単語記事: プリパラ

編集
TOP画像、真中らぁら

プリパラとはタカラトミーアーツシンソフィアが共同開発したアーケードゲームであり。またそれを原作としたTVアニメ

TVアニメ39話~89話(2年)に関してはプリパラ 2nd seasonの記事を参照。

TVアニメ90話~(3年)に関してはプリパラ 3rd seasonの記事を参照。

概要

タカラトミーアーツが開発した新筐体、プリチケのローンチタイトル第1弾。

2010年から約4年間続いた『プリティーリズムシリーズの後継作であり、アーケードゲームアニメを中心とした『プリパラ』としてリニューアルされた。今作は前シリーズとは違い、アニメゲームの展開がほぼ同じ時期に行われている。

TVアニメ

テレビ東京系列6局・BSジャパンAT-Xにて2014年7月5日(土)より放送!
ニコニコ生放送では2014年7月18日() 19:00より放送、ニコニコ動画でも7月18日() 19:30より配信開始! 最新話は1週間無料視聴可。

監督は「おねがいマイメロディ」「探偵オペラミルキィホームズ」「ジュエルペットきら☆デコッ!」など、大体のカオスアニメの元である森脇真琴シリーズ構成にはテレ東系列の女児向けアニメで活動が多い土屋理敬が担当する。脚本はシリーズ構成土屋理敬のほか、ギャグアニメの脚本に定評のあるふでやすかずゆきを始めとして、福田裕子、中村子、大場ゆりの5人が担当する。
また、歴代プリティーリズムシリーズ監督を務めた菱田正和が、本作ではプリパラライブの演出を担当。ライブシーンで使われるCGも、過去作と較して格段にグレードアップしているのも大きな特徴である。

さらに、歴代プリティーリズムシリーズ伝統の「さり気なくられた大きな伏線」も健在で、「伝説アイドルユニットセインツ」「少女ボーカルドール」 「プリズムボイス」など、今後の展開に大きな影を与える要素が満載である。

2015年3月7日には劇場版、さらに2015年4月からは、新キャラを加えたアニメシリーズスタートしている。2年についてはニコニコでの配信を含め、微妙に放映スケジュールが変化しているので詳しくは当該記事(プリパラ 2nd season)を見よう。また2015年10月24日には全の劇場でライブ3D立体上映を行う「とびだすプリパラ み~んなでめざせ!アイドルグランプリ」が開されることとなった(名上は劇場版という位置づけだった3月のものとは異なりあくまでもライブ映像3Dで上映することに眼があてられた、アイカツ!でいうところのミュージックワードに近いものである)。
さらにあけて2016年3月12日に今度こそ全新作の劇場版プリパラ み~んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ」が、さらに2016年4月からは、新キャラを加えたアニメシリーズスタートしている(プリパラ 3rd season)。

動画の配信とニコニコ生放送での放送の存在に加え、事実上の前作であるプリティーリズムシリーズがすでにフルアニMAXなどで長年配信されていたこともあって、ニコニコユーザーにおける知名度は高い。一方で関連動画には妖怪ウォッチなどと同じくリアル年齢の先輩たちと思われるコメントも多くみられるので、見かけてもやさしく見守ってあげよう。

ストーリー

み~んなトモダチ!! み~んなアイドル!!

ある日お年ごろの女の子たちに届く招待状。
それはファッションダンス音楽といった女の子の夢と憧れが詰まった「プリパラ」の入場チケット。
そこでは毎日のように、歌やダンスファッションセンスを競い合うライブが開催され、その様子はTVネットを通じて世界中に発信される。
今やトップアイドルはこのプリパラから生まれるのだ。
主人公らぁらも友だちと同じくプリパラ興味々。 でもらぁらの学園では小学生プリパラは禁止…
ところがひょんなことからプリパラに初入場してしまったらぁらは、なりゆきからライブに出ることに。
どうなる、らぁらプリパラデビュー!?

――「プリパラ公式チャンネルより

登場キャラクター

注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

本作では、メインキャラCVi☆Risメンバーが担当している。
なお、i☆Risメンバーが演じるキャラの名前の頭文字を組み合わせると、それぞれ「ドレミドロシーレオナみれぃ)」「ソラシ(そふぃらぁらシオン)」となり、さらにファルルを加えるとドレミファソラシ」となる。 

SoLaMi♡SMILE 百アイコン

主人公であるらぁらが所属するユニットで、12話で北条そふぃの抱えていた問題を解決した結果結成された。

キャラクター  声優  概要
真中らぁら 百アイコン
(まなからぁら
茜屋日海夏(i☆Ris)

かしこまっ!でおなじみのこの物語主人公メインキャラクターの中では一人だけ小学生で最年少である。
プリパラ内では多少成長しも長くなった姿になる。

真中らぁら
真中らぁら
南みれぃ 百アイコン
みなみみれぃ
芹澤優(i☆Ris)

らぁらの所属するパプリカ学園の風紀委員長で同じくアイドル
プリパラの中ではアイドルとしての躍進のため、「~ぷり」という尾の誰だお前ポップキャラを演じている(2枚の画像左)。

南みれぃ
南みれぃ
北条そふぃ 百アイコン
(ほうじょうそふぃ
久保田未夢(i☆Ris)

プリパラを始めた当初のらぁらのあこがれの存在(画像左)。
当初はクールキャラを演じていたがこれはレッドフラッシュ梅干しのこと)の効果によるもので、らぁらたちとユニットを組んだ今は「ぷしゅー」が口癖の本来の姿でアイドルとして頑っている。

北条そふぃ

DressingPafé 百アイコン

14話で結成されたSoLaMi♡SMILEの半分ライバル半分友達のようなユニットである。
なお各所で英語表記とフランス語表記の2種類が混在しているが、公式サイトなどを見る限り最後はeではなくアクサンテギュのついたéのフランス語表記の方が正しいようだ(またDressingPaféの間にスペースを入れずに続けて書くのが正式な表記と思われる)。[1]

キャラクター  声優  概要
東堂シオン 百アイコン
(とうどうしおん
山北早紀(i☆Ris)

14話にて突如囲碁界からやってきてデビューしたアイドル(画像右)。
四字熟を多用するほか、もともと囲碁世界にいたので囲碁も多用する。

東堂シオン
ドロシー・ウェスト 百アイコン 澁谷梓希(i☆Ris)

カナダから来た双子アイドルの方(画像右)。
ボーイッシュかつ自意識過剰で口は悪いが、物語を通して成長していっている。

ドロシー・ウェスト
レオナ・ウェスト 百アイコン 若井友希(i☆Ris)

カナダから来た双子アイドルの方。
なぜ男子である彼のもとにプリチケが届いたかはいまだもって不明であるが、そのうち理由が説明される日が来るのだろうか…?

