単語記事: マクギリス・ファリド

編集

マクギリス・ファリドとは、TVアニメ機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場するチョコレートの人(命名:三日月・オーガスである。

櫻井孝宏 (幼少期:藤原夏海

この要を記された瞬間、私はニコニコ動画の記事を手に入れる

治安維持のための組織「ギャラルホルン」の監局特務三佐で、「ギャラルホルン」を束ねる7つの門「セブンスターズ」の一つであるファリドの一員。
表向きには、同組織の地球本部・ヴィーンゴールヴの令であるイズナリオ・ファリドの子とされているが、実際には血のつながりは一切い。相については後述する。

洞察に優れ、監員としてはどんな不正も見逃さない優秀さを持つのみならず、モビルスーツパイロットとして優秀で、専用のシュヴァルベ・グレイズを与えられていることからその実が高いことがうかがえる。かつてエイハブ・リアクターが戦乱を招いた原因であることや、頼耶識システムを知っていることから、厄祭戦の事も詳しい模様。
作中では宇宙に上がった鉄華団と初交戦。頼耶識システムの弱点を一発見抜き的確に攻撃するなど、その洞察と技量の高さを存分に見せつけ、頼耶識だけでなく対応に優れた三日月ですら「他とは違う」と警したほどである。

性格は紳士的で、事故りそうになった時、相手の女の子ビスケット双子)に詫びとしてお菓子の詰め合わせを渡す一面を持つブルーレイディスク2巻のおまけ漫画によると自分用のだったらしい)

同僚のガエリオ・ボードウィンとは親友の間柄で、序盤から行動を共にしている。共にセブンスターズに籍を置いており、義との微妙な関係に「顔を見せずに済むならそれに越したことはない」と言葉を投げかけられるなど、ギャラルホルンにおいてマクギリス重な理解者でもある。
また、そのガエリオアルミリアボードウィン9歳)と婚約の話が持ち上がっている。彼女からはマッキーと呼ばれ親しまれている。
(前述の事故の件といい、幼い許婚の件といい、ロリコン疑惑がかけられないといいが…現状は彼が紳士的なので特に不名誉な扱いはされない)

ちなみに、同じくセブンスターズカルタ・イシューは、ガエリオとの通信で捻くれた感じでマクギリスを言い表している。マクギリスは先述の通りアルミリアと婚約しており、彼女の部下が全員マクギリス同様の金髪なので、おそらく・・・。
金髪の、高慢ちきな、地位のためにションベン臭い子供なんぞと婚約したッ!
 いっつもッ! 前イジイジしている男ッ!!」
作中では、地球にて鉄華団情報を持ってカルタと接触し口説き文句を垂れる。しかし・・・。

のためにやってきた火星で前述の事故により鉄華団三日月・オーガスと遭遇、彼とはここから浅からぬ因縁を持つことになる。
先述のお菓子の詰め合わせがチョコレートだったことから、三日月からはチョコレートの人という名をつけられている。とはいえ、ガエリオがもっとあまりに酷いチョコレートの隣の人と名付けられているため、まだ扱いはいい方である。

ギャラルホルン内で面下で動いていた彼だが、ギャラルホルンの腐敗については以前から懸念していたらしく、クーデリア・藍那・バーンスタイン鉄華団を組織変革のための外圧として利用しようとしているようだ。
しかしそのためなら手段を選ばず、非合法な海賊組織ブルワーズに依頼をするなど、鉄華団にとっての脅威となり続けている。

・・・と、このように紳士的なイケメンとして隙なく描かれてきた彼だったが、web版14話で放映された15話次回予告にて盛大なネタバレ迷言を打ち放ち、一転してネタキャラと化した。その内容からか、実際にテレビで放映された15話次回予告はかなりの部分がばっさりカットされている。

仮面の男? チョコレート仮面? 知らない。第2期OPでも別々に映ってたし別の人でしょ。

しかし、負傷したアイン・ダルトンの扱いに対してガエリオに「頼耶識」を提案したり、鉄華団追走を希望するカルタを焚きつけたり、さらには親友のガエリオに裏切りを宣言した上で、人知れず自ら討ち取るなど、面下で不気味なくらいの暗躍を重ねている。
彼の意とは何なのだろうか。本当にギャラルホルンの腐敗を懸念しているのだろうか。
ただ一つ言えることは、その笑顔の下に底知れない何かを持っているということだけである。

的な舞台に似つかわしい、劇的な演出だろう?

