単語記事: ヘンゼルとグレーテル

編集

ヘンゼルとグレーテルとは、グリム童話に収録されている作品である。

「ヘンゼル」は「男の子」、「グレーテル」は女の子である。

曖昧さ回避

ヘンゼルとグレーテル(BLACK LAGOON) - 漫画「BLACK LAGOON」に登場する双子該当記事で解説。

概要

グリム童話に収録されている童話のひとつ。

ヨーロッパの子捨てを題材にした童話であり、子供達が知恵を使って苦境を乗り越えるサバイバルの教書でもある。

19世紀終盤にはオペラにもなっており、ドイツオペラの傑作に数えられている。

あらすじ

ヘンゼルとグレーテルの兄妹は母親の発案で口減らしのため暗い森の中に置き去りにされてしまうが、前日に子捨ての話を聞いていたヘンゼルは森に連れてこられる途中で目印の石を落としており、その石をたどって兄妹は家に帰る。

兄妹は再び森の中に置き去りにされるが、今回は小石を調達することができず、パンは投げ捨てるもの、とパンくずを小石の代わりに道筋においていく。しかし、パンくずは鳥に食べられてしまい、兄妹は帰り道を見失い森の中で迷ってしまう。

兄妹は森の中でお菓子の家を見つけ、「これから毎日家を食おうぜ?」とその家を食べ始める。しかし、その家に住んでいたBBA魔女に捕まってしまい、ヘンゼルは閉じ込められ、グレーテルは魔女の小間使いにさせられてしまう。

魔女はヘンゼルをかまどで調理して食べようとするが、グレーテルは隙を見て魔女をかまどに突き落とし、兄を助け出す。このとき、兄妹は魔女の隠し持っていた財宝を手に入れる

グレーテルが機転を利かせて二人は森から抜け出し、無事に家まで帰り着き、父親との再会を喜ぶ。そのときすでに母親は死んでおり、それから父親と兄妹は幸せに暮らしましたとさ。

改変について

この物語の初版は相当残酷な部分があり、後の版や後世の作家によって改変されている部分が多い。

改変例としては

  • 母親は実の母親ではなく、継母である。
  • 魔女の小間使いにさせられていたグレーテルは魔法の呪文を覚える。

などが上げられる。

なお、フンパーディンクによって作られたオペラ版は特にヨーロッパではクリスマス時期に上演される定番の作品だが、その性格上子供の観客が非常に多いためか、全体的に甘口に改変されており、最大の変更点として母親が口減らしのために森に置き去りにするのではなく、食料が無くて困った母親が兄妹に森へイチゴ摘みのお使いを頼むという形になっている。

考察

  • ヘンゼルとグレーテルが捨てられるのは暗い森の中であり、当時のヨーロッパ人が抱いていた森への恐怖がにじみ出ている。当時の森の中には狼をはじめとする獣やアウトサイダーが紛れ込んでおり、昼でも暗いため危険な場所であった。
  • 魔女はアウトサイダーの暗喩であり、隠し持っている財宝も犯罪によって手に入れたものと考えることができる。
  • 序盤では泣くことしかできず、兄の後にくっついて廻るだけのグレーテルが物語後半になるに連れて徐々に賢くなっていることがわかる。その点に注目するとこの物語はグレーテルの成長物語ととることもできる。
  • しかし、兄のために魔女をかまどで焼き殺すという行動はヤンデレ的行動であるとも考えられる。兄を守るために魔女を手にかけたグレーテルに対して、ヘンゼルがこの先どのように接したのかは語られていない。

現代の創作において

  • BLACK LAGOON - 劇中において双子の兄妹(姉弟?)の殺し屋がヘンゼルとグレーテルを名乗る。
    該当記事参照。
  • うみねこのなく頃に - 魔女に囚われた兄・戦人を助けるために未来から呼び出された妹・縁寿が偽名としてグレーテルを名乗る。
  • S県月宮 - 兄(だと思い込んでいる人物)が魔女に捕まった(と思い込んだ)ため、S県に赴いた妹の話。
  • 断章のグリム(2巻) - 起きた事件がヘンゼルとグレーテルをなぞらえた内容になっている。
  • 蒼き雷霆ガンヴォルト爪 - ヘンゼルとグレーテルをモチーフとしたキャラクター“アスロック”が登場する。

