単語記事: ホワイトキャンバス問題

編集

ホワイトキャンバス問題とは、同人ショップホワイトキャンバス」に関する諸問題を扱うページである。
なお、ホワイトキャンバスの素行についてはキリがないため大きくは取り上げないこととする。

留意点

この記事はネガティブ・キャンペーン的とした記事ではありません。
この記事に書かれていることを根拠に誹謗中傷を行うことは非常に迷惑ですのでお止め下さい。

また、かには信じ難い内容も含まれているかと思いますが、事件自体は全て事実です。

時系列表

日時 出来事
2004/8/13 ZUN氏との間に「商品独占販売契約」を締結。
2004/8/15 東方永夜抄』頒布(C66)
中略(この間、花映塚文花帖他頒布)
2007/6/23 ZUN氏との間に「商品化等許諾契約」を締結。
「商品独占販売契約」は同氏要望により合意解約。
2007/8/17 東方風神録』頒布
2007/9/6 株式会社香霖堂』設立(上海アリス幻樂団法人格)
2008/12/20 とある東方グッズ製作会社がホワイトキャンバスから脅迫を受ける。
2009/3/31 ホワイトキャンバスよりサークルへの過払い返還要請が掛かる。
2010/10/* 株式会社香霖堂より、著作権等委譲に伴う新契約を結びたいとの申入れがあるも、
ホワイトキャンバスがそれを拒否。従前契約が有効であるという立場を崩さず。
2011/3/8 ホワイトキャンバスホワキャンAKIBARとぼぼ同時に、
上海アリス幻樂団東方プロジェクト金子浩二氏によって商標出願される。
2011/6/16 ZUN氏が上海アリス幻樂団東方プロジェクトを商標出願。
2012年現在、両者両商標共に有効状態。
2011/9/11 不払い及びガイドライン違反を理由に、
ホワイトキャンバスへの『東方神霊廟』販売委託が停止される。
ホワイトキャンバスは他店から取り寄せるという形で東方神霊廟を販売。
2011/12/16 取引規約に返送手数料の項が、サークルへの通達なしに書き加えられる。
2011/12/20 ZUNBLOGにて、委託停止の件について表される。
同日 ホワイトキャンバスサークルページアクセスできなくなる(404エラー)。
2011/12/21 ホワイトキャンバス、上記BLOGに対する反論文を発表。
2011/12/29 日刊サイゾー、ホワイトキャンバスへのインタビュー記事が掲載される。
2011/12/30 反論文が削除される。

取引停止問題(2011/9~2011/12)

『神霊廟』外部からの取り寄せ疑惑(WC社員の内部暴露)

2011年9月11日より東方神霊廟の店頭委託が開始されたわけなのだが、
2011年9月16日、「同業者から東方神霊廟が送られてきた」という内容で自称WC社員からの内部告発があった。
加えて上海アリス幻樂団との直接取引ができなくなったとも書かれており、店頭委託開始時点で既に通達があったということに間違いはなさそうである。

なお、この人が本当にWC社員であることを全には明しきれないため 一応"自称WC社員"と表記したわけだが、
彼は10月10日付の書き込みで黄昏フロンティア代表(N氏)の名前までも上愚痴として書き連ねており、
そのことから、どうもに内部の人間である可性が高く、この暴露文は充分に信用に値するものと言えよう。

  こちらがその内部暴露
http://www4.atwiki.jp/thwc/pages/15.html

ZUN氏による公表 (2011/12/20)

ある意味では、すべての発端と言えるかも知れない。

http://kourindou.exblog.jp/17092211/

端的に言えば、不払いとガイドライン違反を理由に東方神霊廟の委託を止めた、ということである。
ただし、東方project作品自体の売上なのか、黄昏フロンティア作品の売上なのかはやや不透明である。
も、東方非想天則2009年頒布)がこの売上に入っていれば両方の売上ともいえるのだが。

なお、二次創作作品の委託は続けてもらっても構わないとも書かれている。

ホワイトキャンバスによる反論(2011/12/21)