実のところ、マクギリスは「腐敗したギャラルホルン革する」という己の野望を果たすために周到な計画を立てており、敵である鉄華団、友人であったカルタガエリオアルミリア、重傷を負ったアインさえも利用して、ギャラルホルンの権威の失墜と、セブンスターズ内での地位確立論んでいた。

第一期においてマクギリスがそれぞれに割り振った役割は、それぞれ次のようなものである。

鉄華団ギャラルホルンを失墜させる立役者にして、マクギリスの障となる者を殺する手駒。そのためにわざわざ正体を隠し(モロバレだったが)「モンターク商会」を名乗り、物資の補給、援軍まで務め上げた。後に代表のオルガ火星の王にする事を約束しており、クーデターの際は武制圧を手伝って貰っている。

ガエリオ→彼の純正義感をうまく利用して説得し、アインの上官として頼耶識システムの手術を行う決断をさせた。その後、自らの手で相を話し、絶望の淵に叩き込んで討ち取り、ボードウィンの乗っ取りを画策。次期当たるガエリオを亡き者にしたと思い込んでいたマクギリスは、彼のであるガルス・ボードウィン卿が亡くなり次第、ボードウィンは自動的に婿の自分が継ぐことになると確信していた。しかしヴィーンゴールヴでガエリオ生存が判明した事により、その前提から覆ることに。

アルミリア→上記の通り、ボードウィン乗っ取りのための布石。

カルタセブンスターズの第一席であるイシュー事実上乗っ取るために、一の跡取りであるカルタ鉄華団とぶつけ、戦死させた。カルタは重病のためにまともに当仕事が出来ず(第26話のセブンスターズ会議でも、イシューの席だけが席だった)、ファリドカルタの後見人になることで辛うじてを維持できていた。そのファリドの当・イズナリオもマクギリスの計画で失脚させられ、カルタも死んだため、イシューの後見人の座はイズナリオの息子であるマクギリスが就くことになる。

アインギャラルホルン自ら「人体改造は悪」という潮を広めておきながら、実際には頼耶識システムの研究を続け、人体改造を容認していたという事実を明確に表す生きた拠として「グレイズ・アイン」という化け物にさせた。これによって、ギャラルホルンが守るべき地で、当のギャラルホルンMSが大暴れするという状況すら作り出し、一気に権威を失墜させた。これは、後に自身がガンダム・バエルを手に入れた時のために必要となる「成人への頼耶識システム増設手術」を行った場合のデータ取りを兼ねており、このデータを元に自身への頼耶識システム増設手術を、より確実かつ安全に行うことに成功した。

我が地球外縁軌道統制統合艦隊がニコニコ大科に干渉する事を許可いただきたい

2期(26話~)ではファリドでありカルタ・イシューの戦死後、席になっていた地球外縁軌統制統合艦隊の令に就任。新たに石動・カミーチェを部下に加え、階級も特務三佐→准将に昇進している。若輩とはいえセブンスターズのイシューの後見人であり、ボードウィン婿という立場はギャラルホルン内部でも一置かれ、その発言の強さを活かし「お飾り」とも言われていた同艦隊の組織革を実施して実戦的な部隊に仕立て直し、機体であるグレイズリッター更新を行うなど精的に活動している。

だが、その活動がセブンスターズの他の領域を犯す側面を持っているため、火星圏を含む地球圏外圏での治安維持が主任務である外縁軌統合艦隊「アリアンロッド」との摩擦が顕在化している。アリアンロッド令官ラスタル・エリオンを始め、ギャラルホルン内部からも鉄華団との協体制が疑われており(事実ではあるが)、その地盤は決して盤石とは言えない。

