単語記事: ボクシング

編集

ボクシングBoxing)とは、拳のみを用いて闘う格闘技である。レスリングに並び世界最古の格闘技で、現在、最も世界で広く知られている格闘技でもある。

概要

ボクシングは、ボクシングリングの上で、拳にバンテージ(包帯)とグローブをつけて行う。アマチュアでは、ヘッドギアとシャツを着る。プロアマ両方で、ベルトラインより下、後頭部への攻撃は禁止されている。また、投げ技や蹴りは反則攻撃である。

歴史

ボクシングのような二つの拳だけで戦う格闘技は古代ローマの拳闘士、さらにはそれ以前から存在したが現在ボクシングとの直接のつながりはない。

いわゆる近代ボクシング1867年英国で作られたクインベリールールの誕生とともに始まった。これは当時非合法に行われていたベアナックル・ファイトを競技化すべく定められたものであり、グローブの着用や1ラウンド3分といった現代に直接繋がるルールがこの時生まれた。ヘビー級以外の階級もこれ以降次々と誕生することとなった。

階級

ミニマム級(ストロー級などとも呼称)からヘビー級まで、に全17階級となっていることが多い。

軽いほうから

ミニマム→ライトフライ→フライ→スーパーフライ→バンダムスーパーバンダム→フェザー→スーパーフェザー→ライトスーパーライト→ウェルター→スーパーウェルター→ミドル→スーパーミドル→ライトヘビー→クルーザー→ヘビ

となる。最も軽い階級で約46kg、重い階級で90kg以上と倍近い差がある。重い階級になればなるほどパンチが強くなるので大柄な男たちのパワフルファイトが楽しめる。一方軽い階級ではカウンターなどを体とした素ボクシングが見られるのでそちらの方も見所。必ずしも自分の適正体重=戦闘ウエイトとは限らないため、基本的に多かれ少なかれボクサーは試合前に体重調整のための減量という過酷なトレーニングを行っている。

日本国内の選手が多く在籍するのは大体ライト級ぐらいまで。ウェルターを過ぎたあたりになると急速にボクサーの活躍は少なくなっていき、スーパーミドル級以上は今のところ本格的な世界ランカーは現れていない。

世界王座認定団体

ボクシングのいわゆるメジャー世界タイトル認定団体は現在4つ存在する。WBA・WBCIBF・WBOである。この他多数のマイナー団体が存在するがそれらは事実上なんの価値も持たないと言って良い。したがってK-1で元WBF王者などを元ボクシング世界王者と呼ぶのはボクシングファンにとっては失笑モノである。

なお、ボクシング世界王座認定団体は基本的にタイトル認定ランキングを作成するだけの組織であり、サッカーFIFAのようにボクシング界すべてを統括する組織は存在しない。ただしアマチュアボクシングにおいてはAIBAがFIFAのような組織だと言える。

近年は暫定王者やスーパー王者などといった世界王座の乱発が問題となっている(特にWBA)。このほか、IBFでも「敗北王者なのに王座保持」といった問題も起きている。WBOは4団体ではまだ地位が低い。マトモそうなのは一番加盟が多くてオープンスコアを採用してるWBCぐらい、といいたいがこっちもダイヤモンド王者だの名誉王者だのやたらチャンピオンがいっぱいとなっているし・・・

日本のボクシング

1952年白井義男が世界フライ級王座を獲得し、日本人初のボクシング世界王者として民的英雄となった。

以降60名をえる世界王者が日本から生まれている。ただし一般に日本世界王者とは日本ジムに所属する外国人選手を含めている。これは日本ボクシング界がジム体として成り立っているためである。海外の多くのにおいてジムは単なる練習場であるのに対し、日本ジム武道場の影を受けたために自らの看を背負って選手を育成し行を手がけているという大きな特徴がある。

日本ボクシングミッションJBC)は4つあるメジャー世界王座認定団体のうちWBA・WBCの2つのみを認定している。このため日本ジムに所属するボクサーは残るIBF・WBOに挑戦することはできない。マイナー団体についても同様である。2013年4月1日より、IBF、WBOにJBCが加盟したことで、要なボクシング世界メジャー団体全てに日本人ボクサーが挑戦可となった。今後はWBA,WBC以外の試合が内でたくさん観られるかもしれない。