レオナ・ウェスト

ボーカルドール

キャラクター  声優  概要
ファルル 百アイコン
少女ボーカルドール
赤﨑千夏

1話からたびたび姿を現していたが26話にてデビューし、一気にスターダムに躍り出たの存在「ボーカルドール」。
その正体も極めて特殊なものであり、1年最後の試練となった。
2年にもゲスト的な扱いで登場する。

ファルル

その他のアイドル

キャラクター  声優  概要
北条コスモ 百アイコン
(ほうじょうこすも)
山本希望

北条そふぃで前作でもどこかで見たような気がするあの人。
彼女が重要な役割を演じる前作のゲームの話も含め、詳しくは彼女の記事で。

定子
(さだこ)
楠田亜衣奈

そふぃ様親衛隊」のリーダーで通称「ガーディアン定子」。
当初は本来のそふぃを守るため親衛隊を率いるが、現在はSoLaMi♡SMILEに彼女を託して応援にまわっている。

ちゃん子 百アイコン
ちゃんこ
赤崎千夏

そふぃ様親衛隊」のメンバー
基本的には定子と同じだが、中の人中の人なのでサブキャラの中で筐体にも出てくる数少ないキャラとなっている。

大神田グロリア 百アイコン
(おおかんだぐろりあ)
高乃麗
津田美波・(幼少期)

私立パプリカ学園の校長で、この見ただがまだ30
当初はある過去からプリパラと友達という存在を憎み、プリパラで活動を続けるらぁらたちの障となるキャラであったが、その事件が解決した結果現在は当の本人も「~グロという尾でプリパラの中でアイドルとして活動している。

大神田グロリア
なお 南條愛乃

小学部におけるらぁらの友達。さらに付け加えるとらぁらとは誕生日も同じ11月20日とどこかのの導きを感じるような深いつながりがある。
1話で校長プリチケを没収されてしまったためプリパラに行けず、そのせいでプリパラに通うらぁらと一着あったりもしたが、校長心した結果プリチケを取り戻し、今ではプリパラの中でもお互い友情をはぐくんでいる。
ゲーム未登場キャラだが、実は裏でCG班がコツコツとCGモデルを作成していた。

なお
栄子百アイコン
(えいこ)
ブリドカットセーラ恵美

らぁらファン1号
最初の頃にはちょっとしたトラブルもあったがこれまでずっとらぁらと仲良くしている一方、本人はテニス部員仲間なぎさCV山本希望のどかCV:田中美海と共にユニットを組み活動している。
視聴者から妙な扱いを受けている気もするがたぶん気のせい。

栄子

(とちおとめらぶ)
森下

4話での栄子の対戦相手だったがそのまま友達になり、彼女の後押しもあって10話でプリパラデビューした。
コンプレックスとなっていた長身プリパラの中ではモデルと転じアイドル「栃クールラブリー」として活躍する一方、極度の恥ずかしがり屋でテンパると素振りを始めたりするのはそのままである。

栃乙女愛
香川いろは
(かがわいろは
大久保瑠美

もともと囲碁におけるシオンライバルであったが、彼女を追いかけて28話にてプリパラデビューした(画像右)。
他のキャラとは逆に、現実世界での姿が極めて奇抜としか言いようがない一方、プリパラの中では金髪の落ち着いた姿をしている。
シオンと和解後はたびたび彼女たちに協する。

香川いろは
ななみ 百アイコン 南條愛乃

バラエティみれぃチームを組んだアイドルで、「キュピコン」が口癖というみれぃをさらに越する強キャラ
その後も「ピンクアクトレス」として活動する姿をときどき見かけることができる。

new&mew
にゅーみゅー
榎あづさ(new)
高橋未奈美mew)

プリパラ歴10年のベテラン高校生デュオ[2]。当初はウサギの紹介でそふぃチームを組むことになっていたが格下の中学生サイドを務めることには不満を露わにしていた。
そふぃらぁらみれぃのもとに行った後、演歌アイドル子(CV原島の圧倒的存在感に惹かれてチームを組むが、子の衣装のパーツとして取り込まれてしまう。しかも徐々に染んできているのか、登場する度に同化現が進行している。一応分離も可なようだ。

はなな 下屋則子(13話)
米澤円(81話)

まだデビューしたてのピカピカ研究生で眼鏡がないとよく見えないらしい。
13話で恥ずかしがりながらも憧れのらぁらトモチケを交換し、彼女たちが自分たちのユニットSoLaMi♡SMILEと名付けるきっかけとなった。
時々いてはいけないはずの状況でも出てきたりする。

徳田ねね
(とくだねね
南條愛乃

パプリカ学園の新聞部に所属する。
当初は憧れだったコガ先輩CV:武内駿輔アイドルオタクだった逆恨みから校長に協してプリパラで密偵活動を行っていたが、らぁらたちと和解し今はアイドルとして活動している。
しかしそれ以降も、持ち前のマスコミ魂が現実の人間関係に勝っているようだ。

徳田ねね
蘭たん
(らんたん)
いのくちゆか

17話でのハロウィン中にらぁらが出会ったアイドル
お化けに憧れていて人を怖がらせようとしてもいつも笑われていたが、らぁらと協して自信をつけることができた。
基本的にはハロウィンシーズン限定キャラであり他のサブキャラクターべ極端に出番が少ないが、あるOPでこっそりSoLaMi♡SMILEチームを組んでいたりする。

蘭たん

マスコット

キャラクター  声優  概要
クマ[3] 鈴木千尋

らぁらたちのマネージャーを務めているマスコット
過去には「マスコットの墓場」に行く直前にまで至ったこともある落ちこぼれで、どちらかといえば自分の立身出世が一番のお調子キャラだが、自分が抱えるSoLaMi♡SMILEの3人のことは大切に扱っている。
好物は青汁

