編集  

マスキュリズム単語

マスキュリズム

マスキュリズム英: masculism)とは、男性に対する性差別男性差別)の撤す思想や運動である。元は、「反・男尊女卑社会」をフェミニズムへの反発から生じた運動だったが、現在は、働き方や徴兵忌避など、生存権・社会正から権利を擁護する運動メインになってきている。

概要

人権問題は、封建社会における被支配層の反発=成人男性一般の権利擁護→成人男性だけの権利を問題視=成人女性の権利擁護(フェミニズム)という大きな流れがあるが、20世紀から21世紀にかけて、女性差別から女性の権利回復をフェミニズムが大きくなり、一般化する中、男性の特に弱者の権利剥奪が見えづらくなってきたという状況がある。

具体的な権利回復運動には、第一次世界大戦第二次世界大戦を通じて、国家総動員体制になる中で、成人男性は徴兵義務が課されてきたが、これは弱者男性較的徴兵される傾向が強く(学歴や地位のある男性は、“社会的配慮”から徴兵免除されることがままあるため)、結果的に名誉と代替に人権を喪失することとなった。徴兵への反発から、アメリカヨーロッパでは、第二次世界大戦後、徴兵忌避運動が盛り上がり、軍隊の志願制へと現在は移行してきている。また、似た理由で、労働運動過労死問題も一部、極端に危険な職場(炭坑労働者など)における問題も差別問題とされることもある。

強者男性と弱者男性の問題

現代は、封建社会の頃と異なり、名上は社会の全構成員が、同様の権利を持つとされている。しかしながら、才も含めて生まれや育ちなどで、その後の人生において、差がつくことが普通である。その場合、どこまで差を容認するか。言い換えれば、どこまでが自己責任かが問題となる。

一般には、格差の再生産、つまり事実上の階級社会化が生じている場合は、その是正がめられるが、強者男性大企業経営者や政治家)は、その権や富を用いて、その他の人々の生殺与奪に影を及ぼしているので、抵抗しづらい。また直接権を及ぼさなくても、「弱肉強食」「自己努」など、ある程度正当性のある徳や倫理観でもって、弱者を排除することもあり、問題を複雑にしている。これは、客観的に強者男性だけがするというわけでなく、客観的には“弱者”であっても、弱肉強食を甘んじて受け入れ、より弱い者をいじめる場合がある。

徴兵の例で言えば、経済徴兵制と呼ばれる場合、生まれながらにして、経済的弱者の立場のものが、経済的利益を得るために、軍隊に志願して入ることも、結果的に、弱者男性ばかりが死ぬリスクが増えるので、弱者男性問題とも言える。過労死の問題も、社畜自虐しながらも、無職や退職という経歴自体が、社会差別の対となる場合、結果として過労死に追いやられるまで働き続ける、それを雇用者は黙認するという現は、この問題に入る。

フェミニズムとマスキュリズム

人権問題は、特に20世紀にかけて、「一般男性からの権利回復運動」としてのフェミニズムが必要性も課題も多かったので、大きな運動としてあった。しかし、先進国においては、緊急的なフェミニズム運動は、下火になりつつある。その中で、社会全体の意識は「フェミニズム」だけが残っており、男性が権利回復運動すると、「保守反動」「反フェミニズム」と見なされる場合がある。

マスキュリズムの中に、復古的な反フェミニズムが隠れていることもあるが、個別の権利擁護については、科学的で正当性のある問題も多く、女性の職場進出といった労働運動などでの実績があるフェミニズムと共同して人権問題解決出来るかが、現在は問題となっている。

関連動画

関連商品

関連チャンネル

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0
ページ番号: 5516383 リビジョン番号: 2557463
読み:マスキュリズム
初版作成日: 18/01/28 09:10 ◆ 最終更新日: 18/01/28 09:10
編集内容についての説明/コメント: 新規作成
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マスキュリズムについて語るスレ

31 : ななしのよっしん :2018/08/11(土) 14:57:51 ID: FVoKRgXnPB
正直ここの掲示板で何を争っているのか知らんが、海外でもマスキュリズム右翼に結び付ける動きってのはあるから、よほど既存のリベラルからの拒否感あるのだけは理解できる。

