単語記事: マスキュリズム

編集  

マスキュリズム英: masculism)とは、男性に対する性差別男性差別)の撤す思想や運動である。元は、「反・男尊女卑社会」をすフェミニズムへの反発から生じた運動だったが、現在は、働き方や徴兵忌避など、生存権・社会正から権利を擁護する運動メインになってきている。

概要

人権問題は、封建社会における被支配層の反発=成人男性一般の権利擁護→成人男性だけの権利を問題視=成人女性の権利擁護(フェミニズム)という大きな流れがあるが、20世紀から21世紀にかけて、女性差別から女性の権利回復をすフェミニズムが大きくなり、一般化する中、男性の特に弱者の権利剥奪が見えづらくなってきたという状況がある。

具体的な権利回復運動には、第一次世界大戦第二次世界大戦を通じて、国家総動員体制になる中で、成人男性は徴兵義務が課されてきたが、これは弱者男性較的徴兵される傾向が強く(学歴や地位のある男性は、“社会的配慮”から徴兵免除されることがままあるため)、結果的に名誉と代替に人権を喪失することとなった。徴兵への反発から、アメリカヨーロッパでは、第二次世界大戦後、徴兵忌避運動が盛り上がり、軍隊の志願制へと現在は移行してきている。また、似た理由で、労働運動過労死問題も一部、極端に危険な職場(炭坑労働者など)における問題も差別問題とされることもある。

強者男性と弱者男性の問題

現代は、封建社会の頃と異なり、名上は社会の全構成員が、同様の権利を持つとされている。しかしながら、才も含めて生まれや育ちなどで、その後の人生において、差がつくことが普通である。その場合、どこまで差を容認するか。言い換えれば、どこまでが自己責任かが問題となる。

一般には、格差の再生産、つまり事実上の階級社会化が生じている場合は、その是正がめられるが、強者男性大企業経営者や政治家)は、その権や富を用いて、その他の人々の生殺与奪に影を及ぼしているので、抵抗しづらい。また直接権を及ぼさなくても、「弱肉強食」「自己努」など、ある程度正当性のある徳や倫理観でもって、弱者を排除することもあり、問題を複雑にしている。これは、客観的に強者男性だけがするというわけでなく、客観的には“弱者”であっても、弱肉強食を甘んじて受け入れ、より弱い者をいじめる場合がある。

徴兵の例で言えば、経済徴兵制と呼ばれる場合、生まれながらにして、経済的弱者の立場のものが、経済的利益を得るために、軍隊に志願して入ることも、結果的に、弱者男性ばかりが死ぬリスクが増えるので、弱者男性問題とも言える。過労死の問題も、社畜自虐しながらも、無職や退職という経歴自体が、社会差別の対となる場合、結果として過労死に追いやられるまで働き続ける、それを雇用者は黙認するという現は、この問題に入る。

フェミニズムとマスキュリズム

人権問題は、特に20世紀にかけて、「一般男性からの権利回復運動」としてのフェミニズムが必要性も課題も多かったので、大きな運動としてあった。しかし、先進国においては、緊急的なフェミニズム運動は、下火になりつつある。その中で、社会全体の意識は「フェミニズム」だけが残っており、男性が権利回復運動すると、「保守反動」「反フェミニズム」と見なされる場合がある。

マスキュリズムの中に、復古的な反フェミニズムが隠れていることもあるが、個別の権利擁護については、科学的で正当性のある問題も多く、女性の職場進出といった労働運動などでの実績があるフェミニズムと共同して人権問題解決出来るかが、現在は問題となっている。

関連動画

関連商品

関連チャンネル

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0
ページ番号: 5516383 リビジョン番号: 2557463
読み:マスキュリズム
初版作成日: 18/01/28 09:10 ◆ 最終更新日: 18/01/28 09:10
編集内容についての説明/コメント: 新規作成
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マスキュリズムについて語るスレ