後に、宇宙海賊明けの地平線団」討伐後、組織として大きくなった鉄華団と協体制を敷く。
しかしラスタルの手の者であるガラン・モッサと、外部から鉄華団に監役として出向していたラディーチェ・リロトの結託により彼の立場が脅かされかねない紛争が発生。彼自身が出撃する羽になるも、ガランの手により鉄華団地球支部と潰し合いをさせられてしまうこととなり、結果的にアストン・アルトランドの命を奪ってしまうことになる。しかし彼は地球支部の人間に対し出来うる限り戦闘を避けるための行動は取っており、「やむを得ず」という言葉が正しい状況下であったためか、鉄華団との摩擦は最小限に抑えられているようだ。

戦闘後、命の恩人である三日月に対しチョコレートを贈り、団長オルガに対しても自ら礼を言いに訪れ、今後の協体制の維持を願うと同時に、その見返りとして「自分がギャラルホルンの長となったあかつきには、ギャラルホルン火星支部が持っている権限を鉄華団に全て譲り渡す」という破格の報酬を提示した。

34話では、彼の的の断片がられた。「卑しい身分」の生まれであった彼は世界絶望感を持っていたが、ギャラルホルンの創始者「アグニカ・カイエル」の伝記を読んだことでその思想に感銘を受け、生まれも身分も関係なくもが等に競い合える社会を築くという夢を持つ。そのためにギャラルホルンの頂点に立つことをし、あるモノを手に入れることを最終標とする。

僕みたいな供の概要、書かないほうが良いですよ

イズナリオに引き取られる以前の彼は、身よりもなくホームレス同然の生活を送っており、そのために「こそが全て」と考えるようになっていた。後にイズナリオにとして引き取られてからも、同じような的で引き取られてきた他の養子たちに暴力を振るう、または振るわれ、体には常にアザが出来ていた。そんな中でアグニカ・カイエルの伝記を読み、あらゆる種類のを手に入れるためにギャラルホルントップに立つという標を掲げ、そのための努を惜しまぬようになり、その努と才を買ったイズナリオによって後継者として認められる。それと同時に、他人を利用し、切り捨てることをためらわない性格が醸成された。
その本質大人になっても変わっておらず、後にガエリオから「普通の人間が尊いと感じるものはお前には届かない」「に変換できるものしか信じていない」と評されている。

幼い頃のガエリオカルタが初めて見たマクギリスの姿は、ガエリオく「ばっちい」身なりであったという。前述の事情により、ガエリオたちと知り合うまでは基本的に友人が居ないぼっちであり、自分もその遇を受け入れていた。事実カルタが最初にをかけたときにも彼女の執事が「そいつは私達と違います」と言うなどあからさまな差別を受けており、マクギリス自身も「みたいなのと遊ばないほうが良いですよ」と自ら切り出している。そのマクギリスカルタ・イシューは一惚れしたわけだが。

後にアリアンロッド艦隊の令官となるラスタル・エリオンとも子供時代に面識があり、イズナリオによって彼の屋敷に連れて来られ、を待つ間1人で本を読んでいた時にをかけられている。その時に「つまらなそうだな。何か欲しいものがあれば持ってこさせよう」というラスタルに対して「…エル」と一言だけ答え、ラスタルから「子供の口からその名前が出るとはな」と驚かれている。この「バエル」については後述する。

その後、紆余曲折を経てガエリオカルタとは友人になるが、カルタのことは表面上は友人付き合いをしつつも内心ではそう思っておらず、前述するように鉄華団と潰し合わせて謀殺している。また、ガエリオに対しても「お前は私の生涯でただ1人の友人だったよ」と独しつつも、最終的には討ち取っている。その後の彼は「私に友人は1人も居ない」と宣言し、再び孤独なを歩み出している。

300年だ…もう休暇は十分に楽しんだだろう…アグニカ・カイエル…!!

