単語記事: ペーパーマリオ スーパーシール

編集  

ペーパーマリオ スーパーシールとは、インテリジェントシステムズ開発、任天堂発売のニンテンドー3DSシールバトルアドベンチャーである。ペーパーマリオシリーズの第4作となる。
海外版の名称は「Paper Mario : Sticker Star」。

2012年12月6日発売。ダウンロード版も展開されており、ダウンロードカードでも購入可

概要

ペーパーマリオ スーパーシール
 Paper Mario : Sticker Star
基本情報
ジャンル シールバトルアドベンチャー
対応機種 ニンテンドー3DS
開発 インテリジェントシステムズ
発売 任天堂
発売日 2012年12月6日
価格 4,800円
ゲームソフトテンプレート

Wiiで発売されたスーパーペーパーマリオの続編に当たる作品。
ニンテンドー3DS発表初期に開されたのだが、開発途中で大きな方針転換があり、方向性が変わった為か、長い間あまり情報がない時期が続いた。 

今までのペーパーマリオシリーズニンテンドウ64ニンテンドーゲームキューブWiiと全て据え置き機で発売されており、携帯機で出るのは初となる。携帯機では同じくスーパーマリオRPGの流れをくむマリオ&ルイージRPGシリーズが展開されており、マリオ&ルイージRPG4の登場で初めて両シリーズが同一ハードで発売される事となった。

ストーリー

シールラベルタウンで年に一回開催される「シールフェスタ」。今回はゲストとしてピーチ姫マリオもやってきた。
フェスタも佳に差し掛かった中、願いをかなえるという「ロイヤルシール」が降ってきた。するとロイヤルシールが物にせんと大魔王クッパクッパ軍団がシールフェスタに乱入してきた。キノピオ達の制止を振り切りクッパロイヤルシールを入手する。
しかしクッパの様子がおかしい。ロイヤルシールの魔に憑かれ、「ギラギラ」しはじめ、会場で散々暴れた末にキノコのあちこちでシールを使ったいたずらを始めだした。
マリオシールからやってきたという「ルーシー」と共に各地に散らばったロイヤルシールを集め、クッパ暴走を止める新たな冒険にでた。

特色

今回の玉はタイトルにもなっている「シール」。
ワールド中に貼られているシールを剥がして集めながら冒険する。

フィールドシールだらけになっていて様々なギミックが登場する。
HPコイン等の相場は今までにべるとインフレ気味となっている。 

全体的にペーパー感がパワーアップしており、フィールド背景、体ゲージまでダンボールなどが材料工作品のような質感になっている。

また、敵が従来よりもカオスになったりしている。
その代わり、仲間キャラが今作では一人しかいない他、ストーリー要素がほぼなくなっている。
ただし、ペーパーマリオシリーズ恒例のさは健在。

従来のシリーズサブキャラクターサブイベントといった要素が少ない。
というのも、元々はペーパーマリオRPGに近い路線で開発していた本作だったが、これでは新しい事をしていないとの摘があり、また、ストーリーなどの要素がクラブニンテンドーアンケートによると支持が少ないとかの理由で、シールを中心にしたシンプルな方向性で作る事になったから。
キャラクターデザインといった部分も含め、スーパーマリオ本編に近付けたような要素の多いなど、シリーズの中でも異色な作品と呼べる。
この辺の事情は外部リンク社長が訊くで詳しくられているので、読んでいない人は読んでみよう。 

システム

ステージスーパーペーパーマリオのように区切られた構成になっているが3Dになっており、マリオストーリーペーパーマリオRPGに近い見たになっている。場所によっては2Dの場所もある。
今までは行ったり来たりが面倒な部分があったが、スーパーマリオブラザーズ3のようなマップが導入され、それでフィールド間を移動するようになった為の移動の手間が簡略化された。 

バトルは、攻撃は集めたシールを消費して行動するシステムとなった。
経験値レベルの概念が止され、シールの使い分けや組み合わせでマリオを強化してゆく。
また、バトルスロットというシステムが導入され、 スロットの結果によって使用できるシールの枚数が変化する。この時に使用するシールの組み合わせが戦略上重要になる。
とはいえスロット押しなんか大嫌いだと言う子供大きなお友達にうれしいスペシャルがあり、コインがあると、2ついが確定し、更にコインを使うと2ついのスローになる。ボス戦ではだんだん値上がりしていくので注意。

一部のステージワールドボスでは扇風機、はさみといったモノシールで攻めないと確実に詰む。
ステージ大詰めになって、そのまま行かないで前ステージに戻りモノシールを製作ボスに向かうことを推奨する。
バトルシールのみでゴリ押しで倒すとルーシーから「シールをたくさん使ったわよね…」と言われる。

システム上、敵は回避していってもステージクリアはできる。が、敵をたくさん倒してステージクリアすると倒した敵の数に例してたくさんコインがもらえるので、やはりある程度は倒していったほうがいい。

HPアップがこれまでと異なり、ステージにある「+5ハート」を入手することで上げることが出来る。
攻撃アップする上、弱い敵はハンマー一撃で倒せるので確実に拾うべし。

