単語記事: プロゲーマー

編集  

プロゲーマーとは、和製英語の一種でありプロフェッショナルゲーマー略語ゲームで遊ぶ事によりお金を稼ぐ人。この場合のゲームコンピューターを使ったゲームす。

概要

プロゲーマーの定義は明確に決まっているわけではいが、プロ野球選手野球をすることによって生活しているようにゲームコンピューターゲーム)をすることによって生活をしている人がプロゲーマーと呼ばれやすい。

ゲームお金を得る方法は、賞が出るゲームの大会で優勝する方法やゲーム会社をスポンサーにする方法がある。ただしオンラインゲームによるRMTプレイヤー間によるお金のやり取り)などによるお金の獲得方法はプロゲーマーとは呼ばれていない。

プロゲーマーが日本に少ない理由

海外の方ではプロゲーマーが多い。その理由は様々であるが以下の理由などがあげられる。

の6つがな大きな理由である。

最近になってe-Sportsを広めようとJESPAなる団体が現れた。やっとである。一応国会議員が一枚かんでいるので、昔よりもe-Sports普及に一歩近づいたのは近づいたんだが……、はまだまだ遠い。

ちなみにプロゲーマーチームクランと呼ぶ。

PCゲームにおけるプロゲーマーとマシン、ゲーミングデバイス

プロゲーマーは大抵ゲーミングデバイスと呼ばれるPCゲームFPSRTS等)に特化したキーボードマウスマウスパッドなどを使う。

FPSでは音が重要になるためヘッドホンは確実と言っていいほど使っている。またマイクヘッドセットマイクゲーミングデバイスの一つと言ってもいい。プロゲーマーにとってゲーミングデバイスは心強い相棒。ちなみに最大の武器は己の腕。

その他、少しでもレイテンシー(反応速度みたいなもん)やラグを軽減するため、ゲーム用にフルチューンされたマシンを持ち込むのがお約束

日本では特にFPSの分野においてまだまだ発展途上(どころか、最後進でありながら後退中という有様)であり、過去プロ契約を結んだクランは存在するものの、立った実績は上げられていない。

というか、日本においてはPCゲーム市場は壊滅状態にあり、「PCゲー=エロゲー」というのが大半の認識といった有様で、プロ化どころか、e-Sportsの入り口にすら近づいていないプレイヤーが大半である

2011年現在スポンサードといえる程ではないものの、FPSデバイス関連の企業から製品の提供を受けて活動するプレイヤーが増加している。この場合「スポンサード」ではなく「サポート」と称される。(FPSタイトル毎のトップチームに多い。カウンターストライクにおけるTeam Speeder等。)
また、継続してのスポンサードではなく、特定の大会に限定する海外渡航費の負担等、スポット契約も度々行われている。(4DN、AggressiveGeneINTEGRAL等がこれにあたる。)
継続しての給与・活動資提供等、海外プロゲーマーに近い待遇のプロゲーミングチームとしてはVaultが活動している。
実績に関してはVault2010年に開催されたe-Stars Seoul 2010 Asia Championshipにおいて、日本FPS史上初となる韓国代表を破って、準優勝を飾っている。
これまで日本FPSにおいて世界大会において、表台に立ったことすらなかったのだが、
2009年OPERATION7日韓最強クラン決定戦で、日本のクランチームが、韓国1位を破って優勝を果たしている。
また、2011年IeSFAVA部門は、日本2位という快挙を遂げている。

プレイヤーサイドから日本におけるPCゲームの競技環境を活発化させる試みは現在も続けられており、「CyAC」「Tokyo Game Night」などが活発に大会の開催などを行っている。

格闘アーケードゲーム・家庭用ゲームにおけるプロゲーマー

アーケードゲーム、特に格闘ゲームにおいて日本人プレイヤーの活躍は世界的に知られており、2010年に入ってからはプロとして企業スポンサー契約を結ぶプレイヤーも登場するようになった。

そもそも格闘ゲームの分野は元々日本アドバンテージを持っており、現在に至るまで大会で使用されるタイトルのほとんどが日本製のゲームである。ストリートファイターIIバーチャファイター鉄拳内における人気も高かったことから、結果として数多くの著名なゲーマーが誕生した。

しかし、日本ではゲームセンター人気が下降傾向となったあたりから格闘ゲーム人気に陰りが見え始め、その凋落がプロゲーマー誕生の機運が高まる前に発生してしまったこと、さらに上記のようなゲームセンター法律による規制や、内におけるゲームに対する印が良化しなかったこと、プレイヤースキルハイレベル化に伴って発生した閉鎖潮も相まってか、格闘ゲームシーンは低迷し、つい最近まで名実共にプロとして活動するプレイヤーは出現してこなかった。