11 : ななしのよっしんた :2018/05/22(火) 13:25:40 ID: Skwghid+Am
フェミニズムを盛り上げるなら、現在虐げられている弱者男性にもメリットがあると提示すれば、より多くの支持が得られた。
しかし『男性』全てが憎いミサンドリストや、弱い男性を蔑視するパターナリズム持った人がフェミニストを自称しはじめた
それらを排除できなかったことでフェミニズム(を信奉する輩のやらかし)が多くの人から問題視されることになってしまった
12 : ななしのよっしん :2018/06/02(土) 11:39:37 ID: K/G40xWlKJ
>>11

>フェミニズムを盛り上げるなら、現在虐げられている弱者男性にもメリットがあると提示すれば、より多くの支持が得られた。

かつてフェミニズム運動が掲げていた「ジェンダーフリー」がまさにそれだったわけ。
ところがこのジェンダーフリー思想は00年代以降、行政(特に男女共同参画局)から排除されるようになり、10年代に入ると、学術界におけるフェミニストでこれをる人はほぼいなくなってしまった。
ジェンダーフリー思想を失った男女共同参画局はその後、女性優遇をとことん進めるだけの部局になってしまったのは周知の通り。
久米氏は1986年生まれで、教育現場においてジェンダーフリーが最も浸透していた時代に教育を受けた世代だ。
だからこそ「フェミが掲げていたジェンダーフリーとは、いったい何だったのか」という思いが強いように見える。
そしてあの「男性神話」を日本に紹介したわけだが、フェミニズムがもうジェンダーフリーを見限り、ただのミサンドリーに走っている以上、時すでに遅し、という状況な
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
13 : ななしのよっしん :2018/06/10(日) 14:13:11 ID: JMfyupuIW8
自分からジェンダーフリーを掲げていくのか(困惑)
アレこそ当時の一般男性メリットいフェミニズムの手先と撥ね除けた最たるものだったんだよなあ・・・
そんなに素晴らしい思想なら今頃あっちの掲示板懐古で埋め尽くされてることでしょうよ

まず君さあ、自分がマスキュリストとして異端である自覚を持った方がいいと思うよ?
14 : ななしのよっしん :2018/06/11(月) 07:41:34 ID: 2ExlAc9nSR
>>13
多分>>12は一般社会としても研究者としても少数だろうけど、むしろ理念現実に先行するし、最初は研究者たち自身も偏見に覆われている(フェミニズムの場合は、男性は全て女性より恵まれており、弱い男性などあり得ないという偏見)場合があるけど、そこで少数だからと自身の捻じ曲げたら変でしょ。
もし単なる同時代の多数決なら、一歩も進歩がないまま思想は停滞する。論、進歩するにも社会状況がそれを許したり潜在的ニーズがあるなど、客観的要素も必要性があるけど。

そして弱者男性の想定は、反フェミニズムとされる側にもある。
一応この記事ってそういう事も中心的に挙げてるよね?別に記事自体を否定してもいいけど、今までは反応せずなぜいきなり>>12レスした?
この記事に書かれてることはジェンダーフリーとも重なるんじゃないの。
ジェンダーフリーの記事があまりにも形式義の方に拘っていて、当事者の意思について書かれていないから、違和感持ってるけど、ジェンダー研究自体合意得づらいものだし、
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
15 : ななしのよっしん :2018/06/11(月) 12:13:40 ID: JaFxG+Sqh6
かかあ下はOKで亭関白当たりが強いのがいまいち納得できない
別にかかあ下がいいなら亭関白も認めるべきとかじゃくて
どっちも軽くならともかく本格的なのはダメだろJK
16 : ななしのよっしん :2018/06/13(水) 18:02:15 ID: JMfyupuIW8
>>14
いきなりって>>9で既に絡んでるのですがそれは
元々団結の弱い界異端もいいとこな思想を高にされても余計内ゲバ煽るだけやんけ
その域に達していないんだよ
17 : ななしのよっしん :2018/06/14(木) 04:40:41 ID: 2ExlAc9nSR
ごめん>>9の短レスでそこまで実際的批判してるとは思わなかった。
煽りたいだけならスルーするのが普通だと思ってたし。