クマ
ウサギ[4] 寺島拓篤

現在ではシオンたちのマネージャーを務めている(かつてはそふぃマネージャーだった)マスコット
当初はクマとはべ物にならない敏腕マネージャーだったが、それはそふぃの意志をまるで視して彼女に活動を強いるものであり、このアニメでは数少ない悪寄りのキャラクターであった。
その後そふぃらぁらたちのもとに走ったことで落ちぶれ、打倒SoLaMi♡SMILEを企ててDressingPaféを結成するも、アクの強い彼女たちに振り回された結果丸くなり、今ではクマとお互い悪態をつきながらもなんだかんだ仲はいい様子である。

ニコン[5] 大谷育江

ファルルマネージャーを務めているマスコット
プリパラの中でも特別な役割を与えられたクマウサギよりもさらに上位のマスコットだが、「~でちゅ」という尾ですごく口が悪い。
パラダイスコーデをらせる研究の際に出会ったファルルをとても大切にしているが、彼女の身を案じるあまり友達という存在を毛嫌いし多少束縛的な接し方をしていた。
現在では復活した「めざめのファルル」ともどもプリパリに移っている。

その他のキャラクター

キャラクター  声優  概要
赤井めが姉ぇ 百アイコン
あかいめがねぇ)
伊藤かな恵

シリーズ通しておなじみのあの人。またまた微妙デザインが変更されている。
これまでにべると仮想間を運営するシステムの一種的な側面が強くなり、基本一人しか現れなかった過去作に対して大量に存在し、また自分の意志・感情のようなものもあまり見えなくなり機械的な存在となった。

赤井めが兄ぃ 百アイコン
あかいめがにぃ)
諏訪部順一

プリパラから新しく加わった「眼鏡」の人。めがぇと異なり彼は一人しか存在しないようだ。
プリパラの中でVIP御用達ショップ店長をしている一方でアイドルたちのために作曲活動も行っている。めがぇにべると感情表現が多様で、本人は全に大二枚目なのにネタよりのイケメンキャラとなっている。
眼鏡からは「めがホログラメーション」でホロラム映像投影できる。

雨宮春希 百アイコン
(あまみやはるき)
粕谷雄太

パプリカ学園の紀副委員長
見た間からアイドルみれぃ南みれぃであることに気づき、彼女への好意もあって陰ながら応援しているが若干回り気味。しかしなんだかんだみれぃが悩んでいるときそれを打開するきっかけとなっている。

らぁらママ 佐久間レイ
米澤円
(幼少期)

読んで字のごとくらぁらママ
グロリア過去に大きく関わり、それが解消された今は彼女ほどでないにしろプリパラの中でアイドルとして活動する姿がたびたび見られる。

真中のん 百アイコン
(まなかのん
田中美海

らぁら(画像左)。
とは逆に計算高いしっかり者。最初はピンクアクトレスファンだったがファルルデビューした後は「ファルル様」と彼女のことを応援している。ファルル立って以降は推すアイドルコロコロ変わり、意外とミーハーのようだ。しかしそれとは別にらぁらのことも心から応援している。
3rd seasonではついにアイドルとしてデビューするが・・・

真中のん

TVアニメ2期初登場キャラ

詳細は当該記事(プリパラ 2nd season)の方で。

TVアニメ3期初登場キャラ

詳細は当該記事(プリパラ 3rd season)の方で。

スタッフ

主題歌

その他、挿入歌、ゲーム楽曲に関しては『プリパラの楽曲一覧』の記事参照。

オープニングテーマMake it!百アイコン
作詞キャス / 作曲編曲渡辺徹 / 歌:i☆Ris 
エンディングテーマJumpin‘! Dancin’!」
作詞NOBE / 作曲michitomo / 編曲KOJI Oba / 歌:Prizmmy☆ 
オープニングテーマミラクル☆パラダイス」 百アイコン
作詞:桑実沙・キャス / 作曲:桑実沙 / 編曲渡辺徹 / 歌:i☆Ris
エンディングテーマキラキラウェイ
作詞NOBE / 作曲michitomo / 編曲KOJI Oba / 歌:PrismBox
オープニングテーマRealize!百アイコン
作詞板倉孝徳 / 作曲板倉孝徳 / 編曲板倉孝徳 / 歌:i☆Ris
エンディングテーマ「I Just Wanna Be With You~仮想(ヴァーチャル)と真実リアル)の狭間で~」
作詞:池伸人 / 作曲小室哲哉 / 編曲Shinnosuke / 歌:Prizmmy☆

各話リスト

1クール目2クール目▼3クール目▼

話数 サブタイトル 脚本 配信日 動画
第1話 アイドル始めちゃいました! 土屋理敬 2014年
7月18日
第2話 約束ぶっちゃダメぷりっ 7月25日
第3話 チーム解散?困るクマ~! 福田裕子 8月 1日
第4話 かしこま!元気 For You ふでやすかずゆき 8月 8日
第5話 あたしそふぃさんと歌いたいワニ 中村 8月15日
第6話 異議ありらぁらがウチにやってきたっぷり! 土屋理敬 8月22日
第7話 レッドフラッシュを探して・・・ 大場ゆり 8月29日
第8話 キドキ!だ!水着だ!プールかしこまっ♪ 福田裕子 9月 5日
第9話 ときめきアイドル集合 中村 9月12日
第10話 ラブリーライブ ふでやすかずゆき 9月19日
第11話 どうする? どうなる!? 3人!!! 大場ゆり 9月26日
第12話 はばたけ、そふぃ 福田裕子 10月 3日
第13話 見て笑って♡ チーム名発表! 中村 10月10日

