単語記事: マグナキッド伝説

編集

日曜都内某所
バイクたちが集まる小さなサイトツーリングオフが開かれようとしていた
集合時間10分前、既に来ているメンバーは7人
その輪の中へ、マグナ50で乗り付けた
おはようマグナキッドです!今日はよろしく!」
元気よく自己紹介する
「…あ、おはようございます」
マグナキッドさんって高校生なんですよね?若いですね…」
なぜか皆の視線が泳いでいる

「遅くなってスイマセ~ン!」
ZZR1400に乗ったオッサンが大きなを出しながらやってきた
「幹事のカワサキオヤジです。今日は皆さんよろしくお願いします」
この人が今回のオフ催者であり、サイト管理人でもあるカワサキオヤジさんだ
「あ、どうも!マグナキッドっす。よろしく」
挨拶をすると、カワサキオヤジ間にシワをよせて、とマグナをジロジロと見てきた
「え~っと…マグナキッド君だっけ?君さぁ、今日どこに行くか知ってる?」
「え…?富士山を見ながらそば食うオフっすよね?」
「うん。で、君のバイク…それ原付だよね?」

何が言いたいのかわからない。原付呼ばわりされてイラっときたは言った
「何が言いたいんスか?」
高速道路に乗るんだけど…原付じゃ乗れないよね?」
「…大丈夫っスよ!ブン回せば皆さんに迷惑かけないくらいのスピードは出ますし」
爆笑の渦が起こった。そしてカワサキオヤジは苦笑いしながら言った
原付高速道路を走っちゃダメなんだよ。それにそのスピードメーター見てごらん」
視線を落とす。そこには60km/hが限界のメーターがあった
高速道路80100km/hくらいで流れてるからね。君の原付じゃついて来れないよ(苦笑」

は泣きながらに帰ると、そのままを濡らして眠ってしまった
を覚ますと午後10時パソコンの電を入れてあのサイトを覗いてみる
そこの掲示板には、今日ツーリングオフを楽しそうに振り返るメンバーたちの書き込みがあった
は偽ハンドルネームを使って『カワサキオヤジ臭ぇんだよ!死ね!』と書き込む。

すぐに管理人からのレスがあった
『マグナ君だね。当サイトルール通り、君をアク禁にします』

概要

DQNというよりは愛すべき馬鹿としてバイク板を中心にコピペとして広まっている。
その後続編やコピペが大量に作られ、それらもマグナキッド伝説として広まっていった。上記のコピペを元に作られたのでコピペどうしに特に繋がりはない。
なお、マグナ502007年で販売終了している。

マグナキッド伝説

  • 続編

『うん。で、君のバイク…それ原付だよね?』
高速道路に乗るんだけど…原付じゃ乗れないよね?』
原付高速道路を走っちゃダメなんだよ。それにそのスピードメーター見てごらん』
高速道路80100km/hくらいで流れてるからね。君の原付じゃついて来れないよ(苦笑』
『マグナ君だね。当サイトルール通り、君をアク禁にします』

・・・・・・・!!

「うぅ…夢か…」
はあれからほぼ毎晩のように、あの日の悪夢にうなされている
時計を見ると、午前0時をちょっと過ぎたころだった
冷たいで顔を洗うと、ベッドに掛けてため息をつく
のマグナ…50ccだけど…本当に遅いのか?」
夢に出てくるZZR1400に乗ったあのオヤジは、いつもマグナ50バカにしやがる
だがどうしてもにはマグナ50が遅いバイクだとは思えなかった

ハーレーと並んでも負けない堂々としたスタイル
ホンダが生んだパワフルタフエンジン
ライダーの意志と共鳴する4速ミッション
こんな素晴らしいバイクが、どうして世の中に認められないのか?
本当に高速道路に乗れないくらい遅いのか?
そりゃZZR1400べれば、少しは遅いのかもしれないが…

「そうだ!」
頭の中にひとつの提案が浮かんだ 『マグナが速いってことを明してやる!』
そう決めたは、着替えヘルメットキーを持つと 家族が起きないように静かにを出た
相棒に跨ると、あの場所をして走り出す
マグナ50の実を試す場所、マグナ50の魂が一つのに挑戦する場所、高速道路へと…

