単語記事: ポッピーピポパポ

編集  

ポッピーピポパポとは、特撮ドラマ仮面ライダーエグゼイド』のヒロイン
仮面ライダー達をサポートする音ゲーキャラである。
略称「ポッピー」、通称「PPPPPP」「マッマーママママ」など。「パ行」や「6P」等、略しすぎている通称もある。

演:松田るか

ピポーッ!ポッピーの概要だよーっ!

幻夢コーポレーションが開発した音ゲードレミファビート」のキャラクター
どういうわけか現実世界での実体化を持っており、現場に赴いて仮面ライダー達のサポートを担当している。
社長である檀黎斗とは上司と部下の関係であり、ライダー達の現状を報告する役を担っている。

その正体はバグスターウィルスであり、クリスマスにて永夢に暴露したのだが、天才ゲーマーだった永夢はポッピーがドレミファビートキャラであること等を既に知っていたためあっさり流されてしまった。

ライダー同士の協や対立には何も意見を言っていないが、永夢には「ぜ~んぶのゲームクリアして人類を救うスーパードクターになって!」と、永夢にライダーガシャットを全て集めさせようとしているが、その意とは…?

ちなみに、CR等にあるドレミファビートの曲名は各平成ライダーモチーフにしてある。

中盤以降

第24話で幻夢コーポレーションの新社長である天ヶ崎恋による精操作を受けてしまい、パラドの側に着き仮面ライダークロニクルのナビゲーターとなる。ポッピーピポパポデータ収集のため檀黎斗によってCRへの協プログラミングされていたにすぎず、はその記憶をリセットしたとパラドっている。

しかし、永夢はポッピーに対しリプログラミングを敢行。それにより精は元に戻ったポッピーだが、既にポッピーのゲーム病に感染してしまった患者も存在し、遂にバグスターとして明確に人間にを成す存在となってしまう。
ポッピーに人間と戦えと迫るパラド。さらには自身が全態であり、その過程で何者かが消える間の記憶がフラッシュバックしてしまう。その状態で同じくゲーム病に感染したライドプレイヤーや、人命尊重のため飛ドクターにまで狙われてしまうポッピーだったが―――その中で、命をっての永夢の説得に、人類と戦うバグスターとしての立場を捨てることを決意。

この時、彼女が『笑顔になった』ことで、「ドレミファビートクリア条件」が満たされることとなり、ゲームクリアが発生。患者も救われることとなった。この時音ゲー自体は一切行われていないが、これについては以前遭遇したバガモンバグスターを例にとると、マスコットキャラバグスタープレイヤーマスコットキャラを喜ばせることで「クリア条件を満たした」ことになり、その過程自体はゲームでなくても問題ないと思われる。これだと絵的にはドレミファビートというより「ときめクライシスクリアした」ように見えるが。ちなみにガシャットロフィー自体は別の手段で生成されている。

その後、CRに戻ったポッピーだったが、自身が全体になる際に消滅した人間の記憶を辿ると、檀黎斗の関係者であることが判明。現に記憶をたどった先に、新たなゲーマドライバーと「プロトマティアクションXオリジンガシャットが存在し……。

注意 この項は、本編およびファイナルステージネタバレ成分を多く含んでいるよ〜
ここから下は自己責任で突っ走ってかないとポパピプペナルティ

 

 

 

 

 

 

 

宿主の正体と黎斗との関係

 永夢を助けるためにプロトマティアクションXオリジンを介してゲーム世界に飛び込んだポッピーだが、成り行きで斗を復活させることになってしまうが、斗こそ永夢のゲーム病を抑制する切り札であった。

 しかし斗は相変わらずの問題児であり、交換条件として永夢を助けることを要請したポッピーの話を全く聞かず調子に乗っていたため、彼を叱りつけるだけではなくガシャコンバグヴァイザーに彼を閉じ込めてしまう。
 その様子はまるでオカンであるかのようだが、その後ポッピーの宿だった人物は本当に斗の母親、そして檀正宗の妻である「檀櫻子(だん・さくらこ)」だったことが判明。

5年前の「ゼロデイ」以前、病により余命いくばくもない彼女を救うために斗がバグスターウイルスを感染、消滅(斗が言うには「データ保存も兼ねている」)させて生み出したのがポッピーであることがられた(バグスターとしてはパラドに続いて二番に生まれたようだ)とどのつまり、ポッピーは斗のであり、斗のでもある存在である(ついでにいうと正宗の妻でもあるのだが・・・)