しかし、海外におけるe-sports文化の機運上昇に伴う形で再び海外格闘ゲームが注されるようになると、2000年代から日本人プレイヤー海外の大会で活躍するケースが多く生まれた。現在では内でもプレイヤーサイド催する大会も数多く行われるようになったことで、シーンは再び活性化の傾向を見せている。
事実現在日本で開催されている最大規模の大会「闘劇」には海外からもプレイヤーが参戦しているほか、海外の多くの賞制大会に日本人プレイヤーが参戦、ないし招待されている。

この結果、2010年ヴァンパイアハンターストリートファイターシリーズで数多くの実績を残しているプレイヤーウメハラ梅原大吾アメリカの周辺機器メーカースポンサー契約を締結し、文字通りプロゲーマーとしての活動を開始した(マネージメント事務所にも所属している)。すでに同様の契約を結ぶ他のプレイヤーも誕生しており、今後も同様のケースが増える可性は大いにあると考えられる。

トレーディングカードゲームにおけるプロゲーマー

一方、マジック・ザ・ギャザリングに代表される「トレーディングカードゲーム」の分野において、日本は数多くのプロゲーマーを輩出しており、現在では立先進国であるといえる。ただし、トレーディンカードをしている人を「ゲーマー」と称さない場合もあるので、トレーディンカードゲーマーを「プロゲーマー」と呼ばないこともある。

例を挙げると、

テーブルゲーム

テーブルゲームトランプ麻雀)でお金を稼ぐ人は世界中で大勢いるが、それらはギャンブル(賭け事)でお金けているため、プロゲーマーとは呼ばれない場合がある。

プロゲームシーンカジノ文化の上に成り立っていることから、すでにプロ団体が数多くありながら同じ問題を抱える麻雀と同様、テーブルゲームの賭博が違法である日本でどこまで浸透するかは未知数である。実際、最近急増中のポーカールームでも規制をかいくぐるために非常にいびつな運営体制となっており、カジノ法案通過までは楽観は禁物である。

現在のところ、世界で開催されている賞制大会を転戦している日本人が数名の規模で存在している(プロ組織などがあるわけではなく、あくまで個人が個人の範囲内で活動していると思われ、その所以か、確定的な人数は不明)。
昨今のオンラインポーカー普及、及び競技的なポーカープレイが可な店舗が都市を中心に開業し、複数の任意団体が大会を開催し続けていることもあってか、競技人口は増加傾向にある。また、日本選手権的な位置づけの大会「AJPC」がセガの協賛などを得て開催されている。

2007年AJPCレディース大会を優勝した佐藤友香(icebeer, Kim Wooka)がエベレスポーカースポンサー契約を結んでからはその動きが活発化してしている(なお、佐藤については2011年頃になってエベレスポーカーサイトから彼女の記述が削除されており、自身のブログ閉鎖されたことから、現在プロ契約を結んでいないと推測される)。
その結果、2012年ポーカー世界選手権(ワールドシリーズオブポーカー)において木原直哉が第43ゲームにて優勝を果たし、優勝者だけが手にできるブレスレット日本人として初めて獲得。約50万ドル(日本円にして4,000万円強)もの賞も獲得し、新聞・テレビを始めとする各マスメディアにて大々的に報じられた。
また木原2013年ポーカースターズスポンサー契約を結び、佐藤に続いて2人(諸説があり、その説によっては初。また日本人男性としても初)のスポンサー契約を締結したプロポーカープレイヤーとなった。

ちなみに、ポーカートーナメントの賞は参加者が払う参加費用が原資となっており、プロゴルファー同様に「勝てなければ赤字」である。日本に限らず、世界中で活動しているいわゆる「ポーカープロ」のほとんどはこのような形態に加え、オンラインポーカーにおける賞獲得を加えた収入で生活しており、「大会でポーカーしてるだけでお金が稼げてウハウハ」状態のトッププロにいたっては、本場アメリカにおいてもほんの一握りである。

主なプロゲーマー

PCゲーム(FPSなど)

アーケードゲーム、コンシューマゲーム(主に格闘ゲーム)

トレーディングカードゲーム

ポーカー

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC
ページ番号: 3190230 リビジョン番号: 2465705
読み:プロゲーマー
初版作成日: 09/05/19 00:42 ◆ 最終更新日: 17/03/05 15:38
編集内容についての説明/コメント: 音ゲーからもプロゲーマー誕生だと…!?
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

プロゲーマーについて語るスレ

337 : ななしのよっしん :2018/03/30(金) 22:50:32 ID: //PaSFCn+e
>>69312バカボット
2018/01/03() 10:58:43 ID: xQT7jv0nxv
>>304
>正直パチプロ競馬予想のプロと同じなのに、やたら囲碁将棋野球較したりり合ったり