1クール目▲2クール目3クール目▼

話数 サブタイトル 脚本 配信日 動画
第14話 ライバル登場! イゴ、よろしく!! ふでやすかずゆき 2014年
10月17日
第15話 一触即発? シオンVSみれぃぷりっ! 大場ゆり 10月24日
第16話 特ダネ! らぁらのヒミツばれちゃった!? 福田裕子 10月31日
17 恐怖のハロウィンジャック・OH! 蘭たん!? ふでやすかずゆき 11月 7日
第18話 レオナ、全ダッシュなの! 中村 11月14日
第19話 みれぃクマ、運命の出会いぷりクマ 大場ゆり 11月21日
20 パスタVS忍者ニンジャ)! 土屋理敬 11月28日
21 解散!?そふぃ様親衛隊 福田裕子 12月 5日
22 学園祭でライブクマ~! ふでやすかずゆき 12月12日
23 プリパラ最後の日でっすわ! 中村 12月19日
第24話 さよならプリパラ 大場ゆり 12月26日
25 クリスマスプレゼントフォーユー! 土屋理敬 2015年
1月 2日
第26話 いよいよあの子がデビューでちゅ 福田裕子 1月 9日

1クール目▲2クール目▲3クール目

話数 サブタイトル 脚本 配信日 動画
第27話 あけおめかしこま! ふでやすかずゆき 2015年
1月23日
28 プリパラ囲碁パンダでございます 中村 1月30日
第29話 EZ DO グロササイズ 福田裕子 2月 6日
30 キドキ!パラダイスコーデはのもの!? 土屋理敬 2月13日
31 スマイル!そらみ♡スマイル 大場ゆり 2月20日
32 みれぃ、ぷりやめるってよ ふでやすかずゆき 2月27日
第33話 らぁらのこと、おしえて 土屋理敬 3月 6日
34 ファルルトモダチ 中村 3月13日
35 最後のステージバトル 福田裕子 3月20日
第36話 ファルル覚めるでちゅーっ!! ふでやすかずゆき 3月27日
37 奇跡よ起これ!ミラルライブ 大場ゆり 4月 3日
第38話 み~んなトモダチかしこま! 中村 4月10日

1クール目▲2クール目▲3クール目▲

海外版

プリティーリズムの後を引き継ぐ形で、2015年より台湾香港で『楽園』の題で放映されている。

劇場版

劇場版プリパラ み〜んなあつまれ!プリズム☆ツアーズ

とびだすプリパラ み~んなでめざせ!アイドル☆グランプリ

プリパラ み~んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ

詳細は当該記事(1作劇場版プリパラ み〜んなあつまれ!プリズム☆ツアーズ、2作プリパラ 2nd season、3作プリパラ み〜んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ)の方で。

ゲームとしてのプリパラ

「プリパラ」とは

上述のとおり、新筐体「プリチケ筐体」のローンチタイトル第1弾として開発され、2014年6月下旬から全各地で「カウントダウンロケテスト」が先行開始。2014年7月10日から本格稼働が開始された。
開発はもちろん、歴代プリティーリズムシリーズと同じくタカラトミーアーツシンソフィア。
プリティーリズムシリーズではリカちゃんのようなキャラクターデザインであったものが、今作ではテレビアニメ(後述)と同時連動であることもあって、アニメ系のキャラクターデザインに変更されている(同じアニメデザインで競合作であった『アイカツ!』を意識したとも言われている)。

年齢は3~12歳で、コアターゲットは5.5~7歳。競合とされる『アイカツ!』は発売元の他作品の棲み分けの関係で、対年齢は6~9歳(コアターゲット7~8歳)なので、全に年齢層が被ってる訳ではないようである(刊トイジャーナルNo.1267より)。

基本的にはこれまでのプリティーリズムシリーズと同じく、着せるアイテムを手持ちから選んでスキャンし、自分の好きなの組み合わせで自分の作成したマイキャラライブを行わせるゲーム(基本1回100円)。ライブは基本的に画面の示に合わせてボタンを押すという単純なものだが(これまでと違い長押しなどはし)、「サイリウムチェンジ」、「サイリウムエアリー」時には連打要素がある。そしてライブが終わると新たなアイテムなども含めた後述の「プリチケ」が排出される・・・というのが一連の流れである(この際一定回まで100円を投入した回数分新たな「プリチケ」を得ることができる)。

これまでのプリティーリズムシリーズと大きく異なる点として、オレカバトルと同じ「カード印刷・排出方式」を、女児向けアーケードゲームとして初めて導入した点が挙げられる。
また、写真撮影機も搭載しており、これにより「世界に一枚だけの、自分だけのプリチケ(チケット)」が作れる!」という夢のような機が実現したのである(ちなみに写真撮影はスキップすることも可)。

さらに、印刷・排出されたプリチケは、マイキャラデータが入った「トモチケ」と「マイチケ」に分離が可で、「トモチケ」は、文字通り友達と交換することで、その友達のマイキャラを、自分がセンターアイドルチームメンバーに加えて編成できる。「マイチケ」はマイキャラのコーデだけでなく、自分のアイドルランク経験値(いいね)など、様々なデータQRコードで印刷されている。
ちなみに「トモチケ」を用いることでいいねボーナスが加算されるのだが、高得点が得られる「トモチケ」はそう簡単に出会えるものじゃないので、別のマイキャラ(所謂副垢)を作成する人もいる(副垢を作成すること自体は問題ないらしく、実際副垢を基にしたアイドルアニメに登場している)。

これに加え、筐体にはマルチスキャナを搭載。歴代プリティーリズムシリーズの「プリズムストーン」のほとんど(トップス・ワンピース、ボトムス、シューズの3種類)が読み込み可で、事実、本格稼働開始前に全各地で開催されたカウントダウンロケテストでは、プリズムストーンを持参した女の子をはじめとするプレイヤー達(プリティーリズムからの出戻り組)が全各地で見かけられた。

さらに入手したコーデは、ライブ後の「プリズムストーンショップ」で、スターを用いてレベルを上げることが可で、レベルシルバーゴールドプリズムの順に高くなり、お気に入りのコーデをコツコツとレベル上げすれば、コーデだけでも高得点のブーストが可となる(もちろん、元になるコーデのレアリティが高ければ、更に上乗せすることも可なのは言うまでもない)。

例えばセブンスコーデや、前作などで長い間用していたお気に入りのコーデ一式などのストーンをプリチケ化し、これを使ってライブを行い、後でスターを使ってレベルを上げてプリズムレベルまで強化する…なんて事も可なのだ。
まさに、カード印刷式にしたプリパラならではの機であると言えるだろう。

