単語記事: マイライフ

編集

マイライフとは、

  1. 実況パワフルプロ野球シリーズ(以下パワプロ)でプレーヤープロ野球選手の生活を体験するモード
  2. 1993年開のアメリカ映画演はマイケルキートン

である。この項においては1.について解説する。

概要

このモードパワプロ10で新たに追加されたモードで、前途の通りプレーヤープロ野球選手の生活を体験するモードである。ただ試合で活躍するだけでなく、チームメイト監督コーチから評価をうけたり、趣味女性との出会い、結婚など社会人としての生活も楽しめる設定になっている。

最大20プレイだが成績不振で球団から戦外通告をだされ、そのオフのうちにどの球団とも契約できなかった場合ゲームオーバーとなる。なお2年以降は自ら引退を宣言することも可

各概要

パワプロ10~パワプロ14、パワポタシリーズ、パワプロ2010

以下ではパワプロ11以降、14までとパワポタシリーズ仕様を中心に説明する。ゲームの流れが若干異なる10は「実況パワフルプロ野球10」の個別記事に詳しい。なお、パワプロ2010PSP版でのみ実装されている。

スタート・初期設定

プレーヤースタート時選手名、球団、生年日、出身地、経歴(高卒や大卒など)、ドラフト順位、ポジション、顔、、打撃(投球)フォーム、成長タイプアピールポイントウィークポイント(11以降)を設定する。
この設定は初期や今後のイベント、年棒、ファン人数、成長や衰弱の時期また成長し易いなどが左右されるため、プレイしていく上で非常に重要なポイントである。
重視で行くか個性重視で行くかが悩みどころと言える。

初期設定の最後で難易度を決めることになるが、試合での活躍によって実際の難易度は変動する。「ごくらく」は敵のレベル最低から最高まで推移し、「ごくふつう」では中間から最高レベルまで上がり、「ごくあく」では最初から敵レベルが最も高く、その状態でさらに難易度が上がると操作性も悪化する。
ただし12以降では「ごくらく」だと自分で難易度を調節できるようになっている。
下に挙げたプレイ動画では、魅せ要素の問題から大抵のプレイヤーが「ごくあく」で始めている。

オリジナル選手

パワプロ11決定版以降サクセスで作成した選手でスタートすることも可になった。初期設定はゲーム設定のみで、名前、顔、球団、フォーム、ポジション、経歴、生年日、年齢はサクセス終了時の設定がそのまま反映され、他の設定はランダムで決まる。
パワプロ11開幕版に限って(10及び10決定版はその限りではない)、サクセス選手を参加させるにはマイライフ本編で「水晶」というアイテムを手に入れる必要があったのだが、不評であったためか決定版では取り止められた。

能力・成長

主人公ステータスは練習、試合、自練習、一部のイベントなどで各ステータス経験値ゲージを満タンにすることでアップする。また見かけ上は満タンでも実はそうじゃないことがよくあり、想像以上に成長には時間がかかることもある。

さらにには上限があり一定以上のには上がらなくなっている。だがチームメイトからスナックを教えてもらい、そのスナックママに占ってもらい出てきた名前を選手名に登録すると上限が上がり再び伸びる。だがその名前があまりにもダサい(例:スッポコニクキュウなど)ためあえて名前を変えないプレーヤーもいる。

キャンプ先発投手オフ日などで行う練習のメニューは、会話で相談したり練習を重ねたりしてコーチの信頼を得ると強化されるが、最大レベルは担当コーチの現役時代の依存している。例えば打撃コーチホームランバカであった場合はパワー重視、巧打者であればミート練習が充実している。
一部のコーチオリジナル変化球や特殊導をしてくれることもある。投手の投げる変化球も一種の特殊の扱いで、コーチが現役時代に投げなかった球は教わることが出来ない。
スタッフの交代はチームがBクラス落ちした際行われ、チームOBの中から新監督コーチが選出される(楽天の場合は近鉄OBもまざる)。2軍コーチが繰り上がるパターンと、監督はじめ総入れ替えのパターンとがある。このため所属球団が放っておいてもAクラスいりするようなチームの場合、コーチの顔ぶれが変わらないので練習内容は安定するが特殊持ちに出会える機会が減る、というジレンマに陥ることになる。

