編集  

プロデューサー(アイドルマスター)単語

プロデューサー

プロデューサー略称P)とは、ゲームTHE IDOLM@STER」(アイドルマスター)の主人公であり、プレイヤーの分身となるキャラクターである。

ここから転じて、アイドルマスタープレイヤーファンして「プロデューサー」(プロデューサーさん)と呼ぶのも通例となっている。

ニコニコ動画投稿者を意味するプロデューサーについては、
プロデューサー」「アイドルマスターのプロデューサーの一覧」を参照のこと。

概要

765プロのプロデューサー

アイドルマスター」「アイドルマスター ミリオンライブ!」「ぷちます!」など、765プロが舞台となる諸作品に登場するプロデューサー。小さな雑居ビルの3階にある芸事務所765プロダクション」の高木社長スカウトされ、個性いの問題児軍団アイドル補生たちの担当プロデューサーになった主人公

肩書きは「プロデューサー」だが、仕事内容は営業やアイドルスケジュール管理、レッスンの実技導、事務処理など多岐にわたる。この辺は人手不足の細芸事務所らしいといえるが(ゲームシステム上の仕様とはいえ)、後に事務所が大きくなってもこのプロデュース体制は変わらない。「ミリオンライブ!」や「アイドルマスター ワンフォーオール」では多数のアイドルを同時に担当する多忙な日々を送ることになる。

ゲーム開発当初、主人公は「マネージャー」であったが、最終的に「プロデューサー」に変更されたという経緯がある。数々のアイドルプロデュースしたつんく♂小室哲哉のように、アイドル女の子に好きな歌を歌わせて、好きなイメージで売り出してトップアイドルを生み出す疑似体験をプレイヤーにさせようという狙いがあるのだろう。ゲーム内でやっていることのほとんどはマネージャーに近いのだけど…。

ゲーム内で判別できるところによると、性別は男性。年齢は特に設定されていないが、イメージでは22歳ぐらいとスタッフインタビューで回答されている。しかし、三浦あずさとのコミュではあずさより年下だと言われる場面があるので、あずさの年齢詐称ネタ材料となっている。彼女にだけ何故かさん付けをするのも原因か(これは初期設定から一部年齢が変更された影と言われている)。
ミリオンライブ!」では同作のあずさと同じ21歳以上のアイドルにさん付けをしているが、豊川風花百瀬莉緒には本人からの希望敬語を使わない。「シアターデイズ」では会社の後輩である青羽美咲20歳)にも敬語で話している。

THE IDOLM@STER Live For You!』の本編ファン代表Pというファンの一人が肩書きの通り代表としてプロデューサーを行うストーリーであるため、本来のプロデューサーは登場しないが、DLCアイドラシリーズには登場している。

アーケード版のサイトにはプロデューサー募集要項がある(ジョークである)。

声優

ゲーム本編には担当声優はいない(は出ない)が、

プロデューサー役を演じている。

また、「高木社長の孫である男子高校生高木裕太郎がPになる」という異色の設定を持つ漫画アイドルマスターブレイク!」の特典ドラマCDでは、萩原雪歩役の浅倉杏美裕太郎役を兼役で演じている。あくまでも兼役であり、設定も他作品とは大きく異なるが、歴代でも一の女性声優であり、「アイドルプロデューサーを両方演じた」という意味でかなりのレアケースとなっている。

961プロのプロデューサー

765プロが登場する作品には、961プロアイドルライバルとして登場する事があるが、社長黒井崇男の方針によりプロデューサー制はとっていない。代わりに黒井自身がアイドルに提案することがある。

876プロのプロデューサー

アイドルマスター ディアリースターズ」に登場する876プロは基本的にアイドル自身のセルプロデュースをモットーとしており、「プレイヤーの分身」としてのプロデューサーは存在しない。ただ、キャラクターとしてのプロデューサーは何名か登場する。彼らについてはそれぞれ尾崎玲子武田蒼一の記事を参照。