レッドピルとか言う映画フェミニズムから中止さ得られたり、極右からの支援があったとかトンデモじゃないのか? っていうような情報まで見たことはある。

https://www.smh.com.au/lifestyle/melbournes-palace-cinemas-cancel-screenings-of-mra-documentary-the-red-pill-after-petition-20161025-gsa79y.html

男女論はもう単純にしそうのえてる感じがするわ。
32 : ななしのよっしん :2018/08/11(土) 15:09:09 ID: FVoKRgXnPB
ついでにこの記事も出すか。


https://www.thecut.com/2017/08/mens-rights-activism-is-the-gateway-drug-for-the-alt-right.html?utm_source=tw&utm_medium=s3&utm_campaign=sharebutton-t

正直、海外の件もあれば、内でもリベラル側が男性差別を黙認、積極的に許容しているような姿勢を見せいている状況で人権問題としてとらえられていない原因も、結局は人権論を捻じ曲げて憎悪を煽るようなことしているからではないかとしか言えないわ。

他の差別論では明らかに見られない傾向だし、マスキュリズムだけ異質すぎる。
33 : ななしのよっしん :2018/08/11(土) 17:36:29 ID: K/G40xWlKJ
>>32
マスキュリズムだけ異質すぎる」というのは「フェミニズムだけ異質すぎる」の間違いでは?

フェミニズムとて、フェミニストのベル・フックスという人物が現れるまで運動には興味を持たなかったし、ともすれば運動にさえ反発していた。
ポリコレを訴えて当選したドナルド・トランプアメリカ大統領の周りにも、「ウィメン・フォートランプ」というフェミニスト達で構成される支持団体がある。
つまり、フェミニズムは元々からポリコレとは相性が悪かったと言える。
そういう思想の人たちが、なぜポリコレ運動で中心的役割を担ってしまったのだろうか…
34 : ななしのよっしん :2018/08/12(日) 16:30:24 ID: JMfyupuIW8
>>29
男性の利益だけを追求するなら、繋げる事もアリだと思うけどね。
少なくとも日本では「女性専用車両男性専用車両も要らない」というが圧倒的多数だろう。
人権とは異なるアプローチをするなら、出てくるも当然異なるものになるはずだ。
その時点でまたも「海外厨」と蔑まれたフェミニストの轍を踏んでいると言える。

>>30
フェミニズムあるいはジェンダーフリー人権論に立脚した啓思想だった。それは正しいのだろう。
「だからこそ」彼女達は嫌われた。同じ女性からすらも。少なくとも日本人は遠い未来に向けたお説教興味い。宗教哲学ではなく実益に生きる民性だからね。
「今」「の前にある」問題を解決してくれないのであれば、それはむしろ雑音だ。騒音だ。公害だ。
だったらどうして後を追う?放っておいても向こうは既に死に体じゃないか。そんなに心中がしたいのか。
35 : ななしのよっしん :2018/08/12(日) 16:42:17 ID: JMfyupuIW8
>>31-33
別に右翼マスキュリズムやっちゃいけないって決まりもいと思うがね。
むしろそこで思想の自由とか表現の自由に支持を集める方が賢いやり方だろう。
このナショナリズムの時代に右思想を丸々切り捨てていくなんて勝てるもんも勝てんぞ。

フェミニズムだけ異質すぎる」も間違い。
それはマスキュリズムを専門に見てるからそう見えるだけだよ。
LGBTだけ異質すぎる」「労働組合だけ異質すぎる」「動物愛護だけ異質すぎる」「反原発だけ異質すぎる」etcetc・・・おおよそ「活動家」なんてものはどこに行ってもみんな同じように言われているものさ。
そうした違和感が、かえって一般国民右翼ナショナリズムにと走らせていったわけ。
故に今すべきことは、逆にそっちの立場から人々を絡め取る事なんだよ。
36 : ななしのよっしん :2018/08/13(月) 19:58:02 ID: K/G40xWlKJ
>純男性の利益だけを追求するなら、繋げる事もアリだと思うけどね。

いや、純男性の利益を追求するためにポリコレジェンダーフリーを敵視したのがアンチフェミニズムでしょうが。
そして今のフェミニズムは、純女性の利益を追求するために、それまで共闘していたポリコレジェンダーフリー思想を見捨てている(もしくはねじ曲げようとしている)。
そうした動きが流になりつつあるのだから、フェミニズムはいずれ既存のアンチフェミニズム思想と共闘しかねないという懸念を々は持っているのだ。
それを止めるためには、々の方がポリコレジェンダーフリーに歩みより、思想のねじ曲げを防がなければならない。