ペパライズ

本作の特徴の一つとして大きく取り上げられているのがペパライズ。
フィールドが1枚絵のようになり、シールを貼ったりフィールドの一部を貼り直したりして解きをする。

例えば、別の場所にあるマップピースを持って来て通れるようにしたり、フィールドの下敷きになっているキャラクターを救出したり、台の向きを逆向きにしたりと様々な解きがある。

一部の仕掛けを操作したり、ペパライズブロックと呼ばれる種類の隠しブロックを出現させるのにもペパライズを使用する。また、モノシールをペパライズして使用する事で環境が大きく変わるステージも存在する。

キャラクター

今作ではキャラクターデザインに一部変更があり、ペーパーマリオシリーズ独特のデザインからスーパーマリオシリーズ本編に近いデザインになったキャラクターが多く存在する。カロンテレサメットなどが分かりやすい。今までの可らしいデザインもそこそこ人気があったので一部で悔やむもある。シリーズを通して「ガボンへい」として登場していたガボンは今回は「ガボン」として登場。デザイン、行動パターンも従来のものになった。

また、今回はシリーズを通して人気ボスパックンボスゲッソーワールドボスとして登場する。

の住人も個別の名前が用意されなくなったが、強な個性を放つ一部のキャラは「ああ、こいつだな」と理解できるようにはなっている。一部イベントではマリオに同行する。

仲間・味方

ルーシー
今作一の仲間キャラプロローグから登場。
シリーズクリオクリスチーヌアンナ的なポジション
前作のアンナ同様、フィールドでは攻略ヒントを言ってくれる。
事になっているが、全体的に攻略テキストは少なく、雑談が多い
アンナと違いものしりは使えないが、敵の攻略ヒント戦闘中、稀に自動的に言ってくれる。
気の強い性格だが、冒険の様々な出来事の中、次第にマリオにも気を許すようになる。
また、ペパライズも彼女である。
キノピオ
今作一の住民キャラペーパーマリオシリーズマリオ&ルイージRPGシリーズでは、
クリボーノコノコボム兵など様々な種族が住民として登場するのが恒例であったが、
今作ではキノピオしか登場しない。
しかし、今までのキノピオべ一人一人の個性の立つキャラクターとなっている。
ハナチャン
ワールド3のに住むまだまだ子供のやんちゃなハナチャン
味方のキャラクターだが、カメック魔法バラバラにされた体と戦う事も。 
を汚された事に怒っており、終盤のシーンでは恩返しとして成長した姿で協してくれる。 
条件を満たすと日記を読む事が出来る。かわいい
みどりの人
ワールドごとに隠れている緑色帽子をしたキャラクター
ペパライズをすると逃げていき、新聞の記事が読めるようになる。

シール

バトルシール

96種類。

今までのシリーズジャンプハンマーといった攻撃やアイテムは全てバトルシールと呼ばれるシールになっている。名前の通りバトルで使うシールであり、回復アイテムであるキノコバトルシールとなっている為、バトル中でしか使えない仕様となっている。

フィールド上ではイベント攻略でペパライズをして貼り付ける場面がある。

同じ効果のシールでもいくつかバリエーションがあり、冒険が進むにつれて強いシールが出現する。
強さは以下のとおり。
「ぼろ」< 「ノーマル」<「キラ」<「キラキラ」<「キデカキラ」<「メガキラ」 

バトルシールフィールドで剥がしたりブロックいて入手する他、ショップで購入できる。
また、特定の敵を倒すと出現するシールもある。 

モノシール

63種類。

本作では、シールどころかリアル扇風機招き猫まで登場し非常にシュールが見られる。
これはモノシールと呼ばれ、ステージ中に置かれているモノを拾うとそのままでは使えず、ステージが進むことによってオープンするモノ投げ屋でモノシールに変換してバトルに使える。

バトルで使うと高い攻撃を発揮する他、フィールド上ではイベント攻略特定のモノシールをペパライズして使う場面がある。
一度バトルイベントに使うとモノシールはくなるが、モノを手に入れたステージの場所で再度手に入れることが出来る他、モノ投げ屋の隣にあるモノ屋でモノを購入することが出来る。

施設

シールショップ

シールを売ったり買ったり出来る店。
5店舗登場し、ショップにより扱っている商品は異なる。
また、冒険を進めると買える商品が増える。

モノ投げ屋

モノを投げてモノシールにする施設。
2箇所登場するが役は変わらない。 

モノショップ

ランベルタウンのモノ屋の隣にある、パチンコ店で言う品交換所みたいな場所。
一度入手してモノシールとして使ったモノを、少々値はるがコインで購入出来る。

シール博物館

ラベルタウン復活ではしゃいだキノピオが噴に巻き込まれ、後に助けると、に案内され思わず「!?」なぐらい、な地下室のシール博物館へと案内される。

手に入れたバトルシール、モノシールを額縁に貼るとそのシールの解説が見ることが出来る。
ただし、ステージ上でも同じことだが、条件と違うシールを貼ると剥がれてしまい、キラシール、デカキシールを間違って貼ると泣きを見るので注意。

