単語記事: ボボボーボ・ボーボボ

編集

ボボボーボ・ボーボボ』とは、週刊少年ジャンプ2001年12号2007年31号で連載された、澤井啓夫原作ギャグ漫画、またはそれを原作としたアニメ作品である。
2006年19号からは、原作タイトルを『真説ボボボーボ・ボーボボ』に変更した。

なお、登場する主人公の名前でもあるが、これについては、ボボボーボ・ボーボボ(キャラクター)も参照。

概要

澤井啓夫の名を売り出す切欠となった作品であり、ドラゴンボール世代からワンピース世代にバトンタッチした所謂「ジャンプ二世代」の作品の中に名を連ねる超大作

多くの者が「ジャンプギャグマンガといえばコレ」という認識を持っており、当時同時期に連載していた「ピューと吹くジャガー」と同時にジャンプギャグマンガ二大巨として崇める者も多い。

物語にはストーリーのそれっぽい伏線が登場したりするが、基本的にその場限りの設定で伏線が回収されることは全くと言っていいほどい。
本来ならばファンにキレられるような行動だがそんなものはどうでもよくなるぐらいぶっ飛んだギャグによって人気になっている。

細かいことを考えるよりもノリを楽しんだほうがいい作品。

アバウトなあらずじ

西暦300X年、全世界の人々はマルハーゲ(アニメではマルガリータ帝国に支配されていた!
皇帝「ツル・ツルリーナ世」は全世界に「毛狩り」を実行し、人々はこれによって苦しめられていた。

「行け!マルガリータ最強四天王達よ!全世界の者共をツルツルボーズにするのだ!!」

だが、そんなマルハーゲ帝国に反旗を翻す1人のアフロがいた。その名は「ボボボーボ・ボーボボ」。
毛の王に伝わる5大毛拳の一つ「鼻毛拳」を使い毛狩り隊の基地を次々と潰していた。

これは、ボボボーボ・ボーボボとその仲間たちの愉快でハジケた物語である!!

登場人物一覧

毛の王国の人間

ボボボーボ・ボーボボ CV:子安武人

この物語主人公
毛の王に伝わる五大毛拳の一つ「鼻毛拳」の使い手。27歳。
巨大な金髪アフログラサン、(アフロを含めて)高い身長が特徴(2m1cm)。
現在キングオブハジリスト
いつもハチャメチャでも読めないほどのハジケっぷりをもつテンションだが、仲間思いな部分もあり、戦闘で仲間(特にビュティ)が傷つけられた場合は本気でブチ切れる。
しかし、一概に全員思っているわけではなく、の助や首領パッチ気で武器にしたりにしていたりなどする。

ベベベーベ・ベーベベ

ボーボボであり、スネ毛拳の使い手。28歳。
を絶対従させるタイプである。
ワカメのような髪型と、前に隠れたキラキラした眼が特徴。
本人はこの眼が嫌いらしく、見られた場合は相手を殺するようにしている。
5兄弟の中では1番不遇な人物。

ブブブーブ・ブーブブ

テンポちゃん

ボーボボとベーベベであり、ワキ毛拳の使い手。29歳。
首領パッチにガン付けられて以降彼にをする。
「そのにしてそのあり」をそのまま形にしたような人物であり、ボーボボ以上にハチャメチャな発想をする。
戦った相手をの髄まで残さず殺すほどの残虐な考えの持ちで、奈良漬で酔うほどに弱い。
ちなみに彼女の容姿はボーボボと田楽マンが融合した田ボに酷似している。
(田ボとブーブブの違いは、ブーブブのみの胸元にハートの露出があること。)

ビビビービ・ビービビ

5兄弟の次男。カミの毛拳と毛狩り拳の使い手。30歳。
毛の平和を乱した本人。
2人の(名前はミンとビタ)がいるが、母親は不明である。
ボーボボとの戦いの後重症を負っていたところをツルリーナ世に殺された。

バババーバ・バーババ

5兄弟長男。ウデ毛拳の使い手。31歳。
毛の王から脱出する際にボーボボが脱出ポッド宇宙に投げ込んでしまったので出番なし。

TUYOSHI

毛の5兄弟父親。大きな毛の塊。毛年齢で16歳(人間の歳では中年)。

破天荒 CV:岸尾だいすけ

はーちゃん

ボーボボ幼馴染でありカギ拳の使い手。24歳。
首領パッチ率いるハジケ組の下っ端。
クール自由気ままな性格であり、他人からの命令は首領パッチの命令以外絶対に聞かない。
以前、魚雷ガールに惚れられていた過去があり、そのせいで散々追い回されていた。