しかし、経年劣化ということでプリズムストーンとの交換機は、残念ながら2015 2ndライブを最後にされることに(一応後述の3DSゲームによってプリティーリズムのコーデ自体はすべて使用することはできる)。
また、上述したスターランクアップ1弾でのスターランク止により削除された。

ベースとなっているプリチケ筐体は縦長ワイド画面を標準装備しており、大迫ライブが堪できる。また「4GLTE通信機」も搭載されており、オンラインを用いた全ランキングや、限定コーデなどのコンテンツ配信、アップデートなどにも対応している。

また筐体自体は共通筐体として開発されており、プリパラの肝であるライト内蔵カメラが外付け式になっていることから、将来的には、男児向けの「ブキガミ」に改造キットを用いる事でカメラが装備され、コナミで言うところの「ドラゴンコレクションの筐体でオレカバトル、オトカドールが遊べる」ように、ブキガミ筐体でプリパラも遊べるようになったり、ブキガミからプリパラ改造した筐体が出回るものと思われる。ぶっちゃけカウントダウンロケテではブキガミの方が全然人気なかったし。

………と思ったら、本当にブキガミ筐体をコンバートした簡易版プリパラプリパラライト」筐体が10月中旬から稼働を開始した。詳細は後述。

ちなみにプリパラで作成できるマイキャラCVは、なんと歴代プリティーリズムシリーズ主人公CVを担当した阿澄佳奈オーロラドリーム春音あいら役)、大久保瑠美ディアマイフューチャー・上葉みあ役)、加藤英美里レインボーライブ彩瀬なる役)に加え、伊藤かな恵赤井めが姉ぇ役、オーロラドリーム/ディアマイフューチャー久里須かなめ役、ディアマイフューチャー・ヘイン役など)が担当しており、まさに歴代シリーズファンにとっては嬉しいファンサービスと言えるだろう。

なお、担当CVはマイキャラタイプによって決まっているので、マイキャラ作成の参考にしていただければ幸いである。詳細は以下のとおり。

プレイ楽曲

筐体でプレイできる楽曲については「プリパラの楽曲一覧」を参照。

使用可能キャラ

ライブで選択できるプレイヤーキャラクターは自身が作成したマイキャラのほか、テレビアニメ(前述)に登場する以下のキャラクターが選択可
なお、トモチケについてはプレイヤーキャラクターとの同一キャラクター、ならびに既に読み込んだトモチケと同一キャラクター読み込みはできない(「ファルル」と「(新しい)ファルル」、「みれぃ」と「みなみみれぃ」は同一キャラクター扱い)。ただし、「めがねぇ」は例外で何枚でも読み込み可である。また、「じゅのん」と「ぴのん」は別キャラクター扱いである。

キャラクター CV 初登場時期 備考
らぁら 茜屋日海夏 2014 1stライブ7月
みれぃ 芹澤優
そふぃ 久保田未夢 2014 1stライブ9月
シオン 山北早紀 2014 2ndライブ10月
ドロシー 澁谷梓希 2014 2ndライブ11月
レオナ 若井友希
ファルル 赤崎千夏 2014 2ndライブ12月 2015 1stライブプレイヤーキャラクターから外されるが、2015 3rdライブ8月での
期間限定登場を経て、4thライブ11月からプレイヤーキャラクターに復帰。
コスモ 山本希望 2014-2015
3rdライブ1月
(新しい)
ファルル
赤崎千夏 2014-2015
3rdライブ3月
覚めのファルル
2015 1stライブプレイヤーキャラクターから外されるが、2015 3rdライブ8月での
期間限定登場を経て、4thライブ11月からプレイヤーキャラクターに復帰。
みかん 渡部優衣 2015 1stライブ
あろま 牧野由依 2015 2ndライブ
ふわり 佐藤あずさ 2015 3rdライブ
みなみみれぃ 芹澤優 2015 3rdライブ9月 制服姿のみれぃ。当初は期間限定で、2015 4thライブより通常選択可となった。
あじみ 上田麗奈 2015 4thライブ
ひびき 斎賀みつき 2015 5thライブ
めがねぇ 伊藤かな恵 6thライブ 2016年1月20日~。
ガァルル 真田アサミ 2016年2月14日~。
じゅのん 田中美海 1弾 2016年4月2日~。
ぴのん 田中美海 2016年4月28日~。
かのん 田中美海 2弾

「プリパラ」のこれまで

上述の通り2014年7月10日から本格的に稼働したプリパラ。さらに7月下旬のマイナーアップデートでは、アニメにも登場するスカトマスコットのクマボイスが、そして8月下旬のマイナーアップデートからは、らぁらみれぃそふぃなどのメインキャラボイスがそれぞれ順次大量に追加されている。
特に「よみこみちゅう」の時のボイスは、クマメインキャラ達の掛け合いや、アニメを観ているファンにはニヤリとさせられる「あのキャラ」のボイスも満載なのでファン必聴である。
これに加え、同じ8月下旬のマイナーアップデートでは、i☆Risの「Make it!」のダンスの振りが、i☆Risの実際のダンスと同じモーションに修正され、演出も格段にパワーアップしている。

というわけで、アップデートを重ねるごとに、本作が確実に進化を遂げてきているのがおわかりいただけるだろうか。
そして7月には、本格稼働開始後5日から登録ユーザー数が10万人を突破。9月には、本格稼働開始から2ヶ足らずという期間にも関わらず、なんと登録ユーザー数が50万人を突破したことが発表された。当初は「半年で登録ユーザー50万人」を標にしていたとのことだが、まさに予想以上の大盛況ぶりである。

9月にはそふぃが本格参戦。さらに10月からのメジャーアップデートとなる「2014 2ndライブ 10月」からは東堂シオンが参戦。11月からはドロシー・ウェストレオナ・ウェストといった、らぁら達のライバルチームDressingPafé」の本格参戦や、メジャーアイドルランクも開放された。12月にはファルルが参戦した。

そして2015年1月には登録ユーザー数が100万人に達した。これは日本僧侶の3倍の数である。

そんな年が明けた2015年1月からのメジャーアップデート2014-2015 3rdライブ 1月」からは北条コスモが参戦し、トップアイドルランクが開放。さらにマイマネージャーシステムが導入された。2月にはアニメと連動してパラダイスコーデ、映画と連動してセインツコーデが入手できた。3月にはアニメに先行する形でめざめのファルルが参戦し、さらにランクであるぜったいアイドルが解放された。

