単語記事: ポジティブパッション

編集

ポジティブパッションとは、アイドルマスターシンデレラガールズにおける本田未央CV原紗友里)、高森藍子CV金子有希)、日野茜CV赤崎千夏)の三人で組まれたユニットである。

概要

2013年6月に行われたイベント「第1回ドリームLIVEフェスティバル」で登場したユニット

名前の通りパッション属性の三人で構成されており、ニュージェネレーションの一人である本田未央と、同じくコストノーマル出身で人気の高い高森藍子パッション属性随一の元気日野茜というパッション属性を代表するような三人を組ませたユニットである。

人を引き付ける「性の魅」持ちの本田未央、ゆるふわ魔間で時のたつのを忘れさせる「優しい魔法」使いの高森藍子、「アツい想い」で自分も周囲も熱く盛り上げる日野茜の三人のLIVE熱くふんわり楽しくなるLIVEだと未央が言っている。……日本語としていまいち理解に苦しむ表現だが、どんなLIVEだろうか。

同じような立ち位置として対されることが多いクール属性トライアドプリムス渋谷凛北条加蓮神谷奈緒)や、キュート属性ピンクチェックスクール島村卯月小日向美穂五十嵐響子)など、同系衣装を持つことから成立したユニットとは異なり、ポジティブパッションが登場した時点ではメンバー三人には同系衣装は存在しなかった(本田未央衣装松山久美子矢口美羽と共通のサンセットノスタルジー日野茜高森藍子は単独衣装のチアフルトライ、フォレスフェアリー)。

だが、2015年8月21日に[放課後サマー]高森藍子が登場したことで

放課後パーティー本田未央
放課後トライ]日野茜
放課後サマー]高森藍子

の特訓後がそれぞれ学園祭ライブモチーフとした共通衣装となった。また同時に

[パーフェクトスター本田未央(特訓前)
プールサイドクイーン日野茜(特訓後)
放課後サマー]高森藍子(特訓前)

水着SRがそろった。

ポジティブパッション(前向きな情熱)というネーミングについては、そもそも原意さえわかりづらいトライアドプリムスべてあまりに安直だというもあったが、「そもそもこの三人が組んでも複雑なユニット名を考えないだろう」という理由で、今ではむしろ彼女たちらしい名前だとして普通に受け入れられている。

こうして結成されたポジティブパッションではあるが、当初はイベントライバルユニットとして登場するよりも、シンデレラガールズ劇場SR背景として彼女たちが三人一緒に現れるなど、イベント以外の部分で認知度を高めていった。

SRバーニングハート日野茜や[放課後サマー]高森藍子背景に現れたり、シンデレラガールズ劇場 194話、275話、335話、561話、701話などで三人の共演が見られる(598話もある意味で競演)。

その他、2014年11月28日実装された「アイドルトーク」機で、この三人がメイン画面で会話を行うなど、幅広い形で三人の関係が描写されている。

子「未央ちゃんはいつも笑わせてくれて元気をくれますね♪」
未央あーちゃんそふんわりしてて、見てるだけで癒やされるよ~」

子「ちゃん、お茶を淹れましたから、休憩にしませんか?」
「いいですね! 熱い緑茶梅干しで、疲れも吹き飛びます!」

未央「いやぁ、ちんの熱血テンションで私も熱くなってきちゃったよー」
青春ですね青春っ! 一緒に爽やかな汗を流しましょう!」

アイドルマスターシンデレラガールズ(アニメ)

2015年に放送されたアイドルマスターシンデレラガールズ(アニメ)では、未央子・の三人がともに登場するが、ユニットとしてポジティブパッションは登場しない。

このアニメにおいて、新人アイドルである未央に対して、子はすでに単独ラジオを持ち、も3話の時点で緊するニュージェネレーションの三人にアドバイスを送るなど、それぞれがすでに先輩アイドルとして活動している描写がある。それに加えてアニメ放映後のゲーム限定コンテンツMagic Hour」で子が未央のことを気にかけるなど、間接的に三人のつながりを描かれ、その後の第2クール未央ソロ活動を始める中で、同じ舞台を演じる仲間として登場する。

アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ

リズムゲームアイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」は、ソーシャルゲームシンデレラガールズともアニメとも異なる独自の世界設定があり、未央子・の三人は既存のニュージェネレーションポジティブパッション以外でのユニット活動が多く描写され、アイドル同士の横のつながりをより広げている。

未央は「Snow Wings」、子は「生存本能ヴァルキュリア」、は「サマカニ!!」と、それぞれに異なる持ち歌を得るとともにイベントコミュでそれぞれの持ち味を生かしている。