ハジケ組

首領パッチ CV:小野坂昌也

ハジケ組の首領であり、ボーボボ相棒
年齢は自在に変えることができるらしい。
拳は使わないが、そのハチャメチャなテンションボーボボと互の実で彼をサポートし、ときには立つために彼を出し抜く

自分への怒りの感情が高まると怒んパッチ変身する。
さらに自分が主人公でないことに気づいた怒りにより、怒怒んパッチへとパワーアップする。

若頭

ハジケ組の副首領。一応破天荒やコパッチよりも偉いらしいが、戦闘皆無
原作では名前がなく、そのせいで首領パッチから見捨てられた。

コパッチ

首領パッチの子分。いっぱいいる。

ツッコミ担当

ビュティ CV:野中藍

この物語ヒロイン14歳
第1話で登場したボーボボの初めての仲間
基本的に戦闘は行わずツッコミを担当する。
ボーボボたちとをしていた的は2つあった。
1つは、行方不明を探すこと。
もう1つは、とびきりハジケた冒険がしたかったから。

ヘッポコ丸 CV:進藤尚美

へっくん

プップーティ出身の戦士で、オナラ拳の使い手。16歳
四天王の1人、軍艦に町を征され、町を取り戻すためにボーボボとともに修行することとなった。
軍艦から町を守ったあとも、強くなるために彼についていった。
ビュティ心をいだいていたが、最後まで告白はしなかった。
ポコミという名のがいる。
わけあって、一時期ネオ狩り隊Aブロック隊長だったこともある。
ちなみに彼は、作者が1番初めにつくったキャラクターである。

元毛狩り隊

ところ天の助 CV:園部啓一

元毛狩り隊Aブロック隊長の心太。39歳(賞味期限切れ)。
プルプル拳の使い手。
元はスーパーで売れ残っていた心太であり、自分を買わなかったやつらに復讐しようと毛狩り隊に入隊した。
しかしボーボボに誘われ仲間に、以後パーティとなる。ひらがなの「」が大好き。ひらがな「ね」は嫌い。

田楽マン CV:金田朋子

田ちゃん

元毛狩り隊Zブロック隊長。生後1歳半。
ハジリスト
の大家族の末っ子であり、たちからいじめられていたことがトラウマとなり孤独が苦手になった。
友達が欲しいと言っているが、周りの人間をめきった性格なのでいまだ友達ができない。

ソフトン CV:緑川光

元Cブロックバイトとして働いていた戦士バビロン拳の使い手。25歳。
ソフトクリーム仲間からは巻きに見られており、何度もウ○コと呼ばれている)に似た顔をしている。
ボケキャラクター的な見たに反して一切ボケず、いつもクール仲間サポートする。
魚雷ガールに惚れられている。
その素顔は(ピンク色ロングヘアーの美男子であり、ビュティの実のである。
この設定は連載前から決まっていた。

ライス CV:結城比呂

title

狩り隊にボーボボ達を殺すために雇われた戦士であり、拳の使い手。
首領パッチが蹴ったキングオブハジリスト称号を受けついだハジリストだったが、ボーボボに負けたことで称号を彼に渡した。
男子だがマゾ

スズ CV:山崎和佳奈

軍艦の直属の手下。19歳。
ツッコミ担当だが、生すぎる性格であり、ボーボボに命じられてシーラカンスを残さず食した。
テレポートサイコキネシスなどの超能力が得意。

ガ王

元ツルリーナ世のペットコアラで、コアラ法を使う。
ポコミが登場した後にどんどん出番が減少した。田楽マンとキャラ全にかぶっている。

ポコミ

ヘッポコ丸で、元ネオ狩り隊Fブロック隊長幼女
ラブリーマジカル拳の使い手。
ナメ朗とは同期であり、彼になついている。

旧マルハーゲ四天王

マルハーゲ帝国最強四天王…という設定だが、後に登場する暗殺部隊隊長「ねんちゃく」は彼等よりも強いという設定になっているため其の辺はやはり澤井テイストでわけがわからなくなっている。

ルリーナ世直属の部下という設定だが、プルプーを除いてひとりとして彼に忠など誓ってはいない。

軍艦 CV:大友龍三郎

title

かつてボーボボとともに鼻毛拳を学んだ戦士であり、鼻毛拳の使い手。29歳。
ボーボボよりも鼻毛拳の才が高かったが、毛の王の人間ではないという理由で継承を拒否され、
以後ボーボボに自分の存在を認めさせるために多くの部下を引き連れ世界征服を狙う。
ボーボボく、「自分の一番の親友」。