マクギリスは周到にギャラルホルンの腐敗の拠をつかみ、それと同時に現状のギャラルホルンを打倒して革命を成すために同志を集め続け、テイワズから離脱した鉄華団との合流を果たしたのを機に、ついにクーデターを起こして動き出す。手始めにギャラルホルン本部施設であるヴィーンゴールヴを武で制圧すると、その地下にある秘密格納庫に足を踏み入れる。

そこには彼が長年探しめた、ガンダム・フレーム1号機…ガンダム・バエルが眠っていた。

後を追ってきたヴィダールことガエリオ・ボードウィン三日月に任せると、彼はバエルのコクピットに入り、上半身のを脱ぐ。その背中には頼耶識システムのコネクターが増設されていた。

エルを起動させたマクギリスは高らかに宣言する。

ギャラルホルンを名乗る身ならば、このモビルスーツがどのような意味を持つかは理解できるだろう! ギャラルホルンにおいて、バエルを操る者こそが一絶対のを持ち、その頂点に立つ! 席次も思想も関係なく、従わねばならないのだ。アグニカ・カイエルの魂に!!」

と。彼の最終的とは、名実共にギャラルホルントップに立つために、創始者であるアグニカ・カイエルの魂が眠るガンダム・バエルを手に入れることだったのだ。

―――が。

と、バエルを手に入れてから彼は悲惨なを転がり続けている。それでも涼し気な表情を崩さない彼の意は、果たしてどこにあるのだろうか。

お前たちを定しなければ…俺は記事を書けなかった…

もはや勝ちを失ったマクギリスは、残った部下を全員逃がし、ガンダム・バエルに乗り込み1人で突撃。ラスタルを単騎で討ち取ることで、組織のではなく、研ぎ澄まされた純な1人の世界を変えられることを明しようとした。それを防がんとするガエリオとの壮絶な一騎討ちの末に敗北して重傷を負い、それでも諦めきれずにバエルを降りてラスタルの座乗艦に潜入し、彼を殺しようとする。
だが、その行動を読んでいたガエリオで撃たれ致命傷を負い、全に野望を絶たれてしまった。

今際の際にガエリオに詰め寄られたマクギリスは、ガエリオカルタに本当の友情を持っていたが、それを否定しなければ今まで抱いてきた自分の思いを見失ってしまいそうで、あえて友達ではないふりをしたこと、アルミリアのことも野望の具としてではなく本心から愛しており、第一期の最終決戦ガエリオに言い放った「アルミリア幸せは保しよう」という言葉を現実にしたかったことを打ち明ける。そんなマクギリスの想いを聞いたガエリオ意識に涙し、最後にマクギリスが何か言おうとしているのを遮り

言うな! 言わないでくれ…お前が言おうとしている言葉がの想像通りなら…言えば、は許してしまうかもしれない…だから言わないでくれ。カルタのために、アインのために…お前を…!

と、敵意と友情の間で葛していることを訴える。それを聞いたマクギリスは、ガエリオに看取られ静かに事切れた。

死後、マクギリスの起こした一連の騒動は「マクギリス・ファリド事件」として記録され、同時に後継者を失ったセブンスターズの消滅により、ラスタル・エリオン導の下でギャラルホルン革・火星支部の縮小による火星圏の独立など、世界に大きな転換を与えるほどの影を遺した。

元されし阿頼耶識システム

作中で作り上げた頼耶識システムによってバエルを動かすマクギリス
この頼耶識は軍事組織海賊組織などでヒューマンデブリ達に施術していた粗悪品とは異なり、厄祭戦時代のものを再現した代物、俗にいえば「完全版」である。

君達の動画はいい関連画だった。その言葉に偽りはない

商品

みんなも何かとトラブルを起こした時のために詫びの印としてお菓子の詰め合わせを用意するのもいいかもしれない大阪おばちゃん?

いっそ関連項目でも変えてみたりしとくぅ~?