そんな中で、ポジティブパッションのつながりとしてストーリーコミュの第5話「Lucky Star」で出会いが描かれた後、第26話「P.P.Peace!!」でプライベートの三人が描かれている。その他にもSSR[てづくりのしあわせ]高森藍子の特訓前イラストには未央が、SSR[あたたかな居場所]高森藍子の特訓前イラストには未央の三人で描かれている。

その後、2017月2月17日から25日まで開催されたイベントにて、ポジティブパッション名義でのユニット活動とともに、ユニット曲として「情熱ファンファンファーレ」が披露された。

二次創作・外部展開におけるポジティブパッション

ユニットが組まれて間もない頃は、二次創作の数も少なかったポジティブパッションだが、公式登場の増加にあわせて認知度も広がってゆき、今では未央が登場する二次創作では、ニュージェネレーションと同じくらい登場する回数が増えてきている。

としてはほのぼのとした日常ものやギャグが多く、シリアスなものはすこし少ない。

作者によって、未央がいじられ役になる場合と子がいじられ役になる場合があるが、がいじられ役になるパターンは少ない。というかは大体どの作品でも例外なく周りを振り回す。

その中でも特に「みおあい」あるいは「あいみお」と呼ばれる、未央子の二人の関係を中心にした作品もあり、こちらも掛け算の前後は作者によって異なる。大きく分けて未央がグイグイ押していくか、子がゆるふわな包容で包み込むかの違いだが、カップリングといってもいわゆる同性愛テーマとした恋愛ものよりも、あくまでも友情の延長線上の作が大半を占めるといえよう。

カップリングに関しては、未央子よりも、鷺沢文香と組み合わせた作品(ふみあか)が多く、これはスターライトステージストーリーコミュ22話「Out of the Page」のあとに急増した。

関連動画

 

 

関連商品

    

関連コミュニティ

 

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3
ページ番号: 5289388 リビジョン番号: 2461807
読み:ポジティブパッション
初版作成日: 14/11/29 08:29 ◆ 最終更新日: 17/02/22 01:01
編集内容についての説明/コメント: トライアドプリムスの衣装について記述変更&「情熱ファンファンファーレ」について簡易追記。あと全角・半角の統一など
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ポジティブパッションについて語るスレ

192 : ななしのよっしん :2017/02/21(火) 23:23:48 ID: w4xPRsoBne
>>191
それであっているよ
初期衣装組でTPは間違っていて、奈緒ブラックゴシックレスが初期衣装組としては正しい
193 : ななしのよっしん :2017/02/22(水) 02:15:38 ID: cJ+Y1iCRI9
PCSって初期衣装以外に共通衣装あったっけ?TPはたしかSRゴシック系と、
系?でそろってたと思うけど。ポジパは記載されてる放課後水着があるけど。
194 : ななしのよっしん :2017/02/24(金) 05:56:06 ID: B9PZMhgwOj
 ___
/  || ̄ ̄|| ∧_∧ ふぁい…ふぁい…
|…..||__|| (     )  ふぁい…ふぁい…
| ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄ ̄/
|    | ( ./     /
 
 ___
/  || ̄ ̄|| ∧_∧
|…..||__|| ( ^ω^ )  うーおーえす!
| ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄ ̄/
|    | ( ./     /
 
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
195 : ななしのよっしん :2017/02/24(金) 17:52:39 ID: Jlk7dnZxq1
あぁ^~心がファンファンするんじゃぁ^~
196 : ななしのよっしん :2017/02/25(土) 12:21:13 ID: EBv8soBlZ3
記事の修正ありがとうございます
197 : ななしのよっしん :2017/02/27(月) 21:52:31 ID: +4GA2ysd0+
初見:うーん、何か微妙(´・ω・`)
数周後:ふぁんふぁんふぁん!ふぁんふぁんのふぁん! ( ^ω^ )/ノ 

ってこわいね!
198 : ななしのよっしん :2017/03/18(土) 17:44:35 ID: RdojcsHJd8
ほんとそれだな
最初はトラパルやラブレター完成度もあってか、なんだよ手抜きじゃねーかと思ってしまっていたが、
聞けば聞くほどCD買いたいリピートし続けたいと思うようになった
199 : ななしのよっしん :2017/03/19(日) 22:20:19 ID: U3nOphalN9
トラパルやラブレターと違って、コールが入ることを前提に作られた曲だから、実際のライブで盛り上がった時で完成度を測るべきなのでは?
200 : ななしのよっしん :2017/03/20(月) 02:56:13 ID: Li+TaoOlsH
Pa曲はやっぱライブで聞くのが一番じゃないかな。
201 : ななしのよっしん :2017/03/22(水) 15:55:33 ID: qqKICxaP3w
フルで聴くと最高の応援歌だということがよくわかるぞ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015