単語記事: マジシャン

編集

マジシャンとは、

  1. マジックを披露する人のこと。手品師。
  2. ザ・ハウス・オブ・ザ・デッドシリーズに登場する敵キャラクター。この記事で解説する。

概要

マジシャンガンシューティングゲームThe House of the Dead」の初代ラスボスにして、同作を代表するキャラクターである。

強固な装甲に覆われた機質な白色のボディーと、装甲のない部分から覗く筋肉が特徴。
中浮遊でを自在に飛び回り、で火球を生成して攻撃するその姿はまさに「魔術師」と言える。

戦闘時のBGM「THE THEME OF MAGICIAN」は同シリーズ内で特に人気が高く、これを聞くためにゲームをやりこんだ人も少なくなかったとか。

圧倒的なカリスマ性とBGMプレイヤーからの人気を獲得し、HODファンからは「閣下」とも呼ばれている。

※以下、時系列順に紹介。

HOD1

最終ステージ「終焉 ~The House of the Dead~」のボスとして登場。
Dr.キュリアンが自らの最高傑作と称した生命体で、「ヒトの上に立つ者」として作られた。

弱点を持たない全な生物としてDr.キュリアンの意のままに操れるはずだったが、完成直前に何者かの手によって
プログラムを書き換えられ、「にも束縛されない存在」として未完成のまま誕生した。
強い破壊衝動を持ち、生みの親であるキュリアンすら仲間と認識せず殺。そのまま屋外へ飛び出す。
身体の一部の装甲がなく、そこが弱点になっている。

追ってきたAMSエージェントのトーマスローガン、Gと戦うが敗れ、捨て台詞を残して爆発四散した。

戦闘は本作がゾンビゲーであることを忘れそうになるほどハイスピードバトル
残像を残すほどの速さで飛び回り、から火球を飛ばしたり、直接叩きつけてくる。
作中ではUNKNOWNとなっているが、装甲のない右顔、左上腕、右下腕、左太股、右脛が弱点である。

HOD2

ステージ5「Dawn~」のボスとして登場。

Dr.キュリアンへの投資者であるDBRコーポレーションの最高責任者、カレッブ・ゴールドマンの手によって復活した。
弱点は善されておらず、さらに身体のあちこちから触手が飛び出し、醜悪な外見となっている。
その代わり言葉を流暢に話せるようになり、同作のラスボスであるEmperorに対し同族意識を持つようになった。
身体も衰えておらず、前作同様のスピードで火球攻撃を仕掛けてくる。

残像の色はもしくはだが、ゲームランクが最大になると白色になる。

ゴールドマンビル正面広場でAMSエージェントのジェームズテイラーゲイリー・スチュワートと戦い、敗れた。

HOD4Special

ステージ2のラスボスとして登場。ゾンビ生産工場の最深部でプレイヤーを待ち受ける。

謎の男ミスティクマンによって量産化が成されており、戦うのはその中の一体である。触手はなくなったが、弱点は相変わらず善されていない。

火球は今までと異なり弧を描いて飛んでくるようになった。移動も直線的ではなく画面内を縦横尽に動き回るようになり、狙いを定めるのが難しくなっている。さらに今作から、高く飛び上がってからの強な体当たりを仕掛けてくるようになった。

AMSエージェントのケイトグリーン、Gとの死闘の末倒されるが、死の間際にパンドラの箱を持ち上げ、量産された他のマジシャンを起動しようとする。これの阻止に失敗すると数のマジシャンに取り囲まれてしまい、バッドエンドとなる。

ゾンビリベンジ

episode7「明け・・・ - the dawn -」のラスボスとして登場。正式名称は「Black Magician Type01」。
キュリアン邸地下に出現することからHODシリーズに登場するマジシャン亜種と思われるが、体色がかったりが生えているなど、他シリーズマジシャンとは異なる部分が多い。