そうした経緯から、斗とは特別な縁があり、彼女の身をった説得により斗が初めて「失ってはならない命」として彼女を認識している。また、ガシャコンバグヴァイザーに閉じ込められることもあってか、斗は彼女に頭が上がらない。
また、この一件を機に『母親』のような側面を多く見せているため、今までの呼び名に加えて、名前と引っかけた「マッマーママママ」という称で呼ばれるようにもなっている。

洗脳から続く一連の経緯を経て、彼女もまた心身ともに成長し、かつてのバグスターの同胞でもあり、自分にバグスターとしての有り様を押し付けようとしたパラドお前たちと同じ人を殺して生まれた存在」と言われても、「だからこそ私は人間の笑顔を取り戻したい。」と反論したり、利矢とともにプロガシャット内部に侵入し、消滅者を救えるか検証したり、人間の平和を取り戻すための行動を見せた。

しかし、彼女は「バグスターと人間の狭間にいる切ない存在」……。
バグスターである彼女が、人間の為にできることをずっと考えていた彼女がにしたのは、ゲムデウスウイルスの感染拡大による大混乱パンデミック
感染者から感染者に、バグスター戦闘員化のウイルスが接触感染。それは様々な意味で同族となった九条貴利矢ですら例外ではなかった。

ポッピーは、その利矢が斗を利用して残したワクチン「ドクターマイティXX」を自分に使用。
かつて他のバグスターガシャットウイルスを撒いたように、ポッピーは己が身を削って、ドクターマイティXXのワクチンをゲームエリアである中に散布した。
それはポッピーの消滅を意味する行為であり、拡散していくワクチンを介して仲間たちに最期の言葉、最期のSmileを遺しながら、を残して消えていった―――

も〜ピプペポパニックだよ〜!あ、永夢〜おかえり〜‼︎

……ならば、本編後である劇場版トゥルー・エンディング』で登場しているポッピーは何者なのか。

宝生永夢ゥ!

なぜポッピーは消滅したのにCRにいるのか!なぜ記憶がありながらも元気そうにしているのかぁ!

それはポッピーの粒子の一粒を私の体内で培養してらせたからだぁぁぁぁ〜

・・・・と言う冗談は置いといて、実はポッピー消滅の際、データのひとかけらを拾った斗が長い時間(脚本家高橋悠也の想定では、西馬ニコ高校卒業するシーンからさらに半年近くは経過している想定のため、何ヶ単位もかかっていた模様)をかけ体内で培養し、復活させていた事実が判明。これにより、彼女はCRの頼れる仲間として永夢たちの元に戻ってきたのであった(同時に自身のスピンオフも決まった)

約束のDoremifa Beat

エグゼイド ファイナルステージで発表された舞台では彼女が主人公といっても差し支えいいわば裏技 仮面ライダーポッピーが繰り広げられていた。

永夢が小児科医になってから間もないある日、バグスター切除オペのサポートしていたポッピーは永夢から「みんなでドレミファビートをする約束を果たそう」と誘われる。

仮面ライダークロニクル」の技術を正しい形で流用し、すべての幻夢製ゲームがつまった小星作謹製「仮面ライダーカーバル、そこはもがライダーになれて、復活したダブルチーズバガモンたちバグスターとも遊べる、夢のようなお祭りゲーム、そこでポッピーの念願が果たされる・・・はずだった。

なんと復活し、正宗改造の影覚めたゲムデウス仮面ライダーカーバル乗っ取りバグスター洗脳し、自分の意にそぐわいポッピーを「バ行しかしゃべれない赤子・ボビーベビバブに変えてしまう。せめてボビーだけはなんとかならなかったのか

永夢たちはポッピーを戻そうとゲムデウスを迎え撃つが、ゲムデウスが対ムテキゲーマー用に生み出したゲムデウスムテキによる返り討ちにあう。

万事休すか・・・と思われた矢先に

「このクズどもぉ!会場のモルモット達!貴様らは最低モルモットだぁぁぁ!最高のモルモットになりたくないのかぁぁぁぁ!」

「おい!会場の子供達が真似したらどうすんだ!?