・・・いや、やはりやめておこ


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AA%E3%83%89
ページ番号: 5377485 リビジョン番号: 2479104
読み:マクギリスファリド
初版作成日: 15/11/01 05:53 ◆ 最終更新日: 17/04/13 17:29
編集内容についての説明/コメント: 阿頼耶識について加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マクギリス・ファリドについて語るスレ

2720 : ななしのよっしん :2017/04/25(火) 22:29:36 ID: sRwI+y+y6T
いや、そうなるよな
あんだけ巨大な組織で革命起こしといて何も考えてませんでしたはどうなんだろうな
2721 : ななしのよっしん :2017/04/25(火) 22:37:44 ID: hZrZgkI39o
ぶっちゃけ思いつきって表現はアレにしても
最初から単機特攻するつもりの方がおかしいし当然っちゃ当然よ
2722 : ななしのよっしん :2017/04/25(火) 22:41:37 ID: Gy1TX1eIVo
モンタークの設定いつの間にか変えられててエル
ホント公式されないキャラだな櫻井も怒るわ
2723 : ななしのよっしん :2017/04/25(火) 22:43:12 ID: zxTV6AsUVg
エル取るのがゴールになってたな。
2724 : ななしのよっしん :2017/04/25(火) 23:19:25 ID: OMZMKMQaSp
全に監督と脚本のずさんなストーリー制作部分の言い訳に使われてしまったなマッキー
ここまでくるともうほんとに悲しいキャラという以外感想が出てこない、まさか生みの親から自分たちの不備を正当化する為に切り捨てられてるとは
こりゃあてた櫻井さんからもそれとなく文句言われますわ
2725 : ななしのよっしん :2017/04/26(水) 00:56:29 ID: hZrZgkI39o
>>2711
>あそこまで追い込まれた段階で何ができるか考えたとき、「ラスタル討ちたい」
になった

だから革がダメになったけど最後にどうするかで逃げずにラスタル討っとこうになったって話やで
ついでにずっと余裕ありそうだったのは考えがあったんじゃなく個人としては満足してたからって話やで…
マッキー全に知性や教養以前に正気度が足りてないわこれ
2726 :   :2017/04/26(水) 05:32:41 ID: VSru8P3v46
ケツガバホルンにされて正気度あるわけないだろいい加減にしろ!! 
制作の気分で死ぬキャラはいたけど、ここまで物語に食い込むやつを情けなく書かれたのはマクギリスくらいだろうな。……いや、グレミー・トトも似たようなもんか。
2727 : ななしのよっしん :2017/04/26(水) 06:46:51 ID: 30PQnpJHzU
↓一期の時のモンターク商会の設定

創設者:クライヴ・モンターク
地球を基盤とする中規模の貿易会社であり、創立は200年前にさかのぼる。厄祭線からの再建の半ばにその活動をはじめ
その的は人々の生活準の向上を安定かつ実直な貿易により実現するためである。成功や人々の信頼といったもの功績をのこした。
彼らが扱う要な商品は様々な原材料や食料品であり、また、幅広い機械製品も扱っており、地球圏のコロニーにて事業に親切なビジネス継続して行っている。
初期に、社会基盤産業に参入しており、ビジネスモデル(収益を獲得する体戦略をす)も拡大した。

社会基盤産業グループ、食品産業グループ機械設備グループ鉱物化学品産業グループ
近年、すべてのグループの創業は緩やかに拡大しているが、雇用者数は保持する方策を維持している。
新しいベンチャービジネスや大きな投資をすることなく、そのビジネス継続することに重きを置いている。
そのため、その弱気な姿勢に対して批判もあがっている。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
2728 : ななしのよっしん :2017/04/26(水) 07:20:02 ID: vAH7XeXOxU
>>2718
監督インタによるとそもそも、そのガエリオも対マクギリスに関して少々ってレベルの変更らしいから。ぶっちゃけガエリオって戦局動かしてすらないからラスタルの役割の一部分をガエリオにさせたって位なんじゃない
しかしインタ見てると、敵であれ味方であれバエルサイコー!路線は変わらんのか
2729 : ななしのよっしん :2017/04/26(水) 21:35:02 ID: YYn/1BWcjy
モンターク商会が老舗なのにマクギリスが作ったって事だからマッキー200歳オーバーだと思ってる
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015