定文章の一部+二次設定二次での扱いの混成で構成されてたので。説明とかも、正直に言うと個人的解釈での割と適当な説明に思えましたし……
今回載せた文章は、下の「二次設定や~」欄以外はほぼ全てが原作設定文ほぼそのままか意味をほぼ変えず要約して省略しただけのものですし。「二次設定や~」欄も、出来る限り客観的に書いたつもりではあったのですが。
「長いので短くする」とか「客観性の薄い部分をなるべく原作設定文のみにする」などなら問題ないと思うのですが、「元の文章で二次設定だけ移動する」だと余りに個別紹介などが端的過ぎて説明にもならないし三姉妹への理解の助けにもならないと思うのですが……

逆に、現在の記事に関してどの辺りが客観性低く感じました?
まとまりに関してはもう少しこちらでも考えたい(確かに長くて読みにくいかもしれないとは思います)んですが、客観性については正直に言ってしまうと以前の記事には(原
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
390 : ななしのよっしん :2015/06/06(土) 21:38:25 ID: qDtr4bQO0Y
>>389
強さの設定を強調していたり、二次設定の欄の「原作通りかはさておき」
原作では~かもしれない」「実は~可性も割とあるが」などの表現が気になりましたが、
単純に以前の方が文章がまとまっていて、大百科として分かりやすかったので、
安易に変更するべきではないと感じました。

二次設定原作設定の区別にこだわりたいのでしたら、
個別紹介の欄は今のように変更して、二次設定の移動以外はなるべく前のままにしておくのはどうでしょうか。
391 : ななしのよっしん :2015/06/06(土) 22:36:25 ID: GS6HB+Ngj1
>>390
強さに関しては、内容としては強調する為に少し長くなってるのは確かかもしれないですね。ただ強さ関連の記述が原作からして多いのは確かなので、聞での記述を残すくらいの事はしても良い気がします

二次設定の欄の原作では々可々については、確かにそうですね。割と個人的にちょっと偏った解釈入ってないとは言えないですし。そういうの削ってもう少しスリム化は出来そうです。

・・・ただ、以前までの、特に「概要」欄はまとまってるとは言っても短過ぎて、読みやすくはあっても三姉妹の理解には繋がりにくい感は感じています。
「初登場作品」は載っていても他の登場作品が載っていなかったり、そもそも「概要」なのにその初登場作品の事が最初に来て姉妹自体の概要がその後に回された上にやたら簡素だったり。
まとまって読みやすいのは良いのですが、元々ある程度以上知ってる人が読んだ結果「読みやすかった→解り易かった」と感じたとしても、簡素過ぎた結果三人について良く知らない人が読んだ際に「何となくしか解らなかった」では余り意味が
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
392 : ななしのよっしん :2015/06/06(土) 22:40:11 ID: GS6HB+Ngj1
>>390
という訳で、再度お試し的に「概要」と「出演作」を分けました。一か所に文章詰め過ぎると確かに読み辛いので。割り振りは出来る限り以前の記事に似せて、且つ説明不足過ぎる所をなるべく簡単に説明したり。
あと全体的に余計な部分・個人的解釈入ってそうな部分を、説明上必要と思った所以外削って軽量化してみました。
こういうのなら、またどうですかね?
393 : ななしのよっしん :2015/06/07(日) 13:17:06 ID: qDtr4bQO0Y
>>392
丁寧に対応してくださってありがとうございます
個人的にはレイラの説明も少し削った方がいいと思いますが、
一人で偉そうな事ばかり言うのも申し訳ないので、他の方の意見も聞いてみたいです。
394 : ななしのよっしん :2015/06/07(日) 18:22:46 ID: GS6HB+Ngj1
>>393
いえ、こちらこそ色々ご意見ありがとうございます
一人で考えるとどうしても問題点に気付かない事も多いので。

レイラの項に関してですが、書いた内容が原作設定文で、しかもこれで割と削ってる状態なんですよね。
これ以上削るとなると理解に必要な部分まで削る事になりかねないので……

そこで、その内レイラの項も独立させてもいいかなぁとも考えています。レイラと同じく設定上のみの存在の魂魄妖忌も独立記事がありますし、少ないとはいえニコニコ動画上でもレイラが出てくる動画も少しはあるので駄記事にはならないと思っています。設定量だけなら妖忌に勝るとも劣らないものがありますし、考察も色々な方が深めているキャラでもありますしね。

他の方の意見は、まあ来た時に伺いましょう。
395 : ななしのよっしん :2015/06/15(月) 20:38:16 ID: UCTVXeipmZ
この姉妹弾幕はやっぱなれないな
Nでもドキドキする
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015