単語記事: ベリオロス

編集

ベリオロスとは、モンスターハンターに登場する飛竜種のモンスターである。モンスターハンター3から登場。原種は別名“氷牙竜”。亜種は別名"風牙竜"。
名前の由来はベル(ロシア語)+バリオスギリシャ神話アキレスの所有した不死のうちの一頭)からだと思われる。英名はバリオスイメージした、Bariothになっている。

概要

近縁種であるナルガクルガと同じ格の飛竜で、ナルガとは対照的な真っ白な体色、サーベルタイガーのような琥珀色の長い二本の牙、そして全身の至る所に生えた鋭いスパイクが特徴。
生息地は凍土。食で、ポポと呼ばれる食種のモンスターを食べている。尻尾に生えたスパイクのようなを巧みに使い氷の上を自在に駆ける
外見上の最大の特徴である大きな二本の牙を武器とし、麗な跳躍でく間に獲物を狩り倒す様は、見る者に感動すら覚えさせるという。

ナルガクルガ格の飛竜であるが、実際の攻撃方法はかなり違うので別物と考えた方がいい。
レスは氷属性であり当然雪だるま状態になってしまうので、オンで消散剤を忘れてきた仲間がいたらぜひけってあげよう。
ベリオロスティガレックスなどよりを使う場面をよく見かける。エリア移動をした後同じエリアハンターがいると三跳びで着地と同時に攻撃をしてくる。
この「ブレス」と「飛ぶ」という要素が加わったことによりモーションは使い回しだが、狩りではかなり戦い方を変える必要がある。また減気耐性が非常に低く、ハンマー狩猟笛が合性抜群である。

MH3ではナルガクルガのような連続飛び掛り回転攻撃などをモーションで繰り出し、ナルガクルガより遅いモーションで繰り出してくるので攻撃を避わし難かった。他にも怒り時になると隙のとダメージの少ない攻撃を連発してきたりと、まさに凍土最強ともいえる実者だった。
しかしMHP3ナルガクルガとの差別化として前述のモーションを削られ大幅に弱体化。
新しく習得したデュラガウアのようなタックルは隙が大きく簡単に避わすことが出来る。ただし最大クラスになると少々避わし難い。

モンスターハンターポータブル3rdから亜種が登場。こちらは砂色で、砂原に生息している。亜種が吐くブレス竜巻を起こす。この竜巻の原理は亜種が吐く冷たい空気砂漠の暖かい空気がぶつかり、その温度差の影竜巻が停滞するとのこと。またその竜巻を利用して攻撃してくる。原種のベリオロスが大幅弱体化されたこともあり、ベリオロス亜種の方が強いと感じる人の方が多いようだ。

モンスターハンターダブルクロスで復活。

MHF-G

CSの新シリーズであるMHXPVに一切出演がないことからCSシリーズの復活が絶望視されていく中、2015年11月MHF-GにG9の遷として輸入されることが発表された。G9のPVでは極に登場していたがファミ通やプレビューサイトスクリーンショットによると山にも出没することが予想されており、実際にその通りとなった。

MHFにはベリオロスベースとして実装されたモンスターヒュジキキがおり、もが思ってもいなかった後輩との共演がようやく実現することになった。(MHF側から見ると先輩だが)
またシーズン8.0(2010)で登場したデュラガウアとも格やタックル攻撃が酷似していたり、氷の竜巻を使うという点で共通しておりなにかと縁の深いモンスターといえる。

運営によるとイビルジョーのときの反点を活かしてバリバリ魔改造をしまくったらしく、G1時代に多くのハンターを苦しめたヒュジキキを圧倒的に上回るインフレ戦闘力を持っている。HR帯でも竜巻を四方八方に飛ばす技やその場で一回転してを巻き上げる技を使ってくるため油断はできない。
G級になると更に魔改造に磨きがかかり、ジンオウガブラキディオスニフラムを彷彿とさせる脅威の4連続打ち上げ即死コンボ(上記のデュラガウア辺りからの定番だが根性なども貫通)も持っている。幸いニフラムのように触れたら即死というわけではないが、ジンオウガたちと違いHPに関係なく連発するためかなり厄介であった。