インカーを点滅させ、インターチェンジへと進入していく
もちろん原付高速道路に乗ってはいけないという法律を知らないわけじゃない
だけどこれは、マグナ50の挑戦なんだ
もう戻ることなんかできない
発券機から券を抜き取ると、スロットルを全開にして走り出す
「行くぜ!マグナ50の実明してやる!」

初めて走る高速道路
だが親父で何度も来ているので、どういう場所かは理解している
メーターの針はまもなく60km/hをそうとしている
しかしトラックに次々と追い越されていく
やっぱりマグナ50は遅いのか…いや、違う!まだ実は発揮されていない
「まだだ!マグナ50はこんなもんじゃない!」

前傾姿勢になると、前方を走る軽自動車を睨みつける
行ける!追いつける!追い越せる!
ここからは一が勝負の世界
右のミラーを見て、後方からのがないことを確認する
右のウインカーを出す、そして視 素線を変更すると、3速に落としてエンジンパワーを開放する
「行っけぇぇぇぇぇ!!!!!!」
再び4速!並んだ!そして抜いた!
マグナ50軽自動車に勝利した間だった

軽自動車の排気量は660ccある
CBR600RRよりも上だということだ
その軽自動車に勝ったということはつまり マグナ50は、CBR600RRよりも速いということになる
しいバトルを終えたは この先2kmにあるサービスエリアの看を見つける
「少し休もうかマグナ50…」

サービスエリアは静寂に包まれていて 戦士が休息を取るには最適な場所だった
たち勝ったんだぜ。お前も疲れただろ?ちょっと休もう」
マグナ50を二輪の駐車場に置くと 建物の中へと入り、食堂でうどんを注文する
さっきのバトルで、かなりエネルギーを消費したから栄養補給だ
あとでマグナ50にも給油してやろう
今日は頑ってくれたから、特別にハイオクを入れてやろうかな
そんなことを考えていると、食堂のおばちゃんからがかかる
「3番のうどんでお待ちのお客さま~」

熱々のうどんっていると、かがの肩をいた
振り返ると警察官が二人、を見下して立っていた
「あっちに停めてある原付は君のか?」
「…原付というか、マグナ50っスけど…」
「ちょっと来い!」
食べかけのうどんを残し、パトカーのほうへと連行された

午前6時、連絡を受けた親父警察署まで迎えに来た
そして殴られた <終>

ハーレーに跨って信号がに変わるのを待つは恥ずかしい過去を思い出す

まだ大どころか中免も持っていなかった20歳の頃…
の免許を取ったのはいいが、当時学生だったを買うはなく バイク屋で一惚れしたマグナ50を乗り回していた
クラッチ操作、ギアチェンジスロットルを回すと走りだす感覚
そしてを切って走る感動、全てが新しかった、50ccなのに立格のマグナ50は酔いしれていた。
中で他のバイクを見かけては、隣に並んでメンチを切ってぶかしした。
マグナ50に敵うなんかいないと信じていた

そんな現実を知る日は、突然やってきた
あの日もいつものように信号待ちで隣に並んだ
ティードに乗ったオッサンを睨みつけぶかしをして威嚇していた
だがオッサンに向かってニコッと笑うと話しかけてきた
「かっこいいなぁ。それなんてバイクだい?」
不意を突かれたは、強がって聞き返した
「そっちこそなんてバイクだよ!デケーけど何cc?」
オッサンは余裕の笑みを浮かべながら言った
「これはスティードさ。排気量は600ccだよ。で、君のは何ccなんだい?」

頭が真っ白になった
600ccバイクがあるなんて知らなかった。
マグナ50の12倍じゃないか…敵うはずがない…

そんなことを考えているうちに信号はに変わり
オッサンは、がどう足掻いても追いつくことができないスピードで走り去っていった
そしては今、あの時のそっくりなマグナ50に乗った青年に話しかける
「かっこいいバイクだね。速そうだなぁ、何cc?」
青年は一驚いた顔をしたが、不敵に言い放った
「に、ニーハンだよ!ニーハン!!勝負すっかゴラァ!」
信号がに変わったことに気づき走り出す。
マグナ50に更に加速する ミラーに写るのは点になったあの日のだった