「黙れぇぇぇぇ‼︎」

ゲンムのすぎてもはや暴言となってしまった呼びかけで集まった会場のみんなによるポッピーへの援が届きこれで集まるとはさすがはではある、ポッピーが復活。

「私は信じてる、人類とバグスターが共存できる未来を!」

さらにエグゼイドと戦うことに楽しさを見出したバグスターゲムデウスから離反。ゲムデウスゲムデウスムテキはポッピーの歌で立ち上がったライダーバグスター達によって撃退された。

こうして「仮面ライダーカーバル」を守ったみんなはポッピーと約束のDoremifa Beatを楽しみ、したバグスター達もワクチン開発に協するという人類とバグスターの共存にまた一歩近づいたのであった。

ある時はクールでたまにお茶看護師兼衛生職員「仮野明日那」、またある時はハイテンションで慈に満ちた可らしい音ゲーキャラポッピーピポパポ」、時には仲間とともに患者を守る戦士仮面ライダーポッピー」という三つの顔を持つ彼女は、人類を笑顔にする為に全ての顔で困難に挑み続ける。

しかし、Vシネマ「アナザー・エンディング」では、再び斗がラスボスに君臨してしまう。
何故斗が行に走るのか。同じ部にめられているパラドが彼女をうようなビジュアル開されているがまさか……?

しーゆーねくすとげーむ
とぅ「あなざー・えんでぃんぐ」♪

余談

ポッピーピポパポを演じる松田るかは前作・仮面ライダーゴーストハイパーバトルビデオにて笹原カツミを演じている。己ちゃん!

仮野明日那

ポッピーピポパポ現実世界で人間として動く際の姿。
ピンクに奇抜な衣装から一転、茶髪に丈の短いスカートナースといった際どい衣装となる。
この姿ではポッピーの時のハイテンションな状態から一転冷静系のツッコミ担当となるが、
この姿でポッピーと呼ばれても反応してしまう等前作のおっちゃんのように全にキャラを作りきれていない。

名前の由来は「仮のナース→かりのなーす→かりのなあす→かりのあすな」から。

仮面ライダーポッピー

ときめきクライシスゲーマーレベルX

ときめクライシス ♪ 》

変身

《がしゃっとぉ!》
バグルアップ!》
ドリーミングガールシミュレーション女はいつも ときめクライシス ♪ 》

ポッピーピポパポ恋愛ゲームときめクライシス」のガシャットを、バグルドライバーとして装着したガシャコンバグヴァイザーに装填して変身する仮面ライダーレベルはX(未知数)とあのゲンムゾンビゲーマーと同じ物が割り振られている。

ときめクライシスの特徴として「攻撃対の好感度が低いほど威が上がる」という「ハートフルアタッカー」という逆やつあたりが存在し、攻撃対によって基本数値以上のブーストがかかっている。逆に、好感度の高い相手(味方など)に攻撃が当たってしまっても軽微なダメージとなる。好感度の低いプレイヤーに致命的な言葉を浴びせてくるようなアレ友達に噂とかされると恥ずかしいし。
また、互いの好感度に応じてそれぞれのを引き上げる信頼補正干渉強化装置「ライダーズバッファー」も搭載されているため、複数ライダー戦では居るだけで価値がある存在となっている。

に戦闘は新体操じみた徒手拳とバグヴァイザーチェンソーモードを生かした身軽な近接戦を得意とし、必殺技の際の決め台詞「ピプペポパワー‼︎」と気合の入った可愛い物を持つ。
その必殺技は、同じくバグヴァイザーを使う仮面ライダークロノスと同じクリティカルクルセイド。しかし演出は全くの別物であり、音符などを飛ばして攻撃する。

ときめクライシスガシャットは今までのガシャットと違い女性ボイス(ポッピーを演じる松田るか氏)になっている。
また、ポッピーボイスドレミファビートガシャットも販売されている。

元ネタは恐らくもが知る恋愛シミュレーションゲームときめきメモリアル」だと思われる。
クライシスには「危機」や「難局」といった悪い意味の他に「転機」「分かれ」といった意味もある。

悪性バグスター、良性バグスターとしての特徴を以下に記す。

赤目(悪性バグスター)

「ポパピプペナルティ、退場」

仮面ライダークロニクルにおいて「レアキャラ」である仮面ライダーライドプレイヤーを助けるのは違反行為と位置付けられており、エグゼイドへの制裁を的として変身

ドレミファビートバグスターだからなのか、軽快な動きと的確な攻撃で戦闘は非常に高い。
スペックも相応にある上にバグヴァイザーチェーンソーモード必殺技璧に使いこなしている。
変身時には明日那以上に冷酷なを出すが、変身後はポッピー状態のテンションに戻る。
そのせいで結果的に戦闘狂のような非常に危険な性格の仮面ライダーになってしまっている。ちなみにガシャットの起動音もおぞましい物となっている。

しかし先述の通り、仮面ライダーエグゼイドマキシマムゲーマーLv99の「リプログラミング」を受け精操作が解除。
そして永夢の必死の説得の過程で、ポッピーはバグヴァイザーを放棄し戦いをやめた。

青目(良性バグスター)

2人共理しないで!ここは私が…!