翌日、上記明についてPDFでの反論を展開する。
PDF自体は12/30付で削除されている。ミラーはこちら
内容を要約すると、

1.支払いについて
ZUN同人委託と対応を任せている黄昏フロンティアと、ホワイトキャンバスは、ホワイトキャンバス側が黄昏フロンティア及びZUN氏が、支払いがされていないと言っている額」相当額の全額を供託したうえで、裁判にて争っている。
2.ガイドライン違反について
グッズ製作・販売についてはZUNとの間で従前に結んだ「商品化等許諾契約」に基いており、版権管理者が移行したために株式会社香霖堂定を要している契約内容は効。また、ガイドラインに違反しているという事実はない。契約の及ぶ範囲について双方の代理人弁護士を通じて協議を重ねているところである。
3.ZUNの発言について
それぞれの案件は関係であり、支払いの案件に関して第三者であるZUNが独自に制裁処理、及び表したことは甚だ遺憾である。

となっている。……のだが、開文書としてはあまりに稚拙な文章であったり、正当性をインタビューした直後に削除したりと今一つ信用しきれない。→日刊サイゾー(post_9445)

時系列表に列挙した契約々もこのPDFに記載されていたのだが、ところどころ疑問が残る。
以下、その疑問点についてまとめる。

「商品独占販売契約」(2004/8/13)

PDFには『ZUN氏が制作する全ての制作物につき、日本国内外を問わず、弊社が独占的に販売権を有するという広汎な内容のもの』と記載されている。が、この直後に発表された東方永夜抄とらのあなをはじめ他の同人ショップでも販売されている。上海アリス幻樂団東方永夜抄のページにも『各同人ショップでも委託販売が開始する予定です』と明記されているため、最初から「商品独占販売契約」などなかったのではないかと思われる。

「商品化等許諾契約」(2007/6/13)

ZUN氏が製作するキャラクターを利用したグッズ等を製作・販売する商品化権の権利を有する』といった内容の契約である。但し、ガイドライン企業による商品化の許可」は簡単に取れるため、何らかの特約があると思われる。
2010年10月に新契約を拒んだのもこのあたりが関係するのだろう。

なお、現在もこの契約が有効であるとしており、ZUN氏側からもこの件についての言及はない。
しかし、原作に特典を付けてはならないという通知を視していることが、関係者から証言されている。

反論文の矛盾点

PDFの末尾に『18禁アダルト商品)に該当する商品 も製作、販売しておりません』と明記されていたものの、この部分に抵触する商品が発表時点には購入手続きが可能な状態であった

この部分に抵触するのは2011年2月14日のガイドライン改正以降に企業導によって制作・販売されたアダルトグッズであり、一般サークル製作・委託販売する分には全く問題はない。
上記商品は2010年12月の作品だが、ホワイトキャンバス導であることが絵師からも言されており、ガイドライン正以降も受注生産が行われる可性があった時点で問題である。

もう一点、未払いについて『係争中につき供託している』としているが、日刊サイゾーに掲載されたインタビューによれば『見解の相違による差し止め』と回答している。委託販売業という業態から、前者は黄昏フロンティア側が受取拒否という姿勢でなければ成立しないため、差し止めるという表現からは矛盾する(詳しくは後述)。
なお、このインタビューの相手は鈴木社長本人であるとのこと。

上記矛盾について補足

供託にも様々種類があるが、支払手であるホワイトキャンバスから供託という言葉が出た以上は『弁済供託』であるとみて間違いない。 要するに、銭額の見解の相違による紛争である。
なお、法的には供託になった時点で支払いは成立したことになる。
この件について、黄昏フロンティア側は「支払いが行われていない」と発言しているため支払い自体が滞っている、または提示された額が想定よりも過少であり受け取るわけにはいかないという状態であると思われる。前者の場合はそもそも供託になるはずもなく、供託を方便に使ったということになる。後者ならば供託しているという可性は大いにあり、PDFでの反論は正しいということになる。

しかし、インタビュー「差し止め」という表現を取ってしまったことで供託になっている可性は限りなく低くなってしまった。なぜならば、差し止めは事情が解決するまでは支払う意思がないという意味であり、事実はどうであれ供託したという言葉自体には矛盾してしまうのである。

結果として、裁判が行われている可性自体にも疑問が生じる結果となっている。

権利者騙り脅迫事件(2008/12)

http://www4.atwiki.jp/thwc/pages/16.html

ZUN氏に直接許可を取って商品化してたらホワイトキャンバスから脅された、という事件。
この件はZUN氏にも詳しい事情が伝わった模様で、後のガイドライン改正にも影響があったらしい。