プロとアマの剥離

近年では、プロアマの競技性の違いが大きくなり、問題となっている。それは、プロは「相手を倒す」競技になり、アマチュアは「パンチを当てる」競技となったことで、コンセプトに違いが出来てしまったことが原因である。(具体的な例としてはアマではノックダウンを奪っても特別の点数はつかない等)

アマチュアでは、相手を倒すことよりも、多少攻撃が低くても的確かつスピーディにパンチを当てることが優先される。また、近年の強選手は変則スタイルに傾倒する傾向にある。プロべるとKO率が低く、KOがあっても、選手はピンピンしているのにレフェリーストップしたりするので、あまり手さがい。昔はヘッドギアを着用していなかった。ただし08年北京五輪からアマチュアの採点基準が見直され、より強いヒットでなければポイントにならなくなった。

関連動画

アマチュアボクシング

プロボクシング

 

関連商品

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%9C%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0
ページ番号: 1391238 リビジョン番号: 2309855
読み:ボクシング
初版作成日: 09/02/12 17:50 ◆ 最終更新日: 16/01/07 04:30
編集内容についての説明/コメント: 関連項目5つ追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


電気の紐でシャドーボクシング

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ボクシングについて語るスレ

153 : ななしのよっしん :2017/05/10(水) 18:56:05 ID: ZFFDvfe2F7
>>148
あれについては、ホストの人が盛り上げてくれたことで、皆が幸せになったと思う
亀田だけじゃなく、ボクシングも同時にめた態度で挑んだことで
ただの素人じゃなくて、プロレス的な噛ませ犬としての地位を確約したと思う

フィクションで言えば「プロレスなんて八百長だろw」って言って
レスラーに喧吹っ掛けたが負けるような餓狼伝王道パターン

(多分)亀田の悪評・低評価を利用&逆手に取った番組側の企画
意図してか、自覚か上手いこと乗っかったと思う
154 : ななしのよっしん :2017/05/21(日) 20:54:35 ID: fD3f9O4cyX
>>152
愚地克巳かな?
155 : ななしのよっしん :2017/05/22(月) 15:24:06 ID: Ly2xE1h8Zd
世界ミドル級村田の判定負け。「手数の多い方が勝ち」って勝敗システムが今後重要視されたらボクシングつまらなくなるわ。あの試合はどう見ても村田が支配してたし。ダウンも取ったし。

WBAの会長ですら再試合すべきって明出してるがミドル級チャンピオン戦って開催にがかなりかかるらしいから再試合難しいらしいな。
156 : ななしのよっしん :2017/05/22(月) 17:58:32 ID: CtZBoR7mgN
プロボクシングのが昔のアマボクライクになったw
157 : ななしのよっしん :2017/05/22(月) 19:17:06 ID: XchoelXfLw
井上尚弥
強い!絶対に強い!
いや、ホントバケモンねこの人…
158 : ななしのよっしん :2017/05/23(火) 07:56:15 ID: P41mq2paYf
八重樫選手タイトル戦お疲れ様でした!
次の試合を楽しみにしてますよ!と、言いたいところだけど、体大丈夫なんですかね…

>>156
いわゆる"古典的な行"のいかがわしさとの決別、という意味では方向性は良いんじゃないか。

マスコミ煽りありきの盛り上がりも結構だけど、競技としての面さだけで十分行になると思うんだけどなぁ。
159 : ななしのよっしん :2017/05/24(水) 12:34:37 ID: IkDOMNOPBf
ボクシングよく知らないけど、ぼこられて倒れたほうが勝ちなん?
160 : ななしのよっしん :2017/05/25(木) 23:31:29 ID: XGLIYZKOKp
少数の意見かもしれないが、ボクサー達は勝ちたいのなら12Rが終わるまでにKOもしくはTKOしてくれ。
「どう考えても相手をKOしたはずなのに相手が勝ったことになった」というオカルトでも発生しない限りもう驚かないし驚く気にもならない。
161 : ななしのよっしん :2017/05/30(火) 17:08:45 ID: wbeSncJcRg
>>159
シャドボクシングのうまさが評価されたんだよ
162 : ななしのよっしん :2017/06/10(土) 22:50:08 ID: c59ps4g1kK
一回ダウンは奪われたが全体を通して手数が多かったので評価する ←違和感はあるけどそういうルールなんやろ……

一回ダウンを奪われた後も何度もリング叩き付けられ足もふらつきまくってたけど手数が多かったから評価する ←は?
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829