ガシャットバグヴァイザー自体は回収していたのか、人間側についた後も変身している。この時ポッピーの瞳がになっており、「敵性バグスターでなくなったことで瞳がになった」と説明づけられている。
後にCR内でのバグヴァイザーの貸し借りがしいが、だいたいは彼女の管理下にあるため、彼女の変身には支障がない模様。

しかし、ポッピー自体戦闘に向いた性格ではないためにパラドのような強敵には不利な一面を持つが、それでも高いスペックと前述ので「バグスタートドメ役」のライドプレイヤーニコサポートしたり、強敵との戦闘でのサポートに一役買っている。

また、永夢達がバグスター切除の際、見守る人とか土管の監視役がいなくなることもあってか変身頻度は少ない(非常時に防衛手段としても期待できるということか・・・決してスーツアクターいていないことではないと切に願う

ポッピーの関連動画が見たかったらYoutubeに行ってね!無断転載しちゃダメだぞ~?

絶対にありえないことですがもし無断転載されたものがあったら記載してください。

ぜ~んぶの関連商品を買って最高のお得意さんになってね!

これからは、利用者を笑顔にする楽しい関連項目を作って?


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%94%E3%83%9D%E3%83%91%E3%83%9D
ページ番号: 5452323 リビジョン番号: 2539152
読み:カリノアスナ
初版作成日: 16/10/30 13:42 ◆ 最終更新日: 17/11/09 09:42
編集内容についての説明/コメント: ファイナルステージ追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ポッピーピポパポについて語るスレ

241 : ななしのよっしん :2017/09/03(日) 21:44:12 ID: 0ZaG1RUCxm
今の内松田るかの記事作っとけ
この子声優で売れると予言しておくから
242 : ななしのよっしん :2017/09/07(木) 20:53:07 ID: /2Bfb7doCG
松田るかさんの3サイズ身長如月千早と酷似してるから、いつか作られるんじゃなかろうか
243 : ななしのよっしん :2017/09/09(土) 16:15:15 ID: kLafFvVUgh
役者さんにあんま苦情は言いたくないんだけど
・そんな要素皆無キャラママ呼ばわりする
SNSにバレ画像載せる
ベテラン俳優が喋ってる時に話聞いてないどころかふざける
のは流石にないわーって思った
244 : ななしのよっしん :2017/09/10(日) 14:16:24 ID: P/6HlQ58Wp
>>243
何やそれ
何が言いたいのかも解らんわ
245 : ななしのよっしん :2017/09/19(火) 22:12:10 ID: QfYNqF6ALX
るか氏、24話で永夢がラッキーに言った3人の仲間(飛、大利矢)にハブられた事を根に持ってた模様
246 : ななしのよっしん :2017/10/14(土) 00:05:57 ID: LjCCDlqMMq
30話以降優しい話し方や表情だと時折母親に見えた
演技がってたなあ
247 : ななしのよっしん :2017/10/31(火) 11:08:05 ID: L4NUH0FWEk
プログラミング受けて記憶を思い出して
性を時折見せるようになったポッピーが
土管の正体バレするまで一キャラとして社長って呼んでたのが信じられないもんなあ
248 : ななしのよっしん :2017/11/11(土) 02:59:18 ID: jI4+2yWj27
コンパチヒーローシリーズとかに出て正宗との関係知られたら同情されたり「(桜子は)何であんなのを好きになったんだろう…」とか言われたりするんだろうか
249 : ななしのよっしん :2017/11/19(日) 13:20:45 ID: s2XjPmJOV7
そういやポッピーってジャンクションに出たことあるっけ?
250 : ななしのよっしん :2017/12/05(火) 20:20:20 ID: jI4+2yWj27
パックマンとかゼビウスファミスタフォームがあるなら彼女用にKOS-MOSモチーフの強化形態とかもアリじゃないかと思う
開発元が現在任天堂下だから理?
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829