ちなみに、12辺りまでだと監督がなっても大差がない(見た上)。12で言えば落合山本浩二辺りはぶっちゃけ打撃コーチに転進してくれた方がプレイヤーとしては嬉しい。

調子は「絶好調」まで上がってから次第に降下し、「絶不調」まで下がってからまた徐々に上昇、という経過で推移する。ただし後述する趣味の実行によって調子の流れを変えることも可である。
試合に出たり練習などの行動を取ったりすると体が減るが、体が足りない時に試合に出ると「疲労」が溜まる。疲労が溜まると試合後に負傷する確率が上がったり、調子のピークが短くなったりするためあまりいい事がない。
しかし負傷すると疲労回復アイテムを売ってくれるトレーナーと知り合えたり、ファンからお見舞いアイテムを貰えたりするので悪いこと尽くめということもない。

パワプロ13からOBが構えている「場」に行くことで、コーチになってもらわずともOBの技を会得することが可となった。

趣味

11から追加された概念。他チームの移動日で試合がないときや、)に試合があって)あいている時に実行可。また、プレイヤー先発投手登板中日である時も可
趣味を実行するとその趣味に対応したスキルが上がるほか、物によっては野球を磨くことも出来る。
野球仲間との交友に使うことも可だが、交友相手にその趣味がないと乗ってくれない。ただしこっちの趣味スキルがある程度高ければ相手の趣味を変えることも可(ただし相手の元の趣味は失われる)。

ゴルフ

間にしか実行できない(人を誘う時は1日フリーの必要アリ)。一人の時は打ちっぱなしで練習する。ミート技術や制球の練習にもなる。実行するには自前のゴルフクラブが必要だが初心者向けの物ですら高額のため少し敷居が高い(しかもすぐ壊れる)。ゴルフスキルが上がると調子が上向きになり、また最高レベルになるとローボールヒッター(低めの投球をヒットにしやすくなる)が身につく。
プレイヤー人口が最も多い趣味で、オフにコンペが開かれることもある。優勝するとちょっといいものがもらえる。

釣り

人を誘うにも一人で行くにも、丸一日あいていないと実行できない。そのため、1日フリーの多い先発投手向けとも言える。送球リリースの技術が身につくほか、釣果が上がれば短気(打ち込まれるとコントロールが悪化)のマイナスを消せる。ゴルフクラブべて釣竿は安いが、それでも壊れ物である。
城島健司釣り好きとして有名なはずだが、何故か彼の趣味ゴルフになっている…。また、プレイヤーと同じ球団に名されるキャラ奥居」の趣味でもある。

テレビゲーム

遊ぶにはゲーム機ゲームソフトが必要。ゲーム機は壊れないがソフトは消耗品で、クリアすると捨てられてしまう。

またいずれかのゲームソフトクリアすると調子が上向きになる。慣れればゴルフより楽な調子調整になる。とりあえずパワプロにおいては人を誘う趣味ではない。

ラジコン

まず、遊ぶにはシーズン4月から9月にかけてひとつずつ発売されるアイテムマイラジコン」シリーズを買い集めなければならない(約30万かかる)。これらを全て集めて使うとようやくラジコン完成するのだが、これまた消耗品である。プレイヤーラジコンスキルによって完成するラジコンは違ってくる。また一度作ったラジコンは来シーズンワンセット販されるようになる。
山本昌趣味 本業として有名。

映画鑑賞・音楽鑑賞・読書

プレイヤーの教養を磨く趣味映画にしか行けないがお金があれば可音楽鑑賞はCDプレイヤーCDが必要で、読書には本が必要(読破すると捨てられる)。聞くCDによってはシーズンの疲れを癒す効果があり、本の中には野球技術のハウツー本やサクセスでもお染み「野球偉人伝」がある。これらを読みこなすにはそれなり以上の教養がめられるものの、下手な練習より高い効果が望める。
映画はともかく、他は人を誘うような趣味もなかったりする。

麻雀

一人で知らない相手と打ちに行くか、知り合いを誘うか出来る。にしか行えず少しもかかる。負けこむと思わぬ出費になることもある。
球団の後輩を誘って勝つと荷物持ちに出来る。また寮長の「すみお」に話すと間でも相手をしてもらえる。

ドライブ

を持っていると行える。を持つにはガレージのあるに住む必要があるし値段も高いが、買ってしまえば燃料代くらいしかかからないし好みを気にする必要がないので彼女とのデートには良い。ただし稀に壊れる。
実はオールスター日本シリーズMVPの副賞として賞の代わりにがもらえる場合もある。