シンデレラガールズのプロデューサー

詳細は「プロデューサー(アイドルマスター シンデレラガールズ)」を参照

ソーシャルゲームの「アイドルマスター シンデレラガールズ」には明確な所属事務所の設定がないが、プレイヤーの分身たるプロデューサーは存在しており、アイドルとの会話内容や「シンデレラガールズ劇場」において登場する。
台詞は一切ないため人物像はアイドルの発言から推測してみるくらいしかできず、765プロプロデューサーとは趣が大きく異なる(「スターライトステージ」では多少は喋る)。

346プロのプロデューサー

詳細は「武内P」を参照。

TVアニメ版「アイドルマスター シンデレラガールズ」では、アイドルの所属事務所として「346プロ」というオリジナル事務所を設定しており、この事務所の社員としてプロデューサーが登場する。メインキャラとなるのは新人ユニットシンデレラプロジェクト」担当のプロデューサー武内駿輔が演じる。

無表情で寡黙な男性プロデューサー原作ゲームでわずかにられた「大柄な体格」「つきが悪い」などの設定も取り入れられている。「アイドル興味ない」と断言する渋谷凛毎日訪ねて勧誘するなど、不器用ではあるが実直でり強い様子が描かれている。

人以上のアイドルを抱える346プロには武内P以外にも多数のプロデューサーが所属し、それぞれの部署でアイドルを担当している。ほとんどは設定のみの扱いで全く触れられなかったが、佐久間まゆの担当プロデューサーセリフのないモブとして明確に登場し、武内P同期であることがられている。また作中ユニットプロジェクトクローネ」は、彼らの上である美城常務が直轄でプロデュースを担当している模様。

WWGのプロデューサー

詳細は「内匠P」を参照。

漫画アイドルマスター シンデレラガールズ WILD WIND GIRL」では、主人公向井拓海」のプロデューサーが登場する。ドラマCDでは、内匠靖明が演じる。

外見はどう見てもチンピラで(理由あって)警察のやっかいになる事もある不良社会人であり、他のプロデューサーとかなりタッチが異なる。他のプロデューサーには見られない設定も多く、喫煙者であったり、サングラスをかけていることがある。反社会的な面も多いが、断じて無能プロデューサーと言うわけでもなく、担当アイドルを成長させる事を考えていたり、義理人情を重んじるところもある。

U149のプロデューサー

詳細は「471P」を参照。

漫画アイドルマスター シンデレラガールズ U149」では、芸事務所の部署として第3芸課が登場し、この部署の専属のプロデューサーが登場する。ドラマCDでは、米内佑希が演じる。

一言で表すと、「子供みたいなプロデューサー」。第1芸課から第3芸課に異動となったプロデューサーであり、劇中では第3芸課のアイドルたちが初の担当アイドルだとっている。成人らしからぬ小柄・童顔で、頼りないことも多いが、アイドルアドバイスを与えるときは的確そのもの。

315プロのプロデューサー

アイドルマスター SideM」に登場するプロデューサー男性であることが判明している他作品のPと異なり、315プロのPは性別の設定がはっきりせず、会話テキストの内容もどちらとも取れるものになっている。「SideM」は女性向けゲームではあるが、「アイドルマスター」出身の作品であるため男性プレイヤーも同系の競合作べるとかなりの数がおり、男女双方のプレイヤーの分身であれるようにという配慮だと思われる。

テレビアニメ版では男性として登場し、石川界人を担当している(→石川Pを参照)。

825プロのプロデューサー

実写ドラマアイドルマスター.KR」に登場するプロデューサー。名は「カンシンヒョク」。韓国俳優、ソンフンが演じる。

Yエンタという事務所人気アイドルユニットRed Queen」のプロデューサーをしていた敏腕プロデューサー。「Red Queen」のメンバー、スアの事故をきっかけにYエンタを離れ、一時廃人のようになっていたところ、825エンターテイメント社長「シム・ミンチョル」にプロデューサーとしてスカウトされる。アイドルマスターシリーズとして知るアイドルマスター.KRファンからは、「アイドルマスターの中で最もイケメン有能プロデューサー」であるとしばしば評されることもある通り、レッスンやアイドルに課す「ミッション」は的確で、それぞれにしっかりとした意味を持たせ、確実にアイドルの成長につなげている。

