単語記事: ボフスラフ・マルティヌー

編集  

ボフスラフ・マルティヌー / ボフスラフ・マルチヌー1890~1959)とは、20世紀前半に活躍したチェコ作曲である。
チェコ語本来の発音はマルチヌーが近いのだが、その際的な活動からマルティヌーと呼ばれることが多い。

概要

ボヘミアモラヴィア界にあるヴィソチナ地方の、ポリチカ村の教会の鐘楼守をとして生まれた。しかしこ父親は村の人々にしたわれ、また双方音楽好きであったことから、マルティヌーの周りには音楽が絶えない幼少期を過ごしたようだ。そのような環境のため、8歳の時にはもう弦楽四重奏曲を作っている。

1906年になるとプラハ音楽院に入学。当初はヴァイオリン科だったが、やがてオルガン作曲コースに転科し、1910年に結局見込みのない怠け者として退学させられている。1916年に故郷の小学校ヴァイオリン先生となった。その一方で作曲活動も続け、彼の愛国的なカンタータ『チェコ曲』が取り上げられて出世作となった。

さらに彼はチェコフィルの第2ヴァイオリンに加わり、演奏旅行へ出かける。そして1923年にようやく文部の奨学を得て、パリに向かい、アルベール・ルーセルに教わった一方、作曲としては近代的な感覚や印義への傾倒などでめきめきと頭を現していったようだ。しかし1941年に大二次世界大戦からアメリカに亡命。作は重厚で民族意識に覚めたものに変わっていった。戦後ヨーロッパアメリカを往復し、最期はスイスリースタールのサナトリウムで亡くなった。

速筆多作だったため作品数は多く、20世紀のチェコ作曲の中では割合知られた人物である。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%9C%E3%83%95%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%8C%E3%83%BC
ページ番号: 5514802 リビジョン番号: 2553858
読み:ボフスラフマルティヌー
初版作成日: 18/01/13 10:50 ◆ 最終更新日: 18/01/13 10:50
編集内容についての説明/コメント: チェコの作曲家といえばあとこの人ということで作成
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ボフスラフ・マルティヌーについて語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ボフスラフ・マルティヌーについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829