2015年4月からはさらに「2015 1stライブ 4月」にアップデートアニメの2年からの新キャラ白玉みかんの参戦、マイマネージャーシステムの本格導入、さらに上位のランクであるファンタジスタアイドルの開放に加え、従来のライブとは異なる「ドリームシアター」が追加された。

6月からは「2015 2ndライブ」となり黒須あろまの参戦、上位ランクであるかがやきアイドルの開放に加え、ドリームシアターにおける5人の「ドリームチーム」によるライブと「サイリウムエアリー」が追加された。

そして2015年6月には登録ユーザー数が160万人に達した。これはスペインバルセロナと同じ規模の数である。

8月からは「2015 3rdライブ」となり緑風ふわりの参戦、上位ランクであるむてきのアイドルの開放に加え、ドリームシアターチャームベルが追加され、また期間限定でファルル現実世界での南みれぃで遊ぶことができた。

10月からは「2015 4thライブ」となり黄木あじみ、また期間限定キャラだった南みれぃの参戦、上位ランクであるでんせつのアイドルの開放に加え、ガチャキャラトモチケやマイキャラパーツにこれまで3DSを用いてのみ使用できなかったメガネなどが新たに導入される。11月からは期間限定キャラだったファルルが再び復活した。

そして2015年10月にはタカラトミー想定の2倍の速度で登録ユーザー数が200万人を突破。現在は1分間に3人の割合でプリパラアイドルが新たに誕生しており、2010年度の栃木県総人口とほぼ同じ規模の数である。

11月末からは「2015 5thライブ」となり満を持して紫京院ひびきの参戦、上位ランクであるキセキアイドルの開放に加え、レアコーデゲットの際の特殊フレームハートダイヤ、マイドリチケ機など細かいバージョンアップがされた。

さらに年が明けた2016年1月からは「2015 6thライブ」となり追加キャラ赤井めが姉ぇガァルルの参戦というサプライズで締めることとなった。さらに上位ランクあるえいえんのアイドルの開放に加え、チームラウェイの導入でランウェイ部分に新たな意味合いが与えられ差別化されることに。

2016年3月から2015シリーズラストを「ドリームパレード!」が飾ることとなり、上位ランクであるドリームアイドルが開放された。この時点で登録ユーザー数が240万人を突破。タカラトミーからは「メインターゲットである女児に換算すれば普及率ほぼ100%」と言われるまでになった。

2016年4月からは「1弾」にアップデートされ、プリチケの仕組みを変更(新たなボーナス設定によるスターランク止、マネージャーの区別しにマイチケの使用を開放)、リズムゲーム部分のリニューアルボーナスゲームチャレンジライブ」の登場と言ったシステムの根幹部分の定義づけの変更や、新たなアイテム「ジュエル」の登場による、筐体とガチャが連動した「ガチャスポット対応機」の登場、じゅのんぴのんが新しく追加されると言った大幅なアップデートとなった。

2016年6月には「2弾」にアップデートプリズムストーンショップリニューアルプリチケデザイン変更などが実施され、新たにかのんが追加された。また、タカラトミー想定の1.5倍の速度で登録ユーザー数が300万人を突破。これは大阪市の人口を上回る

今後もさらに筐体の稼働は続き、すでに「3弾」のアップデートが予定されているなど、今後のさらなる進化により大きな期待がかかる。

簡易版プリパラ「プリパラライト」について

2014年10月中旬から新たに稼働を開始したプリパラの簡易版筐体で、前述のようにブキガミ筐体をプリパラ仕様にコンバート(改造)したものになっている。
ライト筐体は、通常ピンクラインの筐体と区別するためライン印になっており、ブキガミ筐体を元にしているため以下の仕様省略されている。

これら以外はピンクの通常筐体と同じ仕様なので、ミルフィーコレクションやプロモイチケも問題なく使える。
現在、このライト筐体はイオン系店舗にあるアミューズメント施設「モーリーファンタジー」で通常セットで先行配備されており、また家電量販店ゲーセンでも、ブキガミ筐体を装する形で、徐々にではあるが配備が進んでいる。

なお余談だが、筐体を共通化して、インカムが不振の筐体を別の人気ゲーム筐体に改造する事は、アーケードゲームでは昔からよく見かけられる事である。

2015年6月ブキガミが7月いっぱいで稼働停止することが発表されたため、残ったブキガミもプリパラライトへの改造が実施された。

その後、プリパラプリパラライトが問題く併存していたのだが、「僕のヒーローアカデミア 激突!ヒーローズバトル」が2016年4月28日より稼働することとなり、プリパラライトを「僕のヒーローアカデミア 激突!ヒーローズバトル」に改造する関係で、一部のプリパラライトが同より稼働を終了している。なお、改造は「僕のヒーローアカデミア 激突!ヒーローズバトル」を稼働する店舗のプリパラライトであり、その他の店舗のプリパラライトは基本的に稼働を継続している。
おそらく、ブキガミを全てプリパラライトにしてしまったため、店舗によっては過剰な台数になってしまったこと、28日よりガチャスポット対応機が稼働することによる置き換えのための措置とみられる。

「神ガチャスポット」について

2016年4月28日より稼働を開始したスポットで、プリパラの筐体の間にガチャガチャが設置されている。原則として「プリパラ」をガチャガチャと連動させたものであるが、ごく一部「プリパラライト」を連動させている店舗もある。

仕組みとしてはコーデを読みこませる際に、その筐体で初めて読み込む「ジュエル」をスキャンすると、最後に「ガチャルーレット」が回せるようになり、「大当たり」が出ると無料非売品の「ジュエル」が入っているガチャガチャを回せるようになると言うもの。
ただし、ルーレットについては押しが困難なものであるため、「大当たり」が出るのは低確率である。

なお、ガチャスポット対応機については原則として普通ガチャガチャが存在するような、デパート玩具売場に設置されることが多いため、ユーザーによっては多少ガチャガチャに参加しづらい状況になっていることがあるほか、地方だと「ガチャスポット」が1県に1つしかいと言うこともあって、そもそもガチャを回すチャンスすらないと言う状況も起きている。