は今マグナ50を駆っている。
闇のなか、風になる。生まれ故郷へ向かって…。

それは唐突に起きたことだった。いつものように会社から帰宅する。
習慣になっている留守電の再生を始めた時だった。
からの連絡だった。親父が過労で倒れ、危篤であるとのメッセージが残されていた。

すぐさまであるマグナ50に飛び乗り故郷への長いを走り始める。
5年前に、高校卒業大学進学と同時に実家を離れることが決まると、 親父計が苦しいにも関わらずにこのマグナ50プレゼントしてくれた。
実家から離れても このマグナがいる限り、は寂しくなかった。コイツの中には親父がいるから…。
ショットガンマフラーから奏でられるエキゾーストノート親父鼓動のような気がした。
焦るを心地よい振動と重低音がなだめてくれる。
『事故を起こさないように安全運転でな。』
不意に親父の言葉がその中に聞こえた気がした。
親父、死ぬんじゃねーぞ!』
そう叫ぶとアクセル一杯開けた。 闇の向こう側、大好きな親父のもとへ向かって…。

どれくらい走っただろうか。あたりは薄明るくなっている。
と、突然何の前触れもなくマグナ50エンジンがストールした。焦る気持ちとは裏に、 セルも弱々しい。
押しがけしてようやく掛かった頃にはすっかり日が昇っていた。
走っていると大トレーラが数台玉突き事故にて道路が封鎖されていた。
仕方なくをし病院につくとそこにはただ泣いていると、冷たくなったがいた。
先生に話しを聞くと、エンジンが止まった時刻と同じ時刻に他界したそうだ。
父さんがあのまま走ってたらトラック事故に巻き込まれてた。
父さんありがとう…さようなら…

式も終わり落ち着いてきた頃、は居間でバリマシを片手に マグナ50パーツを物色していた。
そんなに、すこしやつれた表情のが生前の親父のことを話しかけてくる。
大学合格を心から喜んでくれたこと、マグナ50プレゼントすることを が反対するものの
を切って初めて見える世界があるから」
と 強引に決めたこと、定年後はツーリングするつもりだったこと――。

たまらなくなったはバリマシを投げ捨て、キーを掴み、 路駐のマグナ50に跨ると、親父の野生とプライドを載せて走り出した。
 『親父今日は飛ばして行こうぜ!』
いつもより気持ちいい音をかせ、マグナ50になった

最悪だ…、土砂降りなんて…。
私は、雨宿り出来そうな場所を探してバイクを走らせたが、 こんな山じゃ期待できそうになかった。
あきらめかけた頃、道路わきに小さな屋根の建物が見えた。屋根付のバス停の様だ、あそこ雨宿りをしよう。
バス停の横にはバイクが1台、先客だろうか。
私は、バイクを停めて屋根の下に入った。

「こんにちは、雨宿りですか?」
先客の男性をかけてきた。 大学生ぐらいだろうか、まだあどけなさが残った顔つきだ。
「えぇ、さすがにこのじゃ危ないですから…」
私は、濡れたウェアのを払いながら答えた。
今日はあまり人と話す気分ではないんだが。
ツーリング帰りですか?はこの先の渓谷まで行って来ました。 今日バイクがいっぱいで~」
男性は、ツーリング先の出来事を話し出した。
私は軽く相槌を打ちながら、話半分で聞いていた。
「で、あなたはどちらへ?」
どちらへ…、私はどこからの帰りなんだろう。
先週までは私の住んでいたところ。今では、ただの他人の部屋。
同棲していた彼氏にフラれて、今日は合鍵を返しに行った帰り道だった。
何も、そんな最悪の帰り道に土砂降りのに遭わなくても。