この後どのように対処したのかは不明だが、面下で示談に応じたのではないかと思われる。

過払金返納要求事件(2009/3)

http://unkar.org/r/doujin/1238471145/3

過払い自体はここで取り上げるほどの問題ではないのだが、この過払の返納をサークルめたという点で問題になった。

本来、会計処理上は売掛相殺で処理(次の支払額から差し引く)することが通例となっており、年度決算であっても「仮払」などで処理することが認められている。つまり、別に返納をめる必要はなく、発生した旨と次回支払いで相殺する旨を通知するだけ良かったのである。

そもそも、過払いはホワイトキャンバスの落ち度であり、顧客であるサークルに作業を課すというのはあまりにも顧客を馬鹿にした行動であると言える。

この騒動の背景として会計知識不足や、何かと問題がちな経営の気性などが考えられるが、本当に資繰りに問題をきたしていた、という説も囁かれていた。

東方商標登録事件(2011/3)

http://www4.atwiki.jp/thwc/pages/17.html

金子浩二氏によって上海アリス幻樂団東方プロジェクトの商標出願がされていたという事件。
発覚した当初はそれだけの事件だったのだが、ほぼ同時にホワイトキャンバス関連の商標が3つ出願されており、関与を疑われている(あくまで疑惑であり、確定的なものではないと付記する)。

商標 出願日 出願番号 出願人
ホワキャン 2011/3/8 2011-020137 鈴木裕二セルビテック取締役)
URAAKIBASTYLE\
AKIBAR
2011/3/8 2011-020138 増田哲郎(カイゼル取締役)
カイゼル:セルビテック子会社)
関係)
上海アリス幻樂団 2011/3/8 2011-020143 金子浩二(カネコトレーディング)
東方プロジェクト 2011/3/8 2011-020144 (同上)
WhiteCanvas
ホワイトキャンバス
2011/3/8 2011-020146 鈴木裕二省略

これだけならば、間に挟まれた関係な商標と同じく関係で流されていたところなのだが……

なお、後述するように現在ZUN氏が全ての商標権を取得している。

金子浩二って誰

ネタ系のビブ(よだれ掛け)や缶バッジ、Tシャツなどを販売している人。これらのネタ系商材のために多数の商標を取得している彼なのだが、東方プロジェクトとの接点はあまりない。Tシャツであれ何であれ企業でも商品化がほぼ自由という東方二次創作において、わざわざ商標を取得してまで何をしたかったのか疑問が残る。
一応、一般流通が難しいという制約はあるのだが、氏の公式バカTも似たような販売形態であるため、販路拡大的とは非常に考えにくい。

ホワイトキャンバスとの関係が疑われる理由

商標出願のタイミングが重なったことも含まれるが、そもそも一個人が後ろもなく正当性をできる商標ではない(先願義の原則はあり異議申し立ても間に合わなかったが、ZUN氏が不当であると訴えれば取り消せる条件はっている)。
また前項でも触れたが、金子氏本人には商標取得に至る理由が非常に薄い。そのため、何らかの理由で表に出られない人物から代理出願依頼があったのではないかと思われる。
一応利己的取得も考えられるのだが、「上海アリス幻樂団」「東方プロジェクト」のネームバリューはあまりにも大きく、行使するにせよ売却するにせよ、リターンの割にリスクが高過ぎると言える。

とはいえ、金子氏とホワイトキャンバスの関係を明確にする情報は今のところないため、疑惑の域は出ていない。
 公式バカTがホワイトキャンバス専売アイテムと共に東京タワーで売られていたという情報もあるが、公式バカT自体は手広く展開しており、ホワイトキャンバスはあくまで一取引相手なので関連付けとしては弱い。むしろ、ホワイトキャンバス専売品がそんなところにあることの方が大問題である。

追記

異議申し立ては行われていた模様。だが、商標法上で商品(商号)と認められる表記が今までなされていないなどの理由により、申し立てを却下された。つまるところ、『商品名は東方○○○であって、東方プロジェクトは商品名じゃないから、この商標を使っているとは言えない』という理屈である。
念のため付記しておくと、金子氏が正しいのではなく、ZUN氏側に異議を申し立てられるだけの『商標法上の実績』がなかっただけである。

逆説的に、今までの東方project作品が商標行使に係るものでない明されたとも言え、今まで通りの路線を続ける以上は商標を理由になんらかの制限を受けることもなく、金子氏側から商標を理由とした圧を掛けることも不可能な状態である。

解決

2014年5月30日に、ZUN氏よりTwitterで「東方Project上海アリス幻樂団の商標の件が、事にコントロール下に置かれた」との告知がなされた。以降、しばらくの間ZUN氏が取得している商標区分以外の商標区分は株式会社ピンクカンパニーが保持していたが、2016年現在は、全ての商標区分でZUN氏が商標を取得・保持している。