「ジュエル」自体も問題が起きており、収録されているのは「サイリウムジュエルマイク」「ジュエル&コーデセット」「ジュエルパック」の3種類なのだが、このうち「ジュエルパック」が品薄になってしまっていることで、ジュエル自体が入手しづらい状況である(ジュエルの数が少ない場合、全てのジュエルスキャンしてしまって、ガチャを回せなくなると言うことも起きる)。
ただし、その後「ジュエルパック」は再入荷がされたため、品薄はある程度は解消されている。

店舗展開

プリズムストーン プリパラショップ』が全各地で営業している。詳細はPrism Stoneを参照。

海外での展開

2015年頃より、プリティーリズムと置き換える形で台湾香港においてゲームの展開も行われている。
印刷機を持たない簡易版の筐体が使用されており、プレイそのものは無料、コーデアイテムは店頭でパック入りで販売される。
マイキャラトモチケのデータ管理はスマートフォンの専用アプリを介して行われる。
アイテム名等には現地からの要望により、意図的に日本語が残されている。

筐体以外のゲーム

ニンテンドー3DS

プリパラ&プリティーリズムプリパラでつかえるおしゃれアイテム1450!

1作にあたるのが、2015年3月19日に発売された『プリパラプリティーリズムプリパラでつかえるおしゃれアイテム1450!』であり、これは実質的には『プリティーリズム・レインボーライブきらきらマイデザイン』のパワーアップ版ともいえる存在である。具体的にはプリティーリズムシステムを基盤としつつ、『~デザイン』の要素に加えて真中らぁら速水ヒロと両者の関連曲が使用できるようになり、それに関連してらぁらプレイヤーキャラプリティーリズム世界に飛ばされ、そこでプリズムショーを学んでいくという追加シナリオが収録された。

このゲームの最大の特徴は、プリティーリズムのコーデがすべて収録されており(一部使用できないコーデがあったがアップデートで解決した)、それを自在に組み合わせてプリパラ筐体で使用できるという、実質筐体のユーティリティとして機する点にある。なお、あくまでも申し訳程度にプリパラのコーデも数着収録されている。

プリパラ めざせ!アイドル☆グランプリNo.1!

2作にあたるのが、2015年10月22日に発売される『プリパラ めざせ!アイドルグランプリNo.1!』であり、オリジナルサイリウムコーデが作れる、ゲームオリジナルの筐体でも利用できるマイキャラパーツ収録など今作からようやくプリパラシステムを基盤にしたゲームになる。

筐体にべてダウングレードしてはいるものの、遊び方はサイリウムチェンジを除けば基本的にはプリパラそのままである。またおなじみのランウェイや様々なミニゲームなども収録されており、ライブ以外にプリパラ内でどのようなアイドル活動が行われているかが初めて明らかになった。

メインストーリーにはそれぞれのキャラクターとの個別のストーリーも収録されており、両者を交互に進めていく形式となっている。収録されているキャラは発売日に筐体で実装されていたものに限るが(めざめのファルルストーリーに登場するが使えない)、期間限定だっためざめのファルル、当時まだ未実装だった紫京院ひびきは筐体から、委員長状態のみなみみれぃは「とびだす~」のパンレットから、それぞれQRコード読み込みという形で使えるようになる(旧ファルルは未登場)。またあからさまなスペースから予想されていたとおり、ひびきは個別ストーリーも同時に追加されることに。
収録曲は2015 3rdライブまでのすべてのドリームシアター曲と筐体限定曲、新OPの「ブライトファンタジー」となっており、アニメに登場するライブ曲はほぼ未収録だが一応黄木あじみ紫京院ひびき以外は自分のテーマ曲で遊ぶことができる。

また前作同様ゲーム内で手に入れたコーデは筐体でも利用でき、ユーティリティとして機する点は依然変わらない。収録コーデは300弱と全体のごく一部に限るが、各キャラに縁深いものが基本的に入っているのでレアリティの高いものが多く、またそれ以外もごく初期のアイテムが選抜されており、どちらかといえば新規ユーザーにやさしいものとなっている。

アプリ

2015年7月にはandroidで、10月にはiOSで『プリパラプリチケメーカー』という筐体との連動アプリが配信された。これは過去に使用したコーデを自由に組み合わせ、筐体に読み込ませることでそのコーデを使用してゲームを遊べ、任意のポーズでのプリチケを排出させるというものである。
その性質上コーデシミュレーターとしても使える優れものであるが、一部のポーズ背景は要課金となっている。

先述の海外プリパラアプリも一応ダウンロードではあるが、当然ながら日本の筐体とは連動できない。神経衰弱アプリとしては使えなくもない。

その他メディア展開

ミュージカル

2015年8月に行われたちゃおサマーフェスティバル2015横浜会場において、ライブミュージカル『「プリパラ」み~んなにとどけ!プリズムボイス』が発表された。アニメと同じく、i☆Risの6人がキャラを演じるが、いつものライブでは装までなのに対し今回はキャラビジュアルまで再現している。なお、オリジナルキャストが務めるのは上記6人のみで、ファルル役はせいら、栄子役小原春香ちゃん子クマ役は。またオリジナルキャラとしてSKE48高柳明音が演じる青井めがぇ、山田親太朗が演じる青井めがぃが登場する。2016年2月4日~7日に全8回演。

ライブミュージカルの題通り、どちらかというとライブ題としつつ、これまでのプリパラライブに加えてアニメ物語要素を再現していくという性格の企画である。

ストーリー

ライブに遅刻しそうになり「PrismStone」へ急ぐらぁら。急いで到着したものの、いつものパラ宿店はなんとお休み!
親切なめがぇ、めがぃに案内されてロッポンギ店からプリズムツアーズで1時間前の過去にさかのぼることに。
ところがめがぃのドジで、到着したのは1時間前ではなく1年前のまだプリパラが禁止されていた過去だった・・!
現代に戻るため、らぁらはこれまでの大事な場面を一つ一つ再現していくことに―――

――公式サイトより

コミカライズ

ひつじちゃおおよび公式ファンブック)、菊田みちよ(ぷっちぐみ)の2人によってコミカライズされている。

前者は長らくちゃお増刊号のオールカラーコミックスという形でしか読めなかったが、2016年4月28日ちゃおコミックススペシャルより単行本が発売された(ただし、単行本はちゃおと同じく掲載である)。