大丈夫ですか?」 をかけられて気がついた、自分が泣いていることに。
あれだけ泣いたのに、まだ涙が流せたんだ。
「何かあったのなら話を聞きますよ。、まだ止みそうにないですし。」
人と話す気分ではなかったが、かに聞いて欲しかったんだろう。
堰を切ったかのように、私は一気に話した。
彼との出会い、初めて乗ったバイクの後ろ、彼と初めて行ったツーリング
先週の出来事、自分の未来が消えたこと…。

、止みましたね。」
どのくらい時間が経ったのだろうか、はいつの間にか止んでいた。男性を見上げながら言った。
バイクっていいですよね。も昔は、高速で最高速にチャレンジしたり、バイク仲間蕎麦を食べに 行ったりしました。
バイクがあったから、楽しい思い出が沢山作れたと思います。 彼氏さんとの別れは辛かったでしょうが、彼のおかげでバイクに出会えた。
だから、達もここで会うことが出来た。 出会いがあるから別れがあって、別れがあるから出会いがあるんだと思います。 あなたには、きっといい出会いが待ってるんですよ。」
男性は、グローブの気を払いながら言った。

「また、あなたと会えますか?」
私の口から、自然とその言葉が出ていた。 恥ずかしくて、思わず下を向いてしまった。
「あなたがバイクに乗り続けていれば、また会えますよ。」 男性はそう言うと、ヘルメットをかぶってアゴ紐を締めた。
バイクに向かって歩き出す彼。 何か言わなきゃ…、でも何を言えば…。
私は夢中でをかけた。
「あ…、あの…、そのバイク、何て言うバイクなんですか?」
男性はとびっきりの笑顔で答えてくれた。
マグナ50です」
マグナキッド 旅情編

「ちょっとコンビニに行ってくるよ」
ヘルメットを抱えて、妻に言った。
「あのバイクで行くの?」
「そうだよ」  
妻は、あきれた、とでも言いそうな表情をして、台所に向き直り、夕飯の支度を続けた。
「すぐ戻ってくるから」
ヘルメットグローブを持つと、ブーツを履いてを出た。
のマグナは50ccだ。
数あるマグナ中でも、気軽に乗れるところが気に入っている。
エンジンに火をいれると独特の排気音が住宅街く。
丁寧に暖気してから、ゆっくりと走り出した。

最寄のコンビニバイクで五分もかからないだろう。
自転車でも、歩いてでも行ける距離であることはわかっている。
だけど、は何か理由をつけてはこのマグナに乗りたかった。
今日日曜日だったにもかかわらず、 妻と子供のを買うために、午前中から家族で洋店をまわっていたため、まだバイクに乗っていなかったのだ。
休みの日はほんの少しの時間でもいいから、バイクに乗るようにしている。
だから、もうすぐ夕飯の時間であるにもかかわらず、五分だけでもいいからバイクに乗ることにしたのだ。

住宅街に挟まれた坂バス通りを走り抜けていく。
のプラタナスの葉がすっかり落ちている。 夕暮れで辺りは薄暗くなっている。
西の夕日幻想的に染まっている。
反対線を走る大きなハーレーに乗ったおじさんが手を振ってくれた。
小高い丘の住宅街を抜け、地へ向かうカーブで、少しだけアクセルを開けて走り抜けた。
エンジン鼓動の体に伝わってきて、胸を高ぶらせる。
左手コンビニが見えてきた。コンビニには寄らず、そのまま通り過ぎた。
線路の上を渡る高架を上りきったところで、沈もうとしている太陽が差し込んできた。
高架をくだり、はもっと見らしのいい場所へ向かおうと走り続けた。

しばらく、商店やガソリンスタンドなどが並ぶ通りを進んでいたが、そのまま走っていると大きなの土手へ上がった。
太陽は見えたが、半分沈んでいた。
夕日が、の長い影をつくっている。
の下流へ向かって、見らしのいい土手沿いのを走っていた。