高圧的な巨だが、本当はとても部下想いの心優しい性格。
また、部下であるスズのことはひとりの女性として認識しているようであり、田楽マンにモテモテかどうか聞かれた際には「そ、そうだな…スズもいるし」と答えている等彼女に特別な感情があることをめかしている。
OVERリーゼントを狩られて以降はリーゼントヅラを装着している。

プルプー

四天王の1人、軍艦よりも強いらしいが首領パッチの「しみったれブルース」によって一で葬られた。

OVER魚雷ガール CV:杉田智和(OVER)/西川宏美(魚雷ガール

OVERについて

マルハーゲ四天王で最も残虐な性格、27歳。OVER
極悪拳の使い手であり、巨大なハサミを使って攻撃する。
口癖は「ギギギ…」もしくは「殺殺殺(シャシャシャ)」。
怒りメーターが6つ溜まると魚雷ガール変身する。
ちなみに、彼の技の名前に果物の名前が多いのはOVERが果物の名前が好きだから。

魚雷ガールについて

OVERの姿であり、伝説ボケ殺しの一人。28歳。
見たは巨大な魚雷だが、泳ぐことはできない。
 OVERの技にアレンジをかけた極悪拳の使い手。
ボーボボたちからは「魚雷先生」と呼ばれている。ソフトンが大好き。

ハレクラニ CV:三木眞一郎

四天王最強の男で、を使ったゴージャス拳の使い手。前職は銀行員。
幼いころは、パン屋で盗みを働くほど貧乏少年だったためそのへの執着が後にゴージャス拳を編み出した。
魚雷ガールとは面識があったようだが、再会した際には「2秒以内に消えろ」と一括された。

皇帝

ギガ CV:関智一

ルリーナ世の親友であり、サイバー都市皇帝オブジェ拳の使い手。
プロフィールサイボーグのような感じであり、血液型ハードディスク
再登場する度にヤムチャ化しているかわいそうなキャラクター

ツル・ツルリーナⅣ世 CV:松野太紀

マルハーゲ帝国皇帝現在行方不明になっている。
以前は、自分に宇宙エネルギーがたまるなどのセリフを言っていたがこの漫画お約束で結局伏線を回収されることなく終わった。

マコちゃん

ルリーナ、彼から養分を吸い取っており再登場したときには進化を遂げていた。

オクトパスカル

ルリーナ世の補佐の小さな。基本的に戦闘皆無

ツル・ツルリーナⅢ世 CV:置鮎龍太郎

先代の皇帝であり、『説』のラスボス真紅手品拳と手品拳を使う。
人間ではないらしく、ビービビ毛玉(毛の王の人間のみが持ってる毛の
を吸収しての姿になった。
「マルハーゲ帝国バンザァアアアイッ!!」

世の中ナメ朗ツル・ツルリーナⅤ世

自分以外の人間をナメている少年であり、舌を使って相手をり殺すレロレロ拳の使い手。
同期ポコミになつかれている。

旧毛狩り隊長

ハンペン CV:三浦祥朗

旧Aブロック隊長であるハンペン
数多くいる拳使いの中で拳を使わないであり、己の武道だけで隊長までのし上がった。
昔、子供の弁当からうっかり落ちてに流れてしまい、以後は生き物たちに食べられそうになったが、
それらを打ち倒して現在の強さを持ったという過去をもつ。
の助にはその遇から敵対心を燃やされていたが、「新説」のおまけ漫画では仲良くを飲む姿があり、
仲の良い親友になっていた。
ちなみに部下からの人望がない。

ランバダ

旧Bブロック隊長であり、を浴びせた物や生き物ポリゴンに変えるポリゴン拳の使い手。
そのを活かした変身で他人に化けることができるが微妙に似てない。
旧基地壊滅後はレムと行動をともにしているがただの上と部下の関係である。

レム CV:白石涼子

旧Dブロック隊長であり、露出度の多い銀髪ショートヘア巨乳美女
を浴びせた者を眠らせる爆睡拳の使い手。
実は両親は布団、それにしたがって彼女も布団だったのだが何故かヒトに生まれてしまい、
「布団の癖に人を眠らせられない」と布団仲間から馬鹿にされたため全人類に復讐を誓った。
実際レムみたいな布団だったら寝るどころの騒ぎじゃ(ry
その後はボーボボに「この世に1枚ぐらい眠れない布団があってもいいと思う」と慰められて心した。
そのルックスから、旧隊長の中でもトップクラスの人気を誇る。