後者に関してはいまだなお通常のコミック形態では流通しておらず、ぷっちぐみベスト!!の「プリパラまんが&コーデカタログ」で1~5話と描きおろしの6話を読むことができる(なお、6話については「ぷっちぐみ」連載版と「ぷっちぐみベスト!!」収録版で多少内容が異なる)。

ノベライズ

脚本家のひとりである福田裕子が文を、上述のちゃお版のコミカライズを担当しているひつじが挿絵を担当している、アニメの1クールを扱う小説版がちゃおノベルズから発売されている。

関連動画

関連静画

関連チャンネル

関連生放送

関連商品

avex通販サイト「アニミュウモ」を利用するオリジナル特典あり

DVD

巻数 収録話 発売日 DVD
Stage.1 1話、2話 2014年10月24日 ニコニコ市場
Stage.2 3話~5話 2014年11月 7日 ニコニコ市場
Stage.3 6話~8話 2014年12月 5日 ニコニコ市場
Stage.4 9話~11話 2015年 1月 9日 ニコニコ市場
Stage.5 12話~14話 2015年 2月 6日 ニコニコ市場
Stage.6 15話~17 2015年 3月 6日 ニコニコ市場
Stage.7 18話~20 2015年 4月 3日 ニコニコ市場
Stage.8 21話~23 2015年 5月 8日 ニコニコ市場
Stage.9 24話~26話 2015年 6月 5日  ニコニコ市場
Stage.10 27話~29話 2015年 7月 3日 ニコニコ市場
Stage.11 30話~32 2015年 8月 7日 ニコニコ市場
Stage.12 33話~35 2015年 9月 4日 ニコニコ市場
Stage.13 36話~38話 2015年10月 2日 ニコニコ市場

BD

2016年4月29日BDBOXが発売される。

映像ソフト以外の商品

CD

なお、今回のミュージックコレクションはレインボーライブの際と違って題歌が収録自体はされているものの、収録時間の関係上テレビサイズである(ゲームミュージックコレクションの曲は未収録)。

ホビー

書籍

関連項目

外部リンク

Twitter

脚注

  1. *余談だがパフェ本来のスペル英語でもフランス語でもparfaitであり、pafe(もしくはpafé)はおおよそ日本パフェ日本独自の表記である。
  2. *そのため黒須あろま白玉みかん5歳の頃のプリパラ映像など回想シーンに出てくることもあり、特にあろまは現在でも彼女たちの大ファンである
  3. *本名ラウス・ヘンリックポンシェッター・フォン・ボーゲル・シュトローベル・キャッシュ・デ・ラ・ネッチャ三世
  4. *本名ィル・ミシェール・ジョルジュンドレッリ・メッチャ・ボンジュール・フランソワリギリジュテーム四世
  5. *本名ユリウス・ムパムピス・アダマンティオス・ニコラコプールルーアナクサゴラス・オディッセアスプロピアストンドルズラトゥコフ・ニコデモス・メトロファネスカイザルイオルゴス・セバスティアノス・パラスケヴァス・ゼノン・パルテノープ・クリサンテ・アクナシア・エウテルベ・ハルニア・デメトリア
  6. *初登場は2期であるが1話限りの登場であり、レギュラーキャラとなったのは3期からである。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%91%E3%83%A9
ページ番号: 5247824 リビジョン番号: 2371710
読み:プリパラ
初版作成日: 14/07/08 06:44 ◆ 最終更新日: 16/06/11 22:38
編集内容についての説明/コメント: ジュエルパック、店舗展開を追記修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


トレス挫折。

サイン

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

プリパラについて語るスレ

1979 : ななしのよっしん :2016/06/09(木) 23:20:21 ID: DZj4PMVL5U
子育てネタを見るとやっぱりどれみ裏をよぎる
鼻水すするのは今のアニメじゃ理かなあ、そもそもプリパラの色じゃないか
1980 : ななしのよっしん :2016/06/11(土) 00:12:07 ID: wfrlqYPlP1
>>lv264395309

>>lv264395391
1981 : ななしのよっしん :2016/06/11(土) 22:19:34 ID: DafU9YG0L8
プリパラ依存し過ぎてて終わるのが怖くて苦しい。
自分も死ぬ事を初めて知った子供とか、幸せ過ぎて不安になるおさんみたい。
商品的に何年も続けるコンテンツではないし、
シェア的にも商業的に延命させられるほどでもさそうだし。来年の事を考えるのが怖い。
1982 : ななしのよっしん :2016/06/11(土) 22:31:23 ID: qd7WW9+b67
来年はどうなるかねえ
一応Prism Stoneは今年に入って一気に6店舗オープン(2店舗は既にオープン済み)するから終わらせる気は見えてこないけれども
1983 : ななしのよっしん :2016/06/12(日) 00:58:31 ID: FJVmWBmLaN
>>1981
プリリズプリパラに次ぐ新たな第三世代誕生の予感…?
1984 : ななしのよっしん :2016/06/12(日) 01:39:15 ID: nlcqhel7YH
まあらぁら編は今年度までだろうねえ
主人公交代か次シリーズ移行かはそれこそ神のみぞ知るってか
1985 : ななしのよっしん :2016/06/12(日) 23:05:49 ID: oxrEGyAqXb
のんちゃんはあれだな
を倒していいのは私だけだ」的な感じだから
仲間を集めるんじゃなく自分一人でチームを作ったんだな
1986 : ななしのよっしん :2016/06/13(月) 22:10:34 ID: DZj4PMVL5U
のんはライブ以外のイベントどうするんだろ
1987 : ななしのよっしん :2016/06/14(火) 18:44:30 ID: q6wdXh7lcj
ただでさえキャラクター多い以上、ソラミスマイルドレッシングパフェのどっちかが出番のない回を設けて他のチームに焦点当てるとかやっていいと思うけどi☆Ris演じているから彼女たちは必ず出さなければいけないルール
1988 : ななしのよっしん :2016/06/18(土) 13:08:30 ID: sp1Sg4X54f
99話落ちで大爆笑したwwww
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015