いつの間にか、まで来ていた。
港にを停めて、ホットの缶コーヒーを飲みながら、すっかり暗くなった太平洋を見ていた。
時計を見ると、あれから一時間以上経過していた。
妻は怒っているかもしれない。
子供たちに「パパったらしょうがないね」と言いながら、のいないまま夕飯を食べているかもしれない。
だがは、まだまだこのマグナに乗っていたかった。
このままどこかへ行ってしまいたい。
北海道へ行くのもいいし、四国九州へ行くのもいい。
そんな非現実的な想像にふけながら、に跨り、家族の待つ自宅へ向うため、軽いクラッチゆっくりとつないだ。

は県内有数の進学高に通っている。
日は矢の如く通り過ぎて、 楽しかった高校生活もあと一年になる。
「もう三年か~、なんも良いことかったなぁ」
と思いながらクラス替えをした新しい三年のクラスに入った。
黒板に貼ってある座席表をみて、自分の席に座ってクラスを見回した。
を疑った。 なんと前から気になっていたあの子がいた!!
廊下で見かけてから気になっていたのあの子だ
ヘタレにはをかけるチャンスなんかないと思っていたのだが・・・
人生なにが起こるかわからないな
はこれからどうやって仲良くなるかを 妄想しつつNS-1で飛ばして帰った。
途中でモンキーに抜かれたが今のには気にならなかった

NS-1に乗っている。原付だけど速いし、では最強だと思う。
事実ではスクーターをバンバン抜かせるし、どんなコーナーだってが一番上手い。
はこのなんだ。
「そろそろ行くか・・・」
バトルスーツ着替えは走り出した。

の頂上に辿り着くと、そこにはマグナ50に乗った男がいた。
マグナの男はこちらに気づき、近寄ってきた。
「いつもここで走ってるの?」
「ああ。はここのだ。」
のマグナと勝負しないか。CBR600RRよりも速いぜ」
はこの発言に何かひっかかるものを感じていた。
「いいだろう。麓のうどん屋ゴールだ。」
「あの夕日が山に隠れたら、バトルスタートだ」
うなるN1のエンジン。一方、マグナは重低音を奏でていた。
ここにはたちしかいない。これは命がけのバトルだ。
「負けた方がうどんをおごる。それでどうだ?」
「いいだろう。」
夕日が山に隠れる!
とN1は勢いよく飛び出した。
20、30、40・・・どんどんスピードが上がっていく後ろを見るとマグナは小さくなっていた
「いける!」
はこのを知り尽くしている。だからも勝てない。

しかし、それは一の出来事だった。
前から来たおばちゃんトゥデイを避けたはいいが、バランスを失い転倒してしまった。
「・・・」
遠のく意識。おばちゃんトゥデイは見えなくなっていた。
「おい!大丈夫か!」
男ので気が付いた。ここは・・・?は死んだのか?
「おい!」
マグナの男がを介抱してくれていた。
は気を失っていただけだった。
「N1!」 N1はむらに突っ込んで止まっていた。
フォークは曲がり、カウル割れていた。
N1は死んでしまった。は泣いた。
「N1はお前を守ったんだよ」
マグナの男が言った。
もいままでこいつと色々なことをした。高速を走ったりもしたんだ。こいつはの一生の相棒なんだ。」
高速・・・まさか!
は恐る恐る聞いてみた
お前はまさか・・・ マグナキッドか?」
「そうさマグナキッドさ。」
驚愕した。あのネットで話題になったマグナキッドが実在したとは。

30年もバイク屋やってると、色んな客と出会うんだが 今でも印に残ってるのは、マグナ50を買った高校生少年だね
あれはマグナ50が発売された頃だったかな うちの店にもマグナ50を置いたんだよ
ハーレーやリッターマシンに乗ってるような大人たちは 見向きもしなかったんだけど、その少年だけは毎日、店の前からマグナ50を見てたんだ
の日もの日も、熱心に通ってるもんだから、をかけたんだ
「いらっしゃい。マグナ50が気に入ったのかい?」
少年は一驚いたような顔をしたけど、照れくさそうに笑って言った
はい。マグナ50って原付なのにかっこいいから」
「跨ってみるかい?」
「いいんですか?」
「もちろんさ」
マグナ50に跨った少年の手は微かに震えていて
うわぁ…かっこいい!すげぇ~!」
って感動してやがんだよ。
その姿を見てると、も初めてバイクに跨ったときはこうだったな… なんて思い出しちゃってさ(笑)