格上のeスポーツり合う必要あるか?
それはさておき、>>309が言う様に単なる煽りならまだ良い。
本気でこう思ってるのなら、洗脳されてしまっている。テレビ的な価値観に。
近頃もてはやされた将棋の段位が四段の若者だって、ただのアナログゲーム廃人でしかない。
アスリートと称される野球選手もやくざな商売。形稼業は基本的にごくつぶしだ。

それでもメディア輿を担ぎ続ければ、>>304の様な信者を作り出せる。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
338 : ななしのよっしん :2018/03/30(金) 23:01:47 ID: R4R3t9T8Vy
その子に構うと彼のブログ(はてな)で紹介されるよ
339 : ななしのよっしん :2018/03/30(金) 23:46:52 ID: //PaSFCn+e
有名な人なの?
知らなかった
囲碁将棋野球よりeスポーツの方が格上ってのが過ぎたので反論したんだが、なんかレスアンカーが変になってるね。申し訳ない。
340 : ななしのよっしん :2018/04/05(木) 10:52:21 ID: NXaVk1pB1C
日本におけるプロゲーマー現在おおむね好調と言って良さげ。

プロ制度やスポンサー、賞付き大会の増加。
プロゲーマーそのもの、プロ志願者、プロ配信者(広義のプロゲーマー)の増加

少なくとも数年前の状況にべればものすごい進歩。
これからも順調に増えていくと思う。
341 : ななしのよっしん :2018/04/10(火) 09:15:51 ID: PWhGgNg5oj
バカボットはヒゲ通本人だと思ってる
342 : ななしのよっしん :2018/04/11(水) 00:25:18 ID: U8OnM+iAIi
そうか?
あいつ自分のブログ木曽擁護してた気がするが…
343 : バカボット :2018/05/06(日) 16:23:17 ID: xQT7jv0nxv
>>341-342
「擁護=本人」「高評価=自演
こんな感じの残念な思考回路を持った連中は、操るのが簡単そうだ。
村っぽく振舞いたい時は木曽叩き木曽っぽく振舞いたい時はJeSUをけばいいのだから。
344 : バカボット :2018/05/06(日) 16:26:40 ID: xQT7jv0nxv
>>313
釣りって事にしてを背けるとは情けない。

>ブログにもツイッターにもここにもロクにコメントやフォロワー付かないってのは

お前を含めて、コメントは大いに付いているが。
それに、ロクでもないコメントしか返せない連中にフォローされて何の意味がある?
345 : バカボット :2018/05/06(日) 16:37:24 ID: xQT7jv0nxv
>>337
「世間はこう思ってる」「だからお前が何と言おうがこうなんだ」
都合の良い世間をにする論調に呆れる。

>藤井聡太は単なるアナログゲーム廃人じゃなくて日本トップクラスの頭を持つ若き天才って認識だし

将棋オタクが頑って持ち上げようとする熱意は認めるが、大事なのは「本質的にどういうモノなのか?」ってこと。
電気を生み出したり、ガスを供給したり、その手の生産行動とスポーツは性質が異なる。

スポーツ野球将棋)ってのは、deportare(労働から離れる)というが示す通り、非生産的な所に意義がある。
ただ、その非生産的な行為に時間を費やし続けると、いわゆる"廃人"と称される。
だからアナログゲーム廃人になる訳。
廃人に運よく観客が付いて行になって、ようやくメディアが持ち上げる訳。
346 : ななしのよっしん :2018/05/18(金) 10:35:37 ID: fpju1DhoEM
>>337兄貴バカボット兄貴本質について言ってることは、ほぼ同じよ
世間体としての評価が絶対か、本質として一緒だから等価値であって認めろっていう意見の違いだけ
そして日本には「アニメ」なんていうクッソわかりやすい評価が動した面い前例があるじゃん
「共感できないし世間も認めてないからリンチする」時代から「共感できないけど娯楽としては認める」時代になっちゃった(テレビネットや周りの人を見聞きした個人的感想なのであしからず)

そういう移り変わり、悪く言えば手のひらクルクルを見てるから世間の評価が絶対なんて一切思わんけどね
多数決を後ろにして全否定したかと思えば、旗向き変われば評価も変わって謝りもしない
その体性がくてズルくて傲慢価値観は、価値基準としてはアリだけど、絶対値とは到底思えんわ
ただ、これは個々人の価値基準でどうにもならん行線だから言い合いする気は毛頭ないです

あととは言わんが、コテハンレスアンカーつけて全レスって頭おかしいとしか見えないから辞
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829