ランチ/夕食

一人では実行できない。趣味の合わないチームメイトと交流を深めるにはとりあえずを酌み交わすに限る(未成年の場合でもジュース杯できる。ランチの場面でも普通にジョッキを鳴らしているが中身は多分透明なジュース)。ナイター試合が終わった時ランダムチームメイトから誘われることもある。彼女補とのデートにも使えるが、女性の好みを考える必要がある。
実行すると飲みっぷりが良くなり、変わった店を教えてもらえる場合がある。

ファン

一試合2発、場外弾(看直撃弾)、連勝、毎回奪三振など何らかの記録を達成したり、お立ち台に上ったりするとファンが増える(10開幕版では「人気度」となっていた)。
ファンの人数が多いとオフCM撮影のイベント(新商品が出たり回復アイテムのパワリングレードアップしたりする)が起こったり、「人気者」になったり、地元に後援会が発足したりする(地元の試合で体が全回復することがある)。ただし後援会発足クラスの人気になった後で素顔で移動すると、ファンに捕まって体を削られてしまう。移動するにはサングラスを装備しておくと安全である。

お立ち台の条件は、野手なら「決勝点」「サヨナラ打」「1試合3打点以上、チーム打点の半分以上ならより確実」、投手なら「3失点以内で勝利、2失点以内ならより確実」「投もしくは封勝利」「セーブ成功、ランナーしょった状態だと確率上がる?」など。ちなみに「自分で決勝打って勝利投手」をしてしまうとバグ(?)でインタビューが行われない。
 

彼女

彼女補に会って一定の条件(友好度+アルファ)を満たすと彼女にすることができ、付き合うことができる。さらに条件(一軒自動車の所持など)を満たすと、デートの後に婚約指輪事前に購入の必要あり)を渡すと結婚して夫婦になることができる。オフには結婚式も開かれる。
また結婚してから数年後に妻が妊娠するおめでたイベントが発生する。後に出産し、息子もしくはができる。

その他

現実とは違い、ドラフトによる新人加入は最大で3人までである。
外国人選手がランダムで他チームに移籍するが、キャンプ中にそのイベントが起こるので、契約後に移籍した選手が引退するが時折起こる。
外国人助っ人は2年以降のキャンプ中にはいってくる。とんでもない外人もダメ人もいる。ペナントモードと違ってスランプや途中帰は起こらず、外国人はなし。それとは別に「韓国台湾)球界の至宝」が下位チームに入団することもある。
年俸交渉でゴネても親会社が傾くことはないので、思う存分ゴネて構わない。その代わり「年俸を安くしてくれ」の交渉もできない。
年間成績に応じて社会貢献をするイベントがあるが、ここで調子に乗るとアホのような額を寄付し借生活を送るハメになる。しかも社会貢献開始の初年度はコーチの勘違いで借必至のレートになっちゃうことが多い。借をすると負債がなくなるまで何も買えなくなる。

パワプロ15~

それまでの方法とは全く変わったマイ魂法を採用した。

マイ魂

経験値お金等の財産で、アップもこれを振り分けてアップする。

試合や練習、一部のイベントで貰え、試合では活躍に応じて大きく変化する。アップ、友好度のアップ、自宅やの自グレードアップなど、さまざまなステータスがマイ魂によってアップする。

スタート・初期設定

パワプロ10パワプロ14までのように初期設定を設定するが、アピールポイントウィークポイント、成長タイプの選択がなくなった。初期は設定後の記者会見の答え方でおそらく変化すると思われるが、3択×質問3つと少ない。さらに初期が今までよりだいぶ弱くなっている。

パワメジャ3、パワメジャ2009

メジャーライフ」というマイライフメジャー版がプレイできる。ゲームシステムパワプロ14以前の物をベースに設定されているが、肖像権の都合か監督コーチは名前がない。
アピールポイントではなく、ゲーム開始時にもらえるボーナスポイントを割り振って初期を設定するタイプに変わっている。また趣味ラインナップが本家とはまた異なっている。

 パワプロ2011~パワプロ2012

2010(PS3版)にて一度削除されたが、2011から復活。
15のシステムは組み込まれず、基本的にはパワプロ10~14のシステムに近いもので進行されていく。
2ターン制止され、試合のある日は自由行動が出来なくなった。
2011では趣味コマンド止されていたが2012にて復活した。
当然趣味スキルが低いと相手を誘うことが出来ないで一日が終わる。
年俸交渉も止され、オーナーから提示された額で一発サインすることしか出来なくなった。