コンバット・ブルース CV:竹本英史

旧Eブロック隊長であり、冷戦期あたりの軍人の装をしている。
軍人キャラなのははなから捨てられており、スケベ的な意味での下ネタ担当。
トラップ拳の使い手で戦闘力自体は高いのだが、ボーボボたち相手にはほとんど不足。
しかし何やかんや3世の側近的立場に収まり、旧毛狩り隊の中では一真説でも配下に入れられている。

サービスマン組

サービスマン

ボーボボ仲間の1人であり、布1枚を被っただけの変質者。
事あるごとに現れては自分の下半身をす「サービス」を行っており、ビュティにはかなり嫌われている。
戦闘力はかなり高く、相手に不快感を与える義「サービス義」を駆使して戦闘する。
ちなみに彼のサービス仕事でやっており、プライベートではサービスはしない。
彼の外見が「オバケのQ太郎」に似ていることから著作権的に危なくなり、アニメに登場する際はデザインが大幅変更された。

サービスガール

説』で登場したサービスマンの後輩
やっていることはサービスマンと変わらないのだが、流石に女性でこれをやるのは危なかったため、首領パッチがキレた。

アニメ版

2003年2005年まで放映。制作はまさかの東映アニメーション

原作より表現がマイルドになっているものの、内容自体は不条理さとシュールさが増加している。
なぜならば脚本は斜め上をすっ飛んでいくことで有名な浦沢義雄だからである。
ボボボーボ・ボーボボ』というな題材を得た沢はまさにを得た状態だったことだろう。とにかく噛めば噛むほど楽しめるアニメ

本作最大の特徴といえば、東映アニメーションという大御所ならではの駄に過ぎる声優と、レギュラー・脇を問わない参加声優達の気合の入りっぷりである。
まずそのっぷりは本記事のキャラクター記事のCVを見てみれば一瞭然である。
また、2003年放送開始であるため、当時はまだルーキーだったが今見ると「この人がこんな役かよ!」というのも多い。
しかし、それを差し引いても「こんな大物がこの役かよ!」というのがゴロゴロしている。

例(主にゲストキャラクター

と、ここでは書ききれないくらいの声優を起用している。

また、本作品のアフレコ現場の熱気は相当なものであったと参加キャストったこともある。
第一に、本作のクオリティの高すぎるネタの密度により、アフレコ中の笑いを堪えることがまず第1関門なのである。
なぜならば、まずレギュラーメンバー常時ド本気であり、 「自分が一番立ってやらぁ!」という意気で挑んでいたためである。その中に放りこまれた野中藍の心中はいかほどだったことだろう…。

さらに毎度ゲスト脇役たちも「レギュラーを食ってやる」という気持ちで現場に入ってきていた。
こういったカオスな場と化したアフレコスタジオは毎回修羅場と化していたという………。

ボーボボ役の子安武人は、他の作品ではまず見られないようなハジケっぷりを発揮しており、たった1人のキャラクターでありながら、オカマ、子ども、偉そうな社長など、ありとあらゆるや性格を使いこなし、本作のお笑い要素の大柱として君臨した。
子安武人ファンは1度見てみるとそのぶっちゃけっぷりに抱絶倒すること請け合いである。

このように、本作は極めて気合の入ったアニメーションでありながら、常に打ち切りの影がついてまわっていた。
初期はあろうことかゴールデンという時間帯の放送であったために、その意味不明世界観っぷりに大人たちは凍りつき、PTAブチ切れてしまったからである。
実際本作は「子どもに見せたくない番組」に見事ランクインしている。

結果、二度の放送範囲縮小を経て、数々のテコ入れこそあったものの、番組はなんとか1年以上放送された。
しかしその間スポンサーが1つもつかないなど厳しい運営を強いられており、結局その結末は打ち切りにありがちな終わり方になっていた。
そして、本作で構成を担当した沢の子である大和屋暁がこのアニメに影されたのか定かではないがまた別方向にカオスジャンプアニメを手がけることになったのはここから数年後のお話。

2014年、『Jスターズビクトリーバーサス』に本作品が参戦した際、ボーボボCV子安武人)、首領パッチCV小野坂昌也)の再演がかなった。
(なお、再演自体は『テイルズオブシリーズなどで実現済み。)
このとき、子安武人は『ボボボーボ・ボーボボ』のアニメ本編を見返し、自ら「よくこんなの何年もやってたな!」と自分たちのかつてのハジけっぷりに驚いている。