関連動画

関連商品

関連項目

  • グリム童話
  • 童話の一覧
  • 断章のグリム
  • BLACK LAGOON
    • ヘンゼルとグレーテル(BLACK LAGOON)
  • うみねこのなく頃に
    • 右代宮縁寿
  • S県月宮
  • 蒼き雷霆ガンヴォルト爪

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%82%BC%E3%83%AB%E3%81%A8%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%AB
ページ番号: 4534047 リビジョン番号: 2455790
読み:ヘンゼルトグレーテル
初版作成日: 10/12/31 10:23 ◆ 最終更新日: 17/02/04 16:58
編集内容についての説明/コメント: 非公開動画削除
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヘンゼルとグレーテルについて語るスレ

27 : ななしのよっしん :2015/03/09(月) 13:20:56 ID: gEJlYTZkEW
ヘンゼルは閉じ込められてて、魔女に食われるのを待つ、つまり、魔女に殺されるのを待つだけの状況だった訳だが、グレーテルの諸々の行動のおかげで無事に助かったという内容なのに、「ヘンゼルが人殺しのグレーテルにどう接するか」といったズレまくりの視点にこだわる奴は、何が不都合なんだ?
加害者の魔女、囚われのヘンゼル(被害者1)、兄を人質に取られ魔女にこき使われてるグレーテル(被害者2)において、被害者が加害者に一矢報いたのが気に食わないとか?
28 : ななしのよっしん :2015/03/09(月) 13:29:29 ID: gEJlYTZkEW
「あらすじ」にて
>魔女をかまどに突き落とし
となってるけど、突き飛ばしの間違いだよな。

>>26
「お菓子の家」という目立つでっかい罠で子供たちをおびき寄せたという、
原作の目玉がガン無視されてますなw
29 : ななしのよっしん :2015/06/20(土) 23:17:03 ID: BsLgNdpMlw
原典はどうだか知らんけど
いやいや言うけど結局2回もババアの言われるがまま子供を捨てるお父さんと
魔女倒して帰ったらババアが死んでたのでそのお父さんとずっと仲良く暮らしました
って絵本のエンドは流石に当時でもこの話ヤバイと思ったもんだ

>>27
魔女退治を殺人と捉えてるからだろうね
俺は勇者がドラゴン倒すのと変わらんと思う方だけどね
30 : ななしのよっしん :2015/07/07(火) 18:16:13 ID: cwBtbs3Ku3
>>29
主体性なさすぎて怖いよねこの親父。

『本当は怖いグリム童話』だったかで、
食糧難のはずが、兄妹を迎えた父がそこまで切羽詰まって無い様子だったのと
自身が魔女に食われそうになった経験から
グレーテルが「ひょっとして父は母を殺して食べたんじゃないか?」と疑うも
それを口には出さない、という終わり方してた記憶がある。
31 : ななしのよっしん :2015/08/29(土) 20:03:24 ID: EDC2XGBKGL
NHKではニート(?)の15代目ヘンゼルがOLの15代目グレーテル姉ちゃんにお菓子をせっせと作っている
32 : ななしのよっしん :2015/10/10(土) 19:14:02 ID: Eq058G2lOZ
ソルサクデルタにいるヘンゼルとグレーテルが強すぎ。どうしてこうなった。
33 : ななしのよっしん :2016/02/13(土) 23:39:33 ID: vs0NH1DAOf
現代になってシングルマザーの母親はよく子供を祖母の家に預けて育児放棄するんだが
それが下敷きなんじゃないかって思うほど共感できる
ババァが認知症だったり関係の拗れた姑だったりすると魔女の家にしか見えないんだわ
あの頃は兄弟仲が良かった
34 : ななしのよっしん :2016/02/15(月) 10:58:12 ID: qAb7SBk4UV
>>11
たまたま偽実況動画で1の方を見たんだが…………
死に方がえげつねぇorz
35 : ななしのよっしん :2016/06/03(金) 17:00:35 ID: Kl/zO93ETs
山奥にしつけで1週間置き去りにされてた男の子が生きてたんだと
36 : ななしのよっしん :2016/08/26(金) 12:18:57 ID: 1aXNqgKKOQ
この童話に出て来るお菓子の家は魔女によって生きたままお菓子に変えられ
た子供達。魔女とヘンゼルとグレーテルに身体を生きたまま食われる子供達。苦悶の表情で涙を流す挿絵が不気味だったな……。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015