その正体は事件の黒幕ZEDが、主人公スティック及び全人類への復讐のために自らの体内に憑依させた「破壊の」であり、ZED敗北すると彼の体を粉砕して誕生する。

直前に戦闘するZEDの強化版のような性を持ち、テレポートによる背後からの奇襲や高速移動からの体当たりが戦法だが、マジシャンらしいホーミング火球による攻撃も仕掛けてくる。

ライフが半分を切ると強化イベントが挟まれ、episode2のイベントで選択したカードに対応した攻撃を仕掛けてくるようになる。カードは炎のカードカード色のカードの三種類だが、炎のカードを選んだ際の火炎攻撃は回避困難なため、回避が較的容易な電撃攻撃を仕掛けてくるカード、またはサイコガンゾンビが数体召喚されるかわりにBlack Magicianが攻撃を止める色のカードを選択するのが攻略上の定石とされている。

最終的にスティックリンダ毒島力也の三名によって撃破され、ZEDの命を賭した復讐劇は幕を閉じた。

小ネタ

HODIIIでは、最終ステージタイトルコール時に一マジシャンが登場している。
HOD4では、得点アイテムとしてマジシャン像が登場する。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%9E%E3%82%B8%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3
ページ番号: 4805102 リビジョン番号: 2448057
読み:マジシャン
初版作成日: 12/01/18 01:28 ◆ 最終更新日: 17/01/13 00:32
編集内容についての説明/コメント: 誤字修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


閣下

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マジシャンについて語るスレ

9 : ななしのよっしん :2013/06/27(木) 14:52:24 ID: 4QY64iGl3/
ハウスオブザデッドの最終作は、歴代のラスボス達が勢ぞろいしてくるような展開を希望してる。 難易度ガンシューティングゲームにおける「わけのわからないものレベルのね。 後、いい加減マジシャン閣下も本気にならんかな? 今までのシリーズでは意図的にパワーダウンされてきたらしいけど。
10 : ななしのよっしん :2013/08/04(日) 21:57:44 ID: mNGxbMkpCw
このボス大好き。
これは本来全体的に装甲がられる設定でしたっけ?
11 : ななしのよっしん :2013/12/30(月) 15:53:27 ID: aj2bZNC0gp
ゾンビリベンジラスボスも関係性は明言されてないけど微妙マジシャンっぽいだったな
決戦場所もキュリアン邸だしたぶん関係あるんだろうな
12 : ななしのよっしん :2014/04/12(土) 23:51:09 ID: 3caYn9DZTn
>>9
上級者向けならぬ上納者向けになっちゃいそうだな
13 : ななしのよっしん :2014/07/09(水) 01:23:52 ID: hlf52G00xQ
マジシャンまふたり・・・ごくり(エンペラーやHOFとのコンビでも有り)
14 : ななしのよっしん :2014/10/13(月) 01:31:20 ID: hSzJL8zp9h
とりあえず描いてみた

タイトル:閣下
画像をクリックして再生!!
  Twitterで紹介する

15 : ななしのよっしん :2015/07/15(水) 18:06:51 ID: o82nfFURY+
14
こんな顔だったなw かっこいい!
16 : ななしのよっしん :2015/08/07(金) 15:50:34 ID: BmK1dyBWO5
微動だにしないニュートラポーズからの残像つき高速移動がマジ格好いいわ

いつか全な装甲で戦う御姿も披露してもらいたいな
ただしそうなると倒せなくてゲームにならないという問題があるが
17 : ななしのよっしん :2016/03/20(日) 22:18:55 ID: U6K1DUcG1J
>>16
その時は弱点をさらけ出させればいい。
爆発なりで覆ってる装甲壊したら1のマジシャンみたいになって再登場→
最終決戦でGとタイマンで勝負的な感じで。もちろんGがプレイヤー
18 : ななしのよっしん :2017/09/04(月) 18:55:15 ID: nOhAeJLzG9
プクゾーエビタンを出すくらいだったら断然マジシャンを出して欲しかった
それだけこのボスは好きだったのに
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829