あと異端故にくのではなく理論的矛盾があればそれを摘示して批判するのが良いと思います。
フェミニズムは単に「女性」という属性だけでは収まらない場合は何度も分裂や対立繰り返してるからね。
は分裂や対立自体が悪いとも思わないよ。そもそも強者男性が既得権益守るために男性義を唱えるのと弱者男性がフェミニズムや弱肉強食の理屈だけでは自身が守れないと思ったからこその上げをするのは発端からして一緒じゃないし。
最初から男性一般で一体化をといいだす人は何を具体的に守ろうとしてるのか、そこを説明すべきと思う。
18 : ななしのよっしん :2018/06/17(日) 01:18:56 ID: JMfyupuIW8
言うてフェミニストかて専業主婦になりたい女性もおるって理解するまでに20年とかかかったわけやろ?
今の世の中がそうであるように、現実的な問題として多数が少数に優先されるってのは社会運動の場においても変わらないもの違います
あの時期多くの男性ジェンダーフリーに反発していたのは否定しようのない現実だし、事実それを受け入れてフェミニストと共闘するを選んだ男性活動家なんてに相手にされてないじゃんよ

まずはきっちりフェミニストと対峙してこれを退ける。ジェンダーフリーが必要と思うならその後で「再発見」すればいい。ルネサンスのように。
自分はそれ以外にマスキュリスト団結し支持を取り付ける手段はいと思うけどね
19 : ななしのよっしん :2018/06/17(日) 13:23:01 ID: K/G40xWlKJ
>>18
全く逆ですね。
ジェンダーフリーに反発していた人は当時のアンチフェミの中では多数だったのかもしれないが、社会全体で見れば全くの少数だったよ。そしてそれは今でもあまり変わっていない。それどころか、今の10代~20代男性ジェンダーフリーに行われていた方がましな社会になっていたと思っている人が多いよ。
少なくともフェミニズムがジェンダーフリーを訴えていた頃のアンチフェミにはそもそも「男性差別」という概念は全く確立されていなかった。この概念が社会的に確立されるようになったのはフェミニズムがジェンダーフリーから撤退し始めてからの話だ。
まずはきっちりジェンダーフリーの観点から男性人権を確保する。フェミニズムが根本から間違っていると思うならその後で「反論」すればいい。
私はそれ以外にマスキュリズム社会的な運動として支持を取り付ける手段はいと思うけどね。
20 : ななしのよっしん :2018/06/17(日) 18:49:33 ID: 2ExlAc9nSR
とりあえず文章書くときに変なアクセントつけるのやめてくれない?過度な口表現自体何弁か問わず議論では推奨されないし。
あとJMfyupuIW8の立場がよくわからない。フェミニズムやジェンダーフリーにとりあえず反対というのもどの部分?フェミニズムという思想自体「女性の権利擁護」以上に統一的テクストあるように思わないけど、具体的なものがあるなら提示して欲しい。

私としては女性の意見を必要に応じて聞く事は守られるべきで、その中でも現在流は育児出産だと思うけど、これ自体何が良いかは試行錯誤の段階であって皆の合意が必ずしも取られているとは限らない。故に政治家企業内でも意見の衝突やすり合わせが行われているのだと理解している。
そもそも①問題の訴え→②皆で議論・共有→③すり合わせというのは民主主義の基本的ルールだから否定すべくもいと思うけど。そして多数決原理はこの②と③の間であって①の段階でいきなり多数決採用したらそもそも問題の議論すら出来ない。
それは国会でも取り入れられている手法。もしこの手続き自体に反論あるならどうぞ。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829