バトルシールやモノシールをコンプリートすると少しいい事がある。

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

マリオシリーズRPG
スーパーマリオRPG スーパーマリオRPG
ペーパーマリオシリーズ マリオストーリー - ペーパーマリオRPG - スーパーペーパーマリオ - ペーパーマリオ スーパーシール - ペーパーマリオ カラースプラッシュ
マリオ&ルイージRPG 1 - 2 - 3 - 4 - ペーパーマリオMIX

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%AA%20%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB
ページ番号: 4954519 リビジョン番号: 2348409
読み:ペーパーマリオスーパーシール
初版作成日: 12/08/29 22:38 ◆ 最終更新日: 16/04/10 19:16
編集内容についての説明/コメント: テンプレ更新
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ペーパーマリオ スーパーシールについて語るスレ

875 : ななしのよっしん :2018/05/08(火) 11:35:44 ID: tdCh0+ckmo
連発つっても2本だからなぁ
1種の総まとめっぽいマリオメーカーも出たし新しいアイディアとかでも
ない限りしばらく2Dは出ないだろうな
3Dランドとかを2D扱いしてんなら知らん
ペーパーマリオはどこに着地するんだろうな
876 : ななしのよっしん :2018/05/08(火) 11:45:12 ID: KffI0VYMTk
2本だけでもその間隔ががたった5ヶだけだしそういう印になるのは当然としか
877 : ななしのよっしん :2018/05/08(火) 11:45:37 ID: xnRgKM1i59
2Dマリオは発売間隔が後から見返してみると結構不思議
FCSFCGBくらいまではポンポン出てたのに64GCでは全くでなくなった
かと思いきやDS以降は各ハード一本+αくらいは出てて、でもスイッチには出てないっていう

まあ各ハード一本くらいは出るのが普通だと思う
878 : 削除しました :削除しました ID: KJvApMwyzX
削除しました
879 : ななしのよっしん :2018/05/12(土) 19:48:10 ID: TBtkxzXqMl
ポケモンで例えると前回まで存在したきんのたまおじさんとかやまおとこのナツミのようなふざけた要素を切り捨てたようなのが今作
前作の反動が悪い方に作用しているような
だけど路線がそのままだとCERO的に問題がありそうである
880 : ななしのよっしん :2018/05/12(土) 20:12:48 ID: 5pQmVS7F1w
>>879
追加。伝説ポケモンを巡って悪の組織との対決とかは全くなく、本当に各地のジムを巡ってリーグすだけのストーリー


そう言えば原点回帰したって感じがするけどシオンタウンでの幽霊退治とかロケット団との戦いまでもオミットしたのがこのゲームなんよね。
ついでにジムバッジも8個から6個に減ったとか、中戦うトレーナーは男の子と女の子おじさんおばさんお兄さんお姉さんの6種類しかいないとか。
881 : ななしのよっしん :2018/05/13(日) 15:32:54 ID: iMSGZZRfR7
プレイアブルキャラシール以降マリオ限定になってしまったのが物足りなく感じる
スぺマリまではピーチクッパ等色々なキャラが操作できたというのに
882 : ななしのよっしん :2018/05/13(日) 16:26:59 ID: PgdpVrhhSf
>>872>>873
別に「一見てスーパーシールが今までと今までのどの作品とも違うシステムになってるはず」と気づくか気づかないかという話をしてるんじゃないんです
ゲームシステムを直前の作品と変えようがさらにその前の作品に戻そうが何しようが
スーパーシールにせよスーパーペーパーマリオにせよ
ペーパーマリオの新作」として売った
そして方たち見たく「あぁ昔のシステムに立ち戻ったんだ」と考えた人たちを含めて「ペーパーマリオの新作」と認識したファンが買いに行ったんでしょう?
それなスーパーペーパーマリオならペーパーマリオRPGスーパーシールならスーパーペーパーマリオの直前の評判が左右するのは当然でしょう?
それな>>862のように「いくらシリーズ物とはいえ前作とはゲームシステムが全然違うんだから前作の評判は関係ないでしょ」
というのは少しおかしいよねという話をしていたんです。
端的に言えば「カラスプが悪くない出来だったのに売れなかったのは結局スーパーシールの評
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
883 : ななしのよっしん :2018/06/01(金) 09:15:42 ID: 58Liihxg/C
序盤の時点で雰囲気からシステムからキャラから解きから、何から何までが刺さらなくて「おかしい…あのペーパーマリオが何故こんなにも刺さらないんだ…」ってなった記憶。それから序盤で投げて放置してたわ。
RPGとSPMはみたいにやり込んだのもあっていっときは歳のせいにさえしたが、ネットの書き込み見ると単にこれがつまらなかっただけだと気づく…。
884 : ななしのよっしん :2018/06/11(月) 22:48:28 ID: e9+TURwokT
大体ミヤホンが悪いよミヤホンがー
宮本のちゃぶ台返しの結果こうなったらしいし元はまだ少なくともストーリーはあったんじゃないかと思う
RPGストーリーあってなんぼなのにそれ消して文字通りの紙ゲーにしてどうすんのって感じ
カメックBGMだけは有能
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829