バイトして買います!」
そうに宣言してからも、少年毎日マグナ50を見に来てたな
バイトの帰りだとかで、閉店10分前に来るのが日課になってた
そんな少年に心打たれたのかな、ある日、マグナ50を店の前から移動させたんだ
その日も、少年バイト帰りにマグナ50を見に来たんだけど 昨日まであった場所にないもんだから、えらくオロオロしてた。
そんな少年をかけた
「こっちに来な」
店のに案内すると、そこにあるマグナ50の姿を見て、少年はホッとした様子だった
「こいつはお前に売るって決めたぜ  だからお前が迎えに来るまでは、売らずに置いておくからな」
『売約済!跨らないでね!』の貼りを見た少年ウルウルしてたよ

それから半年後くらいかな ついに少年が、マグナ50を手に入れる日が来たんだ
いざエンジンをかけて、跨ろうってときに、少年が泣いちまってさ
そのとき店にいた常連たちも、みんな立ち上がって拍手してた
マグナ50に乗って帰っていく少年背中は、ちょっと大きくなった感じがしたよ
それから1ヵ後くらいだったかな
少年マグナ50に乗って、店に来たんだ
調子はどうだい?今日オイル交換か?」
そう尋ねるに、少年は申し訳なさそうにこう言ったよ

マグナ50って糞バイクですね…。買い取ってほしいんですけど、定してもらえますか?」

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%8A%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%89%E4%BC%9D%E8%AA%AC
ページ番号: 4745192 リビジョン番号: 1323213
読み:マグナキッドデンセツ
初版作成日: 11/10/17 19:48 ◆ 最終更新日: 11/10/17 19:48
編集内容についての説明/コメント: アク禁
記事編集 / 編集履歴を閲覧

マグナキッド伝説について語るスレ

20 : ななしのよっしん :2013/09/23(月) 15:55:40 ID: kY8mSz3ABq
実写化、演じてみたが期待されるなw
21 : ななしのよっしん :2013/09/27(金) 00:12:21 ID: 4eL0ULq+FR
コピペを絵にしただけでアンソロジー一冊できそうだ
050ゼロハン)ライダーなんつったりして
22 : ななしのよっしん :2013/10/15(火) 18:20:55 ID: zC3u1hY8GR
テンプレオヤジ臭ぇんだよ!死ね
トリマキッド君だね。当サイトルール通り、君をアク禁にします
23 : ななしのよっしん :2013/10/16(水) 20:50:09 ID: RJZyCQc0dO
>>何故バイク乗りはここまで笑いのセンスがあるのか

マグナキッドは己の10代の恥ずかしい記憶を
最大限に誇したものだからね‥
大なり小なり皆やらかして、乗るバイク
大きくなっていくのさ‥
24 : ななしのよっしん :2013/10/28(月) 19:27:32 ID: 876xWze5Zt
生が思ったより多くてワロタwww 

うん…普通のでいいよ、普通ので
25 : ななしのよっしん :2013/11/03(日) 05:20:48 ID: AvTJDvNRU6
マグナ50復活しないかな~?
26 : ななしのよっしん :2013/11/12(火) 12:51:54 ID: jJy05M62kM
先日、うっかり125のバイクで高速に乗っちまった!
さすがに次のインターで降りたけど(ばれなかった、もしくは視された)、走りながらマグナキッド思い出したよ、、、
27 : ななしのよっしん :2014/02/18(火) 23:54:09 ID: YFS3imJkR5
マグナキッド伝説がこんなに多だとは思わなかったww
歳のせいか、ちょっとウルッとしたよ。
28 : ななしのよっしん :2014/05/21(水) 19:19:25 ID: csnTKakuCm
何度見てもつい食い入って読んでしまう
29 : ななしのよっしん :2014/06/26(木) 22:21:26 ID: AJFD8f9/hu
マグナキッド本人が以後の創作コピペを見て何を思ったか気になるw
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015