とりあえずこのアニメもっと評価されるべき

主題歌

オープニングテーマ

WILD CHALLENGER」(第1話 - 第32話)
作詞永田規、宮下
作曲編曲 - 宮下
歌:JINDOU
バカサバイバー」(第33話 - 第76話(最終話))
作詞作曲 - トータス松本
編曲・歌 - ウルフルズ

エンディングテーマ

幸せ」(第1話 - 第19話)
作詞作曲はるよ
編曲・歌 - マニラバ
キライチューン」(第20話 - 第32話)
作詞作曲・歌 - FREENOTE
H.P.S.J」(第33話 - 第76話(最終話))
作詞 - hiroko and mitsuyuki miyake
作曲編曲 - mitsuyuki miyake
歌 - mihimaru GT

その後のようなもの

2011年暮れ、首領パッチビュティ主人公にしたスターシステムスピンオフ、「ふわり!どんぱっち」の連載が最強ジャンプにて始まった。
作者画力も上達し、ビュティが「誰だお前」状態になっている(もちろん褒め言葉)。

コミックスではなんと『ボーボボ』の番外編も収録。
(『ボーボボ』の方の)首領パッチビュティボーボボ一行によるショートギャグが繰り広げられる。

関連動画

関連商品


関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%9C%E3%83%9C%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%9C
ページ番号: 216860 リビジョン番号: 2227450
読み:ボボボーボボーボボ
初版作成日: 08/06/08 16:25 ◆ 最終更新日: 15/07/04 01:19
編集内容についての説明/コメント: 刈りの部分修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


6月7日

スポーツマンシップ

6月7日

プリマスAARクーダ(バラクーダ特別仕様)と思われるおもちゃ

艦むす。

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ボボボーボ・ボーボボについて語るスレ

495 : ななしのよっしん :2016/01/28(木) 10:36:32 ID: 2pdSwMatuh
ボボボーボ・ボーボボイントネーションって
ズームインの7時半くらいにやってたジャンプアピールみたいなのだと
ボボボーボ・ボーボボ
→→↑ ↓ ↓ →→
みたいな感じで読まれてたんだけど、覚えてる人いる?
496 : ななしのよっしん :2016/04/04(月) 23:01:28 ID: ZSkRLuFF+U
これ、リブートなり続きなりでもう一度アニメやって欲しいわ。アレで終わらせるには余りにも惜しすぎる。
497 : ななしのよっしん :2016/04/21(木) 20:54:35 ID: bKcCNIqNO1
ボーボボがまだ放映中にクレヨンしんちゃんドラえもん(だった気がする)の三連続コラボスペシャル
しんのすけが、「つぎはボボボーボ・ボーボボだゾ!・・・言いにくいゾ。」って番組つなぎしたあと、
ボーボボが「ウッセーー!」って感じで返したときは面かった。
498 : ななしのよっしん :2016/05/24(火) 19:52:15 ID: voPzzZsmYJ
何が面いのか全く分からないがとにかく面かった作品という印
ズクダンズンブングンゲームのようなつまらないと感じることが正常であるかのような面さを体感したぜ
499 : ななしのよっしん :2016/05/27(金) 22:18:14 ID: 7r+gurjzqw
>>498
作者が何をやらせても笑わせてみせるって言ってたからな。
ゆーかそろそろアニメDVD-BOX出してもらえませんかね東映さん!?
500 : ななしのよっしん :2016/06/07(火) 17:42:25 ID: +3xau76ZZW
今日6月7日

タイトル:6月7日
画像をクリックして再生!!
Twitterで紹介する

501 : ななしのよっしん :2016/06/09(木) 00:47:19 ID: 9DVLjFFOFL
>>500
6月7日ミルクもー
502 : ななしのよっしん :2016/07/20(水) 22:56:54 ID: EDLg3np61R
読み返してるけど首領パッチOVERに人質に取られてるときに叫んだ「バカお前今までなに見てきたんだよ!殺される!ボーボボに殺されるー!!」って台詞爆笑してる。
センスがかってるわ…
503 : ななしのよっしん :2016/07/21(木) 09:54:58 ID: UPR2DUC7ot
>>499
DVD-BOX出してほしいは同意。
東映アニメーションのほうも創立60年を迎えたんだからこの機会に出してくれないかな…
504 : 503 :2016/07/21(木) 10:00:15 ID: UPR2DUC7ot
書き忘れたけどDVD単品だけで買いそろえようとすると、とにかくお金が掛かるから欲しくてもなかなかそろわないんだよ…
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015