283プロのプロデューサー

アイドルマスター シャイニーカラーズ」に登場するプロデューサー。業務形態は765プロと似ており、プロデュースでは担当となるアイドルを新人アイドルの祭典「W.I.N.G.(Wonder.Idol.Nova.Grandprix.)」で優勝させることをす。

入社数ヶで初めてアイドルを預かることになる新人。人物像は765プロプロデューサー同様、どこにでもいそうな雰囲気の成人男性選択肢次第ではトンチキな言動になることもあるが、基本的にはかなりの人間である。桑山千雪23歳)に敬語を使わないので、おそらく23歳以上だと思われる。

関連動画

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%28%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%29
ページ番号: 833002 リビジョン番号: 2619506
読み:プロデューサー
初版作成日: 09/01/07 15:23 ◆ 最終更新日: 18/08/28 00:24
編集内容についての説明/コメント: 各作品のP並べ変えて961、876を765の下に、一部表現変更、関連動画追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

プロデューサー(アイドルマスター)について語るスレ

122 : ななしのよっしん :2016/11/02(水) 23:12:34 ID: 99pt9h8GlB
>>111>>113
Mマスユニットによって担当Pが違うっていうのが一番しっくりくるかな

一部のキャラは男に対して言ってると考えるとアレセリフもあるし、
一方で神速朱雀おばあちゃんでやっとまともに会話ができるレベル男の娘でも苦手)なのにPには一切物怖じしないし
123 : 削除しました :削除しました ID: XBbBwD9Z+Z
削除しました
124 : ななしのよっしん :2017/07/30(日) 16:20:06 ID: Vu5ny/NLTb
L4Uファン代表Pって一部古参から親のの様にかれてるけど何かあったのか?
調べてみても漠然とした人物像批判どで具体的な問題行動が「やよいの前でを踏んづけて捨てた」ってのと「小鳥のプライベートをしつこく聞き出そうとする」くらいしか情報が出てこない
125 : ななしのよっしん :2017/07/30(日) 17:09:18 ID: JJNQvd5tIC
今までP=のつもりでプレイしてたのが、
何かよく判らん別人が操作キャラになって担当アイドルと仲良くしてる時点で
人物像以前のところで抵抗あったんだと思う。
126 : ななしのよっしん :2017/07/30(日) 19:44:16 ID: AUdRLgY7dU
FDPとすら呼ばれずに「あの厄介」とか言われてるのを数ヶ前も見掛けたっけ
根は深い
127 : ななしのよっしん :2017/09/18(月) 01:37:13 ID: ayRBHblqK+
赤羽根P間島P武内P内匠P米内Pユニット組んでくれ
128 : ななしのよっしん :2017/10/09(月) 18:37:51 ID: a4Yl2D7liC
ピヨ
129 : ななしのよっしん :2017/10/13(金) 13:12:12 ID: DAOwcNDKHv
記事に石川P追加お願いします
130 : ななしのよっしん :2018/05/08(火) 11:32:16 ID: SN2xR+zCTt
765シンデレラミリオンSideMのどの作品でも良いので、一度メディアミックス作品でメインキャラとして登場するオリジナル女性Pを見てみたいな。
131 : ななしのよっしん :2018/05/08(火) 17:48:36 ID: JJNQvd5tIC
シャニマスのPも増えたな
と言っても今のとこノリゲーム765Pに近くて特筆することは少ないかも
ただ三択が多いけど本家ほど極端なネタ選択肢は見掛けないから
765Pよりはなのかな?
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829