サークルページアクセス不能事件(2011/12/20-)

ZUN氏による発表前後から、ホワイトキャンバスサークルページアクセスできないというトラブルが発生した。その時のエラーメッセージ404エラーファイル不在)であり、ディレクトリごと消えている=削除されたということが判明し問題になった。
冬コミ委託品の返品依頼の締切自体は15日に終わっていたのだが、同日のZUN氏のブログで騒動を知って敬遠しようとしたサークルの逃げを塞ぐようなタイミングであり、404エラーも相まって作為的な削除ではないかと疑われた。

実際、「委託契約は返品要がなければ自動更新、委託開始から2年で独自に処分する」と明言していたり、「全数返品してもらったはずなのに在庫がある」「要から1ヶ月経っても帰ってこない」という報告が上がっていたりと、疑われて然るべき前科が山積みなので仕方がないともいえるのだが……。

この事件の少し前(16日)には、メール等での連絡が一切ないまま、規約に返品手数料(500円/)の条項が書き加えられており、上記の諸問題も含め原則返品には応じないという姿勢であると言えるだろう。

ホワイトキャンバス返品のガイドライン

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%B9%E5%95%8F%E9%A1%8C
ページ番号: 4810252 リビジョン番号: 2316475
読み:ホワイトキャンバスモンダイ
初版作成日: 12/01/25 18:00 ◆ 最終更新日: 16/01/24 14:08
編集内容についての説明/コメント: 顛末を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ホワイトキャンバス問題について語るスレ

242 : ななしのよっしん :2016/10/21(金) 06:54:29 ID: WZwHNm27cL
こういうホワキャンスレに来て七六擁護するレベル情弱バカニコニコだと釣れるからなぁ…
243 : ななしのよっしん :2016/10/21(金) 20:02:01 ID: iEIyp9i4Fv
>>242
結局、七六は何をやったの?
この記事だけだとよくわからないからに教えてほしい。
244 : ななしのよっしん :2016/10/24(月) 10:54:47 ID: WZwHNm27cL
調べりゃ色々出てくるのに自分で調べないあたりがなんとも
245 : ななしのよっしん :2016/11/13(日) 22:36:38 ID: Btp2dAuVWu
極悪同人ゴロの七六が、またぞろ結月ゆかり立ち絵何ぞ書いているけど、全然使われていないのがウケる。
七六はバカで下手のくせにでしゃばるクズ同人ゴロだが、また冬コミ漕な商売やるんだろうな。
本当に七六はクズゴミウンコ嘘つきカス野郎だね。
246 : ななしのよっしん :2016/11/14(月) 02:14:04 ID: dS15cBUYKw
この問題って結局、過去契約内容の詳細、著作権の扱いなどについて
不透明なのだから第三者からはなにも言えねえって思うけれどな。
著作権の類を譲る形契約はままあるわけだしね。

特に同人グッズ関連の話はそれでしょ
247 : ななしのよっしん :2016/11/14(月) 20:00:31 ID: Btp2dAuVWu
この静画につけられた都合の悪いコメント削除しやがった。
http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im6082909

言論統制しかのない、七六は低脳としか言いようがない。
七六は絵も下手なくせに出しゃばるクソ
七六は社会の為にホワキャンとともに爆死するべき。
248 : ななしのよっしん :2016/11/17(木) 15:06:00 ID: MNEALGHFpa
ここ見ろってコメント見てここ来たが、結局七六が何をしたのかがさっぱりわからん。
249 : ななしのよっしん :2016/11/19(土) 11:22:06 ID: /rrgO9Rhni
都合の悪いて、どんな内容書いたか知らんけど
然るべき場ならまだしも所構わず噛みついて顔な方が傍から見て滑稽だわ
250 : ななしのよっしん :2016/12/01(木) 11:37:40 ID: 3Hm2npHcmE
https://sonshi.xyz/wiki/同人ゴロ連続炎上騒動
とか見れば大体人となりがわかるんじゃね?
あと都合の悪いコメント即消しは事実っぽいね、荒らしコメ消されてたし。静画タグも全部自分でつけてるっぽい。
251 : ななしのよっしん :2016/12/04(日) 12:02:58 ID: D6MC8/X2fW
どんな悪事を行おうが問題いのがニコニコだからね
犯罪者育成機関みたいなもんなんじゃね?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015