>少なくとも日本では「女性専用車両男性専用車両も要らない」というが圧倒的多数だろう。

そうでもないぞ。
どっかのマスコミが調したところによると、男性でも半数近くが「女性専用車両は必要」と答えているし、女性のなんと7割が「男性専用車両も必要」と答えているんだから、その認識は全く当て外れだ。
ましてや原田事件(2009年12月)、平井事件(2017年6月)以降「男性が受ける性被害」としての「痴漢冤罪(または痴漢でっち上げ)」が注されるようになると、男性専用車両設置の機運はどんどん高まっている。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
37 : ななしのよっしん :2018/08/13(月) 20:06:09 ID: K/G40xWlKJ
>>35
あんたこそ「アンチフェミを専門に見てる」だけなんじゃないの?自体がなんかそういう感じだし。
それとナショナリズムの時代って言うけど、アメリカトランプみたいなのは実は世界的には稀なケースだ。むしろ各で実際に起きているのは「右ナショナリズム人権義・ポリコレ化」というべきもの。
たとえばフランスでは、極右政党とされてきた民戦線が、LGBTを含む様々な人権派・マイノリティからの支持を広げていると言う。それはなぜか?
イスラム義の台頭(とそれによる人権思想の崩壊)に対する強い懸念を彼ら皆が共通して持っているからだ。
イスラム義は特に性差別(当たり前だが、男性差別も含む)を当然のことと見なしているし、LGBTにはその人権すら認めていないのだからな。
さらには、過差別発言を行った前党首ジャンマリールペンが現党首でマリーヌ・ルペンによって追い出されてしまったことも大きい。
38 : ななしのよっしん :2018/08/16(木) 19:05:55 ID: JMfyupuIW8
>>36-37
だからどこから線で物をっているのさ。
日本マスキュリズムやりたいなら日本人のニーズに合わせる事は当然だろう?

なるほどフェミニズムポリコレジェンダーフリー逸脱したなら、マスキュリズムがその後釜に納まればいいという見立ては論理的には正しい。
しかしそれが通用するのは、逸脱する前のフェミニズムに需要があった場合のみだ。
本邦においては最初から喪女ヒステリー以上の価値を与えられなかった以上、そんな戦略は意味なんだよ。
若い世代こそ男は出世願望、女は専業主婦願望が強まってるのをのを知らんのか。

例え「老害」であろうともそれにっ向から逆らうのは「クソガキ」って言うんですよ。
媚を売り忖度して平和的に待遇を上げてもらう。これが今時のやり方だ。
39 : ななしのよっしん :2018/08/16(木) 19:22:08 ID: JMfyupuIW8
男性専用車両とは、男性が好む車両、のことではなく、女性専用車両アンチテーゼである。

この一文が全てだろう。アンチフェミニズムこそが一般男性の望みであり、逆に言えばフェミニズムなんてものがなければ最初からマスキュリズムなんてものも必要とされなかったんだよ。
そこをえてマスキュリズム人権人権と訴え続けるのであれば、当然フェミニズムの二の舞になるだろうね。
確かに痴漢冤罪は問題だが、それは女性人権を守るために必要以上に痴漢を取り締まる事で発生したのであり、すなわち人権によって俺達は割を食っていると解されるんだよ。

同性愛貧困病人もみんな同じ事。
人権論に立脚するなら「同じ男性として」守るべきものとされるだろうが、現実は全く逆じゃないか。
彼らこそが一般男性を攻撃してくる敵であり、身を守るための理論武装としてマスキュリズムが発達したんだよ。
40 : ななしのよっしん :2018/08/27(月) 23:25:45 ID: FVoKRgXnPB
>>35
>別に右翼マスキュリズムやっちゃいけないって決まりもいと思うがね。

それは否定しない。ただ、明らかにくるっている現状だとは思うってだけで。

ハーグ条約とか共同親権も確か保守系の議員が結構入り込んでるらしいから、(それをいいことに千田教授あたりが批判の種にしてたはずだが)むしろ現実的は動きを見ると、保守の方がかえって印がいい。

かが言っていたが、も「男女関係の話に右左はない」って思ってる方だから、これからは色々な人が来る世界だと思いたい。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829