またMH3~MH3Gではを壊すとスリップして弱体化するというギミックがありそれも再現されているのだが、実装当初は)の破壊判定が非常にシビアでい先の箇所しかなかった。
そのため破壊して弱体化させるのは至難の技であり、状態異常耐性が高い上に怯み値計算が特殊なG級はもちろん、HR帯ですらきちんと考えて攻撃しないと破壊はできなかったが、後述のように修正されることとなった。

イビルジョーを除く遷種同様にMHFとしてのアレンジが効いており基本的な部分は好評だったのだが、最大技(即死コンボ)の連発と破壊の難しさには辛口な評価が多くあがっており、運営めて調整しなおすと要望対応状況で告知した。
そして、実際に2016/1/13に即死コンボの頻度が減少しの破壊判定を他シリーズ同様にするという形に調整された。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%99%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%AD%E3%82%B9
ページ番号: 4137848 リビジョン番号: 2472074
読み:ベリオロス
初版作成日: 09/08/08 12:02 ◆ 最終更新日: 17/03/25 06:52
編集内容についての説明/コメント: 【追加】テンプレにドット
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ベリオロスについて語るスレ

272 : ななしのよっしん :2017/05/08(月) 22:59:07 ID: Gr2mH+qFuA
コイツの闘技だけどうにもソロAすら厳しい…
徹底的に頭だけ狙えないと厳しい感じだろうか。バックステップや回り込みから突進で明後日の方向へ行ってしまって、時の威嚇込でも頭への攻撃チャンスはそこまで多くない印なのだけど
273 : ななしのよっしん :2017/05/09(火) 14:49:38 ID: LT7FXF6SY2
リオ君、G級の新モーション、中々カッコいいぞ。
片手剣ガードしたら大分削りがあったから喰らうとかなり痛いかな?

半回転噛み付きを久々に見たくなるな。
後の作品でカッコいい新モーションの攻撃が楽しみ。(続投するかはさておき)
リオの上強襲攻撃と、似たものでシャガル(いはゴマチャン)の滑強襲攻撃(後ろに飛び上がって突っ込んで、着地時は脚で薙ぎ払う)は凄いカッコいい。

特に突っ込んで来る時に薙ぎ払う方の脚を少し後ろに構えてるのが尚更。
おしっこチビりそうになる。
274 : ななしのよっしん :2017/05/13(土) 05:24:55 ID: Lm6+JbBdDy
ティガえる追いかけっこモンスターになったな…
275 : ななしのよっしん :2017/05/22(月) 23:14:15 ID: Ig6TU2lC2S
とうとうクソモンス生み出すのに飽きたらず過去の遺産にクソを塗りたくり始めたか
276 : ななしのよっしん :2017/05/25(木) 15:57:09 ID: zGRE+b/JMy
ブシドーランスだと普通に楽しいけどなぁ。
尻尾りやすいし何よりを破壊をすれば弱体化するのがいい。
威嚇もたまにしてくれるし普通に良モンスだと思う。
277 : ななしのよっしん :2017/05/25(木) 17:28:05 ID: aaQ4aEXlA/
昔の方が追いかけっこモンスなんだよなあ
過去を美化して叩き棒に使うのはやめてね
278 : ななしのよっしん :2017/05/26(金) 09:50:49 ID: xV4cQXLoAD
4からモンハン始めたんだけど、ベリオロスって一件カッコいいよういで正面から見た顔がヴォルデモートにしか見えなくて微妙
279 : ななしのよっしん :2017/06/13(火) 13:00:07 ID: mSgNf8l+Ni
>>278
それは結構前から言われてる
でも怒り状態では結構カッコいいと思う
280 : ななしのよっしん :2017/06/26(月) 00:24:33 ID: LT7FXF6SY2
3の暗い洞窟内で怒り状態になると煌煌とい眼が何とも良い雰囲気を出していたなァ。

にしても獰猛化べリオ妙にガツガツ削ってくるのが何とも立たしき事。地味にムカついてくる。
壊すといつものベリオ大丈夫なんだが、獰猛化部位攻撃の緩急付いた感じが妙にべリオマッチしてるのか攻撃が何か避けにくい…。

獰猛強化サイドタックルが実に痛いこと。
281 : ななしのよっしん :2017/07/01(土) 22:57:15 ID: PVreYWyd8/
獰猛のこいつまじでストレスしか溜まんねぇな
構えからの突進でピヨりそこからの噛みつきで確定とかクソやろ
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829