単語記事: ボンドルド

編集  

ボンドルドとは、『メイドインアビス』の登場人物である。
黎明卿」、「新しきボンドルド」とも呼ばれる。CV.森川智之

概要

の一人。は最高位の探窟に与えられる称号であるものの、その実、監視基地(シーカーキャンプ)に引きこもって年端もない子を裸りしたり、子供を置いて探掘に勤しんだり、勝手に深層6層に突入(ラストダイブ)したりと、良くも悪くも自分勝手な者が多い描写をされている。
その中で彼はアビス深層へ向かうルートの新規開拓、人間として事に地上に戻れる限界である深層5層での活動拠点・前線基地(イドフロント)の整備、地上の生態系への悪影事前に排除、アビスの一つである上昇負荷への対抗策の研究など多数の功績を残しており、人類への貢献度合いは計り知れない。

しかし実行するための手段は選ばず、必要であればを焼き払い、を流すことも厭わない。また、自分自身をも被験体に含めた人体実験の数々も行っており、その倫理観の欠如はオーゼンをして「筋入りのろくでなし」と言わしめるほどである。

祈手(アンブラハンズ)と呼ばれる配下を多数引き連れており、彼らとは非常に強いともいえるもので結ばれている。また、のプルシュカを男手で育てながら、愛することを止まず、孤児が多い本作中では数少ない相思相愛の親子を体現した代表例でもある。さらには、海外から多くの孤児を引き取り養っており、たとえ姿が移り変わろうとも、子供達の名前・性格・個性などを総ては暗記するなど慈善としての一面も備えている。

身寄りのないナナチアビスに向かい入れたのも彼であり、ナナチは、彼の元で培った医療技術を活かし、深層4層でタマちゃんのを浴びたリコを救っており、間接的ではあるもの主人公の恩人ともいえる。ナナチは友人とともに彼の元を後にするが、その後もナナチ等の事を気にしており、その動静を影ながら見守っている。

作中の中で最も物は柔らかく、口数は少ないものの常に丁寧で礼儀やおもてなしを欠かさない。また、常に仮面や装備で覆われており、作中でも表情を伺うことは皆無であるものの、この物語意をつく箴言(「君(ナナチ)はかわいいですね」「ですよ ナナチ」など)と、人を越するほど一貫した信念が、巷の人気を後押ししている。

作中、主人公等とは見解の相違により相対することとなるが、主人公等が持つ憎悪の念や一方的正義心のようなものはなく、人類への貢献に繋がるであろう自らの研究のため、ナナチレグも自らの仲間に取り込みたい思いであることが示唆されている。その点で言えば、主人公等は前線基地(イドフロント)の施設半壊、電気窃盗、の配下等の殺など、現実世界における犯罪の限りを尽くしていることも、彼の評価を高める要因にもなりえている。

他のと同様に多数の遺物で武装しており、戦闘時は高い身体でそれらを使いこなす。
また「ある手段」によってアビスの呪いへの対策も用意しており、深層の上昇負荷も抑制しながら行動できる。
なお、仮面からビームは出ない。

余談

名前が覚えづらいためか、「ボンボルド」「ボルボンド」「ボンバルディア卿」「ボンボヤージュ卿」「ボンカレー卿」「ボ卿」などと呼ばれイジられている。まるでハイラガードのフロなんとかさんのように。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%89
ページ番号: 5493142 リビジョン番号: 2538149
読み:ボンドルド
初版作成日: 17/07/08 00:47 ◆ 最終更新日: 17/11/05 01:11
編集内容についての説明/コメント: やや追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ボンドルドについて語るスレ

384 : ななしのよっしん :2017/12/01(金) 19:42:37 ID: FCiM5StwYC
本人は本気でそう言うんだろうなあ
祈手なんか兄弟どころか「私」扱いだろうし
385 : ななしのよっしん :2017/12/02(土) 11:31:16 ID: luxqEb/8Hl
カートリッジ研究や遺物の使い方の習熟で相当数の祈手を潰してるみたいだしなあ
オンガタリの時も逃げ遅れた祈手を然と焼き払ってるし
他者だけじゃなくて自分自身すら実験の為に気で使い潰せるという時点でもう「自分」という概念すら喪失しかけてるのかも
386 : ななしのよっしん :2017/12/04(月) 11:55:25 ID: V2H0DuZ3n7
ボンカレー卿も元々はリコみたいな自分の事をみないタイプの探掘だったけど
アホ副作用である自他界の喪失でその範囲が他人にまで広がったんじゃないかって考察を見かけておおって思った
マッドの側面と人格者の側面がどっちも本物で人格の矛盾がゾアホ由来だって前提だけどね
387 : ななしのよっしん :2017/12/04(月) 12:04:13 ID: 9/lgpbzEau
まずゾアホをつかうためには生きてる他人の自を葬らなきゃならんのだぞw
少なくともリコのような良心は最初からなかった気がする
388 : ななしのよっしん :2017/12/04(月) 15:24:57 ID: V4r22EZWoP
つまりグェイラさんと花畑の人はボ卿のキャラ作りだった……?
389 : ななしのよっしん :2017/12/04(月) 17:49:09 ID: g0uTArEg1h
祈手のキャラの多様性からすると、元の人格を形として残しつつもボンの意思が中身としてすり替わる、という感じじゃないかな
あれは全てボンであり、しかし表面上の性格としては元の人物の皮を被っている
ボン自身の皮、仮面を被るのは本体役だけ
だから仮面は簡単に挿げ替える事が出来る
390 : ななしのよっしん :2017/12/04(月) 20:15:59 ID: V4r22EZWoP
に言うなら、
花畑の人の「あの方は今はいない」
レグ拘束した祈手達の「精があるなら試せるか?」「危険だ。教育がいる」
ボ卿の「なんの騒ぎかと思ったら君でしたか」「向かわせた祈手が同期を取る間もなくやられていましたが…」
ってセリフからして元人格自体は残った上で、『同期』で意識の切り替えや記憶の共有?をしてるんだろう

中身がボ卿なら例えばグェイラがプルシュカの「あたし明けのパパの『特別』だから、パパを特別にしてあげるんだ」ってセリフに対して「……そうかい…」って返したのは変だからね
391 : ななしのよっしん :2017/12/05(火) 11:23:29 ID: WsFXfmN9jC
>>389
同意
そんでもって祈手自身でも自分が自分じゃないことに
気づいていない個体もいるんじゃないかって
つまり何が言いたいかと言うとナナチかわいいですね
392 : ななしのよっしん :2017/12/05(火) 13:39:18 ID: 0s+G2Oz8r8
うーん、上の方のボンド卿はゾアホ使う前からあの性格だった~みたいな意見もそうだけど
単行本の解説にはゾアホによる精の分裂に人間は耐えられない(とかなら使っても問題ない)、ボンド卿もゾアホの影で精人外に変質してるって書かれてるし

ボンド卿の不気味さを強調するあまり原作に書いてあること視しちゃうのは本末転倒ではなかろうか?
393 : 名無しのよっしん :2017/12/09(土) 06:21:19 ID: Zk4c2nxMRG
黎明卿、最近メトロイドプライムシリーズ出張しませんでしたか?
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829