食事

試合前に食事を取ることができ、食べ物の種類により体が回復したり、一時的にアップする。
球団の本拠地ごとにご当地の食べ物が用意されており、結婚をすることによりさらに食事メニューが増える。 
試合のある日は自由行動ができず、3連戦などでは食事を取り、試合をすることしかできない単調なものになるのであらかじめが高い選手は飯食って試合して寝るだけの「メシライフ」「もぐもぐライフ」などと喩されることがある。 投手先発は高速プレイで日程が進むので、登板の日にしか食事ができない。

パワプロ2013

サクセスモード同様パワプロくん達が3Dモデルとなり外見から見ると「グラフィックが悪い」など当初は一部ユーザーに不評を買っていたが、キャラクターアクティブに動くようになった。

新システムと新装した旧システム

新装を満載した旧システム「年棒交渉」や「2ターン制度」が復活し、
新要素として「おでかけ」コマンドが登場した。地方、本拠地、ビジターと場所により建造物は異なる。
おでかけは予定が「練習」や「移動日」だと出かけることが出来ない。
ちなみに奥居や首、周りの人に連絡をとる時は、おでかけを選び自宅を選択すると、連絡ができるという少々回りくどい形になる。家族サービスも同様。

食事も同様に、おでかけで各食事専門店に行くと食べることが出来る。
親子丼店なのになんで背景は高級レストランなんだよというツッコミなどはしで

趣味

今回の趣味は多であり、「釣り」、「ゴルフ」、「ダーツ」に加え「読書」、「ブログ」、「ラジコン」、「麻雀」、「ドライブ」と全8種類となり、スキルランクメニューで表示され見やすいようになった。

関連動画

パワプロ10・パワプロ10決

パワプロ12・パワプロ12決

パワプロ13・13決

パワプロ14

パワプロ15


↑一番古いマイライフ動画

パワプロ2009

パワポタ4

パワメジャ2009

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95
ページ番号: 4166271 リビジョン番号: 2296837
読み:マイライフ
初版作成日: 09/09/23 14:40 ◆ 最終更新日: 15/12/05 10:03
編集内容についての説明/コメント: パワポタについて
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マイライフについて語るスレ

159 : ななしのよっしん :2016/05/07(土) 22:57:04 ID: 12ibbhFVcl
で、どうなのよ今回のマイライフ
ポタ4レベルくらいまで面くなった?
160 : ななしのよっしん :2016/05/18(水) 21:10:16 ID: TuZdupuEDl
それなりストレスなく遊べるようにはなったし(ミゲルとかミゲルとか)
起用法を決めさせてもらえたりとか遊び方の幅は広がったと思うけど
流石にPS2時代のには敵わないかなぁ
というかいくら善重ねたところで悪名高き2011がベースって段階でちょっとね...
161 : ななしのよっしん :2016/06/09(木) 15:18:09 ID: 7ofrhSJJrW
2011とかメシライフともう全然違うシステムなのに何いってんだこいつ?
エアプネガキャンして楽しいのか
162 : ななしのよっしん :2016/06/11(土) 22:04:22 ID: TuZdupuEDl
>>161
エアプはどっちだよw
2011からやってりゃ2011をベースに追加要素足していって
今の形になったってわかるだろ
全然違うシステムなんじゃなくてそう錯覚するくらい2011が内容なかったってだけ
そりゃ大分進歩はしただろうけどポタ4あたりとべたら全然追いついてない
163 : ななしのよっしん :2016/07/06(水) 19:50:28 ID: BaX00yBazz
どっちもエアプでしたとさ
めでたしめでたし
164 : ななしのよっしん :2016/07/11(月) 12:53:16 ID: 7ofrhSJJrW
>>162
だからどこがベースなんだって
2011のシステムなんぞほとんど残ってないわ
それがベースになるわけないわ
165 : ななしのよっしん :2016/07/29(金) 01:18:02 ID: ihEARQ6Voq
装備品の壊れやすさ半端じゃないな
スキップしてたら何十回もデデーンみたいな音してた
166 : ななしのよっしん :2016/07/31(日) 13:34:37 ID: sp+0xsqQ30
打順をある程度決められるようになったのはよかったな
奥居とのオフシーズンイベントバリエーションを増やしてほしいな
マラソン大会ばかりじゃ飽きてしまうわ
167 : ななしのよっしん :2016/08/16(火) 19:01:20 ID: Ik5WDiE7yw
契約の部分をどうにかしてほしいな
値上げの交渉しなかったらオーナー評価があがるとかほしいな
168 : ななしのよっしん :2016/09/23(金) 01:01:34 ID: Ik5WDiE7yw
>>163
両方ともエアプじゃなくて話が噛み合ってないだけだと思う
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015